ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

寝起きの枕に抜け毛があるのはハゲリスクの危険信号?安全な本数とは

寝起きの枕に抜け毛があるのは薄毛になるサイン?抜けてもいい安全な本数とは何本くらい?

全体を通しての抜け毛の本数は、1日に70~120本の毛が落ちるのは正常

また、本数が多いから薄毛になりやすということではなく、もともとの髪の毛の多さや再生サイクルの速さなどによって影響されますので、この程度の抜け毛であれば大きな問題とはならないでしょう。

先生

髪の毛は生え替わるものだからね!生まれては抜け、生まれては抜けって感じにさ!詳しく解説するね!
親分に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

抜け毛があるのは問題ない

寝起きの枕に抜け毛が落ちてるとちょっと怖いですよね。しかし、抜け毛があることは普通のことなので、適量であれば全く問題はありません。それについては下記の記事に書きました。

 

 

全体を通しての抜け毛の本数は、1日に70~120本の毛が落ちるのは正常。また、本数が多いから薄毛になりやすということではなく、もともとの髪の毛の多さや再生サイクルの速さなどによって影響されますので、この程度の抜け毛であれば大きな問題とはならないでしょう。

 

 

また、季節によっても抜け毛の本数は違いますからね。

 

 

  • STEP.1
    成長期
    約2~7年
  • STEP.2
    退行期
     約1~2週間
  • STEP.3
    休止期
    約3~4か月

 

先生

一気にそれぐらいごそっと抜けたら怖いけど、一日を通してそれくらいだったら全く問題ないよ!むしろ正常!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 全体を通しての抜け毛の本数は、1日に70~120本の毛が落ちるのは正常。

大量の髪の毛が抜けたとなると

しかし、それ以上の髪の毛が、

 

  • 枕元
  • 排水溝
  • 洗髪中の手の中

 

等に抜け落ちていたら、ちょっと心配になりますね。やはりその場合は何らかの脱毛症を疑う必要があるでしょう。

 

脱毛症の種類
  • AGA(男性型脱毛症)
  • FAGA(女性男性型脱毛症)
  • びまん性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 薬害性脱毛症(抗がん剤による脱毛等)
  • 内分泌・代謝障害による脱毛症(膠原病による脱毛症)

 

子供に多くみられる脱毛症
  • 先天性無毛症・先天性欠乏症
  • 先天性皮膚欠損症
  • 先天正三角形脱毛
  • 脂腺母斑上の脱毛
  • 抜毛症
などもあります。

 

 

様々な種類の脱毛症がありますので一概には言えませんが、やはり何らかの病気が絡んでいる場合もありますので、大量の抜け毛が確認できたのであれば、病院に行く必要があります。病院というのは、顔見知りや融通の利く関係性がない限り、行くまでが億劫なものですが、行けば問題を最も効率よく最適化してくれる場所なので、早めに診察を受けることが大事です。

 

  • STEP.1
    明らかにヘアサイクルとは無関係の大量の髪の毛が抜ける
     
  • STEP.2
    病気の可能性あり
     
  • STEP.3
    すぐに病院へ行く
     

 

先天性のものは文字通り生まれつきのものですから、『ある日急に枕元に抜け毛が大量にあった』という場合は、先天性の脱毛症ではない可能性が高いですね。こうしたケースの場合考えられるのは、例えばそれが女性であれば、下記の記事に書いたようなこと。

 

 

つまり、過度なダイエットや出産後といった、ホルモンが大幅に崩れてしまっているときなどが、一つの原因として考えられます。

 

ホルモンバランスが崩れる原因
  • 生理
  • 妊娠
  • 出産
  • 更年期
  • 閉経
  • etc.

