ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

リンスやコンディショナーで薄毛になるなら『すすぎ落とし漏れ』が原因!

リンスやコンディショナーで薄毛になる?

ヘアケアの基本はシャンプーとコンディショナーをセットで使用することであり、洗髪はコンディショナーの使用によって完結する行為です。

しかし、それをしっかりとすすぎ落とすことが条件です。リンスやコンディショナーで薄毛になるなら『すすぎ落とし漏れ』が原因だと言えます。

先生

コンディショナーがあって初めてヘアケアが完結するんだね!だけど、洗い落とさないと逆効果になるよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

『リンス』と『コンディショナー』の違い

リンスやコンディショナーは薄毛の原因になるでしょうか。確かにぬめぬめしていて、そのぬめりを頭皮につけると毛穴に詰まって、つるんと髪の毛が抜け落ちてしまうような、そういう印象がありますよね。

 

 

というか、そもそも『リンス』と『コンディショナー』の違いってなんなんでしょうか。

 

リンス:Wikipedia』にはこうあります。

リンス(rinse)は、頭髪用の浴用化粧品の一種。ヘアリンスともいう。洗髪後にリンス剤を使用して髪に馴染ませた後、洗い流すとリンスの中の有効成分(ジメチコン等の油分や陽イオン系界面活性剤)が髪の表面に付着し、コーティングされる。コンディショナー(conditioner)または、ヘアコンディショナー(hair conditioner)ともいう。

 

今ではリンスをコンディショナーと呼ぶメーカーも多く、厳密な区別はないが、石鹸シャンプー用のリンスに比べてコンディショナーのほうが毛髪保護という点に特化している。

 

コンディショナーは、『リンスの強化版』ということなんですね。『進化形態』というところでしょうか。では、『トリートメント』とはなんでしょうか。

 

 

コトバンク『トリートメント』にはこうあります。

手当て。治療。特に、傷んだ髪の手入れ。ヘア‐トリートメント。

 

ヘアートリートメントは、『傷んだ髪の手入れ』という意味で、

 

  • コンディショナー=毛髪保護
  • トリートメント=毛髪補修

 

と言うことができるでしょうか。

 

花王株式会社のホームページ『リンスとコンディショナー、トリートメントの違いは?』にはこうあります。

一般に、リンスとコンディショナーはどちらも、主に髪の表面をなめらかにするものです。髪のすべりをよくすることで、キューティクルの傷みを防ぎ、パサつきにくくします。最近では、髪の表面層(内部)に浸透し、髪の傷みを補修するトリートメント効果を併せ持つタイプもあります。

 

一方、トリートメントは髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもの。髪の傷みをケア・補修したり、髪の質感をコントロールしたりするものなどがあります。リンス・コンディショナーの機能を併せ持つタイプがほとんどなので、シャンプーの後はトリートメントだけでも充分な仕上がりが得られます。

 

やはり間違いなさそうですね。今回は、

 

  • リンス
  • コンディショナー
  • トリートメント

 

のすべてについて考えていきましょう。それらがどれだけ髪の毛に影響を与え、薄毛の原因になるかということですね。

 

  • STEP.1
    リンス
    毛髪保護のコーティングをする
  • STEP.2
    コンディショナー
     リンスの強化版
  • STEP.3
    トリートメント
    傷んだ髪の手入れ

 

先生

リンスもコンディショナーもほとんど同じだけど、最近ではリンスって言わなくなってきたよね!
過去の言葉っすかね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • コンディショナーは、『リンスの強化版』。
  • ヘアートリートメントは、『傷んだ髪の手入れ』という意味。

トリートメントは皮脂にはかなわない

記の記事に書いたように、

 

 

髪の毛は本来、

 

  • キューティクル(毛表皮)
  • コルテックス(毛皮質)
  • メデュラ(毛髄質)

 

という3層によって形成されていますが、シャンプーによってもこれらは傷ついてしまう可能性が高いとされています。コンディショナーやトリートメントがいくら髪の毛のを保護してくれるからといって、『皮脂という天然のコーティング』を前にしては、歯が立ちません。

 

 

