ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

女性の育毛外来は、費用の明確さ、女性専用であるかどうかがポイント!

女性の育毛外来の注意点は?

費用の明確さ、そして女性専用であるかどうかがポイントです。

先生

女性が育毛外来を利用すること自体、ラーメンを一人で食べるのよりも、神経を使うものだからね!神経質になって当然!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

女性の育毛外来で気を付けたいポイント

女性と育毛外来については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

女性の育毛外来で気を付けたいポイントは、

 

  • 女性専用であるかどうか
  • 費用は適切かどうか

 

という2点ですね。正直、まず最初の『女性専用』かどうかということで、大きく違います。男性に薄毛で悩んでいることを見せたくはありませんからね。そういう配慮が行き届いているかどうかということを見る必要があります。

 

 

そこをちゃんと考えられているのであれば、クリニックの内容としても、女性のことをしっかりと考えられているはずです。例えば下記の記事に書いたようなことがそうですね

 

 

先生

女性専用車両でもそうだし、お化粧ルームなんかでもそうだけどさ、やっぱり女性に優しいものとそうじゃないものってあるからね!まずはそこを見たいね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性専用のクリニックであるかどうかをチェックする。

女性によくみられる薄毛

女性によくみられる薄毛というのは、

 

  • FAGA(女性男性型脱毛症)
  • びまん性脱毛症

 

です。その他にも、

 

  • 牽引性脱毛症
  • 休止期脱毛症

 

というものもありますが、休止期脱毛症はびまん性脱毛症の一種ですので、主に挙げられるのは上記の2つになります。

 

 

『女性専用』を謳っているのであれば、『それ』をきちんと理解しているクリニックであるはずです。ですから、AGAクリニックと違って、女性ならではの対応ができる。それができるかできないかが大きく影響してきますね。

 

AGA(男性型脱毛症)の場合、その原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

FAGA(女性男性型脱毛症)も同じようにジヒドロテストステロンが関係しているのですが、休止期脱毛症の記事にも書いたように、『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

だから薄毛の人は、後頭部と側頭部は毛髪は生えていますが、Ⅱ型DHTの影響を受けやすい前頭部や頭頂部が薄くなるわけなのです。女性の場合も実は同じです。圧倒的に分泌量は少ないですが、女性も男性ホルモンを分泌し保有しています。女性の場合はさまざまな酵素の分布が男性とは異なるため、男性のような薄毛の進行にはなりにくいのです。だから頭頂部あたりが少し薄くなる程度で、Ⅱ型DHTだけの仕業で髪が薄毛になることはないと言えます。

 

女性の場合、血中のテストステロンの濃度や、酵素の分布、あるいは女性ホルモンなどの影響によって、男性のAGAとは少し様相が違うのです。

 

薄毛

 

先生

女性もAGAになるけど、女性の場合はFAGAって言って、ちょっと男性とは違った形で脱毛するんだね!男女には色々な差があるから、その差のせいで差異が生まれるんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性によくみられる薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)とびまん性脱毛症。
  • 女性の場合はAGAとは少し違った形で薄毛になる。

どこの会社もターゲット層がある

AGAクリニックの客層は、基本的にはやはり男性がメインです。正直商売をする側としても、メインである客層にアプローチをかけた方が売り上げになるので、どうしてもそっちに力が入ります。

 

例えば、原宿にある『インスタ映え』するカラフルなわたあめショップに、中高年の男性は来るでしょうか。来ることも当然ありますが、メインのターゲット層ではありません。店側も最初から、中高年の男性には的を絞っていません。同じように、新橋にある居酒屋もそうです。女性中高生に的を絞っていない。

 

 

そうなると、どちらもその『範囲外の客層』をもてなす準備には、あまりこだわっていません。それと同じ考え方を、AGAクリニックでもしてみるとわかりやすいですね。

 

AGAというのは、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンになって引き起こされる脱毛症であり、やはりターゲット層は男性です。しかしそんな中、『女性専用』、つまりFAGA(女性男性型脱毛症)で悩む人をターゲット層にしているクリニックがあるなら、それは女性が満足できるクリニックである可能性は高いですね。

 

ハゲは男性の悩みであるのが世間一般の常識ですが、実際には女性も薄毛で悩んでいます。

 

 

そうした女性たちの悩みをきちんと解決するクリニックを探せば、失敗する確率はぐんと減りますね。

 

先生

会社と言っても実際には人間が運営していて、人間というものは往々にして未熟だからね!お金を出せばそれっぽいことができるけど、運営しているのが人間である以上、過信してはダメだよ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • どこの会社もターゲット層がある。

費用は適切か

また、同時に考えるべきなのは『費用』です。費用を調べるとき、まず行うのはAGAクリニックの料金相場を調べ、それと比べてどれだけ違うかということを見るということです。例えば、AGAクリニックの料金が、

 

  • A社:10万円
  • B社:12万円
  • C社:11万円

 

だったとしましょう。平均すると金額は『11万円』です。そんな中、女性専用を謳うクリニックが、『20万円』という金額だったら、ぼったくりを疑うかもしれません。しかし、よくよく他社と比較すると、

 

  • A社:20万円
  • B社:22万円
  • C社:23万円

 

ということで、実は他社と比べると最も安かった、ということがあるかもしれません。AGAクリニックと比べて料金を調べるのはいいのですが、女性専用のAGAクリニックでも料金を比較してみないと、高いか安いかはわかりません。

 

 

