ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ハゲで死にたい…辛い…そんな人が読むべき薄毛対策の記事。

ハゲで死にたい…辛い…どうすればいい?

まずは以下の記事を見てください。

先生

ハゲで死にたい。そういう人もいるだろうね。死ぬのはいつでもできる。その前に色々なものを見てみよう。
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ハゲで死にたいという気持ちはわかる

ハゲ、薄毛で死にたいくらい辛いと思った時、見るべきなのは『薄毛治療の対策』だけではありません。もちろん、それらの問題を最適化していないなら、それらに目を向けるべきです。しかし、往々にしてそれくらい考え込んでしまっている人は、もうすでにそうした対策はやっているでしょう。

 

 

逆に、やっていないのに『死にたい』と思うのであれば、それは本人に問題がありますね。まずやれることがあるわけですから、それらをやってみてからその結論は出すべきです。

 

 

薄毛の原因
  • 体内毒素
  • 活性酸素
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • シャンプー

 

薄毛の原因にはこのような問題が挙げられるわけです。これを最適化していないならば、今すぐそれをしましょう。例えば自己破産のサイトに、

 

 

という記事を書きました。自殺など最後の最後の選択肢です。むしろ、そのままそれを選ばないで死んだ方がいい。お金の問題を抱えているとしても、まず最初に考えるべきなのは債務整理です。

 

 

そしてそれがだめなら最後に『自己破産』を選択するのです。

 

  • 夜逃げ
  • 臓器売買
  • 自殺

 

などという選択肢は、あって無いようなものだと考えるのが賢明です。

 

 

先生

薄毛の人は深刻にそれについて悩んでいるからね!ナイーブな問題で、安易にそれについて触れてほしくないっていう人も大勢いるよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ハゲ、薄毛で死にたいくらい辛いと思った時、見るべきなのは『薄毛治療の対策』だけではない。
  • だが、『薄毛治療の対策』をやっていないなら本末転倒である。
  • 自殺など選択肢にないと考えるべきである。

本当に『他の人と比べた』?

そもそも、自分はその他の人と比べ、本当に自殺するほど恵まれていないのでしょうか。ナチスの強制収容所に収監され、人間の想像を絶する3年間を過ごしたドイツの心理学者、ヴィクトール・E・フランクルの著書、『夜と霧』にはこうあります。

彼は叫び声を耳にする。そちらを見ると、仲間が何度も地べたに殴り倒されていた。立ち上がってはまた殴り倒される。なぜだ。その男が熱を出したからだ。

 

(中略)

 

12歳の少年が運びこまれた。靴がなかったために、はだしで雪のなかに何時間も点呼で立たされたうえに、一日中所外労働につかなければならなかった。その足指は凍傷にかかり、診療所の医師は壊死して黒ずんだ足指をピンセットで付け根から抜いた。それを被収容者たちは平然とながめていた。

 

(中略)

 

多くは死を待つばかりだ。またひとり死んだ。するとなにが起こるか。X回目に、X回目に。感情的な反応など、もはや呼び覚まされない。いったいなにが起こるのか。見ていると、仲間がひとりまたひとりと、まだあたたかい死体にわらわらと近づいた。ひとりは、昼食の残りの泥だらけのじゃがいもをせしめた。もうひとりは、死体の木靴が自分のよりましなことをたしかめて、交換した。三人目は、同じように死者と上着を取り換えた。四人目は、(本物の!)紐を手に入れて喜んだ。

 

私はあなたがこの人たちよりも不遇な状況にいるとは思えません。彼らは頭の毛ももちろん、全身の毛を剃られ、人間としての尊厳を奪い去られたのです。確かに、自殺する人も大勢いました。しかし、自殺しない人もいました。そういう人の命のことを考えると、自分が薄毛なんかの問題で、

 

死にたい…

 

と思ってしまうのは、いささか早とちりなのかもしれません。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

道教の創案者老子、儒教の始祖孔子。また、仏教の開祖ブッダ(釈迦)。道教、儒教、仏教、中国における三教のトップ、世界に誇る名指導者たちが口をそろえるこの真理を、一度立ち止まってじっくりと考えましょう。

 

つまり、『薄毛で死にたいくらい辛い。その対策は?』と考えるなら、何よりもまず最初にやるべきなのは、人生の真理、黄金律を理解することです。

 

アウシュビッツ強制収容所や原爆被害者、天災による被災者たちが死にたいくらい辛い思いをしても自殺をせず、生きる選択肢を選んだ。その尊く気高い彼らの意志を尊重し、自分も堂々と生きるのです。

 

先生

人生の黄金律や真理を理解すると、物事に対する憂いがなくなるよ!執着がなくなるからね!諸行無常であり、天上天下唯我独尊を知るからなんだ!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『薄毛で死にたいくらい辛い。その対策は?』と考えるなら、何よりもまず最初にやるべきなのは、人生の真理、黄金律を理解すること。

はるか昔から『足りないもの』に目を向ける人間

足りないものに目を向けるのではありません。『まだあるもの』はないのでしょうか。それが『足るを知る者は富む』という言葉の意味なのです。

 

ドストエフスキーは言いました。

 

私は、人よりも10倍速く年を取る一人の女性の人生をテレビで観ました。彼女は当然、自分の両親よりも早く老い、そして死んでいきました。私は自問しました。

 

彼女よりも充実した人生を送れるのだろうか?

 

と。彼女は大好きだったペットショップで働き、遠い異国に住む同じ病を患った男性に、恋もしていました。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

一日でも長く生きながらえることに執着し、自分本位に生きる人間より、私は彼女の人生の方が輝いて見えます。

 

先生

足りないものを見ようと思えばいくらでも見れる。人の欲望は、ヒマラヤほどの金を手に入れても消えてなくなることはないからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。