ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

頭皮が透け始めたら薄毛の可能性がある!増毛対策を万全にしよう!

頭皮が透け始めたら薄毛の可能性がある?

頭皮が透け始めたら、それは薄毛になっていると見ていいでしょう。そうじゃないなら一体何なんだということになりますからね。

先生

最初から頭皮が透けていたら別だけど、頭皮が透け始めたのなら、元々は違ったってことだから、それは薄毛になったってことだよね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

頭皮が透け始めたら薄毛になったの?

頭皮が透け始めたら、それは薄毛になっていると見ていいでしょう。そうじゃないなら一体何なんだということになりますからね。確かに、急にゴッソリと抜け散る脱毛症もあります。

 

  • 円形脱毛症
  • 薬害による脱毛症

 

などがそうですね。

 

円形脱毛症

 

 

円形脱毛症については下記の記事にも書きましたが、

 

 

『ササっとわかる薄毛の悩み解決最前線』(講談社)にはこうあります。

『円形脱毛症』と男性型脱毛症は原因が異なる

 

円形脱毛症は、自己免疫機能と関係が深い症状です。成長期にある毛根を、免疫機能が異物と勘違いして攻撃してしまい、脱毛するというのがそのメカニズムです。ストレスとの関係がよくいわれますが、たしかにそれによって免疫異常を起こしやすくなることはあるようです。

 

数個以内の円形脱毛は、1年以内に自然治癒することが多く、皮膚科で治療する場合は外用薬のステロイド剤、局所免疫療法などで直します。円形脱毛症の皮下では毛を作る細胞は生きているので、ほとんどの場合はまたもとどおりに髪が生えてきます。

 

AGA(男性型脱毛症)とは違い、ストレスによって自己免疫機能が狂い、ごそっと円形に髪の毛が抜けてしまいます。しかし、記事にある通り皮下では毛を作る細胞は生きているので、ほとんどの場合はまたもとどおりに髪が生えてきます。

 

薬害による脱毛症

 

 

薬害による脱毛症については、

 

  • 抗がん剤
  • 放射線治療

 

などを想像したらわかると思いますが、そういった毒素の排出量を上回る有害物質を体内に取り入れると、頭皮下などに不純物として蓄積し、やがて脱毛症などの深刻なトラブルを引き起こします。体内毒素に関しては下記の記事に書きました。

 

 

しっかりとこの問題を直視したいところです。

 

  • STEP.1
    排泄機能を超える有害物質を摂取
     
  • STEP.2
    頭皮下に蓄積
     
  • STEP.3
    毛母細胞が弱る

     

  • STEP.4
    脱毛する可能性あり

 

先生

抗がん剤治療などをすると髪の毛が抜けちゃうよね!あれもこの薬害性脱毛症として数えるんだ!正式名称ではないけどね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 急に頭皮が透け始めたら薄毛になった証拠。
  • ただし、円形脱毛症のように急に脱毛する症状もある。

AGA(男性型脱毛症)

ただし、往々にして薄毛の中で圧倒的に多いのは『青年期から中年期にかけての男性の薄毛』、つまり『AGA(男性型脱毛症)』です。

 

 

『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。

 

薄毛

 

このジヒドロテストステロンの増殖によって頭皮が透けて見えていている、という可能性が強いですね。正直言ってそうなると、その原因を確実に解決する方法はありません。

 

『最後に読む育毛の本』にもこうあります。

世の中が敵ではない、DHT(ジヒドロテストステロン)が敵なのだ!

 

さて、脱毛因子に話を戻します。毛根は男性ホルモン、テストステロンが5α-リダクターゼと結びついて、より強力な悪性男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのです。

 

DHTは直接細胞に働きかけるのではなく、毛乳頭にある受容体(レセプター)にくっつき、脱毛因子をどんどん増やします。

 

薄毛の原因はたくさんありますが、ジヒドロテストステロンが原因のAGA(男性型脱毛症)であった場合、それを完全に解決する方法はいまだに存在していません。しているならこの世からハゲはいなくなっていますからね。

 

先生

男性型脱毛症はAGAと呼ばれるよ!ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを狂わせて、成長期にある髪の毛を退行期へと変化させてしまうんだ!それで細くて短い毛が増えるんだね!
まいったっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • AGAの原因はジヒドロテストステロン。

AGAに有効な育毛剤が存在する

ただ、本にはこう続きます。

このDHTの攻撃を阻止することは、医薬品で可能になってきました。プロペシア等のフィナステリドが代表的ですが、フィナステリドは脱毛の抑制が目的でDHTの抑制が主な効果となっているため、直接的な発毛には結び付きません。

