ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

育毛に効果がある食べ物を徹底調査!でも、過剰摂取に注意!

育毛に効果がある食べ物ってなに?

育毛に効果がある食べ物は、

 

  • シナモン
  • 玉ねぎ
  • 海藻(昆布、わかめ、海苔等)
  • 亜鉛
  • たんぱく質
  • リンゴ
  • みかん
  • バナナ
  • 玄米
  • にんにく

 

など、たくさんあります。しかし、どれも過剰摂取には注意が必要です。

先生

育毛効果がある食べ物はたくさんあるよ!どれもがよく目を凝らしたらそうだと言えるけどね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

育毛に効果的な食べ物はたくさんある

育毛に効果的な食べ物はたくさんあります。ピンポイントで書いたものは、以下の記事になりますね。

 

  • シナモン
  • 玉ねぎ
  • 海藻(昆布、わかめ、海苔等)
  • 亜鉛
  • たんぱく質
  • リンゴ
  • みかん
  • バナナ
  • 玄米
  • にんにく

 

など、たくさんあります。もうこれを意識しただけでも十分に髪の毛にいい影響を与えることができます。ただ、その他にもまだまだたくさんありますからね。

 

 

全て挙げたら膨大な量になります。例えばこの『IGF-I』という成長因子に着目するならば、それを増加させる食事は以下の食べ物です。

 

IGF-Ⅰを増加させる食事
  • 唐辛子
  • 大豆
  • 玄米
  • 八丁味噌
  • 赤い鮭
  • 海藻類
  • 根菜類
  • 発酵食品
  • ナマコ
  • ニンニク
  • わさび
  • ショウガ
  • 地中海料理
  • アメリカンコーヒー
  • カカオたっぷりのチョコレート
  • フランボワーズ

 

『薄毛の食卓 5か月で64.5%の人が発毛した食事法』にはこうあります。

育毛の素人が発見した新育毛理論

 

私が発見した育毛の新理論を、まず、ワンフレーズでご紹介します。”IGF-Iを増やせば、毛が生える”です。IGF-Iというのは、インスリン様成長因子-Ⅰの略です。前に述べたように、私は血液学、中でも血液が、体の中で固まらないしくみと、固まるのを防ぐアンチトロンビンという物質の作用について研究をしていました。

 

(中略)

 

アンチトロンビンが、唐辛子に含まれる辛み成分であるカプサイシンと同じように、熱さや痛みを感知し、伝達する知覚神経を刺激し、組織で血流増加作用を持つIGF-Iという物質を増やすことがわかったのです。

 

IGF-Iには、血管を開く作用のほかにも、多くの重要な作用があることが知られています。その一つが、育毛作用です。この発見は、アンチトロンビンに限らず、知覚神経を刺激するものは、IGF-Iを増やし、毛を生やす可能性があることも示しています。

 

IGF-Iにはこのようにして育毛効果を期待できますから、それを増加させるこれらの食事を摂れば、結果的に育毛に有効的な効果を与える、と言えるわけですね。

 

先生

育毛に効果的な食べ物はたくさんあるけど、IGF-1という成長因子に注目して考えると、ちょっと幅を狭めることができるよ!
IGF-1っすか!

ハニワくん

この章のまとめ
  • IGF-Iには育毛効果を期待でき、それを増加させるこれらの食事を摂れば、結果的に育毛に有効的な効果を与えられる。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の持つ大きな力

また例えば、『髪の悩みがみるみる解決する100のコツ』にはこうあります。

髪によい食品にはさまざまなものがありますが、私のおすすめはイワシやサバなどの青背の魚です。青背の魚に含まれるDHAは、毛根の新陳代謝を活発にして、正常なヘアサイクルに近づける効果があります。

 

『青背魚』ですね。

 

 

それらに含まれる、

 

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EliA(エイコサペンタエン酸)

 

などの『オメガ3脂肪酸』は、下記の記事にも書いたように、

 

 

  • 首凝り
  • 肩凝り
  • 眼精疲労
  • 鼻炎
  • 気管の調子
  • 胃や腸の調子
  • 粘膜の状態不良
  • 鬱病
  • 自閉症

 

などを改善し、そしてひいては薄毛の対策にもなります。積極的に摂り入れましょう。また、記事にも書きましたが、ある日の『PRESIDENT』の特集で、『医者が摂りたいサプリメント』という記事がありましたが、その中で医者たちが選んでいたサプリメントは、

 

  • マルチビタミン・ミネラル
  • DHA・EPA

 

でした。DHA・EPAの重要性がよくわかりますね。

 

先生

DHA・EPAの効果はすごいね!ただ、これも過剰摂取は何の意味もないよ!多く摂ったら頭がよくなるってことはないんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • オメガ3脂肪酸は薄毛改善にもなる。
  • 医者たちはサプリメントでDHA・EPAを摂りたい。

過剰摂取は脱毛症の原因?

しかし、だからといってこれらの食事をたくさん摂ればいいというわけではないですからね。むしろそれによって状況が悪化したり、違う問題を引き起こすこともありますので注意が必要です。例えば冒頭に挙げたうち、

 

  • シナモン
  • 亜鉛
  • たんぱく質

 

 

で考えると、シナモンにはクマリンといわれる成分が含まれており、このクマリンを過剰摂取すると肝障害を引き起こす可能性があります。また、亜鉛を多く摂ると、『銅』が出てしまいます。銅は『活性酸素の除去を手伝う』効果があるので、それが原因で薄毛になる可能性があります。

 

薄毛

 

 

また、たんぱく質ですが、プロテインドリンクを考えたとき、確かに下記の記事にも書いたように、

 

 

プロテインドリンクでたんぱく質を摂取したほうが、獣肉から摂取するよりも安全であり、効果的です。しかし、下記の記事にも書いたように、

 

 

『過剰摂取に気を付けたいもの』の中には、プロテインも含まれます。

 

過剰摂取に気を付けたいもの
  • 抗生物質
  • 風邪薬
  • 頭痛薬
  • サプリメント
  • プロテイン

 

プロテインを飲んでも薄毛にはなりませんが、どんなことでも『過剰摂取』はいけません。普通は老廃物として汗や大小便などによって排泄されますが、排泄しきれなかった成分が、残留成分(不純物)として頭皮下に集積し、毛母細胞に悪影響を与え、脱毛現象が起きてしまう可能性があります。『薬害性脱毛症』ですね。

 

 

『育毛の真理』にはこうあります。

薬害による脱毛症

 

過剰に摂取した諸成分は、体に不要なもの(不純物)として体外に排出される。栄養を補う目的のサプリメントであっても、摂取しすぎれば脱毛の原因となってしまう。

 

したがって、いくら『髪の毛にいい』からといって、暴飲暴食をすることは控えましょう。

 

  • STEP.1
    排泄機能を超える有害物質を摂取
     
  • STEP.2
    頭皮下に蓄積
     
  • STEP.3
    毛母細胞が弱る
     
  • STEP.4
    脱毛する可能性あり

     

 

先生

早く髪の毛を伸ばしたいから、つい過剰摂取をしてしちゃうよね!それが人間の心理ってもんさ!だけど、ダメだよ!
ダメだよ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • いくら『髪の毛にいい』からといって、過剰摂取は毒。