ワキガ

体臭の原因を徹底調査。激辛料理等のスパイス類

 

と併せて考えていきたい。今回のテーマは『激辛料理等のスパイス類』だ。激辛料理は美味い。特に、夏の暑い日に、わざと激辛料理などを食べて大量の汗をかくと、ちまちま汗をかくよりも割り切って汗をかけるから気持ちがいい。ちょうど、海やプールで汗をかくと気持ちがいいのと同じだ。あれは、裸であり、衣服を汚す心配がない。また、水着は濡れていいし、すぐに海やプールで洗い流せるという精神的開放感から生まれる気持ちよさだが、

 

夏の暑い日、サラリーマンやキャリアウーマンがスーツ姿で外を歩かなければならないとき、歩いて汗をかいたら衣服が汚れる。また、においの原因ともなる。更に女性なら、紫外線も気になる。そういった二重、三重の精神的ストレスが、更に発汗を促進させて、負の悪循環となる。

 

つまり、『汗をかいてはいけない』と思うと、汗をかくことが精神的なストレスとなるのだが、夏の暑い日にいっそのこと激辛料理でたっぷりと汗をかこうと思うと、一気に気分が解放感に包まれ、清々しい気持ちになるのである。また、その汗が引いた後は、体温調節が終わったのか、なんだか涼しくなっている。それ故、激辛料理というのは人間の精神にいい影響を与える印象もあるわけだ。

 

だが、上記リンク『ワキガを抑える為の食事のポイント。肉・揚げ物・乳製品・激辛料理 』にも書いた様に、激辛料理等の発汗作用を促す食事も、日常的に摂ってしまうと弊害がある。汗腺類が刺激され、ワキガや多汗症の原因となってしまうのだ。例えば、

 

  • カレーライス
  • ビーフジャーキー
  • 激辛ラーメン
  • 激辛麻婆豆腐
  • からし明太子

 

などの料理は、香辛料と動物性食品が多用されているので注意が必要だ。これらによって、汗腺類が刺激されてワキガや多汗症の原因となるだけでなく、腸内環境の悪化によってそれらの原因となる可能性も高くなる。

 

また、スパイス類の香り成分は精油に含まれていて揮発性が高い。揮発性というのは『液体の蒸発しやすい性質』という意味だから、これ自体が発汗を管理する汗腺を刺激して多汗症の原因となったり、汗の匂い成分を遠くまで拡散したりして、体臭を作り出す要因となってしまうのである。

 

激辛料理を食べる⇒汗腺が刺激され汗が拭きだす⇒揮発性によって汗の匂い成分を遠くに飛ばす

 

ということになるわけだ。

 

 

関連記事

  1. ワキガとはわきの下の汗のにおいが原因となって発生する悪臭

  2. 匂いの発生を防ぐ対策。ニラ、にんにく、玉ねぎの臭いは

  3. ワキガの原因に大きく関わる皮脂腺と分泌量

  4. 脂肪分とワキガが関係する理由。皮脂とアポクリン汗の動き

  5. わきの下以外のワキガ『すそワキガ(外陰部臭症)』とは

  6. ワキガ対策の最重要ポイントは『清潔を保つ』こと




アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛

  2. 薄毛

  3. 薄毛

最新記事

PAGE TOP

薄毛

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛

増毛前後の写真を撮れ!格好いいヘアスタイルの画像や写真を見て薄毛対策!

薄毛

薄毛対策のおすすめ坊主スタイルとは!?バリカンなら何ミリがいい?

薄毛

抜け毛が目立つときの髪型は?目立たない長さはどのくらい?どんな増毛法がある?

薄毛

脱毛が気になる女性のショートヘアのアレンジ方法と増毛のコツ