ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

シャワーより湯船に浸かった方が育毛効果が期待できる?その理由を解説!

シャワーより湯船に浸かった方が育毛効果が期待できる?

湯船に浸かって髪の毛が生えるくらいなら苦労はしません。

 

しかし、湯船に浸かれば『血行促進』と『リラックス』の効果を狙うことができますので、それが髪の毛にいい影響を与えます。

先生

お風呂はリフレッシュになるからね!入り方を間違えると逆効果になるけどね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

湯船に浸かって髪の毛が生えるくらいなら苦労はしない

 

シャワーより湯船に浸かった方が育毛効果が期待できます。しかし、湯船に浸かって髪の毛が生えるくらいなら苦労はしませんよね。したがって、それで得られる育毛効果は『ある』とは言ってもわずかなものです。下記の記事を併せてご確認ください。

 

 

ここで考えられるポイントは、

 

  • シャワー依存している人の傾向
  • 毛穴の皮脂が落ちやすくなる
  • 血行促進
  • リラックス

 

ということでしょうか。まず、湯船に浸からずシャワーだけで済ます人は、

 

  • お風呂に入るのがめんどくさい
  • シャワーで十分洗浄するから必要ない

 

という2つのパターンに分かれることが多いです。このうち、どちらも行き過ぎていた場合はそれが薄毛の原因になります。まず、『お風呂に入るのが面倒』だという人は、『シャワーで適度に洗浄できている』場合であれば問題ないのですが、『シャワーすらも適当にしている』ということであれば、問題が起きます。

 

 

上記の記事に書いたように、頭皮の毛穴に不純物が詰まった場合は、抜け毛の原因になります。

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症
乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、菌などが繁殖して毛根が炎症してしまう脱毛症
脂漏性(しろうせい)脱毛症
皮脂が過剰分泌し、こびりついたフケやホコリに細菌が繁殖し、頭皮が炎症してしまう脱毛症

 

フケやホコリなど、洗浄を怠るとそういう不純物が頭皮に蓄積されることになりますから、そういった不潔さが原因で、

 

  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症

 

等の脱毛症を引き起こすかもしれません。

 

また、『シャワーで十分洗浄するから必要ない』という人であっても問題です。下記の記事に書いたように、

 

 

十分に洗浄する行為は、頭皮や体にとっては、いい影響を与えないのです。

 

先生

お風呂はとても健康にいいけど、入り方、洗浄の仕方なんかを間違えると逆効果になるね!気を付けよう!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 湯船に浸かって髪の毛が生えるくらいなら苦労はしない。
  • 『シャワーすらも適当にしている』人は、頭皮の毛穴に不純物が詰まる可能性があり、抜け毛の心配がある。
  • 『シャワーで十分洗浄するから必要ない』人も、皮脂の過剰分泌で問題がある。

過度な洗髪や洗体は逆効果

『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (ノンフィクション単行本)』にはこうあります。

脱・シャンプー、髪への6つの後利益

 

  • その1 皮脂腺が縮むため、髪へ十分な栄養がいく

 

シャンプーに対して私がいちばん実感している問題は、皮脂腺を発達、肥大させることです。シャンプーが皮脂表面の皮脂を根こそぎとりさると、からだは不足した分を補おうと、大量の皮脂を分泌します。しかし、すぐにまたそれを洗い落とすと、皮脂腺はさらに、たくさん皮脂を分泌しなければならないので、皮脂腺をおおきく発達させてしまいます。本来なら毛にいくはずの栄養のほとんどが、大きくなった皮脂腺に吸い取られて、毛はいわば栄養失調の状態となり、産毛のように細くなっていきます。

 

シャワーだけで済まそうという人は、どこかに罪悪感があり、そのシャワーの質を上げようとして、念入りなシャンプーや洗体に走ることがあります。しかしその行為は頭皮や体にとっては逆効果で、体にとって必要な常在菌を洗い流してしまったり、皮脂の過剰分泌を促したりして、

 

  • ニオイ
  • 抜け毛

 

の原因となってしまうのです。

 

  • STEP.1
    過剰に洗髪・洗体・洗顔する
     
  • STEP.2
    皮膚にある善玉の常在菌も殺す

    あるいは皮脂が過剰に洗い落とされる。

  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
    細菌が分解する脂肪酸が増加する。 
  • STEP.4
    薄毛になる
    臭いの原因となる。 

