ワキガ

ワキガを嫌がる日本人。ワキガを喜ぶ欧米人。

質問

欧米人はワキガを嫌がらないの?

答え

世界には様々な匂いの好みがあります。ワキガが当たり前だと思っている国の人からすれば、むしろ日本人の匂いが異臭だと思うこともあります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

ワキガっていうと、世界中どこでも嫌われていそうなイメージがあるけど、それは日本人の偏見なんだよね!だけどそういう偏見は世界の人もまた、同じように持っているんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

それぞれの匂いの価値観

ワキガでも足の匂いでも、匂いの元となっているのは体内から出るたんぱく質だ。

 

さて、例えば視覚なら、グレーは誰もが黒に近いと認識し、赤に近いとは思わない。だが、嗅覚の場合は、多くの人が悪臭と感じるワキガ臭も人によってはセクシーだと感じたり、香水のいい匂いをきつくて嫌だと思う人もいる。

 

ワキガ症対策

ワキガ臭も性フェロモンの一種と考えられている。性的な興奮によってその匂いも微妙に異なってくるともいわれ、悪臭といやがられる反面、欧米では性的魅力のある匂いとして好まれていることも、性フェロモンと関係があるのかもしれない。

 

民族によって、汗腺の数も嗅覚異常の発生率も違ってくる。また嗅覚は経験と学習の感覚。ワキガ臭が国や民族によって好き嫌いが湧かれたり、日本人の多くは納豆の匂いを美味しそうな匂いと思うが、多くの外国人はいやがる。

 

ワキガ症対策

ニワトリ

匂いの好みは世界で全く異なるからね!生まれ育った環境が違うから、食べる物も、体質も違って、発する匂いも好む匂いも変わってしまう!だから基本的には、外国人の臭いは『異臭』と感じてしまうんだ!ちょっと嫌な壁だよね!差別になるし!

ぴよぴよ(たしかに)!

ちなみに、納豆のルーツは日本ではなくて、ミャンマーの可能性が高いよ!今でもなお納豆を主食として生きている人々がいるんだ!

ぴよ(へー)!

 

 

この章のまとめ
  • ワキガでも足の匂いでも、匂いの元となっているのは体内から出るたんぱく質。
  • ワキガ臭も人によってはセクシーだと感じたり、香水のいい匂いをきつくて嫌だと思う人もいる。
  • ワキガ臭も性フェロモンの一種で欧米では性的魅力のある匂いとして好まれている。

 

 

酸化・分解されるときの匂い

皮脂が長く皮膚上にとどまると脂肪分が酸化し、それが肌表面の微生物に分解され、匂いのもとになる。その代表が加齢臭だ。

 

主な原因は、身体の老化から生じる(体内のサビ)が皮脂腺から分泌され、酸化・分解されるために起こる。また皮脂はワキガの直接の原因とはならないが、アポクリン腺から分泌される汗と混ざり合うと、より強いワキガ臭を発生させるので間接的に関係しているともいえる

 

ワキガ症対策

アポクリン腺は、わきの下、陰部など固い体毛があるところに集中して存在し、そこから脂肪分やたんぱく質、さらには性ホルモンが分泌されている。この汗腺からは、ねっとりした黄色い汗が出て、この汗が皮膚上の微生物に分解されて強いにおいを発する。

 

ワキガ体質の人はこのアポクリン腺の数が多い人のことをいう。しかしこの汗腺の数は人種や遺伝によって違い、またエクリン腺と違って育った環境で数が変わるということはない。また性別では男性のほうがアポクリン腺が多いので、体臭もそのぶん強い。

 

この汗腺は、もともと匂いを発生させるためにある。近くにかたい毛があるのはそこに分泌物を付着させて匂いをより強く、より広い範囲に拡散させるためである。

 

ニワトリ

もともと匂いを発生させるためにあるっていうことは、やっぱり匂いっていうのは人間も含めた動物にとって、何らかのサインのようなものかもしれないね!それで異性にアピールするとか。それが異臭だと思う人もいるけど、逆に好きっていう人もいるから!

ぴよぴよ(運命の赤い糸みたいな雰囲気があるっすね)!

