ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

増毛には植毛などの様々な方法がある!そのメリットとデメリットを比較!

増毛には植毛の他に、どのような方法が挙げられますか?

植毛の他には、市販の治療薬、クリニックの治療薬、そして生活習慣の改善などが挙げられます。

先生

増毛をするって言っても、どんな方法があるんだろう?また、そのそれぞれの方法には、どんなメリットとデメリットがあるんだろう?詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

増毛を始める前に薄毛になる理由を考える

髪の毛が薄くなってきたなと感じたら、まずは何が原因で薄毛になってしまっているのかを考えるようにしましょう。というのも、増毛の方法にはいろいろなものがあり、薄毛の原因によって、とるべき方法が異なることもあるからです。

 

薄毛の原因によってはいくら増毛のための努力をしても効果が出ないこともありますし、逆に脱毛を促進してしまうこともありますので、十分な注意が必要です。

 

薄毛が進んでしまう原因を大きく分けると、遺伝的な要素環境的な要因とがあります。そのうち遺伝的な要素として進行する薄毛のパターンとしては、M字型薄毛と呼ばれるものがあり、生え際が後退して剃り込み部分が後退していくために、生え際がM字に見えるようになります。

 

このタイプは徐々に進行していきますが、前髪を下すことなどによってある程度隠すことができるため、脱毛対策をするのが遅れ、増毛を試した時にはタイミングが遅くなってしまうという可能性もあります。もし、このパターンの脱毛であれば、できるだけ早く対策を立てることが重要だと言えるでしょう。

 

 

環境的な要因としては、以下のような生活習慣の乱れが挙げられます。

 

生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • アルコールの過剰摂取
  • 不衛生な習慣を持っている
などが脱毛を促進します。この原因による脱毛であれば、まずは生活習慣を改善して脱毛の原因となるものを取り除くことが第一でしょう。そうしないと、いくら増毛を試みてもあまり効果がなかったり、効果が一時的に終わってしまうことになります。

 

そのため、増毛方法を選択する際には、髪が薄くなってしまう原因を考えることから始めて、それに見合った方法をとることが重要なのです。

 

 

先生

薄毛の原因として、遺伝的な要因はとくにM字型の薄毛がそうだって言われているけど、確実ではないね!ただ、環境的な要因としての、生活習慣の乱れの方は信憑性が高いから、率先してまずここに目を向けて改善するべきだね!
基本中の基本っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薄毛の原因によって、とるべき増毛の方法が異なることもある。
  • 薄毛が進んでしまう原因を大きく分けると、遺伝的な要素環境的な要因とがある。
  • そのうち遺伝的な要素として進行する薄毛のパターンとしては、M字型薄毛と呼ばれるもの。
  • このタイプは徐々に進行していくが、前髪を下すことなどによってある程度隠すことができるため、脱毛対策をするのが遅れ、増毛を試した時にはタイミングが遅くなってしまう。
  • 生活習慣の乱れを改善することが大切。

植毛の仕組みと欠点、利点

増毛をするにあたって一つの選択肢となるのが植毛です。植毛は文字通り、脱毛してしまっている部分に髪の毛を植えるという方法です。植毛と一口に言ってもいくつもの手法がとられますので、費用や効果、それぞれの脱毛のタイプなどを考えてベストなものを選ぶようにしましょう。

 

 

植毛の一つの方法としては、他人の毛髪を毛根に植え込むというものです。自分の望み通りの髪形や量にすることができるというメリットがあります。しかし、本来の髪質と少し違って見えたり、植え込んだ髪がなじまずに脱毛してしまうことがあるという欠点があります。

 

もう一つの手法は、後頭部など比較的髪の毛がしっかりと残っている部分から、少しずつ脱毛している部分に移植していくというものです。この方法だと、一気に植毛をすることができませんので、しっかりとした効果が見えるまでにはある程度の時間がかかるという欠点があります。一方で、自分の髪の毛を移植していきますので、自然な感じに仕上がり、毛根にしっかりと根付き脱毛しにくいというメリットがあります。

 

この植毛という方法は、遺伝的な要因によって完全に脱毛が進行してしまっていて、毛根から髪の毛を再生させるのが難しいというケースに有効です。しっかりとした実績を持っているところで施術してもらわないと、いろいろなトラブルが起こることがありますので慎重に決めるようにしましょう。

 

先生

植毛の仕組みを理解したかな?植毛は、『遺伝的な要因によって完全に脱毛が進行してしまっていて、毛根から髪の毛を再生させるのが難しいというケース』に検討するべき方法っていうことだね!
なるへそ!

