ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?

かなり極端に言えば、バーコードヘアーは不自然です。スキンヘッドは自然です。誤魔化そう誤魔化そうと思えば思うほど不自然になるということですね。

先生

バーコードヘアーはもうどうしたいのかわからないよね!ハゲを隠したくてやっていたとしても、完全な逆効果だしね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

薄毛を隠す不自然な髪型は?

男女に関わらず、突然髪が大量に抜けて薄毛になり始めると、精神的なダメージは大きいものです。まだ明らかに薄毛と判別できないうちは、自分自身認めたくない気持ちもあり、何もしないケースが多いものです。認めないと言いながらも、薄くなって地肌が目立つ箇所を残っている髪の毛で隠すなど、髪型が激変します。オシャレよりも、地肌を覆うことに重きを置くため、不自然な髪型になりがちです。

ところで、企業によって髪を金髪に染めたり奇抜な髪型を禁止していますが、基本的には常識の範囲内であれば問題ありません。多少明るい色に染めたとしても注意されるケースは稀です。

しかしながら、ある外資系企業に勤めていた時のドレスコードは薄毛の男性にはショッキングなもので、それは「バーコード禁止」というものでした。バーコードとは、頭頂部の薄毛を側頭部の毛髪で覆うという髪型です。ただしスキンヘッドは禁止されていなかったため、その企業はスキンヘッド率が高く、バーコードの様な髪型を見たことがありませんでした。

 

 

薄毛どころか、思い切って毛髪を一掃してしまうというスキンヘッドですが、踏み切れる方は良いものの、断固拒否という方にとっては一大事です。結果、様々なグッズを使って薄毛をカバーすることになるのです。

 

先生

薄毛を隠したい気持ちはわかるけど、バーコードヘアーは完全に逆効果だね!どう考えたってハゲているのがばれるよ!性格もにじみ出るかも!
ちょっと信用できないかもっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • バーコードヘアーは間違いなく薄毛がばれる。
  • バーコード禁止の会社がある。

目立たない薄毛対策と費用

かつらや市販の増毛剤はその場しのぎの手段にすぎず、使用し続けていても、髪は生えてきません。かつらは風で飛んだら大変ですし、市販の増毛剤は洗髪したらそれで終了です。洗髪しても無くならない髪を望むのは自然な心理と言えるでしょう。もうずいぶん長い間定番になっている増毛法で、多くの方が利用しているアデランスは、そうした悩みから解放してくれるサービスです。

ただし、既に薄毛になっている人が、サロンに行った翌日には周囲の人に増毛したことが判明してしまうのが難点と言えます。ただ、昔は偏見の目で見られた増毛も、今では極当たり前の身だしなみとして多くの人が受け入れているものなので、急に増毛しても抵抗感は少なくなっています。

問題があるとすれば時間とコストですが、仕上がりのクオリティを考えれば妥当な金額といえるでしょう。髪に人工繊維を絡める方法なので、その髪が抜けてしまえば終わりですし、伸びるたびにメンテナンスのためにサロンに通う必要があるため、安価とは言えません。

ただし、毎月美容室に行くことを考えれば、同等の金額で施術ができるので、高額すぎる金額でもないのです。よくある質問の一つが、人工毛髪を絡められている元の毛が抜けてしまったら意味がないのではないか、というものです。抜けた人工毛髪を持参すれば、利用可能な状態であればアデランスでは再利用してくれるので、決して無駄にはなりません。何よりも、髪を洗っても無くならないのは、薄毛に悩み続けた人にとっては画期的と言えるでしょう。

 

先生

美容院に行ってヘアケアをすれば毎月なんだかんだお金がかかるからね!その金と同じくらいだったらそう負担ではないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • かつらや市販の増毛剤はその場しのぎの手段。
  • アデランス等の増毛サービスは時間とコストがかかるが、美容院に行く人とそう変わりはない。

育毛の手段と費用

薄毛にもいろいろあります。髪の毛自体が抜けて地肌が目立つようになるタイプと、髪の毛は生えているものの、一本一本が細くコシが無くなっているタイプです。前者には様々な増毛法がありますが、後者は増毛よりも育毛が必要です。

髪の毛がやせ細ると、伸ばしても途中で切れてしまうなど、ダメージが大きくなります。原因は髪が育ちにくい頭皮の状態にあることが多く、頭皮ケアが育毛の第一歩となります。育毛剤も多種多様で、何を選べば良いのか迷う程です。注意しなければならないのは、髪の毛はホルモンの影響が大きい事です。

男女で育毛や発毛へのアプローチは異なるので、男性は男性用、女性は女性用の育毛剤を選ばなければなりません。近年は男女兼用の育毛剤も増えていて、頭皮の状態を改善することで髪に十分な栄養が運ばれるようになり、やせ細った髪が再びハリとコシのある健康な髪へと変化していきます。

ただ、薄毛の原因が硬くなった頭皮や頭皮の血行不良にあるならば男女兼用でも効果は望めますが、確かな効果を求めるならば、男性用、女性用を選択した方が良いでしょう。

気になるコストですが、ずっと使い続ける事を考えると、定期購入やまとめ買いで節約できます。増毛と異なり、育毛は即効性があるわけではないので、長い目で見るならば初回限定価格が設定されている定期購入が良いでしょう。

口コミや人気ランキングなどを複数のサイトで確認し、いつでも定期購入を解約できる商品を選択するのがベストです。金額も幅がありますが、平均して男性用は1商品8000円前後、女性用は5000円前後となっています。定期購入にすると数パーセント割引になるのでお得です。男性用育毛剤の中には精力減退が報告されている商品もあるので、気になる方は副作用の無い商品をリサーチしておきましょう。

 

先生

育毛剤は男女で違うからね!また、フィナステリドやデュタステリドなんかは女性が使うことができないよ!そういう禁忌がある薬もあるんだ!
なるへそ

ハニワくん

この章のまとめ
  • 男女で育毛や発毛へのアプローチは異なる。
  • 育毛剤は男性用、女性用を選択した方が良い。
  • 育毛剤の定期購入費用はいつでも解約できるものがいい。
  • 育毛剤の定期購入費用は平均して男性用は1商品8000円前後、女性用は5000円前後。
  • 定期購入にすると数パーセント割引になる。

育毛剤使用の注意点

育毛剤は医薬部外品ですので、全ての成分を表示する義務はありません。たとえアレルギー源の成分が配合されていても、分からないのがデメリットです。アレルギーがある場合、まずはパッチテストを行ってから使用することが重要です。添加物が使用されていない場合でも同じで、無害な成分であっても、アレルギーのある方にとっては有害なのです。

皮膚に直接使用するものなので、まずは体質に合っているかどうかをチェックすることは、自己責任として最優先してください。長く続けるならば、安心して使用できる商品を選ぶことは必須です。

 

先生

市販の育毛剤は医薬部外品のものがあるね!だけど、医薬品としての育毛剤もあるからね!それは医師の処方で得られる薬だけど、医師が色々と教えてくれるはずだよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 市販の育毛剤は医薬部外品なので、アレルギー源の成分が配合されていても、分からないのがデメリット。
  • まずはパッチテストを行ってから使用することが重要。