ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

髪の分け目が薄いのが目立つ…改善策は?女性と牽引性脱毛症との関係

髪の分け目が薄いのが目立つんだけど、改善策はある?

『髪の分け目が薄い』という悩みを抱えている人は、女性に圧倒的に多いと言えます。女性の場合、男性と違ってそういうハゲ方が多くなる傾向にあるからですね。

 

女性に考えられる薄毛の主な原因としては、

 

  • パーマ、カラーリング
  • ドライヤー
  • シャンプーのしすぎ
  • ダイエット
  • ストレス

 

このようなものが影響していることから目を逸らせません。それについては下記の記事に書きましたので、ご確認ください。

先生

髪の分け目が薄いっていう悩みは、男性よりも女性に多いよ!そういう傾向があるからね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

女性に多い『髪の分け目が薄い』という悩み

『髪の分け目が薄い』という悩みを抱えている人は、女性に圧倒的に多いと言えます。女性の薄毛は往々にして、男性とは違うハゲ方をしてくものです。

 

 

下記の記事にも書きましたが、

 

 

ハゲの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す還元酵素、5α-リダクターゼは、『Ⅰ型』と『Ⅱ型』の2種類が存在していますが、そのうちAGA(男性型脱毛症)の原因となる『Ⅱ型』は、

 

  • 前頭部
  • 頭頂部

 

近辺のみに存在しています。つまり、前髪と頭のてっぺんだけハゲてしまいがちだということなんですね。お辞儀をした芸人が、

 

ハゲとるやないか!

 

と突っ込まれる光景を目にすることがありますが、それはその芸人さんがここで言う『頭頂部ハゲ』に該当しているから成り立つわけですね。

 

  • M字型ハゲ
  • 頭頂部ハゲ

 

といった形で、AGA(男性型脱毛症)は発症していきます。

 

 

しかし、女性の場合はこのAGA(男性型脱毛症)とは違ったパターンで薄毛になっていく傾向があります。それは下記の記事にも書きましたが、

 

 

『ササっとわかる薄毛の悩み解決最前線』(講談社)にはこうあります。

女性の脱毛は前頭部から薄くなることはあまりなく、頭頂部から薄くなっていくのが特徴的です。男性型脱毛症は女性にもありますし、更年期をむかえるとホルモンバランスが崩れ、加齢も手伝って脱毛がすすみます。またパーマやカラーリング、ドライヤーの熱やシャンプー剤の残留、ストレスなど、身のまわりに脱毛の誘因が多くなっていることも見逃せません。

 

確かに『頭頂部』からの薄毛はあるのですが、『前頭部』、つまり『M字型ハゲ』になることは少ないのです。ですから、『髪の分け目が薄い』という悩みを抱えている人は、女性に圧倒的に多いと言えるわけなんですね。

 

薄毛

 

男性の場合は頭頂部だけではなく、その他の部分からもハゲていくので、必ずしも髪の分け目だけを気にする人であふれているわけではないということです。

 

また、下記に『つむじハゲ』、『頭皮が透け始めたら』などのキーワードで記事をまとめましたので、併せてご確認ください。

 

 

先生

女性のAGAは、女性という意味の『Female』を頭につけて、FAGAともいわれるよ!女性男性型脱毛症だね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性の薄毛は往々にして、男性とは違うハゲ方をしていく。

女性に考えられる薄毛の主な原因

また、女性に考えられる薄毛の主な原因としては、

 

  • パーマ、カラーリング
  • ドライヤー
  • シャンプーのしすぎ
  • ダイエット
  • ストレス

 

 

このようなものが影響していることから目を逸らせません。それについては下記の記事に書きましたので、ご確認ください。

 

 

更に見るべきなのは以下の記事です。

 

 

薄毛の原因
  • 体内毒素
  • 活性酸素
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • シャンプー

 

薄毛の原因には、このような問題が挙げられるわけですが、男女問わずこの『内部対策』を確実に最適化することは、超重要だと言っていいでしょう。全てを見なくても構いませんが、薄毛の原因にはこれだけの要素が考えられるということを理解しましょう。

 

つまり、何か一つを『ちょっと頑張る』ことをしてみせたところで、状況は改善されません。女性は男性と違い、そうやって臨む傾向がありますからね。男性は一つのことに集中しやすい傾向があり、それが『コレクション癖』という特性に繋がっています。

 

  • 男性=コレクション癖
  • 女性=ガールズトーク

 

これはお互いからすれば理解不能であり、しかし、本人たちは自分の脳に従順になっているだけなのです。

 

 

