ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

薄毛対策としてのカツラと植毛のメリットやデメリットとは?

カツラと植毛のメリットやデメリットとは?

カツラのメリットは、やはりすぐに薄毛対策ができる点にあるでしょう。

フルウィッグであれば、起床後に地毛を整えてそのうえにカツラを被れば、それで薄毛を改善できます。部分カツラであっても、初めのうちはクリップの留め方および位置を決めるのが思う様にいかない場合もあるかもしれません。

 

デメリットは、まず、元からある髪の毛が痛んでしまう点が懸念されます。カツラをクリップで固定する際には、自分の毛に固定しなければいけません。その際にいつも同じ部分にクリップを留めていると、その部分はいつでも引っ張られることになったり、圧力がかかってしまうのです。

 

そうなると、頭皮や髪の毛が痛んでしまう可能性があります。頭皮および髪の毛がダメージを受けると、余計に薄毛が進んでしまうことも考えられるでしょう。

先生

何事にもメリットデメリットがあるからね!それを理解した上でメリットが勝つ場合は、それを利用する価値があるね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

カツラはどんなところがメリットなの?

カツラの利点は、やはりすぐに薄毛対策ができる点にあるでしょう。フルウィッグであれば、起床後に地毛を整えてそのうえにカツラを被れば、それで薄毛を改善できます。部分カツラであっても、初めのうちはクリップの留め方および位置を決めるのが思う様にいかない場合もあるかもしれません。

 

 

それでも、慣れてしまえば1分から2分程度でしたいヘアスタイルにすることができるのです。また、薄毛を対策する費用がかからないという点も、魅力になります。

 

育毛剤もしくは薄毛治療薬といったものは、ずっと使い続ける必要があるのが基本です。よって、毎月費用がかかってきます。続けていくとそのお金が負担となってきてくる可能性もありますし、もしかしたら育毛剤の効果が見込めないとも考えられるのです。カツラであれば、購入する時に初期費用は必要になるものの、それからは費用はあまりかかりません。もし長期にわたり薄毛対策をするなら、カツラがコストパフォーマンスに優れているのではないでしょうか。

 

 

先生

カツラは何と言っても簡単だからね!被ったり取り外したりすればいいだけだから、気軽にできるよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • カツラの利点は、やはりすぐに薄毛対策ができる点。
  • 育毛剤もしくは薄毛治療薬といったものは、毎月費用がかかる。

カツラのデメリットとはどんな点?

では反対に、カツラのデメリットはどこにあるのかを見てみます。

 

まず、元からある髪の毛が痛んでしまう点が懸念されます。カツラをクリップで固定する際には、自分の毛に固定しなければいけません。その際にいつも同じ部分にクリップを留めていると、その部分はいつでも引っ張られることになったり、圧力がかかってしまうのです。そうなると、頭皮や髪の毛が痛んでしまう可能性があります。頭皮および髪の毛がダメージを受けると、余計に薄毛が進んでしまうことも考えられるでしょう。

 

そして、カツラはメンテナンスやアフターケアといったものが大変な面があります。使用をするのは手軽なのですが、使った後に専用のホルダーにかけておく点や、たまに洗うなどお手入れをする必要があります。頻繁にカツラを使っていたり、しっかりと保管がされていなかったりすると、髪が毛羽立つことやきちんとまとまらなくなってしまう可能性もあるのです。

 

よって、カツラを購入すれば後は何もしなくても良いというわけではなく、定期的にメンテナンスをする必要もあるということです。さらに、カツラには人工頭皮が付いている場合が多く、この頃の製品は通気性も向上しています。

 

ただ、いつでも頭に被っているものなので、蒸れもある程度は覚悟をしなくてはいけないものです。特に梅雨時期や夏場だと頭皮が蒸れて痒みが出たり雑菌が繁殖しやすくなるなど、トラブルも発生しやすくなります。蒸れて頭皮環境が悪くなるのは、薄毛も悪化させてしまいかねませんので、注意が必要です。

 

それに、カツラはすぐにでも悩みの種である薄毛の対策ができますし、見た目としても改善できます。しかし、脱いでしまえば元の薄毛のままなのです。カツラは装着している間のみ見た目が改善できるだけであって、根本的には改善されない点は、把握しておくべきです。

 

 

先生

カツラは取り扱いは簡単なんだけど、一時的だし、メンテナンスとかを考えるとデメリットもあるね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • カツラのデメリットは元からある髪の毛が痛んでしまう。
  • メンテナンスやアフターケアも大変。
  • 蒸れもある程度は覚悟する必要がある。
  • カツラは装着している間のみ見た目が改善できるだけであって、根本的には改善されない。

植毛は手入れの必要がない点などがメリット!

植毛をする場合のメリットは、メンテナンスやアフターケアをする必要がないという点が挙げられます。植毛なら、移植した毛根がきちんと定着してくれれば、それからは普通のヘアサイクルで髪が成長していくのです。メンテナンスやアフターケアをしなくても大丈夫ですし、自分の髪として扱えるのが魅力です。

 

また、拒絶反応もないのがポイントです。移植をするとなると、拒絶反応が出るのではないかと心配される方もいることでしょう。ただ、自毛植毛であれば自身の毛根を植毛するために、拒絶反応は起きないのです。ドナーの採取の際に傷がついたとしても、技術レベルがアップしていているので、早く治るようになってきています。

 

それに、植毛した毛根が定着して自分の髪として生えてくるようになったなら、ヘアスタイルは自由にアレンジができます。カツラの場合ならヘアスタイルを変えたければカツラ自体を替える必要が出てきますので、ヘアスタイルに関してはさほど自由は効かないでしょう。自分の髪でヘアアレンジをしてみたいという方には、植毛がぴったりです。

 

先生

自毛植毛と人工毛植毛があるけど、自毛植毛の方が圧倒的にメリットがあるよ!むしろもう人工毛植毛は時代遅れで、デメリットだらけなんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 植毛のメリットは、メンテナンスやアフターケアをする必要がない。
  • 自毛植毛であれば自身の毛根を植毛するために、拒絶反応は起きない。
  • 植毛ならヘアアレンジができる。

植毛のデメリットは施術費用がかかる点などがある

植毛のデメリットは、施術費用の高さにあります。植毛の施術をするとなると、ドナーを採取したり移植をするなど、かなり繊細な作業が多くあるため、人数や時間もかかるのです。そういったことから、植毛の施術費用はそれなりに高くなると覚悟をしなければいけません。

 

薄毛を改善するためにそこまでお金をかけられるか、という点で躊躇してしまう方もいるかもしれないのです。そして、植毛の施術は一度にできる範囲に制限があるので、患者の方がどの程度薄毛なのか、どれくらい改善したいのかという希望により、手術を1回で終わらせられないケースもあります。手術をする毎に仕事を休まなくてはいけなくなったり、アフターケアも必要になってきますので、時間を取りづらい方には適していないと考えられます。

 

先生

大体50~150万円くらいかかるかな!だけど今は自毛植毛の技術が圧倒的に上がってきていて、素人にはわからないレベルになっているんだ!
うーむ、、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 植毛のデメリットは、施術費用の高さ。