女性専用ということで特化すると、何かと料金が高くなることもあるかもしれません。そういう風に説得された場合は、まず同じような会社と比較してみて、料金を調べると見えてきますね。

 

私もこの間パソコンを買おうとヨドバシカメラに行ったのですが、最初に捕まえたスタッフは、さも『自分が今から勧めるパソコンは、性能が高くて安い。しかも、今からお客さんようにカスタマイズして、余分な機能は排除していき、コストをさらに下げる』という具合にトークを勧め、『結局自分のパソコンがいかに安くて高性能であるか』について説明し続けました。

 

 

トーク的には、『これから他のパソコンを見てもいいが、見ても結局は同じこと。今私が言ったことがすべて。だから他のパソコンを買うなら、今もうこのパソコンを買った方がいい。キャンペーン期間中に早く決めないと、この値段では買えなくなる』という流れが作られていました。

 

しかし、実際にはほかのパソコンを見ると、私のニーズにあったパソコンが他にありました。その値段よりも更に5万円以上安く、無駄な機能を排除したものでしたので、大変満足のいく買い物ができました。

 

パソコン売り場には、それぞれの店からの刺客というか、スタッフが送り込まれ、同じ店にいても、実は軽い敵同士なのです。私はヨドバシカメラで一瞬だけ働いていた経験があり、それを知っていましたから、最初のスタッフが言う『他社の情報』を鵜呑みにすることはありませんでした。

 

同じように、女性専用を謳うAGAクリニックでも、一つの店舗の言うことを鵜呑みにしないことが大切です。AGAクリニック、そして女性専用のAGAクリニックと、自分で様々な店舗を探して、自分で比較するのです。そうすれば、料金が妥当かそうじゃないかということがわかります。ですからポイントは、

 

  • 女性専用であるかどうか
  • 費用は適切かどうか

 

に尽きるんですね。それさえ押さえていれば、治療の満足度は上がるでしょう。

 

先生

とにかく、料金は必ず比較したほうがいいってことだね!一人の意見を盲信してはだめだよ!その裏には利益が発生しているからね!人は利益に目がないんだ!
人間は欲望の塊っすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 費用が適切かどうか比較して検討する。
  • 一つの店舗の言うことに依存しない。

女性の薄毛治療に使われる育毛剤とは

例として『医師による切らない薄毛・抜け毛・円形脱毛症最新治療―豊富な症例数が信頼の証し』による女性の場合の対応を一部紹介します。

びまん性脱毛症

 

このびまん性脱毛症といわれる症状は、原因からいくつかに分けることができ、それぞれにあった治療法を行うことが必要となります。まずは、先ほど説明した男性型脱毛症である場合で、これは先ほど述べたように、幹細胞抽出因子注入療法ミノキシジルなどの薬学的な療法、頭皮の新陳代謝を促すヘアーチェンジレーザーなどを組み合わせる治療が最も効果的です。

 

次は女性ホルモンのバランスがくずれたときに発症する脱毛症です。第二次性徴以降、女性らしさをもたらす女性ホルモンの一つにエストロゲンがあるのですが、これが妊娠・出産や、更年期になると減少することが原因となって薄毛が起こると考えられています。

 

また最近では『若年性更年期障害』と呼ばれる20代~30代など、まだ更年期になるには早い年齢で卵巣機能が低下してホルモン分泌が減少する症状が引き金となって、脱毛が発症することもあります。この場合の治療は、ミノキシジルなどの薬学的な療法、頭皮の新陳代謝を促すヘアーチェンジレーザーなどが効果的です。

 

このミノキシジルというのは、AGAを含めた薄毛に有効であるとされる『3つの育毛剤』のうちの一つです。

 

 

男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診察ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤はこの『ミノキシジル』だけです。日本の製品名は『ロゲイン』と『リアップ』ですね。

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)』にはこうあります。ちなみに、診療ガイドラインとは、10人の専門医が考え得るさまざまな治療法について、国内外の論文から科学的根拠の有無を確認し、推奨度を5段階に分類した評価が見れるものです。

 

 

  • A=強く勧められる
  • B=勧められる
  • C1=考慮してもよいが、十分な根拠がない
  • C2=根拠がないので勧められない
  • D=行わないよう勧められる

 

推奨度:A

 

推奨文:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める (男性型脱毛症:5%ミノキシジル,女性型脱毛症:1% ミノキシジル).

 

解説:(省略)次いで女性型脱毛症に関しては,1%,2%,および 5%ミノキシジルを用いた 8 件のランダム化比較試験を解析した,1,242名の女性被験者を対象とした観察期 間 24~32 週のシステマティック・レビューにおいて,ミノキシジルの有効性が明らかになった66).

 

AGAを含めた薄毛に有効であるとされる『3つの育毛剤』は、

 

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • デュタステリド

 

の成分が含まれたものですが、このうち、フィナステリドとデュタステリドは、女性が使用することの推奨度は『D』となっています。Dは最低評価で、『行わないよう勧められる 』ものです。したがって、女性の場合はその二つの育毛剤は使用できないのです。

 

しかし、ミノキシジルなら使用できます。したがって、ミノキシジルが使われることが多いんですね。この最低限の知識だけは覚えておきましょう。それなのにフィナステリドやデュタステリドを勧めて来たら、完全なるやぶ医者ですので、厳重注意が必要です。

 

薄毛

 

先生

女性の場合、フィナステリドやデュタステリドは使えないからね!ミノキシジルしか使えないんだ!ちょっと不利だよね!だけど、ハゲになる率は男性が圧倒的に多いからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性に有効な育毛治療は存在する。