ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

男だったらハゲ、薄毛対策は『坊主にする』のが潔い!隠すのは逆効果!

男のハゲ対策は?

男だったらハゲ、薄毛対策は『坊主にする』のが潔いですね。

隠すのは逆効果ですから、やめたほうがいいでしょう。坊主は男にだけ与えられた特権のようなものですからね。女性もできますが、抵抗感が圧倒的に違います。

先生

女性でも坊主にして格好いい人がいるけど、ぶっちゃけそれは『美女だけ』だったり、あるいは『達観している人だけ』なんてことになるよね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

坊主ができる人は潔い印象を与える

ハゲ、薄毛対策には『髪の毛をいっそのこと坊主にする』という考え方があります。そうすればその人に『潔さ』が備わるからですね。中途半端にハゲて、それを前髪やなんかで隠している人は、本人だけが隠せているつもりで、他人にはすべて筒抜けです。

 

下記の記事と合わせて考えていきましょう。

 

 

技術的なことは上記の記事にたくさん書きましたので、この記事では精神的な問題について焦点を当てて考えていきます。

 

先生

ついつい自分にとって不利なことや弱点は隠しちゃうのが人間だね!まあ、それらを馬鹿にする人間たちがいけないってことでもあるけど!
たしかに!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • 薄毛隠しは本人だけが隠せているつもりで、他人にはすべて筒抜け。
  • 坊主ができる人は潔い印象を与える。

ハゲ隠しは哀れな印象を与える

髪の毛でハゲを隠してしまっているのを周りから見ると、正直に言って『哀れ』としか言いようがありません。

 

  • かわいそう…
  • 自分はああなりたくないな…
  • いや、ばれてるし…

 

など、様々な意見を持つでしょうか、どちらにせよ、

 

かっこいい!

 

となることはないでしょう。人間というものは、整っているものを『美しい』と感じるものです。例えば、あらゆる世界遺産的な建造物を思い浮かべてみましょう。往々にしてあれらは、『左右対称』になっていますよね。

 

 

人間は、左右対称になっていて整っているものを見ると、

 

美しい…

 

と思う生き物なのです。そう考えたとき、モデルや俳優などの顔を思い浮かべてみましょう。そうです。彼ら彼女らは往々にして、左右対称で整った顔つきをしていますよね。それゆえに彼ら彼女らは人気を得ているのです。多くの人から何の違和感もなく『美しい』と思わせるには、『整える』ことが大切になるのです。

 

だから髪型で整えて、誤魔化してるんだよ。

 

と思う人がいるでしょう。しかし、それはこの意味をはき違えてしまっていますね。『誤魔化す』時点で、基準から逸れています。例えば、失敗をしたとき、それを焦って誤魔化そうとすると逆に失敗が浮きだってしまいます。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

失敗をしたらすぐにそれを認めて反省し、改善する。この考え方こそが真理であり、基準にするべき考え方です。

 

先生

隠し事をすれば一時的に気が楽になる気がするんだけど、ある種お酒や麻薬と一緒で、本当に一時的な、『麻痺』のようなものなんだ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ハゲ隠しは哀れな印象を与える。
  • 人間は左右対称の整った物が好き。
  • 失敗をしたらすぐにそれを認めて反省し、改善する。

誤魔化す行為というのは人の道から逸れた行為

それに対し、『誤魔化す』という行為はこれに真っ向から立ち向かう行動です。それは逸れています。基準から逸れると人はそこに『違和感』を覚えます。違和感を覚えると人はそれを見て、

 

きれいだな…

 

とは思いません。そうではなく、

 

ん…?なんか違和感のある人だな…

 

として、信頼の低下に繋がることもあります。人間というのはそういうものですからね。例えば、スーツにネクタイをびしっと決めて、髪型を清潔にして笑顔で接してくる営業マンがいれば、その人に対して好印象を持つでしょう。それが『詐欺師』であってもです。

