薄毛

髪に良い食べ物で育毛を促進!カギを握るケラチン変換のために亜鉛を摂れ!

質問

髪に良い食べ物ってある?

答え

大豆製品やレバー、きのこやメカブなどが良いとされています。また、タンパク質の一種であるケラチンは、髪を育毛させるのに必要となる栄養素の99%を占めています。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

髪を育毛させるのに必要となる栄養素の99%をる『ケラチン』ってすごいね!もうこれを直接摂りたいよね普通に考えて!でも、注意点があるんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

食べ物で髪に育毛の効果を与えることができる

薄毛になってから、脱毛症になっていることに気づく人も多くいます。薄毛に効果があるのは、育毛剤や植毛などで改善することは可能ですが、他にも改善方法があります。しかし、実際は抜け毛や薄毛を改善したいと思っていても、食生活などで抜け毛や薄毛を進行させている場合もあるのです。

 

食べ物で薄毛になる場合もある?

育毛に良くない食べ物ばかりを取っている人は、抜け毛が悪化してしまう可能性や薄毛になってしまうことがあります。例えば、下記のような食材です。

 

育毛に良くない食べ物
  • 牛肉
  • 豚肉
  • バター
  • チーズ
  • マヨネーズ

 

薄毛

 

脂肪分が高い物を食べ過ぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、抜け毛や薄毛が酷くなってしまいます。また、下記の食品などを多く取ることが習慣になっている人も、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れやすくなる食品
  • パン類
  • スナック菓子
  • インスタント食品
  • ファーストフード

 

薄毛

 

通常時の人間の体は、ホルモンバランスというもので健康に保てるようになっています。ホルモンバランスというのは、女性の場合は女性ホルモンの量と男性ホルモンの量が、良いバランスで保たれているといい、これが崩れてしまうことで、体の至るところに支障が出てしまい病気になってしまうこともあります。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうことで、男性ホルモンの方が大半を占めてしまうことや、体の中で異常に増加してしまうことにより、薄毛や抜け毛の原因となることがあるのです。食べ物は育毛に良くないものだけではなく、育毛に良い栄養が含まれている食べ物もあります。

 

ニワトリ

ホルモンバランスの崩れ、免疫異常なんかが起きて、とにかく『異常な状態』になると、体の様々な場所にサインが現われるようになってるよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

例えば円形脱毛症なんかの場合は、ストレスなんかによる免疫異常によって、免疫が『誤作動』してしまい、毛根に攻撃。そしてその部分が円形にハゲてしまうってわけなんだ!

ぴよぴよ(うーむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 育毛に良くない食べ物をチェックする。
  • ホルモンバランスが崩れやすくなる食品をチェックする。
  • ホルモンバランスが崩れてしまうことで、薄毛や抜け毛の原因となる。

 

 

食べ物により薄毛を改善できるってホント?

育毛に良い栄養が含まれている食べ物は、以下の食材などが良いとされています。

 

育毛に良い栄養が含まれている食べ物
  • ナッツ類
  • レバー
  • 青魚
  • ウナギ
  • 大豆製品

薄毛

  • ニンニク
  • ピーマン
  • 蕎麦
  • メカブ
  • ねぎ
  • トウガラシ
  • きのこ

薄毛

 

これらを大量に摂取することは難しいですが、毎日の食事でこれらの食べ物を使うように工夫していくだけでも、育毛を促進することが可能になります。

 

体にとても良いという大豆製品は、髪の毛の栄養の元となるケラチンというタンパク質で作られています。このため育毛させるためには、タンパク質を摂取することが欠かせないということになります。また、大豆製品には必須アミノ酸がバランス良く含まれていることで良質なタンパク質となり、育毛の効果をアップさせてくれます。

 

大豆製品の他にも必須アミノ酸が含まれている食べ物は、

 

必須アミノ酸が含まれている食べ物
  • 牛乳
  • チーズ
  • 魚介類

薄毛

 

などにも多く含まれています。鶏肉にも良質な必須アミノ酸が含まれていますので、牛肉や豚肉を食べることが多い人は、鶏肉に換えてみるのも良いでしょう。

 

