ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

増毛薬の費用は保険が適用されるものと、されないものがある

増毛薬の費用は保険が適用されるの?

されるものと、されないものがあります。

例えば、円形脱毛症などは適用されます。

先生

薄毛を治療することっていうのは、基本的には『美容の一種』だと考えられているんだ!だから基本的には自由診療、つまり保険が下りないんだよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

保険が適用される脱毛症と適用されないものとがある

薄毛治療にとても効果の高い治療薬が開発されていて、世界中で利用されています。いくつかのタイプがありますが、主に脱毛因子となる男性ホルモンの働きを阻害して、脱毛を防止するものと、頭皮の血流を改善して育毛を促すタイプがあります。

 

それぞれの患者さんの薄毛要因によりますが、どちらの薬も併用して、脱毛を防止すると同時に増毛を進めるという治療方針が採られることが多い傾向にあります。

 

このような方法で薄毛治療が行われますが、治療薬は医師の処方がないと手に入れられないものばかりです。そのため、効果の高い治療薬を使用したいと思っているのであれば、経験を積んだ専門的な知識を持つ医師の診察を受ける必要があります。

 

 

しかし、すべての薄毛治療に保険が適用されるというわけではありません。保険が適用される脱毛症の症状と適用されないものがありますので、自分の症状について確認しておくと良いでしょう。

 

保険が適用されるものとしては、何らかの頭皮の炎症によって起こる脱毛症が挙げられ、病気の一種とみなされるため保険が効くのです。また、円形脱毛症についてもその原因や状態によっては、医師が保険適用されると判断されるときに保険診療という形で治療を受けられます。その他の薄毛治療に関しては、基本的に保険適用はなされず、自由診療となります。

 

 

病気の治療というよりは、あくまでも美容の一種とみなされるという考えがあるためです。自由診療ということになりますので、診察代や薬の処方、治療薬の購入費用などはすべて自己負担となります。ある程度治療費の負担が大きいので、あらかじめどのくらいの費用がかかるかを計算して、無理なく増毛ケアを続けることができるかを考えるようにしましょう。

 

先生

円形脱毛症や、頭皮の異常などが見られれば『病気』だと判断されて、保険が下りるんだね!だけどそれ以外は『美容の一種』とみなされて、自由診療となる。つまり、保険が下りないんだね!だけどまあ、日本の保険のレベルは世界トップレベルだと考えていいから、まずはそこに感謝だね!
アメリカじゃ医療費が払えなくて破産することが多いっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薄毛治療の治療薬は、主に脱毛因子となる男性ホルモンの働きを阻害して、脱毛を防止するものと、頭皮の血流を改善して育毛を促すタイプがある。
  • 治療薬は医師の処方がないと手に入れられないものばかり。
  • 保険が適用される脱毛症の症状と、適用されないものがある。
  • 保険が適用されるものとしては、何らかの頭皮の炎症によって起こる脱毛症。
  • 円形脱毛症についてもその原因や状態によっては、医師が保険適用される。
  • その他の薄毛治療に関しては、基本的に保険適用はなされず、自由診療となる。
  • 病気の治療というよりは、あくまでも美容の一種とみなされるという考えがある。

治療薬の費用が継続してかかることを計算しておく

薄毛治療に使われる治療薬はとても効果が高く、多くの患者さんに利用されていますが、その効果を出し続けるためには薬を飲み続けなければならないというデメリットがあります。薬を止めてしまうと、再び脱毛が進行してしまうことが多いので、増毛効果を維持しようと思ったら治療薬の服用を継続しなければならないのです。

 

そのため、増毛のための治療コストは継続的なものとなりますので、ずっと払い続けられるかどうかを考えるようにしましょう。診察費用はそれほどかかりませんが、治療薬の購入費用がかかり続けますので、あらかじめ購入費用がどのくらいになるかのチェックは大事です。育毛薬の使用には副作用が伴うこともありますので、定期的な検査が必要になり、安全のために医師の診察を受け続けた方が良いでしょう。

 

しかし、こうした定期的な診察にはそれほどの費用はかかりませんので大きな負担となりませんが、薬の購入費用はそれなりの費用となってしまいます。

 

 

どの治療薬を何種類使うかによっても異なりますが、場合によっては万を超える購入費がかかることもありますので、家計にとって大きな負担とならないかどうかじっくりと考えるようにしましょう。

 

また、薄毛治療を行う専門のクリニックが自宅や職場の近くに見つからない場合、時間と交通費をかけて遠方まで通う必要があります。その分の費用についても計算に入れるようにしましょう。

 

都市部の専門クリニックの中には、こうしたケースに対応するために、数万円を上限として交通費を提供しているところもあります。遠方の専門クリニックに通おうとしているのであれば、こうしたサービスを提供しているところを見つけるようにすると良いでしょう。

 

クリニックでの薄毛治療費

診察費 低い
交通費 遠ければ高い(交通費の提供サービスがある場合も)
薬代 高い

先生

薄毛の治療は長期にわたるからね!一度だけの料金ではなく、その全期間にいくらかかるかっていう計算をすることが大事ってことだね!診療自体にはそうお金はかからないけど、遠くへ行くなら交通費がかかるし、薬代には結構なお金がかかるからしっかりとした準備が必要だよ!
交通費が出るところがあるっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薬を止めてしまうと再び脱毛が進行してしまうことが多いので、増毛効果を維持しようと思ったら治療薬の服用を継続しなければならない。
  • 増毛のための治療コストは継続的なものとなる。
  • 交通費等の費用についても計算に入れる。