ハニワくん

先生

だから毛根の髪の毛にまだ可能性がある場合は、植毛ではない選択肢を選んだ方がいいってことになるね!!
ふむ!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • 植毛は文字通り、脱毛してしまっている部分に髪の毛を植えるという方法。
  • 一つは、他人の毛髪を毛根に植え込む方法がある。
  • 来の髪質と少し違って見えたり、植え込んだ髪がなじまずに脱毛してしまうことがあるという欠点がある。
  • 後頭部など比較的髪の毛がしっかりと残っている部分から、少しずつ脱毛している部分に移植していくというものもある。
  • この方法だと、一気に植毛をすることができない。
  • 一方で、自分の髪の毛を移植していくので、自然な感じに仕上がり、毛根にしっかりと根付き脱毛しにくいというメリットがある。

医師から処方される育毛剤の仕組みと欠点

多くの人が利用している増毛の方法としては、育毛剤を使うというものがあります。育毛剤にはたくさんの種類があって、塗り薬やシャンプー、飲み薬などがあります。その中でも、医師の処方箋がないと服用できない薬もありますし、ドラッグストアやインターネットの通販などで気軽に購入出来るものもあり、値段もかなりの差があります。

 

それぞれに何らかの有効成分が含まれていますが、確実な効果を保証するものがないケースもあり、しっかりと商品を選ぶことが重要です。また、処方薬の中には、体に副作用をもたらすものもありますので、必ず医師の指導の下で利用しなければならないという注意点もあります。

 

 

効果が実証されていて医師の指導の下で使用する育毛剤としては、男性ホルモンの働きに関係して脱毛を促す酵素が生まれるのを阻害するというものがあります。遺伝的な要素による脱毛を根本から止める効果の高い薬ですので、使用して数週間で増毛が期待できます。

 

一方で、男性ホルモンの働きの一部を弱めることになりますので、性欲減退や性機能障害などの副作用が出ることもあります。もちろん、高い確率で副作用が出るということではありませんが、使用に当たっては注意とこまめな観察が求められることになります。

 

先生

ただまあこの副作用については、あるお医者からすれば『むしろ性欲は増進するはず』だって言うね!ジヒドロテストステロンが抑制されればそうなるはずっていうことなんだ!これはフィナステリドの場合だけど、成分にもよるね!
たしかに、何の薬かによるっすね!

ハニワくん

 

また、医師から処方される育毛剤の中には、頭皮の血流を促進することで、毛母細胞の働きを活性化させ髪の毛を再生させるという仕組みの薬もあります。この薬の効果も高く、遺伝的な要因の場合にも、また環境的な要因の場合にも効果があり、すぐに増毛したという実感を持てるのが魅力と言えるでしょう。

 

特に、前述の男性ホルモンに働きかけて脱毛を食い止める薬と併用することで、かなり早い段階での効果を期待できるでしょう。しかし、血流が活発になるのは頭皮だけではなく全身の皮膚の血流が活発になりますので、髪の毛だけでなく体全体の体毛が濃くなるという欠点もあります。

 

 

さらに、この薬は循環器系の疾患を抱えている人には使用できない、もしくは慎重な使用が求められるという注意点もあります。血圧異常や心臓疾患をもたらすという副作用が報告されていますので、持病を持っている人はできるだけ使わない方が無難でしょう。また、個人の判断で輸入などして使用するのは避けて、必ず医師の観察と指導の下で使用するようにしましょう。

 

先生

確かに、循環器系の疾患を抱えている人は注意が必要だね!体毛が濃くなるっていうのも本当だね!しかもその体毛は、『頭皮以外の毛が濃くなる』っていうんだから、薄毛に悩む人からすれば腹が立つ副作用だよね!
下記に、薄毛治療薬2トップの副作用について、親分がリンクを貼ったっす!