『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (ノンフィクション単行本)』にはこうあります。

でも、リンスやトリートメントをつけておけば安心、と思われるかもしれません。たしかにリンスやトリートメントは、痛んでめくれあがった鱗上のキューティクルの隙間にくっつきますし、髪をコーティングするので、しっとるつるつるいんもなります。けれど、皮脂ほどすぐれた働きはできません。

 

ですから、本来はリンスやトリートメントに依存する必要はなく、『皮脂という天然のコーティング』を駆使することが最も重要なヘアケアとなるんですね。

 

先生

元々過去に、トリートメントなんてものはないしね!人間の身体には最初から皮脂という天然の保護クリームがあるんだ!それを駆使すればいいんだね!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • コンディショナーやトリートメントがいくら髪の毛のを保護してくれるからといって、『皮脂という天然のコーティング』を前にしては、歯が立たない。

界面活性剤をすすぎ忘れるな!

また、界面活性剤等の有害物質の問題もあります。有害物質のデトックスの重要性については下記の記事に書きましたが、

 

 

『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (ノンフィクション単行本)』にはこうあります。

リンスやトリートメントにも当然、界面活性剤や防腐剤をはじめさまざまな化学物質が含まれています。たいていの人がシャンプーは熱心にすすいでも、リンスやトリートメントはさっとすすいで終わりにしているので、シャンプー以上に弊害があります。

 

そもそも毛穴を有する皮膚は汗や皮脂などを体外へ出す『排泄器官』です。からだの中のものを外へ出すために存在する穴であり、外から何かを入れるためのものではありません。何かを受け入れるようにはでいていませんから、口や胃のように自浄作用をそなえていないわけです。

 

リンスやトリートメントをするということは、『念入りなシャンプー』同様、懸念しなければならないことがあるわけですね。念入りなシャンプーの場合は、過剰に皮脂を洗浄したあとの、『皮脂の過剰分泌』です。

 

 

それによって皮脂腺が大きくなり、そこに栄養が持っていかれて、髪の毛に栄養が回らなくなり薄毛になる可能性があるということですね。

 

  • STEP.1
    皮脂が過剰分泌される
     
  • STEP.2
    皮脂腺が大きくなる
     
  • STEP.3
    皮脂に栄養を持っていかれる

    そこに髪の毛が根を張れなくなる。

  • STEP.2
    薄毛や脱毛が促進される
     

リンスやトリートメントの場合は、『すすぎ忘れ』による弊害です。有害毒素を体内に入れ、集積される量が排泄機能を上回ると、頭皮下に蓄積されていきます。この蓄積された不純物は、毛母細胞にとっては完全な毒素であり、髪の成長を阻害するばかりか、深刻な脱毛症をも発症させてしまうことになるのです。

 

したがって、リンス、コンディショナー、トリートメントをするのは良いのですが、するならしっかりとそれをすすぎ落とすことを徹底しなければなりません。

 

  • STEP.1
    排泄機能を超える有害物質を摂取
     
  • STEP.2
    頭皮下に蓄積
     
  • STEP.3
    毛母細胞が弱る

     

  • STEP.4
    脱毛する可能性あり

先生

排せつすることが目的なところに、何かを入れるのは自然の摂理に逆らう行為なんだね!そういうことをすると不調が起きるよ!
大自然の掟っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 皮膚は汗や皮脂などを体外へ出す『排泄器官』であり、口や胃のように自浄作用をそなえていない。
  • 有害毒素を体内に入れ、集積される量が排泄機能を上回ると、髪の成長を阻害するばかりか、深刻な脱毛症をも発症させてしまう。

洗髪はコンディショナーの使用によって完結する行為である

『育毛の真理』にはこうあります。

洗髪後は必ず良質のコンディショナーで、髪と頭皮の状態を整えることが大切である。例えば顔を洗った後、化粧水や乳液を使用すると、洗顔後の肌のpH(酸性度・アルカリ度)が整えられると同時に潤いがもたらされる。同様に洗髪後の髪にコンディショナーを使用すると、髪のゴワゴワ感がうすれ、髪にツヤとコシをもたらすと同時に、髪と頭皮のpHを弱酸性の理想的な状態に整えることができる。

 