 

先生

抜け毛の原因はいろいろあるから、ごっそりとした抜け毛があった場合は、ちょっと注意が必要かもしれないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大量の抜け毛が確認できたのであれば、病院に行く必要がある。

円形脱毛症

また、円形脱毛症のように、過度なストレスを負ったこと、あるいは免疫異常による一時的な脱毛症の可能性もありますね。この場合は往々にして放っておけば治りますから、過度な心配はいりません。

 

 

『ササっとわかる薄毛の悩み解決最前線』(講談社)にはこうあります。

円形脱毛症は自己免疫機能と関係が深い症状です。成長期にある毛根を、免疫機能が異物と勘違いして攻撃してしまい、脱毛するというのがそのメカニズムです。ストレスとの関係がよくいわれますが、たしかにそれによって免疫異常を起こしやすくなることはあるようです。

 

数個以内の円形脱毛は、1年以内に自然治癒することが多く、皮膚科で治療する場合は外用薬のステロイド剤、局所免疫療法などで治します。円形脱毛症の皮下では毛をつくる細胞は生きているので、ほとんどの場合はまたもとどおりに髪が生えてきます。

 

ということですね。

 

先生

円形脱毛症がなかなか治らないっていう人がいるけど、専門家はこう言っているよ!まあ、どう解釈するかだね!
確かに一年は長いと感じる人もいるっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 円形脱毛症はほとんどが放っておけば治る。

乾燥とフケによる脱毛症

また、その他の原因としては下記の記事に書いたように、『乾燥』が挙げられるかもしれません。

 

 

乾燥によってフケが出たりすると、それによって、

 

  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症

 

等の脱毛症を引き起こす可能性があります。

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症
乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、菌などが繁殖して毛根が炎症してしまう脱毛症
脂漏性(しろうせい)脱毛症
皮脂が過剰分泌し、こびりついたフケやホコリに細菌が繁殖し、頭皮が炎症してしまう脱毛症

 

季節によって乾燥が急に強くなることもありますから、それが原因で急に抜け毛が増えるということはあり得ますね。その場合は保湿をしっかりすることが大切です。

 

先生

急に脱毛するっていうことは、季節関係していることもあるかもしれないね!唇が割れたり、末端が冷えるのも、冬になると急に出てくる現象だしね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 季節によって乾燥が急に強くなり、それが原因で急に抜け毛が増えるということはあり得る。

髪の毛に有効な保湿とは

しかし、保湿といっても『加湿器をつける』ぐらいのことしか思い浮かびませんよね。まずはもちろん、それで正解です。今では空気清浄機に加湿機能がついていたり、エアコンについていたりと、どんどん便利になっていますからね。それが容易になってきました。

 

一昔前まで、私が子供の頃ですから25年くらい前ですが、その時はまだ、モコモコと白い蒸気のようなものが出てくるタイプの加湿器しかありませんでしたからね。科学実験を見ているようで私は面白かったのですが、今はもうこのタイプを見かけることはほとんどありません。(ですからちょっと今のタイプを疑っているほどです。。)

 

 

歌手になると、加湿は欠かせません。のどが命ですから、それを死守する為に加湿器を部屋に3、4個置いている人もいるくらいですからね。それくらい、乾燥する季節には部屋の湿度を最適化することが大切な場合もあります。

 

また、頭皮のことでいうなら、『皮脂』でいいのです。『発毛・育毛の新常識―これだけ知っていればハゲになりません! (B&Tブックス)』にはこうあります。

皮脂は髪の毛の成長に欠かせない大切な成分

 

(省略)頭皮を含む私たちの身体は、一枚の巨大な皮膚でスッポリと覆われていて、その皮膚を乾燥などのトラブルから護るために、皮脂穴から分泌された皮脂が、汗穴から分泌される水分と交じり合って、保護膜と呼ばれる皮脂膜を形成し、私たちの身体から必要な水分が失われないように護っている。この働きは全身にわたって行われており、もちろん頭皮も例外ではない。

 

皮脂は、私たちの身体を乾燥や肌荒れなどから保護するために、全身から分泌されている大切な成分なのである。

 

