ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

みかんに薄毛・抜け毛対策になる成分が!?育毛促進効果はあるのか

みかんに薄毛・抜け毛対策になる成分があるの?

たしかに、みかんに含まれるリモネンは、テストステロンと結合する『5α-リダクターゼ』の働きを阻害する効果があるということがわかってきています。

また、その他にもビタミンCやビタミンPなど、頭皮に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。

先生

このd-リモネンは最近になって注目を浴びている成分で、AGAの改善に有効かもしれないと言われているんだ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

みかんに含まれる栄養素

 

みかんに含まれている栄養素は、下記のとおりになります。

 

ミカンの栄養素

ビタミンA 84ug
ビタミンB1 0.1mg
ビタミンC 32㎎
カリウム 150㎎
糖質 11.0g

 

これが『夏ミカン』になるとこうなり、

 

夏ミカンの栄養素

ビタミンC 38㎎
葉酸 25ug
カリウム 190㎎
食物繊維 1.2g
糖質 8.8g

 

また『バレンシアオレンジ』となるとこうです。

 

バレンシアオレンジの栄養素

0.3㎎
亜鉛 0.2mg
ビタミンC 40㎎

 

などという特性があります。

 

 

また、その他にも、

 

  • イノシトール
  • ヘスペリジン(ビタミンP)
  • クエン酸
  • リモネン

 

という成分が含まれていて、これらの成分を一つ一つ考えていくと、みかんは確かに髪の毛にとっていい影響を与えると言えます。

 

先生

みかんやオレンジは栄養がたくさん入っているね!また、ここに挙げたちょっと聞きなれない栄養素も、髪の毛に大きく関係してくるよ!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • みかんやオレンジに含まれる栄養素を確認する。

ビタミンCがコラーゲンの体内合成を促す

まずはやはりビタミンCですが、下記の記事で、

 

 

コラーゲンの体内合成を促すビタミンCと同時に、1日5~10gの摂取を心がけるとよいとしています。と書きましたが、ビタミンCはそういった意味で、育毛には欠かせない成分の一つです。

 

  • ハリのある肌
  • 強靭な骨
  • なめらかな関節
  • 柔軟性にとんだ血管

 

これらはすべて、コラーゲンが支えているからこそあり得るたまものです。コラーゲンが不足してしまうと頭皮に悪影響を与え、それで結果的に薄毛になってしまう可能性が高くなるわけですね。

 

薄毛

 

先生

ビタミンCの含有量がやっぱり多いね!たくさん果物や野菜からビタミンを摂取することが推奨されているよ!
いるよ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンCがコラーゲンの体内合成を促す。

その他の栄養素も見落とせない!

そしてその他の栄養素を見てみましょう。

 

イノシトール

脂質の代謝を良くする。

 

ヘスペリジン(ビタミンP)

ポリフェノール成分。血圧、中性脂肪値を抑える働きが期待できる。

 

クエン酸

代謝をコントロールし、疲労回復に役立つ。ビタミンCとの相乗効果で血圧予防や肝臓機能を高めるなど、多様な効果を発揮する。

 

リモネン

香りに含まれる成分。神経をリラックスさせる効果がある。

 

イノシトールで脂質の代謝がよくなれば、皮脂の過剰分泌を抑えて、髪の毛に栄養を行き届かせることができるようになります。

 

 

また、ポリフェノールの抗酸化作用は活性酸素から頭皮を守ります。

 

 

クエン酸で疲労回復できれば、精神も安定します。それは、リモネンの神経をリラックスさせる効果を考えても同じことです。疲労が溜まればそのうち精神的にも疲弊してしまい、最悪の場合はうつ病になります。ホルモンバランスを崩すこともありますし、自律神経失調症になることもあります。

 

  • STEP.1
    ストレスを負う
     
  • STEP.2
    血行不良になる
    ホルモンバランスを崩す。
  • STEP.3
    薄毛の原因となる
     

 

 

先生

イノシトールなんかは、薄毛に有効な栄養素として紹介されることもあるからね!それが入っているのは心強いね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • イノシトール、ビタミンP、クエン酸、リモネンの効果を確認する。

ビタミンPはみかんの筋や袋にある!

