ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

玄米を食べて薄毛を予防・改善しよう!発芽玄米がもたらす大きな恩恵

玄米で薄毛は予防・改善できる?

玄米に含まれているある成分で、薄毛の予防や改善を促すことができる可能性があるのが、

 

  • ポリアミン
  • GABA
  • γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)
  • フェルラ酸
  • イノシトール

 

という栄養素です。では、一つ一つ見ていきましょう。

先生

挙げたような栄養素以外にも、玄米は健康にいい栄養素がたっぷりあるからね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

玄米に含まれる薄毛改善成分

 

玄米に含まれているある成分で、薄毛の予防や改善を促すことができるという情報がありますが、本当でしょうか。調べてみましょう。とくに挙げられているのが、

 

  • ポリアミン
  • GABA
  • γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)
  • フェルラ酸
  • イノシトール

 

という栄養素です。では、一つ一つ見ていきましょう。『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

玄米

 

精白米よりもビタミンB1、ビタミンB6、鉄やマグネシウムの含有量が多く、神経の興奮を抑えるGABA、悪玉コレステロールを下げるγ-オリザノールなど、玄米ならではの有用成分も注目されています。消化されにくいため、調理に工夫を。

 

たしかに、

 

  • GABA
  • γ-オリザノール

 

という成分が出てきましたね。『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

フェルラ酸
玄米に含まれている成分。抗酸化作用、美白効果、脳の認知機能の改善や、アルツハイマー病、高血圧の予防効果などが期待されています。

 

フェルラ酸も玄米に含まれているようです。

 

また、感動玄米『玄米の解毒作用』にはこうあります。

ここで玄米に含まれる、脂質代謝を高めて肥満を改善するイノシトールについて詳しく説明しましょう。

 

イノシトールも玄米に含まれているようですね。では、ポリアミンはどうでしょうか。

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

動脈硬化を予防するポリアミン

 

ポリアミンはアミノ酸の一種・アルギニンから合成され、すべての生物の細胞内に存在し、細胞分裂や細胞増殖などの制御に関与しています。ポリアミンは、納豆などのポリアミンを含む食品をとることで、動脈硬化を抑制するといわれています。

 

ポリアミンに関しては『納豆に多く含まれる』という文献はありましたが、玄米との関係性は本にはありませんでした。しかし、このPDFファイルには玄米との関係性について書かれていました。

様々な米の部位におけるポリアミン含量の比較を行った結果,米胚芽中のポリアミン含量は,米ぬかや精米や調理した米などに比べて,かなり高いことがわかりました。

 

したがって、まず玄米にはこれらの栄養素が含まれているということがわかりましたね。では、それらの栄養素を一つ一つ考えていきましょう。玄米に多く含まれる、

 

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6

 

そして、

 

  • ポリアミン
  • GABA
  • γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)
  • フェルラ酸
  • イノシトール

 

という少し聞きなれない成分ですね。

 

先生

まず、玄米に本当にこれらの栄養素が含まれているという事実がわかったね!それじゃあこれからその栄養素がどうして髪の毛に有効なのかを見ていこう!
いこう!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 玄米に含まれているある成分を確認する。

ビタミンB1

まずビタミンB1ですが、『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

脳や神経機能の働きを正常にする

 

私たちが脳や神経機能を正常に保つためにも、やはり十分なエネルギー補給が必要です。エネルギーが不足すると神経が正常に機能せず、精神的な不安定や、イライラなどを生じます。中枢神経は、糖質以外のものをエネルギー源にはできませんから、ビタミンB1の欠乏でエネルギー不足になると、中枢神経が統率している体の各機能に、たちまち悪影響が出ます。

 

 

ビタミンB1が不足するとこういう問題が起きます。ということは、下記の記事に書いたように、自律神経やストレス、ホルモンバランスなどに影響してくるので、ビタミンB1が多く摂取できるということは、髪の毛にいい影響を与えます。

 

  • STEP.1
    ストレスを負う
     
  • STEP.2
    血行不良になる
    ホルモンバランスを崩す。
  • STEP.4
    薄毛の原因となる
     

 

先生

特に女性はホルモンバランスが崩れやすいから、精神的に常に安定していることが求められるんだね!それでもヒステリックになるのは女性が多いよね!
女性は忙しいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンB1が多く摂取できるということは、髪の毛にいい影響を与える。

ビタミンB6

ビタミンB6については下記の記事に書きましたので併せてご確認ください。脂質の代謝や、同じように女性のホルモンバランスなどにも影響してきます。

 

 

先生

ビタミンB6の方が、もしかしたらB1よりも精神安定に役立つかな!女性には嬉しい栄養素だね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンB6も精神安定には欠かせない栄養素である。

そして鉄ですが、それが不足すると貧血になります。それについては下記の記事に書きましたので、貧血と薄毛の関連性についてご確認ください。

 

  • STEP.1
    赤血球が酸素を髪の毛に届ける
     
  • STEP.2
    貧血になると赤血球の力が弱まる
     
  • STEP.3
    薄毛の原因となる
     

 

これだけですでに玄米に多く含まれる栄養素は髪の毛にいい影響を与える、と言えることができます。

 

先生

鉄不足も貧血も、女性に多いよね!今のところ玄米って、女性の強い味方だと言えるかもしれないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 鉄が不足すると貧血になり、それが結果的に薄毛の原因となる。

