ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

育毛剤を使って増毛できるの?でもそういうのって副作用が心配…

育毛剤を使って増毛できるの?副作用はないの?

育毛剤を使えば、何もしないよりは増毛が期待できます。また、製品の中には副作用があるものがあります。もちろん致命的なものはありませんが、よくチェックしましょう。

先生

っていうか、育毛剤を使って増毛できれば、もう薄毛の悩みなんて終わりだよね?だから、確実な対策ということにはならないね!だけど、やらないよりはやった方がいいかもね!今回は育毛剤の副作用も含めて、詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

薄毛対策に育毛剤で増毛を目指す

薄毛に悩んでいて増毛したい、そう考えている人にとって手軽にできる薄毛対策は、育毛剤や増毛剤です。育毛も増毛も商品名の違いであって、同じと思っている人もいるかもしれません。ですが、育毛剤と増毛剤には違いがあるので、その違いについて紹介します。

 

育毛剤と増毛剤の違いについて

増毛剤は、薄毛に対して髪の毛を太く濃く見せる着色剤の事です。つまり薄毛が目立つ分け目の部分や、後退してきた生え際に細かな繊維や微粒子を付着させる事で、一時的に髪の毛が増えたように見えます。タイプとしては、スプレータイプやパウダータイプがあります。

 

確かに、即効性という点では優れています。しかし髪の毛に付着させただけですので、シャンプーをすれば落ちて元に戻ってしまいます。また外出先で雨に濡れてしまったり、夏場に汗をかいてしまい溶けて落ちてしまうというデメリットがあります。

 

増毛剤とは見た目を誤魔化すだけですので、自分の髪が実際に増えるわけではありません。一時的に薄毛を隠す効果がありますが、薄毛に悩んでいる場合の根本的な解決にはなりません。

 

そして自分の髪の毛を増毛するという意味で、効果があるのが育毛剤です。育毛剤は、髪の毛が生えてくる土台である頭皮を健康にする事で抜け毛を防ぎ、太くて丈夫な毛を育てます。育毛剤と一言でいっても色々なタイプの商品がありますので、育毛剤のタイプについて知っておきましょう。

 

 

先生

増毛と育毛は違っていうことだね!増毛は見た目の髪の毛の量を増やすこと、育毛は実際に髪の毛を育てるっていうことになるね!『育毛剤で増毛を目指す』っていうことは、育毛をして実際に髪の毛を増毛させる、っていうことだね!増毛剤は単なるその場しのぎだよ!
えーと、育毛が増毛でごまかすのが増毛剤で…( ..)φメモメモ

ハニワくん

先生

下記のリンクも確認してみてね!

関連リンク

この章のまとめ
  • 育毛剤と増毛剤には違いがある。
  • 増毛剤は、薄毛に対して髪の毛を太く濃く見せる着色剤。
  • 増毛剤とは見た目を誤魔化すだけですので、自分の髪が実際に増えるわけではない。
  • 育毛剤は、自分の髪の毛を増毛するという意味で、効果がある。

育毛剤のタイプについて

育毛剤のタイプは、下記などが代表的です。

 

様々な育毛剤のタイプ
  • 頭皮の血行を促進する事で毛母細胞が活発になり健康な毛を育てるタイプ
  • 頭皮の皮脂や汚れを取り除き綺麗にするタイプ
  • 男性ホルモンを抑制するタイプ
育毛剤選びで重要なポイントは、自分に合うタイプを選ぶ事です。自分に合うタイプとは、自分の薄毛の原因を把握した上で選ぶと良いでしょう。

 

育毛剤の使用方法は、シャンプーをして頭皮を清潔な状態にした上で育毛剤をかけて、しっかり頭皮にもみ込むイメージでマッサージをしてください。頭皮から有効成分を浸透させる事で、育毛効果が出やすくなります。

先生

色々なタイプの育毛剤があるんだね!ポイントは、『育毛シャンプー→育毛剤』っていう流れだね!まず育毛シャンプーをして土台作りをして、環境を整えてから育毛剤をする。そっちの方が、効果が得られやすいっていうことあだね!
しっかりと洗顔した後に、ニキビ治療薬を塗るみたいな感じっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 育毛剤選びで重要なポイントは、自分に合うタイプを選ぶ事
  • シャンプーをして頭皮を清潔な状態にし、頭皮から有効成分を浸透させる事で、育毛効果が出やすくなる。

 

育毛剤の効果について

育毛剤の効果は、個人差が大きいといわれています。そのため、誰が使用しても確実に効果があるとはいえません。なぜかというと、薄毛が進行して既に毛母細胞が消失してしまった状態では、どれだけ育毛剤をかけても毛は生えてこないからです。

 

 

そのため薄毛が気になりだしたら、なるべく早く育毛剤の使用を始めましょう。効果がある場合は、使用し始めると抜け毛の量が減ってきます。そして細かった髪の毛が徐々に健康で太い毛になってきて、半年以上使い続けると効果が実感できるという人が多いようです。

 

先生

ここがポイントなんだけどさ、よく『30日返金保証』っていうのがあるけど、実際には180日試さなければ効果が見られなかったりするから、あまりその保証は意味がないんだ!でも30日に指定してる商品ばっかりだよ!まあ、ほとんどこの返金を求める人はいないんだろうね!
キャッチーだからやってるだけっすね

ハニワくん

先生

買う時の疑念っていうか、不信感を少しでも安心感に変えるように、企業側も考えているとも言えるけどね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薄毛が進行して既に毛母細胞が消失してしまった状態では、どれだけ育毛剤をかけても毛は生えてこない。
  • 半年以上使い続けると効果が実感できるという人が多い。
  • 『30日返金保証』があるが、実際には180日試さなければ効果が見られなかったりするから、あまりその保証は意味がない。

増毛のための育毛剤で副作用ってあるの?