 

善玉常在菌を殺してしまえば、悪玉常在菌の悪さを阻止する警備隊がいなくなるということになりますし、皮脂が過剰分泌されれば、皮脂腺が大きくなってそこに栄養が持っていかれて、髪の毛に栄養が回らなくなりますからね。

 

  • STEP.1
    念入りにシャンプーする
     
  • STEP.2
    皮脂が過剰に取れる
     
  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
     
  • STEP.4
    皮脂腺が大きくなる
     
  • STEP.5
    皮脂に栄養を持っていかれる

    そこに髪の毛が根を張れなくなる。

  • STEP.6
    薄毛や脱毛が促進される
     

 

ですからもし、シャワーだけで済まそうという人がいる場合、このあたりの問題をきちんと考えて、『適度な洗浄』を心がけることが大事です。

 

先生

皮脂は少し残しておかなければならないから、お風呂の後にシャワーを浴びると、皮脂が取れやすくなるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 過度な洗髪や洗体は逆効果。

皮脂を取った方がいいの?取らない方がいいの?

また、『毛穴の皮脂が落ちやすくなる』ということについてですが、湯船に浸かると毛穴が開いて、汚れが落ちやすくなります。シャワーだけでは落とせない汚れも湯船に浸かることによって落とせるようになりますので、不純物を洗い落とすには湯船に浸かり、毛穴を開いた状態にしてからの方がいいでしょう。

 

 

しかし、今言ったように、洗浄しすぎるのは逆効果なので、このあたりも注意が必要です。ただ、先ほどの『念入りなシャンプー』の考え方とは別に、こういう意見もあります。

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

『皮脂を取りすぎないよう、朝は水ですすぐだけで十分』という説もあるようですが、肌に皮脂を残したままだとニキビの原因になるばかりか、古くなった皮脂は酸化して、肌老化をまねく原因にもなるのです。また、皮脂を残したままだと肌に油膜を張ったようになり、スキンケアをつけても肌に浸透しにくくなります。

 

ですから、頭皮も肌も、きちんと『適度』には洗浄はした方がいいんですね。善玉常在菌や皮脂の過剰分泌のことを気にしすぎて、逆に洗浄をおろそかにすることも、不調を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。

 

薄毛

 

先生

適切な洗浄や入浴が求められるね!子供のころから教わっていればいいんだけど、両親が皆、健康の知識を学んだわけじゃないからね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 湯船に浸かると毛穴が開いて、汚れが落ちやすくなる。
  • しかし、皮脂も落ちやすくなり、乾燥肌や薄毛の原因となる。

血行促進は髪の毛にいい

お風呂に入るのが育毛効果がある、ということの一番のポイントは血行促進でしょうね。下記の記事に書いたように、

 

 

薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』というぐらいですから、お風呂に入って血行がよくなれば、そのうちの1つをおおきく満たすことが可能になります。

 

  • STEP.1
    血行が良くなる
     
  • STEP.2
    頭皮や髪の毛に酸素や栄養素が良く回る
     
  • STEP.3
    健康な髪が育ちやすくなる
     

 

しかし冒頭にも書いたように、『お風呂に入っただけで毛が生えるなら苦労はしない』という事実があります。それなのに、薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』というのは、なんだか矛盾してますよね。

 

ただ、そうはいっても『何かポイントをあげる』必要があるなら、そう言うしかないのです。それ以外にあげるものがないので、これが2大ポイントなんですね。そう考えると、下記の記事に書いたように、

 

 

  • 便秘
  • 頭痛
  • 低体温
  • 腰痛

 

等も全ては血行不良を招く原因ですから、それら一つ一つの問題は大したことがないにしても、塵も積もれば山となるということで、結局はないがしろにはできません。湯船に浸かるということも、そういう考え方で考えていきたいことですね。

 

 

血行不良を引き起こすもの
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 便秘
  • 眼精疲労
  • 肩こり
  • etc.

 

先生

お風呂で血行促進効果を狙えることは間違いないからね!入浴後に飲む炭酸水で、更に体中に酸素が行き渡ってぽかぽかになるよ!
二酸化炭素と酸素の影響っすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』。