ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

前髪の後退はハゲの前兆?薄毛に効果的な栄養素を摂り入れ予防しよう!

前髪の後退はハゲの前兆?

最初からおでこが広い場合はそこまで問題ではありませんが、それが『後退してきた』ということであれば、確かに薄毛の前兆かもしれません。

先生

おでこが最初から広いっていう人なら別に問題ないけど、少しずつ広くなってきたなら、それは懸念するべきだよね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

薄毛に効果的な食品類

歳をとると誰でも髪が薄くなってくるものですが、薄毛の前兆は前髪の後退などから始まることが多いようです。前髪の部分、額の生え際が後退し始める年齢は早い人だと20代後半から。特に男の人で男性ホルモンが過剰だと、かなり若い頃からはげる確率が高くなります。

 

このタイプのはげにはM字はげが多いのですが、その原因としては睡眠不足や栄養不良、間違った食生活などを挙げることができます。もともと髪の毛には「血餘(けつよ)」という名前があります。髪の成分は血液ですから、この血液に十分な栄養分が届いていないと髪がどんどん薄くなっていってしまいます。

 

 

健康な髪を保つために大切な栄養素としてはまず「オメガ3脂肪酸」が挙げられます。オメガ3脂肪酸は頭皮の細胞膜を作る、あるいは髪の毛幹を作るのに欠かせない成分で、摂取量が足りないと髪の成長が遅くなる、あるいは髪がもろくなるといった弊害を引き起こします。オメガ3脂肪酸はDHAやEPAなど青魚に含まれている成分や植物油・ナッツ類に豊富なαリノレン酸などに多い成分なので、これらの食品は欠かせません。

 

 

また、タンパク質も薄毛を予防するには不可欠な成分です。髪の毛の約99%は「ケラチン」というタンパク質でできていますが、ケラチンを構成しているアミノ酸「メチオニン」は体内では作れませんので、良質のタンパク質を毎日摂取することが大切です。

 

薄毛

 

さらにビタミンも薄毛を改善するためには大切な要素。頭皮の新陳代謝を活発にしてくれるビタミンAや、良質なタンパク質を髪に供給してくれるビタミンB群、コラーゲンによって髪にコシとボリュームを与えてくれるビタミンCなどは毎日積極的に取りたいものです。

 

 

ビタミンと並行して、体内で生産されないミネラルもたっぷりと摂取する必要があります。ミネラルの中でも特に育毛に重要な働きをするのが亜鉛です。亜鉛には抜け毛の原因と言われている5αリダクターゼを抑制する働きがあります。亜鉛が多く含まれている食品といえば牡蠣(生)が有名ですが、この他にも豚肉のレバーや牛の肩肉、卵黄、カニ缶、たらこなどに亜鉛がたくさん含まれています。

 

食事で摂っている限り過剰症を起こすことはまずありませんので、できるだけ毎日の食卓に亜鉛の豊富な食品を乗せたいですね。亜鉛が不足すると薄毛になるばかりか、味覚障害にもなりますので注意が必要です。

 

セレニウムも髪を健康に保つためには大事な栄養素で、非常に強い抗酸化作用があり、髪が若年で老化するのを防いでくれます。セレニウムを多く含む食品はたらこやまぐろ、カツオ節、ブリ、カジキなどの魚介類ですが、カシューナッツやピーナッツ、納豆、バジル、からし粉などにも含まれていますので、バランスよく食べるといいでしょう。セレニウムにはまた情緒を安定させる効能もありますので、ストレスが溜まって薄毛の原因になっている人には欠かせない栄養素ということができます。

 

 

食品で見ていくと、薄毛を予防するためにおすすめなのはタンパク質と亜鉛、セレニウムをバランスよく含む卵や、オメガ3脂肪酸と亜鉛を含むクルミなどが挙げられます。特にクルミには美しい黒髪を保ってくれる銅も含まれています。

 

先生

薄毛に有効な栄養素はたくさんあるからね!一つ一つ理解して、すべて摂り入れていこう!それくらいのことをしないと、目的は達成できないよ!ダイエットが簡単じゃないのと同じだね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薄毛を予防するためにおすすめなのはタンパク質と亜鉛、セレニウムをバランスよく含む卵や、オメガ3脂肪酸と亜鉛を含むクルミ。

薄毛は進行前のチェックも大事

薄毛になる人というのは、ひどくなるなる前に何かしらの前兆があるものですから、前兆を見つけた時にすぐに対処すれば被害を最低限に食い止めることができます。

 

まず、ずっと直毛だったのに最近くせ毛になってきたという人は要注意です。直毛の人は毛穴が真ん丸ですが、加齢などの原因で毛穴がいびつになってくるとくせ毛になることがあります。こうなったら育毛剤やマッサージで対処する、あるいは専門クリニックに相談するのがベストです。

 

朝、髪を梳かしていて抜け毛が増えた場合も気をつけなければなりません。毛髪は成長期~退行期~休止期~脱毛+早期のサイクルを絶えず繰り返していますが、その周期はだいたい2年から6年と言われています。私たちの髪の毛の量は平均で10万本ですから、毎日の抜け毛が150本程度あったとしても、サイクルを終えた毛髪が抜けていくだけで髪の全体量に変化はないので心配する必要はありません。

 

  • STEP.1
    成長期
    約2~7年
  • STEP.2
    退行期
     約1~2週間
  • STEP.3
    休止期
    約3~4か月

はげの前兆として心配しなくてはならないのは、ブラシに残る髪が急に増えた時です。こうなったらすぐにクリニックで相談することをおすすめします。早めに対処すれば飲み薬だけでも薄毛の進行をかなり遅らせることができます。単なる抜け毛ではなくAGA(Androgenetic Alopecia)の場合も内服薬と外用薬の併用で薄毛の症状をかなり改善することができます。

 

AGAの治療では薬を飲み始めても効果が実感できるまでに6ヶ月以上かかることがありますので、忍耐心をもって薄毛と取り組まなければなりません。尚、内服薬は1ヶ月の料金が数千円程度ですので、はげがひどくなる前に通院すればお金もそれほどかかりません。

 

先生

薄毛の予兆が見られたら、すぐに改善することが大切だね!窓が割れていると思ったらすぐに街の治安を疑うのと同じさ!
割れ窓理論っすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ずっと直毛だったのに最近くせ毛になってきたという人は要注意。
  • 毎日の抜け毛が150本程度あったとしても、心配する必要はない。
  • ブラシに残る髪が急に増えた時は注意が必要。
  • はげがひどくなる前に通院すればお金もそれほどかからない。