先生

女性の場合特にホルモンバランスが崩れやすいからそれには注意が必要だよ!それを乱すような行為はしないことが賢明だね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 男女問わず『内部対策』を確実に最適化することは、超重要。

男性と女性の脳のしくみと考え方の違い

東京大学大学院教授、池谷祐二の著書、『脳と心のしくみ』にはこうある。

構造的には男女差はない

 

男性と女性では体つきが違い、それぞれの担っている社会的な役割も異なる場合が多い。また、性行動、出産、育児などにおいても、行動は異なっている。そのため、男と女では脳の構造や機能が違うと考えられてきた。実際に、リスやネズミなどのげっ歯類では、視床下部の構造がオスとメスとで大きく違っているなど、動物の行動は、脳をはじめとする神経系の構造や機能の違いと関係している。

 

しかし、こうした男女差は脳全体から見ればごくわずかで、大雑把にいって脳の男女差はほぼないといってよい。

 

脳

 

(中略)

 

男女の脳には、それぞれ得意なことがある。実験によると、男性の脳は地図を読むことや迷路を解くことなどに優れ、女性の脳は表情を読むなど、言葉を使わない、非言語コミュニケーションの能力などが高い。

 

空間認知能力は男性のほうが優れていて、例えば、左の図の2つの図形が(※本では立体的なブロックの図形が並んでいる)同じであるかを見分けるために、頭の中で立体を回転させる問題は男性のほうが正解を導きやすい。また、図形を使う問題でも、まちがい探しのように細かな違いを見分ける問題は女性のほうが得意だ。

 

男女といえど、脳の構造自体はほぼ同じです。しかし、『脳の使い方』が違うんですね。男性は片一方の脳だけを使い、女性は両方の脳を交互に使っています。こうした事実からも、

 

  • 男性=ストイックに一つのことに集中する
  • 女性=複数のことをまんべんなくやる

 

という特性が生まれることはうなづけることなのです。ですから、一つを『なんとなく』最適化して満足しない。これが女性が気を付けるべきことですね。

 

先生

男女にはそれぞれ与えられた特性、強いられている環境や条件があるからね!その中で生きていくと、差異が生まれるのは当たり前だね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 男性と女性の脳のしくみと考え方の違いを理解する。

牽引(けんいん)性脱毛症は髪の毛が長い女性に多い脱毛症

また、『牽引(けんいん)性脱毛症』とについても考えましょう。これは文字通り、『引っ張る』という意味ですから、髪の毛をアップなどにして強く引っ張る癖をつけている人は、この牽引性脱毛症に注意が必要です。

 

『発毛・育毛の新常識―これだけ知っていればハゲになりません!』にはこうあります。

髪のオシャレと脱毛症

 

(省略)なかでも髪の毛を強く引っ張って一つに結ぶ『ポニーテール』は、愛らしさとともに活動的な印象を与えるポピュラーな髪型であるが、毎日続けていると頭皮と毛根に甚大な負担をかけ、脱毛症を引き起こしてしまう場合がある。一昔前までの日本で、丸まげを結い続けていた女性たちの頭頂部が、一様に丸くハゲてしまったのも、ポニーテールと同様に、頭頂部の髪を強く引っ張り続けたためである。

 

  • STEP.1
    髪の毛を引っ張る髪型にする(アップ等)

  • STEP.2
    頭皮と髪の毛に負担がかかる
     
  • STEP.3
    牽引性脱毛症になる
     

 

とにかくあまり頭皮や心身に負担をかけないように心がけることが大事ですね。私の知り合いで、

 

おしゃれは我慢よ。

 

と言った人がいて、寒空の中で体を冷やしてでも、見た目を重視して薄着を着ている人がいましたが、モデルでもタレントでもない限り、そのように表層だけに固執すると、後で悔いを残します。その人はまだ23、4歳でしたが、今ではすっかり40歳手前です。いつまでもそのやり方は通用しませんし、いずれその固執している『美貌』は消えてなくなりますからね。

 

老化から目を逸らすことは、『老化対策をおろそかにする』ことに等しいのです。人も含めたあらゆる生命はいずれ必ず朽ち果てるのが運命。運命から目を逸らした人間の生き方が『美しい』ということにはならないことを自覚しましょう。

 

先生

人も動物も昆虫も、この世を生きるすべての生命は、いずれ必ずその一生を終えるんだ!そして命は繋がれていく。執着をしないことは、真理だよ!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 髪の毛をアップなどにして強く引っ張る癖をつけている人は、牽引性脱毛症に注意が必要。
  • 運命から目を逸らした人間の生き方が『美しい』ということにはならない。