ハニワくん

関連リンク

 

この章のまとめ
  • 育毛剤にはたくさんの種類があって、塗り薬やシャンプー、飲み薬などがある。
  • 医師の処方箋がないと服用できない薬もあるし、ドラッグストアやインターネットの通販などで気軽に購入出来るものもあり、値段もかなりの差がある。
  • それぞれに何らかの有効成分が含まれているが、確実な効果を保証するものがないケースもある。
  • 薬の中には、体に副作用をもたらすものもある。
  • 効果が実証されていて医師の指導の下で使用する育毛剤としては、男性ホルモンの働きに関係して脱毛を促す酵素が生まれるのを阻害するというもの。
  • 一方で、男性ホルモンの働きの一部を弱めることになりますので、性欲減退や性機能障害などの副作用が出ることもある。
  • しかし、あるお医者からすれば『むしろ性欲は増進するはず』。
  • 医師から処方される育毛剤の中には、頭皮の血流を促進することで、毛母細胞の働きを活性化させ髪の毛を再生させるという仕組みの薬もある。
  • この薬は循環器系の疾患を抱えている人には使用できない、もしくは慎重な使用が求められるという注意点もある。
  • 個人の判断で輸入などして使用するのは避けて、必ず医師の観察と指導の下で使用する。

市販の育毛剤の仕組みと欠点

ドラッグストアなどにはたくさんの育毛剤が販売されています。こうした育毛剤はそれぞれの商品で異なる有効成分を使用していますので、じっくりとそれぞれの商品を比較して選ぶ必要があります。医師から出される処方箋に基づいてもらう育毛薬に比べると価格が安いというメリットはありますが、効果の点ではどうしても劣るという欠点があります。

 

 

効果が高いと言われている市販の育毛剤であっても、処方薬で用いられている成分の濃度が低いものがほとんどです。そのため、同じ成分を使っていると言っても、効果はどうしても低くなってしまうことになります。

 

また、気軽に購入できるため、個人の判断で使用することが多くなり、無理な使用をすることによって頭皮に炎症を起こしてしまうなどの副作用を起こしてしまう可能性もあります。

 

また、市販の増毛製品にはあまり信用性が高くないものもあります。一般に良いとされているものでも、科学的に証明されているわけではないので、値段の割に効果が見られないというものもあります。

 

無駄な出費ばかりしてしまい、増毛には至らないという結果になってしまうこともありますので、しっかりとした実績と科学的な裏付けのあるものを利用するようにしましょう。

 

 

このように、増毛にはいろいろな方法がありますが、まずは脱毛の原因を探ることから始めることが重要です。そして、それぞれの原因に応じた方法を選び、欠点を比較しながら自分に合ったものを見つけることが大事です。

 

どの方法であっても何らかのデメリットとメリットがありますので、じっくりとそれぞれの方法を比較してみるようにしましょう。そうすることで、無駄な出費をすることなく、効果的でより早い脱毛対策をすることができるのです。

 

先生

市販の薬、医師の処方、植毛といった薄毛治療には、それぞれメリットとデメリットがあるっていうことだね!だけど、ここに挙げた改善方法の中で一つだけ『デメリットがないもの』があるよ!それは何かわかるかな?
なんすか?

ハニワくん

先生

それは、『生活習慣の改善』だね!正直に言って、この絶対的な土台をなしにその他の治療をしようとしても意味ないよ!まるで、穴の空いたバケツに水を入れ続けて、水を溜めようとするようなものさ!基本中の基本を忘れない様にしよう!何よりも大切にしよう!
うーむ!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • 効果が高いと言われている市販の育毛剤であっても、処方薬で用いられている成分の濃度が低いものがほとんど。
  • また、気軽に購入できるため、個人の判断で使用することが多くなり、無理な使用をすることによって頭皮に炎症を起こしてしまう。