このように、適量の皮脂は、天然の保護クリームの役割をはたしていますから、皮脂任せにしてしまえば、頭皮の乾燥対策はバッチリなのです。髪の毛と頭皮の間にクリームを塗りこむのは難しいですからね。もちろん、ヘアオイルという手もありますが。

 

 

しかし基本的には余計なことはせず、天然の保護クリームである皮脂に任せる姿勢が望ましいのです。なぜなら、そのように化粧品の力に頼ってしまうと、『アウトサイド・イン』の発想になるからです。見るべきなのは以下の記事ですね。

 

 

つまり、『自分の運命を握っているのは、自分ではなく他人や周りや、環境である』という発想がそれですね。ですからここで言うと、

 

私はヘアオイルや化粧品、あるいは高いシャンプー剤を使っているから問題ないんだ!

 

という発想に発展してしまいやすいということです。それは間違った考え方ですからね。確かにそれらの化粧品も適切に使えば有効ですが、不適切に使えば問題になります。それは例えば下記の記事に書いたように、

 

 

合成シャンプー剤の有害性について考えれば、一目瞭然ですね。『天然の保護クリームの役割を果たす皮脂任せにする』というのは、実は安易な考え方ではありません。皮脂というのは、過剰に分泌していてはいけないし、なさすぎてもいけません。それを最適化する為に必要なのは、『必要な知識』です。

 

  • 念入りなシャンプー
  • 過度なマッサージ
  • 化粧品や育毛剤の過剰使用

 

等は全て、間違ったケアであることを理解する必要があります。アウトサイド・インではなく、インサイド・アウトの発想を持つ必要があるのです。それがあれば、一切の外部要因に依存することなく、適切な洗髪、頭皮ケアの発想にたどり着くことになりますからね。

 

インサイド・アウトの発想で、外部要因に依存せず、適切な皮脂の分泌を促し、頭皮を乾燥から護るだけで、様々な脱毛症を防ぐことができます。また、

 

すでに脱毛症が進んでしまっていたから抜け毛が増えたんだ!

 

という方も、今からでもこうした知識を身につけるだけで、その症状に大きくいい影響を与えますので、治療とともに生活習慣の改善を行うようにしましょう。

 

薄毛

 

先生

保湿は大事だけど、化粧品にこだわる必要はないんだ!依存してもいけない!皮脂という天然の保護クリームがあるからね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 皮脂は、私たちの身体を乾燥や肌荒れなどから保護するために、全身から分泌されている大切な成分。
  • アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

『抜け毛の本数』よりも『毛根』や『毛の長さ、太さ』の方に着目

また、『抜け毛の本数』も確かに気になるかもしれませんが、それが相当量出ない限り、それよりも『毛根』や、『毛の長さ、太さ』の方に着目したほうがいいかもしれません。

 

 

毛球に白い塊があるときの対処法は記事に書きましたが、『抜け毛の本数』と『抜け毛の毛根』のどちらに着目したほうがいいのかというと、どちらかというと後者ということになるでしょう。記事にも書いたように、そこを見ると髪の毛の状態がよくわかるようになっています。

 

毛根の状態からわかる健康状態

毛根が楕円形 健康な髪の毛。毛根鞘がついていることがある
毛根が細い(委縮毛) 栄養が偏り、血も綺麗でなくドロドロ。円形脱毛症、びまん性脱毛症の可能性あり
皮脂が付着している 脂漏性皮膚炎、脂漏性脱毛症の可能性あり

 

ということですね。

 

またここに『偏った栄養』という問題も出てきましたが、食事の最適化も非常に重要です。

 

 

また、下記の記事に書いたように、『逆に余計なものは食べない』ということも意識しながら、脱毛の原因となるすべての要素の最適化をすることが求められています。

 

 

先生

抜け毛があると驚くかもしれないけど、多少なら問題ないんだ!明らかに一気にごそっと抜けている場合は、病院へ行こう!
それが一番っス!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『抜け毛の本数』よりも『毛根』や『毛の長さ、太さ』の方に着目。