ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

髪が硬い人、やわらかい人の薄毛のリスクや可能性は?関係性はある?

髪が硬い人、やわらかい人の薄毛のリスクや可能性は?

一般的に髪の毛が細く、やわらかい人はハゲやすいと思われがちです。

 

ところが、実際のところ、髪の毛が硬いからハゲない、やわらかいからハゲるということは全くありません。髪質は体質と同じように、生まれつきほぼ決まっているものです。

先生

髪質は薄毛とはあまり関係ないんだね!だけど、急に髪質が変わったってときは注意が必要だよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

髪が硬い人、やわらかい人、その違いは何?

髪の毛は、中心にあるメデュラ、その周りを取り囲むコルテックス、髪の毛の表面に当たるキューティクルの三層構造になっています。髪の毛の硬い、やわらかいは、コルテックスとキューティクルの違いによるものです。髪の毛の硬い人は、コルテックスの密度が高く、キューティクルが何層もあります。キューティクルは鱗状になっていて、何層にも重なり合うことで、髪の毛が硬くなっていきます。

 

反対に、髪の毛のやわらかい人は、コルテックスの密度が低く、キューティクルの層も薄くなっています。密度の高さ、低さ、層の厚さ、薄さが、髪の毛の硬い、やわらかいを決定しているのです。

 

 

先生

キューティクルの層は人それぞれでちょっと構造が違うんだね!それが髪の固さに影響しているってわけさ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 髪の毛の硬い、やわらかいは、コルテックスとキューティクルの違いによるもの。

髪の毛の硬い、やわらかいで薄毛の可能性は変わる?関係性は?

一般的に髪の毛が細く、やわらかい人はハゲやすいと思われがちです。ところが、実際のところ、髪の毛が硬いからハゲない、やわらかいからハゲるということは全くありません。髪質は体質と同じように、生まれつきほぼ決まっているものです。

 

髪の毛がやわらかく本数が元々少ないと、ボリュームがなく見られるのは事実です。同じ本数生えていても、太い髪の毛が集まっているのと、細い髪の毛が集まっているのでは、見た目の印象が違います。髪質で薄毛になる可能性が変わるのではなく、生活習慣やケア習慣によって変わると思っておくべきでしょう。

 

しかし、本来硬い髪質の人が、やわらかくなってきた場合は薄毛の危険サインです。元々作られていたはずの密度が高く、何層にもなっていたコルテックスやキューティクルが作られなくなっている証拠です。

 

薄毛

 

先生

髪質は人それぞれで違うけど、やわらかいからハゲるってことはないんだね!だけど、急に髪質が変わるとなると、注意が必要だよ!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 髪の毛が硬いからハゲない、やわらかいからハゲるということはない。
  • 本来硬い髪質の人が、やわらかくなってきた場合は薄毛の危険サイン。

髪質が変わってしまうのはどんなとき?

年齢を重ねるごとに、髪質は変化していきます。体の機能や代謝が低下するのと同様に、髪の毛を作るヘアサイクル自体が衰えていくからです。年齢を重ねて薄毛になるのは仕方ないことですが、若くして髪質が変わり、薄くなっていくようであれば、生活習慣やケア習慣の見直しが必要です。

 

産後の女性が抜け毛や髪のボリュームの無さに悩むことがあります。これは、赤ちゃんを育てるため、栄養豊富な母乳を作るために、食事から摂った栄養が優先的にそちらに使われるからです。栄養状態の悪い食生活を送っていると、同様に髪の毛が作られにくくなっていきます。生命維持のための活動にエネルギーが使われるように体が機能するからです。

 

 

髪質の変化や薄毛を予防したいのであれば、栄養状態が良いか普段の食事を見直してみましょう。ストレスが多い、不規則な生活、運動不足などは、全身の血流を悪くする生活習慣です。元気な髪の毛を作るために、血液から運ばれる栄養と酸素は欠かせません。血行不良を起こすような生活を送っていないか、日々の過ごし方の見直しも必要です。

 

毎日のケア習慣も見直すとよいでしょう。洗浄力の強すぎるシャンプーで洗っていたり、シャンプーやリンスなどのすすぎ残しがあったりしませんか?洗浄力が強いと、頭皮の潤いも一緒に流してしまいます。頭皮が乾燥すると、髪の毛を作る細胞の代謝が落ちてしまいます。シャンプーなどの洗浄成分が肌に残ると、頭皮にダメージが蓄積されます。このダメージの蓄積も薄毛になる原因の一つだということを忘れずにいましょう。

 

先生

食事とシャンプーを見直せば、大体の最適化はできるからね!薄毛になりたくない人は、正確な知識を頭に入れることが大切だよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 髪質の変化や薄毛を予防したいのであれば、栄養状態が良いか普段の食事を見直す。
  • シャンプーの方法も見直す。