ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

本わさびが育毛を促進する効果があるって本当?ただのワサビじゃだめ?

本わさびが育毛を促進する効果があるって本当?ただのワサビじゃだめ?

本わさび(日本わさび)の刺激的な辛み成分のひとつに、6-MS芥子油(からしゆ)があります。6-MS芥子油は、知覚神経刺激作用を持っていて、実験でこの物質を食べさせると、皮膚でIGF-Iが増加し、育毛が促進されたという結果が出ています。

 

ちなみに、西洋わさびには、本わさびの10%くらいしかこの成分が含まれていません。

先生

日本の本わさびにはIGF-1という成長因子を促進する効果があって、それが育毛に効果的だという見解があるんだね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ワサビの効果はどれほどある?

 

わさびを食べると育毛に効果的というのは本当でしょうか。いやもちろん、『育毛に効果的な成分』を見つけようと思えば、大体の食事にそれがありますからね。ワサビもその程度のものでしょう。例えば下記の記事もにも書いたように、

 

 

髪の毛に必要な栄養分とは主に以下の通りです。

 

 

そう考えると、これに当てはまる食事って、めちゃくちゃありますよね。ざっと書きますけど、たんぱく質が多く含まれる食事だけでもこれくらいありますよ。

 

たんぱく質が多く含まれる食事
  • 鳥の皮なし胸肉
  • ささみ
  • マグロ
  • サバ
  • タラ
  • カツオ
  • エビ
  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆類

 

これら一つ一つをピックアップして、『薄毛に効く食べ物』として取り上げることは可能ですからね。とんでもない量になりますよ。下記の記事にも書いたように、

 

 

  • シナモン
  • 玉ねぎ
  • 海藻(昆布、わかめ、海苔等)
  • 亜鉛
  • たんぱく質

 

と、『育毛に効果的な食事』はたくさんありますからね。下記の記事にも書いたように、

 

 

『IGF-I』という成長因子のことを考えたら更に規模が広がりますね。ですから、このワサビも同じように、そのうちの一つでしかありません。これを食べて薄毛が改善されるというなら、苦労しませんからね。

 

先生

育毛効果があるって言える食材は本当にいろいろあるからね!というか目を凝らせばほとんどがそうじゃないかな!
ワサビもそのうちの一つっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワサビは育毛効果があるかもしれないが、それを食べて薄毛が改善されたら苦労しない。

血管を開く作用や『育毛作用』がある IGF-1を刺激する

ただもちろん、例えば『飴玉』を舐めたり、『綿あめ』を舐めただけでは薄毛改善にはなりません。そう考えると、『育毛に効果的な食事』と『そうじゃない食事』があるということで、真剣に考えてもいいかもしれませんね。

 

 

また、実はワサビについては、先ほどの『IGF-I』の重要性について説く著者の本『薄毛の食卓 5か月で64.5%の人が発毛した食事法』には、こうあります。

わさびの辛み成分が毛根を刺激する

 

本わさび(日本わさび)の刺激的な辛み成分のひとつに、6-MS芥子油(からしゆ)があります。ちなみに、西洋わさびには、本わさびの10%くらいしかこの成分が含まれていません。

 

6-MS芥子油は、わさびを鮫皮などでおろしてはじめて、できる成分なのです。わさびが傷ついていないときは、この辛み成分は存在せず、わさびが傷つくことでできてくるのです。

 

(中略)

 

6-MS芥子油は、知覚神経刺激作用を持っていることがわかりました。そして実験で、この物質を食べさせると、皮膚でIGF-Iが増加し、育毛が促進されることもわかりました。

 

IGF-Ⅰには、血管を開く作用や『育毛作用』があるので、ワサビの6-MS芥子油によって知覚神経が刺激され、IGF-Iが増加することで、育毛が促進されるわけですね。

 

記事にも書いたように、他にも、IGF-Ⅰを増加させる食事は以下の物が挙げられます。

 

IGF-Ⅰを増加させる食事
  • 唐辛子
  • 大豆
  • 玄米
  • 八丁味噌
  • 赤い鮭
  • 海藻類
  • 根菜類
  • 発酵食品
  • ナマコ
  • ニンニク
  • わさび
  • ショウガ
  • 地中海料理
  • アメリカンコーヒー
  • カカオたっぷりのチョコレート
  • フランボワーズ

 

たしかにこの中に『ワサビ』が入っていますからね。これによってIGF-Iが増加し、結果的に育毛促進効果が期待できます。『綿あめ』よりはずっと。

 

