ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

魚に含まれるDHAやEPAの薄毛予防・改善効果とは?効果的な摂取方法とは

魚に含まれるDHAやEPAの薄毛予防・改善効果は?効果的な摂取方法は?

魚に含まれる、

 

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

 

は、2つのポイントで、薄毛の改善に効果があります。

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

ですね。ただ、いくら頭や体にいいからといってDHAとEPAの過剰摂取は意味がないのでやめましょう。またもし魚から得る場合は、

 

  • 1.旬の魚介類を活用する
  • 2.鮮度のよいものを選ぶ
  • 3.ドリップの多いものは避ける

 

という点に注意しましょう。

先生

基本的にこのDHAなどのオメガ3脂肪酸というのは、本当に体にいいんだ!だからお医者さんも率先してこの栄養素を摂りたいと言っているんだよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

DHAやEPAの力とは

 

魚に含まれる、

 

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

 

は、2つのポイントで、薄毛の改善に効果があります。

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

ですね。まず血行促進ですが、『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

生活習慣病を予防し癌を防ぐ

 

DHAにはEPA同様、血管壁のLDLコレステロールや中性脂肪を減らす作用があります。また、細胞膜の流動性を高めて血管壁細胞をやわらかくし、血流をよくします。

 

このため、高血圧や脂質異常症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

 

  • STEP.1
    血行が良くなる

  • STEP.2
    頭皮や髪の毛に酸素や栄養素が良く回る
     
  • STEP.3
    健康な髪の毛が育ちやすくなる
     

イヌイットの食生活から判明したEPAの高血圧効果

 

青魚の効用が発見される契機となったのは、1970年代にデンマークの研究者によって行われた、イヌイットとデンマーク人を対象にした疫学調査でした。イヌイットの脂肪摂取量はデンマーク人と同じくらい多く、総コレステロール値はイヌイットの方が高く、デンマーク人の2倍もあったにもかかわらず、イヌイットには動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの血栓症が非常に少なかったのです。一方のデンマーク人は、死亡原因の40%以上を心筋梗塞が占めていました。

 

この差がどこにあるのか調べた結果、イヌイットが常食しているアザラシや魚に多く含まれるEPAとDHAに血栓を防ぐ効果があることがわかったのです。

 

日本でも千葉県の漁民と農民の食生活を比較調査したところ、同様の結果が得られました。漁民は農民の2.7倍ものEPAを摂取しており、血小板の凝集しやすさは農民の3分の1でした。このため、心筋梗塞や脳梗塞などによる死亡率が低かったのです。

 

EPAとDHAには、このようにして血行促進の効果が期待できるんですね。もうこれだけで、薄毛の改善や予防には役立つことがわかります。下記の記事に書いたように、

 

 

薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』という意見が強く言われていますから、その血行を改善するすべての要素は、『髪の毛にいい』と言うことができます。同じように、

 

  • 高麗人参
  • シナモン
  • チョコレート
  • にんにく

 

等、血行を良くすると言われる食べ物は、すべて『髪の毛にいい』と言うことができます。

 

 

先生

血行促進ができれば髪の毛に酸素と栄養素を届けられるからね!それが届かないと髪の毛が育たないんだから、それはとても大きいってこと!様々な病気の予防になるのも大きいね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • EPAとDHAには血行促進の効果が期待できる。

漁師やイヌイットの食生活

また、『漁民は農民の2.7倍ものEPAを摂取しており、血小板の凝集しやすさは農民の3分の1だった』ということですが、漁師や漁民というのは海鮮類を多く食べる傾向にあるので、健康であることがこの記事からもわかります。それは下記の記事に書いた、

 

 

漁師と魚とデトックス』でも同じようなことを書きました。魚をたくさん食べる漁師たちは、デトックス機能が促進されているのか、薄毛の人はあまり見かけないということですね。これらは違う文献ですが、同じように漁師たちが心筋梗塞などの病気に罹る確率が低いということが証明されているようですね。

 

 

また、イヌイットの人々の話は下記の記事にも書きましたが、

 

 

彼らは現代の栄養学の世界において、かなり頭を抱える存在となっているようですね。『肉だけしか食べない』とか、『高脂肪食品を食べる』とか、そういう非常識な食生活で、健康体を保っているのです。そう考えると、一体なにが『常識』なのか、わからなくなってきますね。

 

しかし、彼らが健康体なのは事実なのです。彼らに薄毛も少なく、黒くフサフサしている人が多いということも事実。やはり、人間は食べる食事が心身に与える影響はとても多いでしょうね。どう考えても、食品添加物、化学調味料などの余計なものが含まれた都会の食事よりも、彼らの方が自然の摂理に合った、理にかなった食事です。

 

 

アトピー性皮膚炎や花粉症が増えたのも、あるいは日本人の体力が落ちたのも、欧米食や肉食を取り入れたからという説がありますが、本当はもっと、自然の恵みである命を直接自分たちでさばき、感謝しながらそれをいただく、イヌイットの人々のような食生活が、人間の姿としてあるべきものなのかもしれません。

 

