ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

薄毛治療が皮膚科ではダメだという理由を解説!AGAクリニックを推奨

薄毛治療が皮膚科ではダメだという理由は?

皮膚科より美容系の皮膚科。美容系の皮膚科より、AGAクリニックがより専門的な治療を受けられるからです。

先生

やっぱり特化しているところの方が、より専門的なことができるね!範囲が狭くはなるけど、より深くなるのが特化するメリットだからね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

薄毛治療ができる様々な医療機関

薄毛治療ができる医療機関はいくつかあります。

 

  • 皮膚科
  • 内科
  • 形成外科
  • 美容皮膚科
  • AGAクリニック

 

等ですね。そのうち、最も効果が期待できるのは最後の2つ、

 

  • 美容皮膚科
  • AGAクリニック

 

ということになります。ではそもそも、なぜ最初の3つは効果が期待できないのでしょうか。それを知るためには、まず薄毛業界の歴史の推移を見ていくことが必要です。

 

 

『ササっとわかる薄毛の悩み解決最前線』(講談社)にはこうあります。

『医療機関で相談できる』ようになったAGA

 

最近、テレビでさかんい『薄毛はお医者さんで治せる』というコマーシャルが流れています。あれは製薬会社のコマーシャルで、男性型脱毛症=AGAにきくとされる内服薬が2005年に厚生労働省の薬事承認を受け、正式に医師が処方できるようになったためにはじまったものです。

 

医療機関でAGAを治療しようという場合、大きくは2つの選択肢があります。ひとつは薬を服用する内科的な治療、もうひとつは自毛植毛という外科的な治療です。外科治療と内科治療を並行して行う場合もあります。

 

AGA治療の相談が可能な医療機関は、基本的には皮膚科、内科、形成外科のいずれかです。もちろん皮膚科や内科では外科的治療は行いませんが、最初に相談する医療機関としては入りやすいかもしれません。

 

『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

この前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)ですが、『ある対策』によって、この酵素の動きをある程度阻害することが可能です。それが、

 

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • デュタステリド

 

という成分が含まれた薬薬の使用ですね。日本でそれが含まれた製品は、

 

  • プロペシア
  • ロゲイン・リアップ
  • ザガーロ

 

ということになります。

 

 

男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診察ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤はこの『ミノキシジル』だけです。日本の製品名は『ロゲイン』と『リアップ』ですね。

 

また、フィナステリドが含まれた『プロペシア』は、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

 

また、デュタステリドが含まれた『ザガーロ』は、2015年9月に厚生労働省に認可されたばかりの新薬です。しかし、その効果は抜群で、Ⅰ型の5α還元酵素にはフィナステリドの100倍の抑制効果、Ⅱ型には3倍の抑制効果があり、副作用も少なく、安全性が高いと考えられています。

 

薄毛

 

このフィナステリドですが、欧米では1998年に発売されていましたが、日本で発売されたのは2005年です。それ以来、日本で医師がフィナステリドを処方できるようになったので、広告費にも力を入れ始めたということなんですね。

 

日本で一般向けに販売された年

ミノキシジル 1999年
フィナステリド 2005年
ザガーロ 2015年

 

たしかにミノキシジルの方は、1999年からそれが含まれた『リアップ』が大正製薬から発売されていましたが、下記の記事にも書いたように、育毛アイテムで効果がある順番は、以下のようなものになります。

 

 

育毛アイテムで効果がある順番
  • 1:飲む育毛剤(医薬品扱い)
  • 2:塗る育毛剤
  • 3:育毛サプリ
  • 4:育毛シャンプー

 

『飲む育毛剤(医薬品扱い)』が一番効果的なんですね。本を見るとわかるように、 『内服薬が2005年に厚生労働省の薬事承認を受け、正式に医師が処方できるようになった』とありますから、『内服薬』、つまり最も効果があると言われている『飲む育毛剤(医薬品扱い)』が国の承認を得たので、その時から薄毛業界が活気づいていったのです。

 

フィナステリドが含まれている『プロペシア』という商品の特許は2015年に切れていて、ジェネリック医薬品が次々と出ていますが、それまではプロペシアの独壇場だったわけです。そういう『特許と利益』などのことを考えても見えてくるように、

 

これで利益を生み出せる!