また、

 

  • ヘスペリジン(ビタミンP)
  • リモネン

 

に関しては、更なる注目に値する効果が存在します。

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

毛細血管を強くする ビタミンP(フラボノイド化合物)

ビタミンCを補強して毛細血管を丈夫にする

 

毛細血管が弱いと、歯茎から血が出やすくなったり、何かにぶつかってもすぐに青あざができてしまいます。ビタミンPには、毛細血管浸透性因子と呼ばれるように、結合組織のたんぱく質であるコラーゲンをつくるビタミンCの作用を補強して、毛細血管を強い丈夫なものにする働きがあります。毛細血管は、体の各組織細胞と栄養や酸素のやりとりをしているところですから、(省略)

 

先ほど、『ビタミンCがコラーゲンの体内合成を促す』と言いましたが、『ビタミンPはそのビタミンCの作用を補強する』のです。つまり、

 

  • ビタミンC
  • ビタミンP
  • コラーゲン

 

らの相乗効果で、頭皮や肌に素晴らしい恩恵をもたらします。このビタミンP(ヘスペリジン)は、

 

  • みかんの袋
  • みかんの筋

 

に多く含まれていて、実と比べれば、

 

  • 袋=50倍
  • 筋=300倍

 

 

もの量が含まれています。当サイトでも常に『野菜や果物は丸ごと食べる』と推奨していますが、その理由にはこういう事実があるんですね。皮や筋の方が、中身の実よりも栄養が豊富なんです。私も幼少期の頃は、『みかんの缶詰』のようなシロップ漬けの、筋が取れていた甘いものが好きで、よく親に取ってもらっていたのを思い出しますが、同時に言われていた、

 

『筋の方が栄養があるんだよ。』

 

というのは、ここまでの事実は知ってはいなかったでしょうが、事実だったということですね。

 

平賀源内は言いました。

 

確かに皮や、筋はあまりおいしくはないかもしれません。しかし、中の実が美味しいですからね。それと同時に食べれば、まるで寿司につけるワサビのように、美味を引き立てる味付けになるかもしれません。積極的に食べていきましょう。

 

先生

あの白い筋にビタミンPがたくさん入っているとわかれば、ぜひ食べたいね!筋だけでも300倍もあるわけだからね!
たしかに筋なら食べれるっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンPはそのビタミンCの作用を補強する。
  • ビタミンC、ビタミンP、コラーゲンの相乗効果で頭皮や肌に素晴らしい恩恵をもたらす。
  • ビタミンPは、みかんの袋やみかんの筋に多く含まれている。

リモネンが5αリダクターゼを抑制する?

そして注目すべきなのが『リモネン』です。リモネンには神経をリラックスさせる効果以外にも、注目に値する効果があります。

 

『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

実はこのリモネンは、テストステロンと結合するこの『5α-リダクターゼ』の働きを阻害する効果があるというのです。様々な情報がありますが、

 

薄毛治療研究センター』というサイトには、北里大学の研究結果であるという詳細があり、最も傾聴に値する意見でしょう。

北里大学の研究によると、リモネンが5αリダクターゼを抑制する働きが84%もあることが分かりました。

参考 AGAとリモネン薄毛治療研究センター

 

これは、下記の記事に、

 

 

  • 亜鉛
  • イソフラボン

 

という栄養素は、5α-リダクターゼを阻害する働きを期待できると書きましたが、それに続く、注目に値する発見になります。

 

ただし、このサイトにも、

しかし、医学的な効果は立証されておりませんし、あくまでも頭皮環境を整える効果がメインとなっております。

 

とありますように、これらによってどこまで薄毛を阻止できるかということは、あまり高い期待を持つものではないかもしれません。ただまあ、それを言ったらその他の血行促進を促す、ここで言うみかんも含めたすべての要素が『無意味』となりますからね。

 

塵も積もれば山となる。『塵の一つ』として『山に貢献』する考え方で受け入れれば、こうした事実は無駄にならないでしょう。

 

薄毛

先生

だけどこの後に新たな参考文献を確認したよ!その専門書にも同じことが書いてあった!『d-リモネンが5α-リダクターゼを阻害する』ってね!
だとしたらすごいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • リモネンが5αリダクターゼを抑制する。