ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

リンゴの皮には発毛成分がある?育毛効果と効果的な摂取方法を解説!

リンゴの皮には発毛成分があるの?

リンゴとリンゴの皮の両方に注目する成分が含まれています。

ペクチンが便秘の改善とデトックスに有効で、アントシアニンとポリフェノールが身体を酸化から守り、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸が、貧血の予防をしてくれます。それが育毛と無関係ではないのです。

先生

リンゴにもリンゴの皮にも栄養がたっぷり含まれているよ!その一つ一つを見ていくと、確かに育毛効果があると言えるね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

リンゴとリンゴの皮の成分に注目!

 

『リンゴ』、あるいは『リンゴの皮』には育毛効果があるという噂がありますが、確かに注意深く目を凝らせば、そのようなこともあるかもしれません。リンゴと育毛のキーワードは、

 

  • ペクチン
  • ポリフェノール
  • 有機酸

 

といったところでしょうか。先に簡潔に説明すると、ペクチンが便秘の改善とデトックスに有効で、アントシアニンとポリフェノールが身体を酸化から守り、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸が、貧血の予防をしてくれます。一つ一つ見ていきましょう。

 

 

ペクチン

まずペクチンですが、これは『リンゴの皮』に多く含まれています。『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

りんごや柑橘類の皮など、果物に多い ペクチン

植物の細胞をつなぎ合わせる働きのある多糖類

 

(省略)また、腸内善玉菌である乳酸菌を増殖させ、腸の調子をととのえます。便秘を解消し、有害物質を吸着して体外に排出することにより、大腸がん予防にも力を発揮します。

 

ペクチンは主にコレステロールの低減に役立つ栄養素なのですが、

 

  • 便秘の解消
  • デトックス(毒素排出)

 

という一面は、薄毛の改善としても効果を期待できます。

 

 

  • STEP.1
    便秘・頭痛・腰痛・虫歯になる
     
  • STEP.2
    血液がドロドロになる
  • STEP.3
    髪の毛に酸素や栄養素が回らなくなる
     
  • STEP.4
    薄毛になる
     

先生

便秘になるとデトックスができない。デトックスができると、頭皮に不純物が溜まらなくなって、髪の毛への負担が軽くなるんだ!だから髪の毛に良い影響を与えるんだよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ペクチンは『リンゴの皮』に多く含まれている。
  • 便秘の解消とデトックス(毒素排出)に有効で、髪の毛にも良い影響を与える。

アントシアニン(リンゴの皮)

また、『リンゴの皮』ということで言えば、あの皮の赤い色素は『アントシアニン』というポリフェノールの一種で、抗酸化作用が豊富です。また、青りんごは『クロロフィル』、果肉は『フラボノイド』と、これらは全て抗酸化作用が豊富の栄養素なので、抗酸化ということでは、リンゴは有能だと言えます。

 

 

特に皮にあるアントシアニンを摂り入れたいですから、皮ごと食べたいですね。それによって抗酸化作用を得ることができれば、頭皮、コラーゲンが、活性酸素からの攻撃によって老化することを防ぐことができ、毛細血管や毛母細胞を守ることになり、ひいては元気な髪の毛にも繋がってきます。

 

  • STEP.1
    活性酸素によって頭皮が酸化(老化する
     
  • STEP.2
    毛母細胞も老化する
     
  • STEP.3
    髪の毛の土壌が老化することで髪の毛が弱弱しくなる
     
  • STEP.4
    薄毛の原因となる
     

 

果物の王様である、

 

  • リンゴ
  • みかん
  • バナナ

 

といったものは全て、ひも解けば『髪の毛にいい影響を与える』成分が含まれていることがわかります。

 

 

特にミカンに含まれる『d-リモネン』という成分は、2018年1月、最近になって5α-リダクターゼの働きを阻害することが確認されています。

 

『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

このⅡ型5α-還元酵素、つまり5α-リダクターゼの働きを阻害することができれば、AGAの改善、予防にも力を発揮しますからね。こういう働きをする栄養素は数えるほどしかありません。当サイトで確認しているものでは、

 

  • 亜鉛
  • イソフラボン
  • d-リモネン

 

くらいです。

 

 

野菜や果物はなるべく皮ごと食べるのが理想的だと言われていますので、農薬などの有害物質などに注意しながら、丸ごと食べるように心がけましょう。そうすればその食物の恩恵を最大限に引き出すことができます。

 

先生

果物や野菜はオーガニックが一番だね!だけど、オーガニックはオーガニックで、『天然農薬』の怖さがあるから、実は怖かったりするんだけどね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • リンゴの皮の赤い色素は『アントシアニン』、青りんごは『クロロフィル』、果肉は『フラボノイド』という抗酸化作用が含まれている。
  • 皮ごと食べればより高い抗酸化作用を得られる。
  • 抗酸化作用を得られれば、元気な髪の毛に繋がってくる。
  • 野菜や果物はなるべく皮ごと食べるのが理想的

リンゴと相性のいい食べ物

またリンゴは、

 