先生

食材の本来の恩恵をきちんと味わうことができれば、人間が健康でいられる。それってなんだか不思議だよね!人間の為にそれらの動物がいるみたいなさ!
他の動物にも同じことが言えるっすよね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 魚をたくさん食べる漁師たちは、デトックス機能が促進されているのか、薄毛の人はあまり見かけない。
  • イヌイットの人々は薄毛も少なく、黒くフサフサしている人が多い。

精神安定効果でホルモンバランスを安定させる

また、『精神安定』ということですが、『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

青魚で頭のいい子に育てよう

 

DHAは胎児や乳幼児の脳や視神経の発育に必須の栄養素です。不足するとさまざまな障害が出てきます。このため、粉ミルクに添加されるまでになりました。母乳の場合は、お母さんがDHAを多く含む魚を食べるようにこころがけましょう。

 

最近の研究では、DHAには集中力を高めたり、精神を安定させる作用もあることがわかってきました。今は魚より肉が好まれる時代ですが、頭のいい子に育てたければ、意識して青魚を食卓に登場させましょう。いわしやあじ、さんまなど、青魚は大衆魚が多く、安価なのも魅力です。

 

 

例えば下記の記事に書いたように、

 

 

自律神経やストレスが心身に与える影響は大きなものです。これらによって、

 

  • ホルモンバランスが崩れる
  • 毛細血管が収縮して血行不良を招く
  • 発汗作用で皮脂と汗が毛穴が詰まる

 

等の問題を引き起こしますので、決してないがしろにはできません。それらはすべて髪の毛にとって悪影響になることですからね。EPAやDHAによってこれらの問題が改善される可能性を考えると、その恩恵は大きなものだと言えます。

 

  • STEP.1
    ストレスを負う
     
  • STEP.2
    血行不良になる
    ホルモンバランスを崩す。
  • STEP.3
    薄毛の原因となる
     

先生

ビタミンB6なんかもそうだけど、精神を安定させる作用があれば、不定愁訴や出産後のホルモンバランスの乱れにも有効だから、薄毛にも有効だと言えるね!
うーむ、なるほど

ハニワくん

この章のまとめ
  • DHAには集中力を高めたり、精神を安定させる作用もある。

DHAとEPAの過剰摂取は意味がない

ただし、こういう文献もありますので、注意が必要です。

 

『健康にいいものばかり食べていると早死にします』にはこうあります。

DHAとEPAを摂っても頭はよくならない

 

『魚に含まれるDHAやEPAをたくさん摂ると頭がよくなる』という話を聞いたことがあると思います。しかし、これも疑ってかからないといけません。

 

(中略)

 

あくまで不足に気を付けるべきものであり、過剰に摂ることで健康状態が改善するのではありません。サプリの中には高脂血症や認知機能に効果がある、と受け取れる宣伝を行うものもあります。日本人はもともと魚の摂食量が多く、オメガ3脂肪酸などの不飽和脂肪酸を多く摂取していますから、バランスのよい食生活をしていればあえてサプリに頼る必要はありません。

 

いくら頭や体にいいからといってDHAとEPAの過剰摂取は意味がないのでやめましょう。また、オメガ3脂肪酸については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

ただ、下記の記事に書いたように、医師たちに『摂取したいサプリメントは何か』と質問したとき、医師が選んだのは、

 

  • マルチビタミン・ミネラル
  • DHA・EPA

 

の2種類でした。

 

 

漁師や漁民のようにそれらに不足していない人たちはわざわざサプリを摂る必要はありませんが、都会生活で、日ごろから肉食ばかりしているしている人は、サプリメントでDHAとEPAを摂取してもいいでしょう。

先生

魚を普段食べている人はサプリメントで摂る必要がないんだね!だけど、一人暮らしで栄養に偏りがある人は、サプリを利用した方がいいね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • DHAとEPAの過剰摂取は意味がない。
  • 日本人はもともと魚の摂食量が多く、オメガ3脂肪酸などの不飽和脂肪酸を多く摂取している。

魚からDHA・EPAを摂取するときのポイント

また、もし魚から得る場合は、ポイントがあります。

 

 

『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

1.旬の魚介類を活用する

産卵直前の時期が魚介類の旬です。脂肪やアミノ酸が多く蓄えられて栄養価が高く、味わいも最上になります。

 

2.鮮度のよいものを選ぶ

一般に魚介類は傷みが早く、購入時には鮮度を確かめて、すぐに食べないものは下処理後に冷凍します。

 

3.ドリップの多いものは避ける

パック詰めの魚でドリップ(組織液)が多く出ているものは、旨味が落ちています。

 

とり方のコツ

DHA、DPAは、焼き魚よりも刺身のほうが余さずとれます。

 

これらのポイントを押さえ、より高品質なオメガ3脂肪酸(DHA等)を摂取するようにしましょう。オメガ3脂肪酸は薄毛も含めたあらゆる要素を最適化しますから、必ず押さえておきたい栄養素ですね。

 

先生

やっぱりなるべく食材から栄養素を得たいよね!まあでも、それを言ったらオーガニックで、旬で、新鮮で、とかいうことになるから、お金が必要だからね!サプリも利用していいんだよ!
頑張ってお金稼いで健康になりたいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 魚からDHA・EPAを摂取するときのポイントを確認する。