また、皮脂の分泌が最も活発になるのは、シャンプーによって洗い落とされた保護膜に代わる、新しい保護膜が形成される洗髪直後であるが、コンディショナーを使用すると、急速に保護膜を形成する必要がなくなるので、皮脂の分泌量が抑えられる。なので、皮脂が過剰に分泌されてベタつきが気になる人の悩みも解消される。髪と頭皮の汚れを綺麗に洗い落とした後には、必ずコンディショナーを使用することを強くお勧めする。

 

この専門家の場合、『ヘアケアの基本はシャンプーとコンディショナーをセットで使用することであり、洗髪はコンディショナーの使用によって完結する行為である』と主張していて、先ほどの本の著者とは意見が違います。

 

先ほどの専門家であれば、『それでもリンスやトリートメントを続けますか?』という主張をしていますからね。ネットの世界が玉石混交だと言われる昨今ですが、それはアナログ的要素に目を向けたとしても同じことです。

 

しかし、このコンディショナーを推奨する本の著者も、『洗い落とすことが絶対原則』としています。すすぎを軽んじてしまうのであれば問題になるという意見では一致しているので、この場合、

 

コンディショナーやトリートメントを利用するのはいい。だが、利用する以上はすすぎを念入りに、シャンプーよりも念入りに行うべきである。

 

という意見が最も研ぎ澄まされたものだと言えそうですね。

 

  • STEP.1
    シャンプー
     
  • STEP.2
    コンディショナー
     
  • STEP.3
    徹底的なすすぎ
     
  • STEP.4
    洗髪の完結
     

 

先生

とにかくシャンプーもコンディショナーもトリートメントも、やる以上はすすぎをしっかりと行うことを考えたいね!なんかぬめぬめしてた方がサラサラになる気はするけど!
逆効果っすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 洗髪はコンディショナーの使用によって完結する行為である。
  • コンディショナーを使用すると、急速に保護膜を形成する必要がなくなるので、皮脂の分泌量が抑えられる。
  • コンディショナーやトリートメントを利用するのはいい。だが、利用する以上はすすぎを念入りに、シャンプーよりも念入りに行うべきである。

ノンシリコンだといいの?

また、『リンスやコンディショナーの問題性はシリコンにある』という意見もありますが、だからといって『ノンシリコン』であればそれでいいということでもありません。オイルのようなシリコンが毛穴に入り、毛母細胞の働きを邪魔して、ヘアサイクルを狂わせるというのがその主張の根拠なわけですが、

 

『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (ノンフィクション単行本)』にはこうあります。

『ノンシリコン』にだまされるな

 

シリコンはケイ石という鉱物を原料にした化合物で、私が唯一肌につけてもよい油脂と考えているワセリンよりも、さらに害が少ない、比較的安全な物質です。シャンプーできしんでしまう髪も、シリコンを入れておくことえ、なめらかに、指通りよく洗いあげられる、などといわれていました。

 

そのシリコンを悪者にして、ノンシリコン以上にがいのあるシャンプーがいかにも安全であるかのようなイメージをつくりあげていますが、このようなイメージに踊らされてはいけません。比較的安全なシリコンを排除しながら、界面活性剤やパラベンといった有害な化学物質はしっかりと配合しているのですから。

 

薄毛

 

ノンシリコンシャンプーにも先ほどいった、リンスやトリートメントに含まれる界面活性剤などの有害物質は含まれていますから、過度な安心はできません。しかしたしかにこのシリコンも肌に優しい成分ではあるのですが、長期間にわたり使い続けると、肌や健康に害を与える可能性があります。

 

ですから、

 

  • シャンプー
  • リンス
  • コンディショナー
  • トリートメント

 

というものは、

 

  • 使用するならなるべく頭皮につけない
  • 洗髪は念入りに行わない
  • すすぎは念入りに行う

 

ということを意識する必要があるということですね。これらを使わなくても『皮脂という天然の保護クリーム』がありますから、それをもっとうまく活用する方向で考えた方がよさそうです。うまく活用するということは、過剰分泌を抑えるということでもありますから、念入りなシャンプーをやめたり、すすぎをきちんと行うことに繋がりますからね。

 

 

先生

シリコンって案外体にいいんだね!ダメなのは界面活性剤とパラベン!洗浄剤と防腐剤だね!やむを得ず入れているものだけど、やむを得ずだから、やっぱり実際には不要物!
今のところ仕方ないっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『ノンシリコン』であればそれでいいということではない。