  • サツマイモ
  • バナナ

 

と一緒に食べると、腸に働く成分が豊富なため、便秘解消に効果的です。従って、これら全部が入った『フルーツポンチ』、あるいは『フルーツとさつまいものヨーグルトサラダ』などは、ヨーグルトのビフィズス菌なども相まって、腸内環境の最適化には最高ですね。

 

 

サツマイモ自体にもアントシアニンが含まれていますから、抗酸化作用と腸内環境改善(便秘解消)に素晴らしい力を発揮してくれます。サツマイモには、

 

  • アントシアニン
  • ベータカロチン
  • ビタミンC

 

が豊富に含まれています。このうちビタミンCは下記の記事に書いたように、コラーゲンの生成にも関わる、美容にとって必要不可欠の栄養素ですし、

 

 

ベータカロチン(体内で吸収されてビタミンAに変化)自体が抗酸化作用を持ちますので、活性酸素からの攻撃を防御してくれます。コラーゲンを老化から守ってくれるんですね。

 

 

先生

ヨーグルトの中にこの具材を入れて食べればきっとおいしいよね!なんか、こういう食事の恩恵を一つ一つ理解して食べると、食事が更に有難く、美味しく感じるだろうね!
親の使命っすかね!子供に教えるのは!

ハニワくん

この章のまとめ
  • リンゴは、サツマイモ、バナナと一緒に食べると、腸に働く成分が豊富なため、便秘解消に効果的。
  • サツマイモの栄養素も髪の毛には良い影響を与える。

ベータカロチンの注意点

また、このベータカロチンには注意点があります。『健康にいいものばかり食べていると早死にします』にはこうあります。

ベータカロチン神話の崩壊

 

ベータカロチンはビタミンAが2つ結合した抗酸化物質で、野菜や果物のがん予防効果の主要因と推測されました。疫学研究では、ベータカロチンは血中濃度が1デシリットルあたり2~10マイクログラム程度の濃度の低い人たちに比べて、20~50マイクログラムという数値の高い人のがんのリスクが低いことも示されました。

 

そこで、米国やフィンランドで、大規模な研究が行われました。たとえば肺がんを減少させる効果があるのではないかと期待されたのです。一方の被験者にはベータカロチンとビタミンAを、他方にはニセ薬(プラセボ)を与えて調査を続けました。

 

すると、約1万8千人の喫煙者などの肺がんリスク者が参加したフィンランドでも、肺がんリスク者が参加した米国の結果では、喫煙者で肺がん発生率が28%、死亡率で17%高くなったのです。約3万人が参加したフィンランドでも、肺がんになる危険率が18%も上昇しました。

 

(中略)

 

ともかく、野菜や果物から摂るのはいいのですが、サプリでは摂りすぎになり危険性が高まります。

 

野菜や果物から摂るのはいいのですが、サプリでは摂りすぎになる可能性があり、がんリスクが高くなるというデータがあるんですね。つまり、いくら抗酸化作用が体にいいからといって、それを過剰摂取すると今度は違う問題を引き起こすのです。

 

  • STEP.1
    抗酸化作用のあるサプリメントを摂取する
     
  • STEP.2
    ガン細胞が活性化する可能性がある
     
  • STEP.3
    医師の間では抗酸化サプリは危険視されている
     

 

その点、サツマイモは野菜ですからね。気兼ねなくこれを食べることができ、良質で天然の栄養素を摂り入れることができるので、とても安心で心強いのです。

 

 

しかもヨーグルトと一緒にとりたい食材は、

 

  • 玉ねぎ
  • バナナ

 

と、またバナナが入ってきます。腸内の善玉菌の餌になって整腸作用をさらに高めるオリゴ糖を含むので、相乗効果でパワーを引き上げることができるんですね。

 

 

『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

整腸作用に加えて病気を防ぐ機能も強化

 

牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルトは、たんぱく質と脂質の吸収がよりスムーズで、腸内の善玉菌を増やす整腸作用も期待できます。肥満を解消したり、痛風や胃炎対策に役立つ乳酸菌を加えた機能性ヨーグルトも続々登場しています。

 

ここでさらに、『肥満の解消』というキーワードも出てきましたね。肥満というのは薄毛の原因ともなりますので、これらの食事によってメタボリックシンドロームが改善されれば、髪の毛にもいい影響を与えることができます。

 

 

従って、なるべく『皮入り』の、

 

  • リンゴ
  • みかん
  • バナナ
  • サツマイモ

 

が入ったヨーグルト入りのフルーツポンチを食べれば、髪の毛にも体にもいい影響を与えることが期待できそうですね。

 

先生

この抗酸化作用のがんリスクの件は、ちょっと困っちゃったね!それまではコエンザイムQ10とかアスタキサンチンとか、抗酸化作用がすごいあるサプリが注目されてたから!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 抗酸化物質は野菜や果物から摂るのはいいが、サプリでは摂りすぎになり危険性が高まる。
  • 『皮入り』の果物と野菜で髪の毛と身体に良い影響を与える。