しかし、薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)だったなら、関係ありませんからね。『AGA』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

IGF-Iが増加する

 

のではなく、

 

ジヒドロテストステロンが減少する

 

食事の方がはるかにAGA(男性型脱毛症)にはいいんですけどね。そのことを考えたら、

 

  • 亜鉛
  • イソフラボン

 

の方が効果があると言えます。亜鉛は、体内に入ってきたタンパク質をケラチンに変換する効果があり、更に亜鉛とイソフラボンは、5α-リダクターゼを阻害する働きを期待できます。

 

しかし確かに、薄毛の種類は、

 

薄毛の種類
  • AGA(男性型脱毛症)
  • FAGA(女性男性型脱毛症)
  • びまん性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 薬害性脱毛症

 

と様々なものがありますから、

 

  • 薬害性脱毛症
  • 皮脂の分泌過多による脱毛症
  • 毛細血管や血流の不全による脱毛症

 

などが原因であった場合には、こうした食事の最適化で薄毛改善効果を期待できるかもしれません。やらないよりははるかにずっと、その可能性はありますね。

 

先生

でもまあ、注目したいのは各食材に含まれているそうした栄養素の働きだよね!そうした研究から新たな発見ができるようになるわけだし!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『育毛に効果的な食事』と『そうじゃない食事』があるのは事実。
  • ワサビが血管を開く作用や『育毛作用』がある IGF-1を刺激する。
  • AGAなら亜鉛とイソフラボンの方が効果が期待できそう。

ワサビと一緒に食べる寿司には水銀がある

ただ、ワサビがいいからといって、それと合わせて食べる『寿司』の食べすぎには注意が必要です。HUFFPOST『「寿司に含まれる水銀のレベル」アメリカで調査』にはこうあります。

頻繁に寿司を食べていた人の上位10%(寿司を含む食事を平均で毎月30~60回食べていた人々)は、メチル水銀の摂取量が、米国疾病予防管理センター(CDC)の定義する最小リスクレベルと、世界保健機関(WHO)の定義する「暫定的耐容週間摂取量」を超えていた。

 

(耐容週間摂取量とは、ヒトが一生にわたって摂取し続けても健康影響が現れないと見られる、1週間あたりの摂取量の指標。WHOの基準(2003年)では、ヒトの体重1キログラム当たり総水銀4マイクログラム、うちメチル水銀1.6マイクログラム)

 

メチル水銀の平均含有レベルが最も高い寿司の種類はマグロだった(水銀含有量は約0.61ppm)。

 

特にマグロに多く含まれているのですが、『水銀』です。水銀の過剰摂取は体にいい影響は与えません。

 

 

日本生協連『魚介類・鯨類の水銀についてのQ&A』にはこうあります。

◎一般の方へ

 

特定の水産物を偏食すると有害な水銀の摂りすぎになる可能性があります。マグロ類(マグロ、カジキ)、サメ類、深海魚類、鯨類(鯨、イルカ)などメチル水銀濃度が高い水産物を主菜とする料理を週2回以内(合計で週におおむね100~200g程度以下)にすることをお勧めします。

 

◎妊婦、幼児、近く妊娠を予定されている方へ

 

メチル水銀は特に胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼすとされています。妊婦、幼児、近く妊娠を予定されている方は、マグロ類(マグロ、カジキ)、サメ類、深海魚類、鯨類(鯨、イルカ)などメチル水銀濃度が高い水産物を主菜とする料理を週1回以内(合計で週におおむね50~100g程度以下)にすることをお勧めします。サンマ、イワシ、サバなどメチル水銀濃度が低い水産物を控える必要は特にありません。

参考 寿司に含まれる水銀のレベルHUFFPOST

 

日本人は特にマグロの寿司が大好きですが、薄毛対策の為にワサビを摂ろうと思って、マグロを食べすぎると、今度は違う問題が起きてしまうので、注意が必要です。同じように、

 

  • シナモン
  • 亜鉛
  • たんぱく質

 

 

といった『髪にいい栄養素』の過剰摂取も危険です。

 

 

先生

いくらワサビが髪の毛にいいからといって、ワサビだけを食べることもできないし、寿司を大量に食べると水銀なんかの問題があるしってことで、結構大変なんだよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワサビと一緒に食べる寿司には水銀がある。
  • 水銀は特にマグロに多く含まれている。