治療薬を個人輸入で入手するという方法を採る人もいる

増毛のために使われる治療薬は医師の処方がないと購入できないため、一般のドラッグストアなどでは市販されていません。そのため、どこで買っても同じ値段で、保険が適用されませんのでそれなり高価なものとなります。

 

そのため、個人輸入という形で治療薬を入手して利用する人もいます。海外の医薬品メーカーが開発している治療薬も多いので、個人輸入することで調剤薬局で処方によって購入するより何割も安く手に入れることができるためです。

 

 

また、同じ成分を持つジェネリック薬品が開発されて販売されていますので、それを購入することでより安く治療薬の服用を続けられるようになります。増毛薬はそれなりの値段がしますし、ずっと飲み続けなければならない性質のものですので、こうした形で安く手に入れることができれば経済的な負担がかなり減ることになります。

 

しかし、個人輸入で増毛のための治療薬を購入することにはリスクも伴いますので、慎重に検討する必要があるでしょう。一つは、薄毛治療のために使われる薬の多くは何らかの副作用が出る可能性があるということです。男性ホルモンの働きに作用する薬の場合は、性欲減退などの副作用が出ることもありますし、頭皮の血流改善を促す薬は、血圧異常循環器障害をもたらすことがあります。

 

 

安全に薬を使い続けるためには、慎重な経過観察とともに血液検査などの定期的な医師によるチェックが求められます。個人輸入で薬を使用する場合は、こうした医師によるケアを受けることができませんので、身体的なリスクが伴うことになります。

 

先生

国内で作られるジェネリック医薬品ならまだしも、個人輸入して薬を使用するつもりなら、それなりに覚悟した方がいいね!安かろう悪かろうってなことがあるよ!もし、医師と相談せずに自分だけで全てを決めて、それで『安上がりで済んだ』と思っているなら、ちょっと危ないかもね!
怖いっす親分、俺、副作用とか怖いっす!

ハニワくん

 

また、個人輸入で薬を入手する場合は、何らかのトラブルが生じたとしても、その責任はすべて自分で負わなければなりません。中には、正規の治療薬と称して販売を行っていても実は偽造薬であるという可能性もあります。増毛効果が少ないばかりか、深刻な副作用を生じさせる可能性もありますので、信頼できる個人輸入代行業者から購入しなければなりません。

 

 

さらに、より安いジェネリック製品は、正規品と同じ成分を使っていると言っても、製造過程や使う原料の違いなどによりまったく同じ効果が期待できるわけではありません。また、しっかりとした国の検査を受けていないことも多いので、安全性に問題があるケースもあります。完全に自己責任となりますので、慎重に使用を検討するようにしましょう。

 

こうしたことから、個人輸入という形で治療薬を入手することを考えているのであれば、少なくとも最初のうちは医師の診察を受けるようにしましょう。医師の診察のもとで検査を受けて薄毛の正確な原因を調べて、適切な治療薬を決めてもらうようにしましょう。また、服用を続けていくうちに何らかの副作用が出ないかどうかをチェックして、その薬の使用に問題がないかどうかを確認しましょう。

 

先生

このようにして、個人輸入する場合は『安い』っていうかわりに、あらゆる代償を払うことになるよ!だけど、『医師並の知識』を持っているなら別だね!成分がわかるんだから!当然、効くか効かないか、副作用があるかないかってこともわかるからね!
それ以外の人は、まるでギャンブルっすね!

ハニワくん

 

そして、個人輸入をする際には、必ず信頼できる個人輸入代行業者と取引をすることが肝心です。価格の安さだけに目を奪われるのではなく、安心して取引を続けられる信頼できる業者であるかどうかを重要視しましょう。

 

 

そして、ジェネリック製品を使うことを検討しているのであれば、どれだけ安全性と効果が保証されているかどうかをチェックして、実際に使ったことがある人の口コミなどを確認してみると良いでしょう。増毛のためにできるだけ安く治療薬を購入することは重要ですが、そのために身体的なダメージを受けるというリスクを抱えることがないようにしましょう。

 

安心して利用し続けられる方法を時間をかけて見つけて、しっかりと増毛ケアを行っていくようにしましょう。長期間に及ぶケアとなりますので、慎重に検討することが成功のためのカギです。

 

先生

ジェネリック医薬品っていうのは、『元の製品の特許が切れて、同じ成分を配合して薬を作っていい』状態になったことにより、『じゃあ、本家よりも安く売って対抗しよう』っていうことで作られた、『本家の模倣品』だからね!安い代わりに、信頼と実績がないんだ!注意しよう!
身体はお大事にっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 一般のドラッグストアの薬は保険が適用されない。
  • 個人輸入することで調剤薬局で処方によって購入するより何割も安く手に入れることができる。
  • 同じ成分を持つジェネリック薬品なら、より安く治療薬の服用を続けられる。
  • 個人輸入で増毛のための治療薬を購入することにはリスクも伴う。
  • 安いジェネリック製品は、安全性に問題があるケースもある。
  • 少なくとも最初のうちは医師の診察を受ける。
  • 個人輸入をする際には、必ず信頼できる個人輸入代行業者と取引をする。
  • できるだけ安く治療薬を購入することは重要だが、そのために身体的なダメージを受けるというリスクを抱えることがないようにする。