薄毛

 

タンパク質の他には、

 

髪の毛にとって大切な栄養素
  • 亜鉛

 

なども髪を元気にさせるのにとても大切な栄養素となりますので、できるだけ摂取するようにしましょう。タンパク質は亜鉛と深い関係があり、タンパク質だけを摂っていても髪に良い栄養とはなりません。このことに注意することさえできれば、食べ物による育毛の効果が徐々に感じられるようになっていくでしょう。

 

ニワトリ

基本的に食事や栄養っていうのは、『単体で摂っても意味がない』っていうケースが多いよ!例えばビタミンCも、それを単体で摂っても意味がない。だからいろいろなビタミンと一緒に摂ることが大事なんだって。たんぱく質も、この亜鉛の力があって初めて効果的に体に影響を及ぼすことがあるよ!

ぴよぴよ(栄養が偏らないようにするっていうやつっすね)!

 

 

この章のまとめ
  • 育毛に良い栄養が含まれている食べ物を確認する。
  • 育毛させるためには、タンパク質を摂取することが欠かせない。
  • 必須アミノ酸が含まれている食べ物を確認する。
  • タンパク質は亜鉛と深い関係があり、タンパク質だけを摂っていても髪に良い栄養とはならない。

 

 

育毛に大切なのはタンパク質と亜鉛?亜鉛が含まれている食べ物はこれ

薄毛に効果がある食べ物は、亜鉛といわれています。しかし亜鉛は体内で作り出すことができず、体外から摂取するしか方法はありません。

 

 

 

亜鉛とタンパク質は深い関係で結ばれている

タンパク質の一種であるケラチンは、髪を育毛させるのに必要となる栄養素の99%を占めています。だからといってタンパク質だけを摂っていても、体内で自動的にケラチンに変換されるわけではなく、変換するには亜鉛の力が必要不可欠になってきます。

 

亜鉛は、体内に入ってきたタンパク質をケラチンに変換する効果があり、これにより質の良いタンパク質を生み出すことができます。体内の亜鉛が減ってしまうことでケラチンを生成できなくなり、髪の毛に良い栄養が届かなくなってしまうと考えられます。このようになってしまうと、髪が健康なまま維持することが難しくなり、抜け毛の症状や薄毛になってしまうのです。

 

薄毛

 

亜鉛やタンパク質が、これほど体や髪の毛にとって重要な働きをしていることを知らない人も多くいます。なので育毛を促進したい場合は、タンパク質と同様に食べ物で亜鉛も摂取する必要があるということです。

 

ニワトリ

たんぱく質を髪の毛にとって極めて重要な栄養素であるケラチンに変換するためには、亜鉛の力が必要なんだね!このように、『単体で摂っても意味がない』っていうキーワードを覚えておこう!その他にも『カルシウム+ビタミンD』、『ビタミンC+ビタミンE』とか、そういう組み合わせがあるよ!

ぴよぴよ(ふむふむ)!

 

 

この章のまとめ
  • タンパク質の一種であるケラチンは、髪を育毛させるのに必要となる栄養素の99%を占めている。
  • タンパク質だけを摂っていても、体内で自動的にケラチンに変換されるわけではなく、変換するには亜鉛の力が必要不可欠。
  • 亜鉛は体内で作り出すことができず、体外から摂取するしか方法はない。

 

 

食べ物による亜鉛の摂取量が足りていない場合が多い

最近では偏っている食事により、1日に必要な亜鉛の半分も摂取できていない人が多いといわれています。亜鉛は、下記の条件などにより少しずつですが消費してしまいます。

 

亜鉛が消費される条件
  • ストレス
  • アルコールの分解
  • 疲労
  • 発汗

 

薄毛

 

このため、亜鉛の消費量ばかりが多くなってしまい、抜け毛や薄毛が進行してしまうことも多いのです。

 

亜鉛が多く含まれている食べ物は、

 

亜鉛が多く含まれている食べ物
  • 牡蠣
  • ビーフジャーキー
  • パルメザンチーズ
  • 煮干し
  • 豚レバー

 

薄毛

 

などが代表的です。また、これらの他にも、

 

