ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

髪の毛が雨で濡れると薄毛の原因となる?

髪の毛が雨で濡れると薄毛の原因となる?

雨で髪の毛が濡れるだけで脱毛が促進されるわけではありません。しかしキューティクルは、

 

  • 髪の毛を濡れたままにする
  • 髪の毛を乾燥させすぎる

 

とダメージを負ってしまうようになってしまいます。したがって、『雨で髪の毛が濡れたまま紫外線を浴びる』ということは、髪の毛にとっては全くいい影響を与えないということになるわけですね。

先生

髪の毛が抜けるというよりは、ダメージを与えるという方が正確だね!ダメージから抜け毛になるってこともあるから注意が必要だよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

人間の髪の毛と動物の毛の違いは?

髪の毛が雨に濡れると薄毛になる。そんなことがあるとしたら、傘のない時代に生きた人々は皆ハゲですね。また、傘をささない毛が生えた動物たちも、抜け毛が起きないのがおかしい。人間だけがそうなるということも考えにくい現象です。

 

 

Wikipedia『毛 (動物)』にはこうあります。

毛は生物学的重合体である。乾燥重量の90%以上はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されている。通常の状態では、ヒトの毛は約10%の水を含んでおり、その性質を顕著に変えている。毛のタンパク質はアミノ酸システインからのジスルフィド結合によって互いに結びついている。

 

毛は蛋白質の一種であるケラチンが主成分であるため虫に弱い。主な害虫はヒメマルカツオブシムシ、カツオブシムシ、イガである。日本では温度、湿度の高い夏に害を受けることが多い。これらを予防するためには虫干し、ブラッシング、防虫剤が有効である。この中でも防虫剤は絶大な効力を発揮する。パラジクロロベンゼン、樟脳、ナフタレン等昇華性の高いものがよく使われる。蒸散性のあるピレスロイド系薬剤も使われるようになってきている。

 

下記の記事に書いたように、

 

 

人間の髪の毛も動物の毛同様、99%がケラチンとうたんぱく質の一種で出来ていますから、そう変わりはないんです。確かに動物の毛は、

 

  • 体温の保持
  • 体表面の保護

 

という役割を持っていることを考えると、人間のそれとは違い、独自に進化していて、人間の髪の毛や体毛よりは強化されているかもしれません。人間はその代わりに洋服を手に入れましたから、動物たちのように毛むくじゃらにならずに済んでいるということもありえます。

 

 

それゆえ、髪の毛は動物の毛よりも脆弱であり、動物と違って雨にさらされたらハゲる。そういう考えもできなくはありません。しかし実際にはそういうことはないでしょう。私は薄毛の専門書を10冊持っていますが、そのどの本にも原因として『雨に濡れること』を書いている本はありません。

 

先生

ケラチンは虫には弱いかもしれないけど、雨や水に弱いというわけではないよね!昔はもっと人間は雨に濡れていたはずだよ!
動物にハゲも少ないっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 髪の毛が雨に濡れると薄毛になる。そんなことがあるとしたら、傘のない時代に生きた人々は皆ハゲ。

髪の毛が濡れたままになるということはデメリットがある

ただし、下記の記事に書いたように、

 

 

髪の毛が濡れたままになるということはデメリットがあります。

 

  • 紫外線は水といっしょになったとき影響が強くあらわれる
  • キューティクルが剥がれる
  • 雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因などになる

 

という問題が起こってしまいます。記事には、

髪にダメージを与える紫外線が強くなるからです。紫外線とエアコンによる感想は髪の大敵です。紫外線は水といっしょになったとき影響が強くあらわれるので、夏場のプールや海辺では髪が濡れたまま紫外線を浴びないようにしましょう。

 

 

と書きましたが、雨に濡れるということは、外に出ているということになります。となると当然、太陽の紫外線を浴びることになりますが、そうするとその雨で濡れた髪の毛が紫外線の影響を強く受けることになり、ダメージを負うことになります。またキューティクルは、