 

また副作用は少ないとされていながらも、胃部の不快感や性欲減退等の副作用があります。またフィナステリドは、女性が服用するのはやめたほうがいいでしょう。ホルモンバランスが崩れたり、妊娠時の胎児の生殖器成長に異常をきたす恐れがあるためです。割れた錠剤でさえ触れると皮膚から吸収されるほどです。

 

つまり、この前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)ですが、薬によってこの酵素の動きをある程度阻害することが可能です。それが、

 

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • デュタステリド

 

という成分が含まれた薬ですね。日本でそれが含まれた製品は、

 

  • プロペシア
  • ロゲイン
  • リアップ
  • ザガーロ

 

ということになります。

 

 

男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診察ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤はこの『ミノキシジル』だけです。日本の製品名は『ロゲイン』と『リアップ』ですね。

 

また、フィナステリドが含まれた『プロペシア』は、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

 

また、デュタステリドが含まれた『ザガーロ』は、2015年9月に厚生労働省に認可されたばかりの新薬です。しかし、その効果は抜群で、Ⅰ型の5α還元酵素にはフィナステリドの100倍の抑制効果、Ⅱ型には3倍の抑制効果があり、副作用も少なく、安全性が高いと考えられています。

 

薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であり、それを少しでも改善するためには、こうした外部対策にも目を向けるといいかもしれません。

 

薄毛

 

先生

薬には『禁忌(きんき)』というものがあって、使用してはいけない人とか、併用してはいけない薬などがあるんだ!女性はミノキシジルしか使えないから注意だよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドという公式に認められた育毛剤がある。
  • フィナステリドとデュタステリドは、女性が服用するのはやめたほうがいい。

育毛剤だけに依存していては解決しない

ただし、下記の記事を見ることが重要です。

 

 

薄毛の原因
  • 体内毒素
  • 活性酸素
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • シャンプー

 

薄毛の原因には、このような問題が挙げられるわけです。これらの重要な『内部対策』を軽んじて『外部対策』だけに依存する考え方は賢明ではありません。

 

俺はミノキシジルやフィナステリドを使用しているから、夜更かしもしていいし、たばこも吸っていいし、脂っこいものもたくさん食べるぞ!

 

 

と言っているのであれば、本末転倒ですからね。また、『念入りにシャンプーする』ことの弊害については、下記の記事も合わせて確認する必要があります。

 

 

そこにも書いたように、『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! 』にはこうもあります。

皮脂腺が発達しすぎると、毛髪にとってきわめて不都合なことが起きます。38ページのイラストにあるように、毛根は毛細血管から栄養をもらい、その栄養を使って細胞分裂を繰り返すことで髪が太く、長く成長していくわけです。

 

ところが、皮脂腺が発達しすぎると、毛に供給されるはずの栄養の多くが皮脂腺へいってしまい、そのため、毛は栄養不足の状態に陥ってしまいます。そうなれば、髪が十分に成長できなくなることは言うまでもありません。

 

太くて長い毛が減って、逆に、細く、短い産毛のような毛が増えることになるのですから、髪は当然、まばらになり、薄毛への道をたどることになります。

 

念入りなシャンプーによって皮脂が落ちすぎると、逆に皮脂腺が発達しすぎる。そうすると、毛に供給されるはずの栄養の多くが皮脂腺へいってしまい、そのため、毛は栄養不足の状態に陥ってしまい、薄毛になってしまうということですね。

 

  • STEP.1
    念入りにシャンプーする
     
  • STEP.2
    皮脂が過剰に取れる
     
  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
     
  • STEP.4
    皮脂腺が大きくなる
     
  • STEP.5
    皮脂に栄養を持っていかれる

    そこに髪の毛が根を張れなくなる。

  • STEP.6
    薄毛や脱毛が促進される
     

 

太くて長い毛が減って、逆に、細く、短い産毛のような毛が増える。それはつまり、今回のテーマである『頭皮が透け始めた』という現象と無関係ではない可能性が高くなります。ですから、『頭皮が透け始めた』場合はここで挙げた

 

  • 内部対策
  • 外部対策

 

をしっかりと最適化し、状況を改善しましょう。

 

先生

皮脂腺が大きくなると、そこに栄養を持っていかれるし、更には毛穴が広がっちゃって毛が根を張れなくて抜けやすくなるしで、踏んだり蹴ったりだよ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『内部対策』を軽んじて『外部対策』だけに依してはならない。
  • 念入りなシャンプーで皮脂腺をおおきくしてはならない。