ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ミドリムシの驚異的な育毛効果!ユーグレナの『緑汁』はなかなか栄養レベルが高い!

青汁が薄毛に効くって本当?

はい。

 

注目の成分は、

 

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • DHA
  • EPA
  • 亜鉛

 

です。特に亜鉛の含有量はすごいものがあります。これらは全て髪の毛に良い影響を与えます。

先生

ユーグレナというのはミドリムシという意味でもあるし、会社名でもあるんだ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ミドリムシって虫?いやいや、『藻』です!

 

ユーグレナという会社が出している青汁は『緑汁』として販売されています。その成分はなんと『ミドリムシ(ユーグレナ)』。虫を飲むなんて考えられないという人がこの国には多いと思いますが、実際には想像するようなゲテモノでもなんでもなく、実は『虫』でもないんです。

 

『藻』なんですね。ワカメや昆布と同じ種類に分別されます。動物と植物の両方の性質を備えていて、

 

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸
  • 不飽和脂肪酸(DHA、EPA)

 

など、実に59種類もの豊富な栄養素を備えています。確かに、アイスクリームやパンケーキのような快感を伴う美味を味わえるわけではありませんが、『良薬は口に苦し』ですからね。もし青汁など、こうした食べ物が『苦くて苦手』だと思っているなら、それはこれを『薬』だと思えばいいだけ。

 

薬に『美味』は求めませんよね。ですから、育毛効果を期待したい人は豊富な栄養素を得られるだけで満足しなければなりません。見るべきなのは以下の記事です。欲張りを言ってはいけません。

 

 

それに、こうした青汁系を『うまい』と思う人もいますからね。それで栄養も豊富に摂れるんですから、最高ですよね。とにかくこうした健康食品を食べる際は、味に『美味』を求めるのではなく、『栄養補給・補充』を意識する必要があります。最初から目的がそれなら、何も問題ありません。

 

先生

ユーグレナっていうのは会社名でもあり、ミドリムシの別名でもあるんだ!かなり体にいいから注目したいね!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ミドリムシ(ユーグレナ)は虫ではなく『藻』。

ミドリムシ100gのビタミンとミネラルの含有量

さて、このユーグレナが出す『緑汁』に含まれた成分の、何に育毛効果が期待できるのか、考えていきましょう。その59種類の栄養素のうち、どれを取っても『髪の毛に良い』と言うことが出来るのですが、今回ピックアップするのは以下の栄養素です。

 

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • 不飽和脂肪酸(DHA、EPA)
  • 亜鉛

 

です。では、59種類のうちミドリムシ100gのビタミンとミネラルの含有量を見てみましょう。

 

ミドリムシ100gの含有量 (ビタミン)

ビタミンB1 181.mg
ビタミンB2 6.06mg
ビタミンB6 1.36mg
ビタミンB12 0.19mg
ビタミンC 5mg
ビタミンD 23.8mg
葉酸 0.99mg

 

ミドリムシ100gの含有量 (ミネラル)

リン 1820mg
亜鉛 75mg
カルシウム 196mg
マグネシウム 333mg
ナトリウム 540mg
カリウム 443mg
43mg

 

確かにビタミンCも含まれていて、それは髪の毛にいい影響を与えます。下記の記事に書いたように、ビタミンCはコラーゲンの体内合成を促す役割を果たしますから、頭皮や髪の毛にとてもいい影響を与えます。

 

薄毛

 

しかし、含有量が少ないんですね。5mg。ビタミンCは、例えばイチゴ100gで62mgのビタミンC。アセロラなら1700mg摂れますから、5mgというのは大した量ではありません。

先生

何が一番多く含まれているかに注目してみよう!ビタミンCならほかの食材から摂った方がいいね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ミドリムシ100gのビタミンとミネラルの含有量を確認する。

ビタミンB2とビタミンB6はすごい

しかし、

 

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

 

であればなかなかの含有量です。ビタミンB2の6.06mgという含有量は、例えばビタミンB2を多く含む代表の食材である豚レバーであっても、100g中3.6mgです。その約倍近くのビタミンB2が含まれているので、これはすごいですね。

 

 

100g中のビタミンB2含有量

豚レバー 3.6mg
ユーグレナの緑汁 6.06mg

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

エネルギー消費量の高いスポーツマンに欠かせない ビタミンB2

糖質・脂質の代謝を促進し、成長を助ける

 

糖質、脂質、たんぱく質からのエネルギーの生成に広くかかわっているビタミンです。

 

(中略)

 

目の充血や、肌荒れ、髪の毛の痛み、脂漏性皮膚炎を起こしたときも、ビタミンB2不足が考えられます。

 

  • 肌荒れ
  • 髪の毛の痛み
  • 脂漏性皮膚炎

 

というキーワードが出てきましたね。ビタミンB2が不足するとこうした問題を引き起こし、ひいては薄毛の原因となる可能性があります。

 

 

また、脂質の代謝を促進ということで、頭皮の皮脂の分泌が過剰になったとき、それを抑制してくれますから、脱毛を阻止する役割も果たしてくれます。

 

