薄毛

女性の脱毛症『FAGA(女性男性型脱毛症』と『びまん性脱毛症』とその原因

質問

女性の脱毛症『FAGA(女性男性型脱毛症』と『びまん性脱毛症』ってなに?

答え

FAGA(女性男性型脱毛症)は、AGA(男性型脱毛症)のことです。AGAの頭に女性を意味する『Female』のFをつけて、FAGAと呼んでいます。

 

びまん性脱毛症は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる脱毛症で、生え際からてっぺんにかけて、中心部に薄毛や脱毛が広がっていく症状です。AGAとは違い、ジヒドロテストステロンが原因ではない脱毛症です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

女性の薄毛の場合、FAGAとびまん性脱毛症の2パターンが王道なんだね!2つはその原因が微妙に違うよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

女性の場合もAGA(男性型脱毛症)になる。しかし女性の場合は、AGAの頭に女性を意味する『Female』のFをつけて、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ぶこともある。また、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる脱毛症として、『びまん性脱毛症』もある。

 

FAGAの場合もAGAと原因は同じで、ジヒドロテストステロンが原因で脱毛が促進される。女性の血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われているが、やはりテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症する。

 

遺伝子検査によって男性型脱毛症かどうかが判断できる理由は、ジヒドロテストステロンに対して感受性が強い(男性型脱毛症になる)体質と、感受性がない(男性型脱毛症にならない)体質が遺伝的に決まっているからだ。遺伝子検査によって、ジヒドロテストステロンに対しての感受性が判断できるので、その人が男性型脱毛症かどうかを判断できるという。

 

薄毛

 

びまん性脱毛症は、女性によくみられる脱毛症で、生え際からてっぺんにかけて、中心部に薄毛や脱毛が広がっていく症状。原因はいくつかある。更年期を迎えるとホルモンバランスが崩れ、加齢も手伝って脱毛がすすむ。また、

 

  • パーマ、カラーリング
  • ドライヤー
  • シャンプーのしすぎ
  • ダイエット
  • ストレス

 

などが原因となって脱毛がすすむこともあるので注意が必要だ。あまり過度な負担をかけすぎないように意識することが大切。

 

関連記事

  1. 毛根の白い塊があると薄毛になる?栄養不足?正しい抜け毛対策とは?

  2. 薄毛を隠すふりかけとは?増毛パウダーはすぐ人にバレる?

  3. AGAクリニックで治療すると薄毛が改善される理由とは?

  4. 育毛剤サプリ「ダブルインパクト」の効能とは?どういう特徴があるの?どう…

  5. 『亜鉛』は髪の毛にとって必要不可欠な栄養素!薄毛対策と抜け毛予防!

  6. 頭皮を保湿させると薄毛を予防できる?皮脂の分泌とフケの発症を抑えよ!




アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛

  2. 薄毛

  3. 薄毛

最新記事

PAGE TOP

薄毛

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛

増毛前後の写真を撮れ!格好いいヘアスタイルの画像や写真を見て薄毛対策!

薄毛

薄毛対策のおすすめ坊主スタイルとは!?バリカンなら何ミリがいい?

薄毛

抜け毛が目立つときの髪型は?目立たない長さはどのくらい?どんな増毛法がある?

薄毛

脱毛が気になる女性のショートヘアのアレンジ方法と増毛のコツ