亜鉛が多く含まれている食べ物
  • 松の実
  • ごま
  • アマランサス
  • するめ

 

薄毛

 

などにも亜鉛が含まれています。

 

これらの中で一番亜鉛を摂取しやすい食べ物は、

 

  • 牡蠣

 

薄毛

 

となっていて、約13mgもの亜鉛を摂取することができます。

 

これらをバランス良く摂取することで頭皮の改善や毛根の改善になり、徐々にですが育毛効果を感じるようになります。

 

偏っている食事を取っている人の場合は、亜鉛が体内で不足している点が挙げられます。このような場合は、亜鉛が多く含まれている食べ物を知っておくことで、少しでも髪に良い栄養を取り入れることができるようになります。

 

ニワトリ

亜鉛というのは体外から摂取するしかなく、しかもストレスや飲酒等によって消費されてしまうんだね!だから牡蠣をはじめとしたさまざまな食事をバランスよく摂って、亜鉛不足を補う必要があるね!亜鉛はEDにも効くから、男性はぜひ摂りいれたいね!

ぴよ(ED…)

 

亜鉛の1日あたりの摂取量は、成人の男性の場合は9mg、成人の女性の場合で7mgです。できる限り、これに近い亜鉛を摂取するように心がけていくだけでも、育毛効果を感じられるようになるでしょう。

 

亜鉛の1日あたりの摂取量

成人の男性 9mg
成人の女性 7mg

 

亜鉛は摂取しにくい食べ物ばかりではありませんので、食生活の中でバランス良く取るようにし、またタンパク質も摂取できるようにするのが育毛には効果的といえます。

 

亜鉛は育毛の他にも、貧血などに効果があるといわれていますので、女性には特におすすめです。食べ物で亜鉛を摂取する場合は過剰摂取しにくいのですが、サプリメントなどで摂取する場合は、過剰摂取にならないように注意しましょう。

 

薄毛

 

亜鉛の過剰摂取は毒性が強いため、大量に摂取すると急性中毒になってしまうこともありますので気をつけましょう。亜鉛の1日の摂取量を守り、毎日続けていけば育毛の効果を感じられるようになるはずです。

 

ニワトリ

さっきはED問題で男性におすすめしたけど、実は貧血などにも有効だから、女性にもおすすめなんだ!これはもう男女問わず、ガンガン摂りいれていきたいね!

ぴよ(ふむ)!

ただし、ガンガンが過ぎると中毒症状になるから注意だよ!あくまでもほどよく、食べる機会があるときに積極的に食べていきたいってことだね!

ぴよぴよ(毎日少しずつが原則っす)!

 

 

この章のまとめ
  • 亜鉛が消費される条件を確認する。
  • 亜鉛が多く含まれている食べ物を確認する。
  • これらの中で一番亜鉛を摂取しやすい食べ物は、牡蠣
  • 亜鉛は育毛の他にも、貧血などに効果があるので、女性には特におすすめ。
  • サプリメントなどで摂取する場合は、過剰摂取にならないように注意。

 

 

関連記事

  1. 髪の毛が雨で濡れると薄毛の原因となる?

  2. 薄毛が『遺伝だけが原因ではない』という理由

  3. 人工毛植毛の特徴は?メリットとデメリットを解説!推奨度は低い…

  4. 抜け毛・薄毛に効く漢方は?体質によって変わる漢方薬の効果

  5. 無毛症(乏毛症)の症状やその原因とは?最適な治療法と対策

  6. 毛根の白い塊があると薄毛になる?栄養不足?正しい抜け毛対策とは?




アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛

  2. 薄毛

  3. 薄毛

最新記事

PAGE TOP

薄毛

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛

増毛前後の写真を撮れ!格好いいヘアスタイルの画像や写真を見て薄毛対策!

薄毛

薄毛対策のおすすめ坊主スタイルとは!?バリカンなら何ミリがいい?

薄毛

抜け毛が目立つときの髪型は?目立たない長さはどのくらい?どんな増毛法がある?

薄毛

脱毛が気になる女性のショートヘアのアレンジ方法と増毛のコツ