ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

老化によって起こる薄毛の対策や増毛ケアとは?

老化によって起こる薄毛の対策ってある?

老化は自分の意思で止められるものではありません。しかし、生活習慣を最適化すれば、若々しく健康的な心身でいられることができます。

先生

老化が進めば、人間のホルモンバランスに乱れが出るんだよ!そうすると、薄毛になる可能性が高くなってしまうんだね!だけど、老化による様々な衰退を阻止する方法もあるんだ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

老化によって薄毛が進行する原因

特に悪い生活習慣を送っているわけでもないのに脱毛が進行してしまう、という理由には、多くの場合老化が影響していると考えられます。

 

加齢に伴う薄毛は避けようがないことでもあり、遺伝的な要素も強く関係しますので、本人の努力だけでは薄毛を止めるのが難しいこともあります。加齢によって薄毛が進行するプロセスにはいくつかの要素が絡み合っています。

 

 

その一つがホルモンバランスの乱れが生じるということです。男性ホルモンが優位になると、脱毛指令を発するジヒドロテストステロンと呼ばれる物質の働きが強くなってしまってどんどん髪の毛が抜けていってしまいます。

 

また、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは髪の毛を作る働きをしますが、加齢によってこのホルモンが減少してしまうこともあります。こうした男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることによって、新しい髪の毛を作る力が弱まり、逆に脱毛サイクルが早くなってしまうため、薄毛が進行することになるのです。

 

40代頃からこのホルモンバランスの乱れが起きてきますので、徐々に薄毛が目立つようになります。最初のうちは、髪の毛のコシがなくなって髪の毛が細くなっていくのに気づき、そのうち全体的なボリュームが減ってしまうという自覚症状が出ることになります。

 

場合によっては、頭頂部や髪の生え際など特定の部分の薄毛が目立つようになることもあります。どの部分の薄毛が特に強く出るかは生活習慣や遺伝的な要素によって異なりますが、生え際の後退が目立つケースでは、遺伝的な要因が強いと見られています。

 

 

先生

ポイントは、『悪い生活習慣を送っているわけでもないのに』っていうところだね!生活習慣が本当に大きな要因を占めているから、その生活習慣が本当に正しいものなのであれば、『加齢』が考えられるっていうことになるね!
うーむ!

ハニワくん

先生

どちらにせよホルモンバランスに乱れが出ることが、薄毛の原因になるんだ!!
結局、ホルモンバランスに乱れが出るかどうかっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 生活習慣に問題がないのに脱毛が進行してしまうのは、多くの場合老化が影響していると考えられる。
  • 加齢に伴う薄毛は避けようがないことでもあり、遺伝的な要素も強く関係する。
  • 40代頃からホルモンバランスの乱れが起きてくる。
  • 生え際の後退が目立つケースでは、遺伝的な要因が強い。

頭皮の状態が悪くなることによって薄毛が進行する

また、老化によって頭皮の状態が悪くなることによって薄毛が進行するというケースもあります。頭皮の血の流れが悪くなると、毛根細胞や髪の毛に必要な量の栄養分や酸素が届かなくなりますので、髪の毛を新たに作る力が弱まってしまいます。頭皮が固くなってきて指で触っても頭皮が動かないという状態だと、すでに血流の状態が悪化していると考えられるでしょう。

 

 

この頭皮環境の悪化にはいろいろな原因がありますが、1つには加齢ということが考えられます。老化によって血管が固くなり十分な血液を送る力がなくなってしまうこともありますし、血管の再生能力が弱くなってしまうということもあります。さらには、肌の保湿能力が弱くなることによって、頭皮の状態が悪化して十分な血液を送れなくなるということもあります。

 

この点、皮膚の状態を改善するための頭皮マッサージはとても重要です。指の先を使って頭皮をもむようにして頭全体をマッサージしていくことによって、頭皮の血流を改善することができるようになります。マッサージをすることによって頭皮の新陳代謝が良くなりますので、新しい血管の再生能力が強まり、毛根と髪の毛に栄養分を送る力が戻ってきます。

 

こうした頭皮マッサージは一日5分間でも構わないので、定期的に続けることで頭皮環境を改善することができます。加齢によって頭皮の状態が悪くなってしまっているとしても、丁寧なケアをすることによって増毛ケアをすることができますので、定期的に頭皮マッサージをするようにしましょう。

 

 

先生

頭皮マッサージ等によって頭皮の血行をよくし、血液循環を改善させれば、栄養が行き渡るようになり、新陳代謝も活発化し、健康的な髪の毛の育成を促せるよ!それはつまり、薄毛の対策になるっていうことだね!
育毛シャンプーなんかの目的も、この血行の改善がメインっす!

ハニワくん

さらに、加齢によって化学物質などに過敏になるケースもあります。今まで使っていたシャンプーやマッサージが頭皮に強い刺激となってしまい、炎症を引き起こしたり毛根を傷つけてしまうこともあります。シャンプーを使った後シャワーをかける時に、頭皮にヒリヒリするような痛みを感じるのであれば、刺激が強い可能性が高いので、シャンプーやリンスを低刺激のものに変えてみるのも良いでしょう。

 

また、シャワーでしっかりとすすぐようにして、シャンプーやリンスのすすぎ残しがないようにしましょう。シャンプーなどが頭皮に残っていると無用な刺激を与えることになりますし、毛穴を覆ってしまって皮脂汚れの蓄積を許すようになります。毎日のシャンプーの習慣を見直すようにして、より頭皮に優しい方法を実践することが増毛のために必要です。

 

 

先生

正直、シャンプー剤に含まれている界面活性剤は、肌に悪影響しか与えないんだ!だけど、それがないと頭皮についた汚れをうまく落とせない。だから、すすぎは確実に行いたいっていうことだね!そして、なるべくなら市販の安いシャンプー剤は使わないことだよ!!
妥当、界面活性剤!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 老化によって頭皮の状態が悪くなることによって薄毛が進行する。
  • 皮膚の状態を改善するための頭皮マッサージはとても重要。
  • 頭皮マッサージは一日5分間でも構わない。
  • 加齢によって化学物質などに過敏になるケースもある。
  • シャンプーやリンスを低刺激のものに変えてみる。
  • シャワーでしっかりとすすぐようにして、シャンプーやリンスのすすぎ残しがないようにする。

老化による薄毛のための対策とは?