ポリアミン

またポリアミンですが、先ほどのPDFファイルにはこうあります。

毛髪は永遠に伸び続けているのではなく,毛根の最下部にある毛乳頭から分

裂の指令を受けた毛母細胞が増殖し,分化することによって毛髪が造られ,成長期・退 行期・休止期という(毛周期)を繰り返して伸長しています。毛乳頭細胞は FGF-7,VEGF,IGF-1,HGF などの多くの細胞増殖因子を産生し毛母細 胞の分裂や分化に強い影響を与えます。

 

Ramotらによると,in vitro でポリアミン(スペルミジン)を添加すること によって,毛幹の伸長が促進することが報告されています。特に,毛髪の成長期を延長させ,毛包中のケラチン15(髪を構成しているケラチンの1つ)のプロモーターの発現を促進させる事が特徴です。

 

(中略)

 

その結果,Control(オリザポリアミン無添加培地で培養)の増殖率を 100%とした場合,オリザポリアミン(米胚芽抽出物)は毛乳頭細胞の増殖を 40 ~60%促進しました。1μg/mL 添加による細胞増殖率は1/5 濃度のミノキシジル(世界各国で医療用の発毛剤として承認され,有効性が確認されている。)と同等でした。

 

このポリアミン摂取によって、毛髪の成長期を延長させ、毛包中のケラチンにいい影響を与えるというんですね。しかもその効果は、日本で唯一認められている育毛剤である、

 

  • デュタステリド
  • フィナステリド
  • ミノキシジル

 

のうちの一つ、ミノキシジルと同等の効果があったというのです。これはなかなか注目に値する情報ですね。

 

 

先生

これが本当ならすごいよね!女性はミノキシジルしか使えないけど、玄米に含まれるポリアミンで、それと同等の効果が得られるなら心強い!やっぱり女性に嬉しいね!玄米は!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ポリアミンの摂取でミノキシジルと同等の育毛効果を期待できる。

GABA

では、GABAはどうでしょうか。『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

脳細胞を活性化する γ-アミノ酪酸(GABA・ギャバ)

 

アミノ酸の一種で、脳に多く存在する抑制性の神経伝達物質です。お茶や発芽玄米に多く含まれており、体内ではグルタミン酸から合成されます。GABAは脳の血流をよくし、脳への酸素供給量を増加させ、脳細胞を活性化します。イライラや不安をしずめ、更年期障害や初老期の精神障害を改善します。血圧降下作用もあります。

 

GABAは、

 

  • 脳への酸素供給量を増加させ、脳細胞を活性化させる
  • 精神障害を改善する
  • 血圧降下作用がある

 

という働きがあるようですね。『ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方 (図解 大安心シリーズ)』にもこうあります。

満足する、リラックスする、がまんするといった、精神状態に関わる脳内物質が、『GABA』と『β-エンドルフィン』です。

 

あがり症やうつ病などの不安定な精神にもこの栄養素は役立ちます。ということは、先ほどのビタミンB1やビタミンB6の説明と同様、心を安定させてホルモンバランスなどを維持する為に有効だと言えそうですね。また、『IGF-1』という成長因子を刺激するというデータもあるようです。

 

 

先生

GABAはセロトニンなんかと並んで、精神安定に有効な栄養素だと言われているから、あがり症や鬱病なんかにも有効なんだ!玄米の精神安定効果、すごいね!
すごいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • GABAは精神安定に効果を発揮する。
  • GABAは『IGF-1』という成長因子を刺激する可能性がある。

γ-オリザノール

γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)はどうでしょうか。『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

自律神経失調症を緩和する米油の成分 γ-オリザノール

 

米油に0.2~0.5%含まれている成分で、成長を促進するとともに、視床下部に直接働きかけて自律神経失調症やむち打ち症を緩和します。また、血管を拡張して血行をよくします。(省略)

 

  • 自律神経失調症
  • 血行を良くする

 

というキーワードが出てきましたね。これはまさしく先ほど話した通り、自律神経失調症の改善自体が薄毛の改善にもなりますし、下記の記事に書いたように、薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』ですから、血行がよくなるということは髪の毛にいい影響を与えます。

 

  • STEP.1
    血行が良くなる
     
  • STEP.2
    頭皮や髪の毛に酸素や栄養素がよく回る
     
  • STEP.3
    健康な髪の毛が育ちやすくなる
     

 

先生

このγ-オリザノールも自律神経失調症に有効だから、結局精神安定でしょ!いやあ玄米を食べると精神面の強化がすごいね!
たしかにこれはすごいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • γ-オリザノールは自律神経失調症と血行促進に有効。

フェルラ酸

フェルラ酸には抗酸化作用があると書きました。酸化と頭皮の関係性については下記の記事でご確認ください。

 

 

先生

抗酸化作用も髪の毛に有効だからね!コラーゲンが酸化すると、頭皮や毛母細胞も老化し、それを土壌にしている髪の毛も老化するからね1
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • フェルラ酸には抗酸化作用がある。

イノシトール

そしてイノシトールですが、それについては下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

このように、玄米には髪の毛にいい影響を与える成分がたくさん入っていますね。栄養満点で白米よりもはるかに優れた食物なので、ぜひ摂り入れていきたいものです。玄米について書くとまだまだ数万文字くらいになるのでこのあたりで一度終わりにします。

 

  • 白米
  • 玄米
  • 発芽玄米

 

等の違いについては、下記の本をご覧ください。それぞれのメリットやデメリットが記載されています。発芽玄米の方が優れている見方が強いですね。

 

 

先生

髪の毛に有効な成分もたくさん入っているけど、精神面にたくさん有効な成分が入っていたね!強いメンタルとフィジカルを保つためにも、玄米は欠かせないね!
そうっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 玄米には髪の毛にいい影響を与える成分がたくさん入っている。