 

 

この章のまとめ
  • 臭いは酸化・分解されるために起こる。
  • 皮脂はワキガの直接の原因とはならないが、間接的に関係しているともいえる。
  • アポクリン腺は、わきの下、陰部など固い体毛があるところに集中して存在している。
  • ワキガ体質の人はアポクリン腺の数が多い人のことをいう。
  • 性別では男性のほうがアポクリン腺が多いので、体臭もそのぶん強い。
  • この汗腺は、もともと匂いを発生させるためにある。

 

 

日本人の10、15%がワキガ体質

ワキガは加齢臭や足の蒸れた匂いとも違い、濃厚で獣っぽい独特の匂いを放っている。西洋ではワキガはセクシーな香りとされている。

 

また世界三大美女のクレオパトラ、

 

ワキガ症対策

と楊貴妃も、

 

ワキガ症対策

 

『体からなんともいえない魅力的な芳香がした』という内容の記述があり、ワキガ体質だったと推定されている。日本では嫌な臭いとされがちだが、時代や国が違えば魅力的なフェロモン臭として扱われているわけだ。

 

欧米人にワキガ体質が多いのは、アポクリン腺が発達している人種だからだ。統計ではアポクリン腺の数は、

 

  • 黒人
  • 白人
  • 日本人
  • 中国人
  • 韓国人

 

の順に多く、それにともなってワキガ体質率も同様の順になる。

 

ワキガ症対策

 

ニワトリ

クレオパトラや楊貴妃もワキガだったって言うけど、当時の人は『ワキガ』という概念すらなかったかもしれいないね!もしかしたらあえてそういう匂いを出す香水的なものを使用していたかもしれないしね!とにかく、そういう独特な匂いがその人の雰囲気づくりに一役買っていたのかも!

ぴよぴよ(匂いの印象は強烈っすもんね)!

僕も中学時代、初めて友人が香水をつけているのを嗅いだとき、その匂いはその人の印象を大きく変えたもんなあ!

 

 

この章のまとめ
  • 世界三大美女のクレオパトラ楊貴妃も、ワキガ体質だったと推定されている。
  • ワキガ体質は黒人が最も多く、韓国人が最も少ない。

 

 

ワキガと生活習慣

アポクリン腺は思春期(わきや局部に毛が生える頃)から発達する。それまではワキガを放つことはない。つまりそれまでは体質がわからない。これがワキガを自覚していない人が多い理由の一つだ。

 

また、他人の家の匂い慣れず、自分の家の匂いを感じない様に、つねにその匂いを感じていると嗅覚は慣れてしまうこともその原因の一つ。

 

一般的なワキガ体質かどうかを見極める方法として、『耳垢が湿っているかどうか』で判断することができる。耳の中の外耳道も、アポクリン腺が多く分布している部位。そのため、耳垢が柔らかく湿っていればアポクリン腺の分泌量が多いということになり、ワキガ体質の可能性がある、ということになる。必ずではない。だが、70%という確率でワキガ体質である。

 

ワキガ症対策

 

ワキガは、アポクリン腺から分泌されるたんぱく質や脂肪が皮脂と混ざり、皮膚上の雑菌に分解されることで発生する。例外もあるが、基本的にはアポクリン腺の数は遺伝するので、ワキガ体質も遺伝によるものがほとんど。

 

ワキガの度合いは、生活環境に大きく左右される。肉などの動物性たんぱく質で脂肪分を多くとる食生活を送っていると、アポクリン腺の一つ一つが刺激されて分泌物も多くなるので、より強いワキガを発するようになる。

 

ワキガ症対策

美容整形外科で行われているワキガ治療手術は、アポクリン腺を一つ一つレーザーで焼き切るという方法をとっている。こうして人工的にアポクリン腺をすべて取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もないという。

 

ニワトリ

耳垢が湿っているとワキガ体質かどうか調べられるんだね!また、やっぱり動物性の食事ばっかり食べていると、動物的というか、野性的な匂いになるよね!それが魅力的だったっていう時代もあるだろうね!今は生活が多様化したから、概念が変わったんだね!

ぴよぴよ(うーむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 耳垢が柔らかく湿っていれば、70%という確率でワキガ体質である。
  • 肉などの動物性たんぱく質で脂肪分を多くとる食生活を送っていると、より強いワキガを発するようになる。
  • ワキガ治療手術で人工的にアポクリン腺をすべて取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もないという。

 

 

関連記事

  1. 体臭の原因を徹底調査。激辛料理等のスパイス類

  2. ワキガを抑える為の食事のポイント。リンゴの効果と『アポタンパク』

  3. 男性よりも女性の方がワキガが多いって本当?

  4. 人間の体臭をきつくする原因。欧米食だけではなく、欧米靴

  5. 匂いの発生を防ぐ対策。オリゴ糖や玉ねぎの効果とは

  6. 匂いの発生を防ぐ対策。乾燥ひじきなどの乾物の効果とは




アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛

  2. 薄毛

  3. 薄毛

最新記事

PAGE TOP

薄毛

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛

増毛前後の写真を撮れ!格好いいヘアスタイルの画像や写真を見て薄毛対策!

薄毛

薄毛対策のおすすめ坊主スタイルとは!?バリカンなら何ミリがいい?

薄毛

抜け毛が目立つときの髪型は?目立たない長さはどのくらい?どんな増毛法がある?

薄毛

脱毛が気になる女性のショートヘアのアレンジ方法と増毛のコツ