 

老化によって引き起こされる薄毛は、本人の努力だけではなかなか改善できないことが多いものです。しかし、生活習慣を見直して改善することによって、ある程度の増毛効果が見られることもありますので、まずは生活習慣に関するセルフチェックを行って、どこか改善できるところがないかを探ってみましょう。

 

たとえば、食生活を見直してみることはとても重要です。年を重ねるとあまり栄養のあるものを食べなくなってしまう人もいますので、栄養状態が悪化することもあります。ビタミンやミネラルといった髪の毛の再生に必要とされる栄養分をしっかりと摂取することを心がけましょう。

 

薄毛

 

また、肉類や魚介類の摂取にも気を配ることも重要です。過剰な脂質の摂り過ぎは生活習慣病につながりますが、しっかりとたんぱく質を取らないのも逆に体に悪影響を及ぼします。毛根細胞の働きや髪の毛の成長にダメージを与えることにもなりますので、たんぱく質の摂取も心がけるようにしましょう。重要なのは、まんべんなく栄養分をしっかりと摂るということです。

 

 

先生

運動、睡眠も重要だけど、食事は思っている以上に重要だよ!多分、想像している何倍も重要だと思ったほうがいいね!なんてったって、人間の身体は食事から作られるんだから!
先生が下記に更に詳しいリンクを貼ったっす!

ハニワくん

関連リンク

 

また、ホルモンバランスの崩れによって薄毛が進行しているなどの場合は、専門的な治療を受けることもできます。男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは脱毛信号を毛根細胞に送る物質ですが、この物質の働きを阻害する育毛治療薬があります。

 

AGA専門クリニックなどで診察を受けると、医師の処方を受けることができますので、効果的な治療薬を服用できるようになります。効果が高く多くの患者さんに使われているものですので、安心して増毛治療のための薬として使用することができます。

 

もちろん、医師の処方がないと飲めない薬ということで、副作用が生じる恐れもありますので、個人の判断で勝手に服用することは避けなければなりません。必ず、クリニックで診察を受けて医師からの指導を受けながら服用するようにしましょう。

 

 

先生

もし治療薬を服用する場合は、必ず医師の相談の下、使用することにしてね!これをしないと、正直に言って様々な保障はされないよ!医師の処方でも100%確実っていうわけじゃないんだからね!!
ジヒドロテストステロンの働きを阻害する薬は魅力的っす!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • ビタミンやミネラルといった、髪の毛の再生に必要とされる栄養分をしっかりと摂取する。
  • 肉類や魚介類の摂取にも気を配る。
  • 過剰な脂質の摂り過ぎは生活習慣病につながるが、しっかりとたんぱく質を取らないのも逆に体に悪影響を及ぼす。
  • ジヒドロテストステロンは脱毛信号を毛根細胞に送る物質だが、この物質の働きを阻害する育毛治療薬がある。
  • 医師の処方がないと飲めない薬で、副作用が生じる恐れもあり、個人の判断で勝手に服用することは避ける。

日頃からできる増毛ケア

このように、加齢に伴って薄毛が進行する可能性は高いですし、老化が原因の薄毛は対策が難しいケースもあります。

 

そのため、抜け毛が気にならないとしてもある程度若いうちからしっかりと増毛のためのケアをすることはとても大事です。なによりも規則正しくて健康的な生活習慣を送るようにしましょう。バランスの良い食事を心がけて、脂っぽい食品をできるだけ避けるようにしましょう。

 

関連リンク

 

そして、ストレスは髪の毛の大敵ですので、ストレスの元となる問題をできるだけ早く解決するように努めるとともに、ストレスにさらされるとしても上手に発散できる運動などの習慣を身に着けるようにしましょう。なんとなく抜け毛が気になってきたら、定期的な頭皮マッサージを心がけるようにして、頭皮を柔らかくして血流を活発にすることによって、抜け毛を食い止めることができます。

 

また、薄毛には遺伝的な要素も関係していますので、事前に遺伝子検査を受けることもできるでしょう。自宅で簡単にできる遺伝子検査キットもありますので、それを使って自分の遺伝的な要素をチェックしてみることもできます。もし、この遺伝子検査によって薄毛になる傾向があると分かれば、より意識して増毛のためのケアをするようになり、老化したとしても薄毛の影響を最小限に抑えることができるでしょう。

 

 

先生

日ごろから出来るケアといったら、なんといっても生活習慣の最適化だね!食事、睡眠、運動、ストレス、煙草、アルコールなんかを今一度見直そう!老化は自分の意思で止められないけど、ここに挙げたことは全て最適化できるはずだよ!
それが結局、いつまでも若々しい健康な体に結びつくっす!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • ある程度若いうちからしっかりと増毛のためのケアをすることはとても大事。
  • バランスの良い食事を心がけて、脂っぽい食品をできるだけ避ける。
  • ストレスの元となる問題をできるだけ早く解決するように努める。
  • 自宅で簡単にできる遺伝子検査キットも利用する。