育毛剤を使用する上で1番気になる事は、本当に増毛の効果があるのかどうかですが、もう1つ気になる事があります。それは育毛剤を使用する上で、副作用があるのかどうかです。育毛剤の副作用について、十分に知っておきましょう。

飲む育毛剤の副作用について

まず育毛剤に飲むタイプがあると、ご存知でしょうか?従来からある塗るタイプの育毛剤とは、頭皮に直接ふりかけてマッサージするタイプです。しかし最近は、飲むタイプの育毛剤が手軽で効果があると、人気を集めています。

 

飲むタイプの育毛剤は、直接体内に育毛効果がある成分を摂取するため、従来の塗るタイプの育毛剤で効果がなかったという人でも効果が出る可能性があるのです。

 

ですが同時に体内に摂取する分、「副作用は大丈夫?」という不安もあるでしょう。飲む育毛剤が効果が高いという事は、それだけ育毛成分が多く体内に摂取されたという事を意味しています。そのため個人差があり、副作用はなく平気だったという人もいますが、副作用が出たという人も存在します。

 

例えば、飲む育毛剤として有名な「プロペシア」は、下記などの副作用のリスクがあります。

 

「プロペシア」の副作用
  • 肝機能障害
  • 発疹
  • 男性不妊症

関連リンク

 

別の飲む育毛剤「ミノキシジルタブレット」は、以下などの副作用のリスクがあるようです。

 

ミノキシジルタブレットの副作用
  • 多毛症
  • 動悸
  • 低血圧

 

関連リンク

 

薄毛に悩んで育毛剤を飲むのですから多毛症なら嬉しいのでは?と、思うかもしれません。確かに髪の毛に生える分には嬉しいですが、多毛症とは髪の毛だけでなく全身の毛が影響してくるものです。

先生

つまりこの多毛症っていうのは、『頭皮以外の髪の毛が増える』っていう、薄毛に悩む人からすれば腹が立つ症状っていうことだね!(おいおい、その毛は、髪の毛になってくれよ!)みたいな!副作用については、リンク先の記事をしっかりと確認してね!
薬の使用は要注意っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • プロペシアの副作用を確認する。
  • ミノキシジルタブレットの副作用を確認する。
  • ここで言う多毛症は、『頭皮以外の髪の毛が増える』ことを言う。

副作用対策について

飲む育毛剤は医薬品として扱われています。そのため副作用がある事を考慮して、必ず飲む前に病院へ行き処方してもらいましょう。そして体調や持病について、医師に必ず伝えておく必要があります。処方された育毛剤は、必ず用法用量を守るようにしてください。たくさん飲めばたくさん生えてきて、短期間で薄毛が治るというものではありません。

 

 

むしろ過剰摂取となり、さらに副作用が出るリスクが高まるので注意しなければなりません。そして副作用が出たら、薄毛に効果があったとしても絶対に飲み続けてはいけません。副作用が出た時点で、身体のために即飲むのを中止してください。

 

先生

薬を使用する際は、必ず医師の相談の下、用法容量を守って使用することを絶対厳守としましょう!中には命の危険にさらすこともあるからね!
薬っていうのは安易に使うものじゃないっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 処方された育毛剤は、必ず用法用量を守る。
  • たくさん飲めばたくさん生えてきて、短期間で薄毛が治るというものではない。
  • 副作用が出た時点で、身体のために即飲むのを中止する。

塗る育毛剤の副作用について

塗るタイプの育毛剤は、飲むタイプの育毛剤と比べると副作用が少なく安全だといえます。しかし、成分が頭皮に浸透しなければ効果が実感できません。そのため、しっかり浸透するように頭皮の血行の流れを良くしておき、頭皮の皮脂や汚れを綺麗に落とした状態で使用するようにしてください。

 

そして塗るタイプの育毛剤ですが、副作用として多いのは育毛剤に配合されている成分が頭皮に合わず、頭皮がアレルギー反応を起こしてしまうケースがあります。痒くなったり赤くなったり、フケが出るようになるなど異変を感じたら、すぐに使用を中止してください。

 

使用して副作用がない場合は、とにかく塗るタイプの育毛剤は即効性がないため、すぐに効果がないと判断せずに、最低でも同じ育毛剤を半年間は使用しなければ効果があるかどうか判断ができません。

 

 

先生

『飲むタイプと比べれば』っていうことだから、確実に安全だっていうことではないからね!とにかく、人によっては頭痛薬を飲んだだけで発疹が出たりするし、こればかりは個人差が本当にあるから、自分の体調と相談して、慎重に使用していこう!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 塗るタイプの育毛剤は、飲むタイプの育毛剤と比べると副作用が少なく安全。
  • 副作用として多いのは育毛剤に配合されている成分が頭皮に合わず、頭皮がアレルギー反応を起こしてしまうケース。
  • 最低でも同じ育毛剤を半年間は使用しなければ効果があるかどうか判断ができない。