 

と思った場合、人は普通、その利益を最大化させようとして躍起になります。その一つが2005年から始まった『コマーシャル』というわけですね。テレビのコマーシャルは莫大なお金がかかる上に費用対効果は少ないのですが、それでもブランディングの効果はあり、人々の脳裏に焼き付けるには大きな効果を発揮します。

 

競合が見ても特許で守られているなら問題ありませんから、プロペシアを作った『萬有製薬』の独壇場になるんですね。

 

先生

AGAの薬や治療はまだまだ発展途上なんだ!つまり、まだまだ世の中にはこれらに特化したものが蔓延しきっているとは言えないわけだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 男性型脱毛症=AGAにきくとされる内服薬が2005年に厚生労働省の薬事承認を受け、正式に医師が処方できるようになった。
  • フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドという公式に認められた育毛剤がある。

どんどん進化する技術

さて、話を元に戻すと、2005年からそうしてフィナステリドの登場によって盛り上がってきた薄毛業界ですが、注目したいのは、まだまだそれらの登場から10年ほどしか時間が経っていないということです。ちなみにその冒頭に載せた本は、2007年に書かれた本です。本では、

 

  • 皮膚科
  • 内科
  • 形成外科

 

が薄毛治療ができる医療機関で、他にも『最近では薄毛治療の専門クリニックも増えてきている』と書いてあるのですが、やはりこの頃はまだ、その勢いも最初の頃で、まだまだ日本に『薄毛治療』という考え方が今ほどは浸透していませんでした。

 

しかし時がたち、今では『AGAクリニック』という専門のクリニックが多くみられるようになりました。つまり、最初は皮膚科等の限られた医療機関でしか治療できなった薄毛治療が、今では、

 

  • 美容皮膚科
  • AGAクリニック
  • 女性専用AGAクリニック

 

当、実に様々な専門のクリニックが登場するようになっていて、当然、これらの特化したクリニックの方が、AGAの治療には適しているわけです。例えば『疲れを癒す』ことを考えたとしても、

 

  • お風呂
  • サウナ
  • マッサージ
  • アロママッサージ
  • 整体
  • 酸素カプセル

 

等々、さまざまな選択肢が存在するわけですが、この中で本当に疲れを癒せるのは『酸素カプセル』でしょう。体中に酸素を充満させることで、老廃物を体内から除去できますからね。お風呂やサウナでも確かにそれが期待できますが、実はあれらは体力を消耗するのです。

 

お風呂に入った後によく眠れる理由は、お風呂がまるで運動をするかのように体力を消耗するからなんですね。リフレッシュした気持ちになるのは、脳内にドーパミンという報酬系物質が放出されるからで、実際に『体を癒す』なら、仮眠を取った方が効果的なのです。

 

マッサージや整体でも確かに体調はよくなりますが、この中で最も『疲れを癒す』という目的を果たしやすいのは、酸素カプセルということになりますね。ただお風呂やマッサージの方が日常生活に溶け込んでいるのでそれを愛用していますが、実際に酸素カプセルが家にあれば、みんなそれを使用することになるでしょう。

 

酸素カプセルの中で一時間熟睡するのは、通常の数時間熟睡と同じ効果を得られますからね。サッカーのベッカム選手は、骨折をしたとき酸素カプセルでそれを治したと言います。アスリートたちほど『疲れを癒す』必要がある人々はいませんが、彼らの多くが300万円ほどかけて酸素カプセルを自宅に購入し、日々の疲れを癒しています。もちろん、それと同時に上に挙げたすべてのメンテナンスをしていると思いますけどね。