  • STEP.1
    皮脂が過剰分泌される
     
  • STEP.2
    皮脂腺が大きくなる
     
  • STEP.3
    皮脂に栄養を持っていかれる

    そこに髪の毛が根を張れなくなる。

  • STEP.2
    薄毛や脱毛が促進される
     

 

 

それから、ビタミンB6の1.36mgという含有量。多く含むと言われるカツオやマグロであっても、0.75~0.85mgですからね。これも相当な量です。

 

 

100g中のビタミンB6含有量

カツオやマグロ 0.75~0.85mg
ユーグレナの緑汁 1.36mg

 

ビタミンB6については下記の記事に書きましたので併せてご確認ください。

 

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

  • 女性の強い味方となるビタミン ビタミンB6
  • たんぱく質や脂肪の代謝を促進する
  • 抗生物質服用者、妊娠女性は欠乏症に注意

 

特に、

 

  • 女性特有のトラブル
  • あがり症
  • 鬱病

 

等にこのビタミンB6が効くので、ホルモンバランスを崩したり、ストレスで精神状態が悪くなっている人にとても有効です。もちろん、それが原因でも薄毛を引き起こすことになります。女性の場合は、FAGAやびまん性脱毛症がその代表ですね。

 

  • STEP.1
    ストレスを負う
     
  • STEP.2
    血行不良になる
    ホルモンバランスを崩す。
  • STEP.3
    薄毛の原因となる
     

 

 

先生

この栄養素はすごいよね!このページで出している食材は全て、『その栄養素をもっとも多く含む食材』として本に載っているものだからね!
それを超えてくるっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンB2とビタミンB6の含有量がすごい。

葉酸やDHA・EPAもかなりある

また、葉酸の0.99mgもすごいですね。多く含むレバーが、豚、牛、鳥の平均でおよそ1000ug。1000ugで1mgですから、ugに直すと0.99mgは『990ug』ですから、この葉酸の含有量もかなり豊富ということになります。

 

 

100g中の葉酸含有量

レバー(平均) 1mg
ユーグレナの緑汁 0.99mg

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

造血、発育に欠かせないビタミン 葉酸

造血作用や細胞の新生・増殖に欠かせない

 

赤血球はおよそ4か月で生まれ変わりますが、葉酸は細胞分裂に重要な役割を果たしており、新しい赤血球をつくるために必要な栄養素です。不足すると正常な赤血球がつくれず、鉄分の不足による貧血とは異なる、悪性貧血の原因となります。

 

貧血と赤血球については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』なのですが、赤血球による酸素の供給も、育毛にとってはとても重要なポイントとなるのです。この葉酸によって赤血球を強化することができれば、貧血や悪性貧血を防ぎ、結果的には薄毛の予防ができます。

 

  • STEP.1
    赤血球が酸素を髪の毛に届ける

  • STEP.2
    貧血になると赤血球の力が弱まる
  • STEP.3
    薄毛の原因となる
     

 

それから、

 

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

 

は、2つのポイントで、薄毛の改善に効果があります。

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

ですね。詳しくは下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

DHAやEPAはとても重要な栄養素で、『医師が摂りたいサプリメント』で、マルチビタミン&ミネラルの次に挙げられるほどです。ユーグレナの緑汁でこれが得られるのは嬉しいことですね。

 

先生

葉酸もトップクラスの含有量だね!しかも不飽和脂肪酸まで入ってる!これだけでもう完全食品に近いよね!
髪の毛には最高っス!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 葉酸も相当な量が含まれている。
  • DHAとEPAも含まれている。

なんといっても亜鉛の含有量に注目!

そして亜鉛です。亜鉛の75mgという含有量は相当なものですね。亜鉛が最も豊富に含まれると言われる牡蠣は、100g中の含有量が13.2mgです。その5倍ですからね。これはとてつもないことです。

 

 

100g中の亜鉛含有量

牡蠣 13.2mg
ユーグレナの緑汁 75mg

 

亜鉛と髪の毛については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

髪の毛の99%の成分を占めるケラチンはたんぱく質の一種ですが、たんぱく質からケラチンに変換されるには、亜鉛が必要なのです。ですから、その亜鉛が多く含まれる牡蠣を食べたいということが、育毛に食事面における強力なテーマの一つなのですが、ユーグレナの緑汁は牡蠣をはるかに上回る亜鉛の量を含んでいますからね。

 

薄毛

 

 

こうした健康食品はあくまでも補助食品なのですが、しかし『補助』するには十分な量の栄養素が含まれていますね。これを毎日の食事と合わせて摂取することで、不足しがちな健康に必要な栄養素を補えます。しかも、育毛に嬉しい成分もこれだけ含まれていましたね。ぜひ、参考にしてみてください。

 

先生

亜鉛自体が5α-リダクターゼを阻害する働きもあるからね!牡蠣をはるかに上回るこの亜鉛含有量はすごいね!
うーむ、すごい!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 亜鉛の含有量がすごい。