 

  • 髪の毛を濡れたままにする
  • 髪の毛を乾燥させすぎる

 

とダメージを負ってしまうようになってしまいます。したがって、『雨で髪の毛が濡れたまま紫外線を浴びる』ということは、髪の毛にとっては全くいい影響を与えないということになるわけですね。

 

しかしそうなると、『海水浴、プール』などはどうなるんだ、という問題になります。もう最悪の状況が続くということですよね。下記の記事にも、

 

 

塩素入りのプール』でも同じようなことが起こる可能性がある。塩素は、殺菌、酸化、漂白などの働きが非常に強い成分なので、このおかげでプールの衛生環境を守られるわけだが、これら塩素入りの水は、病原菌だけではなく、皮膚の常在菌にも影響を与えるのだ。

 

と書きましたが、海もプールも、その水質自体が髪の毛に影響を与えますし、更に紫外線がそこにとどめをさすわけです。それぞれの対策は記事を見ていただくとして、

 

  • プール
  • シャワー

 

理由がなんであれ、とにかく髪の毛が濡れたままでいることは髪の毛にとってあまりいい影響は与えないということですね。

 

  • STEP.1
    紫外線を浴びる
     
  • STEP.2
    活性酸素が増える
     
  • STEP.3
    組織や細胞が老化する
     
  • STEP.4
    ニキビや薄毛の原因となる
     

 

先生

雨や水に濡れることはいいけど、『濡れたまま』とかそこに『紫外線を浴びる』とかいうことになると、また話が変わってくるんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『雨で髪の毛が濡れたまま紫外線を浴びる』ということは、髪の毛にとっては全くいい影響を与えない。
  • 海もプールも、その水質自体が髪の毛に影響を与え、紫外線がそこに更にとどめをさす。

酸性雨が髪の毛を溶かす?はたまた緑色に?

では、『酸性雨』はどうでしょうか。Wikipedia『酸性雨』にはこうあります。

酸性雨(さんせいう)とは、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性の雨のことを指す。酸性の雪は酸性雪(さんせいせつ)、酸性の霧は酸性霧(さんせいむ)と呼ばれる。

 

酸性雨は主に大気汚染によって起こってしまう現象です。酸性雨の影響はとてもいいものだとは言えず、

 

  • 湖沼を酸性化し、魚類の生育を脅かす
  • 土壌を酸性化し、植物の生存に必要なカルシウムイオンやマグネシウムイオンが溶解、雨で地中深くや地下水に浸透して流失する
  • 土壌を酸性化し、植物に有害なアルミニウムや重金属イオンを溶け出させる。また、溶け出した金属イオン(特にアルミニウムイオン)が河川に流入することで、水系の動物に被害を与えている
  • 植物を枯死させる。樹木が立ち枯れする原因となる。

 

といったように、環境に様々な悪影響を与えます。海水の塩分やプールの塩素がだめなら、酸性雨の酸性も髪の毛に悪影響を与えると考えてしまいます。しかし、髪の毛というものは実は『弱酸性』で、雨も酸性雨も『弱酸性』なので、髪の毛にそう思い悪影響は与えないと言われています。

 

  • 酸性雨に当たると髪が緑色に変色する
  • 酸性雨を飲むと緑色になる

 

という噂がありますが、それも単なるうわさだということですね。私も幼少期の頃、従兄弟とプールで遊んでいるときに雨が降ってきて、

 

酸性雨だ!髪の毛が溶ける!

 

と叫んでいるのを聞いて、以来、酸性雨が髪の毛を溶かすとか、そういう印象を抱いてきてしまっていました。しかし実際にはそういうことはないということですね。

 

先生

なんか酸性雨は髪の毛に悪い気がするけどね!原因を考えても!だけど実際にはそういうことはないんだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 酸性雨も髪の毛にはそう悪い影響は与えない。