ココロ

真夏のような暑い日にうつ的症状が出るのは当たり前だ。

質問

真夏の暑い日は、どうしてもやる気が起きない。これってうつ病?

答え

真夏のような暑い日にうつ的症状が出るのは当たり前です。そういう時は過剰反応せず、しかし適度にサボることを意識して行動しましょう。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

暑い日に熱中症になって死んでしまう例もあるように、水分をたくさん摂ることが大切!ってことは、『通常通りのケアではダメ』ってことだね!真夏の暑い人うつ病について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

適度にサボることは、人間の心にとっても必要

真夏のような暑い日にうつ的症状が出るのは当たり前だ。

 

うつ病治療

この記事は、

 

と併せて考えていきたい。

 

今まさに、この記事を書いているときがその『真夏のような暑い日』であり、窓を開けても熱風が入り、虫が入るからそれも余計な心配で嫌だ。衣服は汗でびっしょりと濡れて気分が悪いし、エアコンを入れれば入れたで無駄に体が冷えて体調が悪くなる。

 

うつ病治療

間違いなくいつもよりは手が進まない。休憩の時間が増えている。

 

だが、実は『それでいい』のだ。

 

うつ病治療

うつは、心身のエネルギーが低下した結果、脳が司っている基本的な機能が低下して、感情をうまくコントロールできない状態である。従って、私は今、『軽度のうつ』になっているわけだが、それを意志の力で持って、打破し、つまり打ち破り、(いや、やらなければならない)として、手を進めているわけだ。

 

しかし、『重度のうつ』を患っている人にとっては、『重荷を取って軽くする』ことが重要になってくることから、そのように『義務』的に発生する重荷は、なるべく自分の心身から取り払ってやることが大事だ。

 

だから、もし『真夏のような暑い日』にやる気が落ちて、明らかにうつ症状が出ているというのであれば、いっそのこと休んだっていい。

 

例えば私の母なんかも、『真夏のような暑い日』には家事が全てぞんざいになる。綺麗好きの私からすれば腹が立つ行動が多いが、しかし、母はそれで自分の心身のバランスを取っているのであり、適度にサボることは、人間の心にとっても必要なことだ。

 

うつ病治療

ニワトリ

とにかく暑い夏のだるさっていうのはは、暑い夏になってみなければわからないからね!この記事を見ているのがそれ以外の季節なのであれば、あまり実感がわかないだろうけど、もし暑い夏ならわかるはず!軽いうつだよね!そういう時は、思い切って休もう!

ぴよぴよ(昼寝をするためにいったん帰るって国もあるっすよね)!

伝統的なスペインの習慣『シエスタ』だね!スペインのように、休憩をそこまで重んじている国もあるんだ!

 

うつ病治療

若い女性のシエスタ(『ハンモック』ギュスターヴ・クールベ画・1844年)

 

 

この章のまとめ
  • 『義務』的に発生する重荷は、なるべく自分の心身から取り払ってやることが大事。
  • 真夏のような暑い日』にやる気が落ちて、明らかにうつ症状が出ているというのであれば、いっそのこと休んだっていい。

 

 

風邪には風邪の対処法、うつにはうつの対処法

例えば、風邪を引いたら寝込むだろう。むしろ、そうした方が良い。医者は風邪薬を飲まないのは、『風邪薬などない』ということを知っているからだが、そんな彼らでも、

 

『だが、それらによってある程度のプラシーボ効果(治るかもという期待による治癒能力の回復)が活性化され、あるいは、眠くなったり、諸症状が収まることによって良質な休眠が出来、結果として、風邪にとってもっとも重要な、休眠を取る、ということに繋がるのであれば、あながち薬を飲むことも否定できない。』

 

ということで、『風邪を引いたら寝る』ということが最も重要なことであることを知っている。彼ら医師にはプラシーボ効果は効かないから、

 

  • ビタミンCをたっぷりと摂る
  • 水分をたっぷりと摂る
  • 体を温める
  • 汗をかいて毒素を出す
  • ウイルスと闘っている白血球を手助けする準備をする
  • ゆっくりと休眠し自然治癒力を信用する

 

うつ病治療

という対処をして、風邪を最も効率的に治していく。それならば、風邪以外のことだって同じことだ。風邪には風邪の対処法があるんだったら、うつだってうつの対処法がある。

 

『うつは心の風邪』というぐらいなのだ。ゆっくり休んで、回復したまた動き出せばいい。まるで、冬の間はじっと動かず、春が来るのをひたすらに待つ、動物たちのように。

 

 

ニワトリ

ちなみに、『風邪とビタミンC』に関しては、2017年の最新情報では、『あまり効果がない』という話だよ!とある学者が言って以来、ずっとその説が定着しているらしいんだけど、どうやらあまり関係がないらしい!だけど、摂ることで損はないから、摂ってもいいのさ!

ぴよぴよ(風邪以外には効くわけっすもんね)!

 

 

この章のまとめ
  • 『うつは心の風邪』。ゆっくり休んで、回復したまた動き出せばいい。

 

 

関連記事

  1. うつ病に有効な5つの方向からの治療法とは

  2. 躁うつ病(双極性障害)の診断基準とは DSM-Ⅳ

  3. 様々な精神疾患の種類とその特徴

  4. あがり症の改善に必要な『自信』とは、どのようにして身につけるか

  5. うつは一時のことだ。だから未来のことを思い煩う必要はない。

  6. あがり症が引き起こす弊害。離婚率や解雇率




アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛

  2. 薄毛

  3. 薄毛

最新記事

PAGE TOP

薄毛

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛

増毛前後の写真を撮れ!格好いいヘアスタイルの画像や写真を見て薄毛対策!

薄毛

薄毛対策のおすすめ坊主スタイルとは!?バリカンなら何ミリがいい?

薄毛

抜け毛が目立つときの髪型は?目立たない長さはどのくらい?どんな増毛法がある?

薄毛

脱毛が気になる女性のショートヘアのアレンジ方法と増毛のコツ