 

 

それくらい人というものは、『違和感』というものに敏感であります。そのくせその人々の見識はそう高くはありません。

 

イタリアの政治思想家、マキャベリはこう言いました。

 

  • 人は外見で判断する
  • しかしその判断する目は肥えていない

 

ということがわかる言葉ですね。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

しかし、ここで考えるべきなのは、『それでも多くの人は、違和感を感じるものには抵抗を覚え、整っているものに興味が惹かれる』という事実。

 

薄毛を誤魔化そうとして前髪で隠したりする行為は、周りから見て違和感そのものです。竹を割ったような潔さがその人にあるようには見えず、様々な場面において、その人は信頼を落とすことにもなりかねません。

 

あの人は誤魔化す人なのかなあ…

 

と考えらえても仕方ありませんからね。薄毛になった時、思い切って坊主頭にするということは、そういう問題の解決にもつながるということがわかりましたね。

 

 

先生

だけどそう簡単にはこの極意を習得できないよ!そんな人がいれば、その人はとても優秀で、呑み込みが早く、大きな成長を期待できるね!
じゃあ僕っすね!

ハニワくん

先生

…。
この章のまとめ
  • 誤魔化す行為というのは人の道から逸れた行為。
  • 人は外見で判断する。しかしその判断する目は肥えていない。

強い人間は自分の運命を嘆かない

テレビで活躍するスキンヘッドに近い坊主頭の人は、『ハゲているからこうしている』と言いましたが、私は彼がそう発言するまで、そうは思っていませんでした。彼が竹を割ったような潔さを番組で見せることが多いので、元々そういう髪型を好んでしているように見えました。

 

今でも彼を見て、『ハゲてかわいそうな人』という目で見ることはありません。身体的な短所は、本人次第で長所にもなることができます。その最たる例として挙げられるのが、乙武洋匡さんですね。

 

 

五体不満足でこの世を生きるにあたり、考えることはたくさんあったはずです。不謹慎なこともした彼ですが、しかし、それは違う角度から見たら逆に、人間らしい。

 

その他の人と何ら変わりない、同じ『一人間』の枠組みで生きていると考えれば、彼はその身体的な特徴を、短所とすることはなかったと考えることもできます。

 

彼は潔い性格を持っているので、あれほどの特徴を持っていても、そうでない人と比べたら『哀れだ』という感覚は持ちません。薄毛を誤魔化そうとする人に対しても同じ目が向けられます。自分の短所を『短所』だと認めて、それを誤魔化そうとする人には違和感を覚え、哀れみの目を向けられることになります。

 

潔く坊主にしてみることを検討しましょう。私の知人の彼女は、知人である男性が『もしハゲたら』というテーマについて話をしたとき、

 

あがいてほしくはない!

 

と言いました。20代だった彼女の意見は、実に大勢の意見と一致するものだと言えるでしょう。

 

ドイツの哲学者、ショーペン・ハウエルは言いました。

 

そこにも書きましたが、ある時、かつて私の恩師が、ある脚力に自信のあるサッカー選手が大けがをし、 もう二度とサッカーが出来ない身体になってしまったとき、その選手が言った言葉にひどく感銘を受けていました。

 

こうなることが僕の運命だったんです。

 

そこに至るまでにどれだけの努力を重ねてきたでしょうか。どれほどのドラマがあって、どれほどの代償を払ってきたでしょうか。しかし選手は潔く、そう言ったのです。

 

人はいずれ死にます。そこまで考えたとき、この薄毛の問題も解決するのではないでしょうか。

 

 

先生

身体的短所や特徴を前向きにとらえて生きていく人は、人目を気にしない人。人がいるからそれが『短所だ』って思うわけだからね!人の意見は大体、当てにならないよ!
先生の意見は傾聴に値するっす

ハニワくん

この章のまとめ
  • 強い人間は自分の運命を嘆かない。