 

 

先生

つまり、皮膚科で治療ができるのは、薄毛治療の初期段階の『やむを得ず導入』の時期の影響なんだね!特化してないから高い効果は得られないんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 最初は皮膚科等の限られた医療機関でしか治療できなった。
  • 特化したものを選ぶのが一番高い効果を得られる。

多様性と選択肢が広がった現代

同じように、例えば『薄毛で悩んでいる女性』が薄毛治療をするためには、

 

  • 皮膚科
  • 内科
  • 形成外科
  • 美容皮膚科
  • AGAクリニック

 

という選択肢があった場合、やはり適しているのは後者の2つであり、しかも『女性専用』の配慮がなされているところでしょうね。

 

 

結局はどの医療機関でも治療は受けられますが、やはり最も自分に合ったところへ行くのが一番です。例えば『テレビ』で言えば、発売当時は白黒テレビのブラウン管しかなく、テレビを観るために他人の家にわざわざ集まって、みんなで観ていた時代がありました。

 

 

その時は選択肢がなかったんですね。だからそうするしかありませんでした。昔のテレビ番組の視聴率が40%超えるようなお化け番組ばかりだったのも、『他に選択肢がなかった』からです。しかし今はどうでしょうか。

 

  • 超薄型大型8Kテレビ
  • ケーブルテレビ
  • スマホ
  • youtube

 

実に様々な『チャンネル(選択肢)』が増え、携帯電話のサイズで誰でも何処でも、気軽にテレビを観れる時代になりました。だから10代、20代はテレビよりもまず最初にyoutubeを見るし、それぞれの視聴率は分散され、かつてのようなお化け番組はなくなってきました。

 

 

多様性が広がったんですね。それぞれのニーズにカスタマイズされる時代になったのです。それはつまり、『元々個人に様々なニーズがあったのに、選択肢がなかったせいで、やむを得ずそれを選んでいた』ということになります。

 

女性専用車両』ができたのも最近です。あれはしかし、元々ニーズがあったことなのです。しかし、やむを得ず、痴漢や女性ならではの悩みを抱えながら、満員電車に乗っていたのです。

 

この薄毛治療のことで考えても同じことで、確かに皮膚科や内科での治療もできますが、しかし、個々各人の細かいニーズを全て満たしているかというと、そうではないでしょう。

 

  • 美容系の皮膚科
  • AGA専用クリニック
  • 女性専用AGAクリニック

 

等、やはりそれぞれのニーズに特化した場所で治療を受けることが、一番効果的なんですよね。例えば美容系の皮膚科は上記の記事にも書きましたが、薄毛の専門分野に長けている医師が、カウンセリングの結果を基に薄毛治療を行ってくれる病院です。ニキビや湿疹、イボなどの症状で通う事もある皮膚科は、薄毛治療で内服薬や外服薬を使用して治療を行う事しかできません。

 

しかし美容系の皮膚科の場合は、内服薬や外服薬での治療はもちろん、髪を生えさせる効果のある注射をする事も可能です。皮膚科と美容系の皮膚科では治療の仕方も違う点から、美容系の皮膚科の方がより効果がある薄毛治療ができるといわれています。

 

 

普通の皮膚科や内科は『効果が期待できない』というよりは、『それよりも効果が期待できる医療機関がある』ということになりますね。

 

薄毛

 

先生

多様性が広がることは、ユーザーにとっては良いことだからね!より満足度の高いカスタマイズができるようになるから!ただまあ、当時の不便さの中に思わぬ出会いがあったりするんだけどね!
便利すぎるのもデメリットがあるかもっすね!

ハニワくん

先生

ただ、ことAGA治療のことだけで言うなら、良いことなんじゃないかな!!
この章のまとめ
  • 元々個人に様々なニーズがあったのに、選択肢がなかったせいで、やむを得ずそれを選んでいた。
  • 普通の皮膚科や内科よりも効果が期待できる医療機関がある。