ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

人工毛のメンテナンスの仕方や植毛の問題点、また、手入れの方法とは?

植毛の手入れの方法ってどういうものがある?

植毛と一口に言ってもいろいろな手法があります。そのため、植毛をした後の手入れの仕方は、それぞれの植毛方法に合ったものにしなければなりません。

 

たとえば、地毛を植毛するタイプのものでは、しっかりと頭皮に植毛した毛が根付くようにすることと、脱毛を防ぐためのメンテナンス方法を行う必要があります。

先生

植毛をするときは、そのメリットやデメリット、注意点なんかにちゃんと目を通して、扱い方、あるべき生活習慣を具体的に想像して、それを覚悟したうえで臨むといいよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

植毛の手入れの方法は植毛手法によって異なる

植毛と一口に言ってもいろいろな手法があります。そのため、植毛をした後の手入れの仕方は、それぞれの植毛方法に合ったものにしなければなりません。たとえば、地毛を植毛するタイプのものでは、しっかりと頭皮に植毛した毛が根付くようにすることと、脱毛を防ぐためのメンテナンス方法を行う必要があります。

 

具体的には、頭皮に負担のかかる原因を避けることが重要で、紫外線や育毛剤などの刺激はできるだけ避けるようにしなければなりません。特に植毛をしたばかりのころは、毛がしっかりと根付いていませんので、刺激を与えてしまうとせっかく植毛した毛が抜け落ちてしまうことになりかねません。大事に頭皮と髪の毛を扱うようにして、確実に地毛が頭皮に固着するようにしましょう。

 

 

また、下記の要因などは脱毛の原因になり、特に植毛した髪の毛についてはそれほど固着力が強くないため、他の地毛よりも脱毛しやすいという特徴がありますので、十分な注意が必要です。

 

脱毛の原因
  • タバコ
  • アルコールの過剰摂取
  • 睡眠不足
  • ストレス
脱毛を招くような原因はできるだけ避けるようにして、健康的な生活を送るのが肝心と言えるでしょう。

 

 

先生

植毛をする際は、髪の毛の状態を健康的にしておくことが必要だね!また、植毛をした後も、紫外線の浴びすぎや発毛剤の使用を控えるなどして、頭皮に対するケアを万全にしたいってことだね!煙草やストレスなんかも植毛された毛には良くないよ!
植毛された毛じゃなくてもよくないっす!

ハニワくん

 

また、手術によって植毛した場合は、手術後のケアがとても重要です。頭皮が手術によって敏感になっていますので、熱いシャワーを浴びることは数日間避けて炎症を引き起こさないようにしましょう。また、ヘルメットや帽子などによって蒸れや擦れが生じないようにすることも重要です。衛生的にも良くありませんので、できるだけ自然の状態で安静にしておくことが肝心です。

 

 

衛生状態を良くするための手入れもしっかりとしましょう。洗髪は毎日しっかりと行い、頭皮に皮脂汚れがたまって雑菌が繁殖しないように気をつけます。頭皮が不潔な状態だと、毛根に炎症が起きてしまって、せっかく植毛した毛が脱落してしまうこともありますし、手術後の敏感な肌がひどい炎症を起こしてしまうこともあります。

 

先生

熱いシャワーを避ける、ヘルメットや帽子も避ける、洗髪はしっかりする等して、頭皮への刺激をさけ、皮脂汚れによって雑菌を繁殖させないように、注意することが大事だね!
いつもよりも少し気を使ってケアをすることが必要っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 植毛をした後の手入れの仕方は、それぞれの植毛方法に合ったものにしなければならない。
  • 地毛を植毛するタイプのものでは、頭皮に負担のかかる原因を避けることが重要。
  • 脱毛の原因を確認する。
  • 手術によって植毛した場合は、手術後のケアがとても重要。
  • 熱いシャワーやヘルメットや帽子などに注意。
  • 洗髪は毎日しっかりと行い、頭皮に皮脂汚れがたまって雑菌が繁殖しないように気をつける。

人工毛による植毛はメンテナンスが必須

いろいろな植毛方法がありますが、最も気軽にできるものとして人気があるのが、地毛に人工毛を結んで増毛するというものです。この方法だと、手術の必要がありませんので頭皮に負担がかかりませんし、費用も控えめです。すぐに施術できますので、気軽さを好む人に人気がある植毛方法となっています。

 

こうしたメリットがある方法ですが、メンテナンスが必須という側面もありますので、事前にこのことを理解した上で施術する必要があるでしょう。

 

 

この植毛方法では、元々ある地毛の根元に人工毛を結びつけるというやり方が採られます。しっかりとした結び方がされますので、簡単なことでは抜け落ちることはないので安心ですが、地毛が成長するに伴ってこの結び目も動いてしまうというデメリットがあります。

 

数週間すると結び目が上に行ってしまいますので、結び目が見えるようになりますし、先端に何本もの人工毛がぶら下がるような状態になりますので、重みで毛全体が垂れてしまって見た目も悪くなります。

 

こうした事態を避けるためには、定期的にサロンに通ってメンテナンスをしてもらわなければなりません。その結び目をもう一度根元まで引き下げてもらうことが必要になるのです。このメンテナンス自体はそれほど時間がかかるものではないので、簡単に行うことができますが、数週間ごとにサロンに手入れのために通わなければならないという不便さがあります。

 

 

先生

地毛に人工毛を結んで増毛する方法は、気軽に出来るし、費用も高くつかないメリットがあるよ!だけどデメリットとしては、毛の付け根の部分に結んで見えなかったはずのむずび目が、髪が伸びてきて上に来ちゃって目立つから、定期的なメンテナンスが必要になるってことだね!
なるへそ、結び目が、髪が伸びてきて上に上がってくるっすね!

ハニワくん

 

また、この植毛方法ではほとんどの場合人工毛を使用します。本物の毛に比べて軽いので地毛にかかる負担が少ないなどのメリットがありますが、地毛と同じように成長することはありません。また、プラスチック系の素材ですので、普通の髪の毛のように理容室に行ってカットするということができません。

 

当然、人工毛は切ってしまえば成長することなく短くなってしまって終わりですから、現実的には、地毛が伸びてきたから理容室に行って散髪するということが難しくなります。

 

また、プロの目からみればすぐに人工毛を使って植毛したということが分かりますし、人工毛のカットを喜んでするというところは少ないので、髪の毛のカットは難しい課題となります。ずっと同じところに通っていて、植毛についても知っているところであれば、場合によっては散髪をしてもいいというところがあるかもしれませんが、すべての理容室で受け入れてくれるとは限りません。

 

 

先生

人工毛はプロの目から見たらすぐにわかるよ!美容院によっては、自然な髪の毛以外はカットしていないっていうところがあるから、その点をしっかりと確認しておくことが必要だね!
ハサミが欠けるってことっすかね!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • 最も気軽にできるものとして人気があるのが、地毛に人工毛を結んで増毛する方法。
  • この方法だと手術の必要がないので頭皮に負担がかからないし、費用も控えめ。
  • またしっかりとした結び方がされ、簡単なことでは抜け落ちることはない。
  • しかし、地毛が成長するに伴ってこの結び目も動いてしまうというデメリットがある。
  • 定期的にサロンに通ってメンテナンスもする必要がある。
  • この植毛方法ではほとんどの場合人工毛を使用する。本物の毛に比べて軽いので地毛にかかる負担が少ないなどのメリットがある。
  • プラスチック系の素材なので、普通の髪の毛のように理容室に行ってカットするということができない。

植毛をするにあたっての問題点を理解しておく

植毛は確実に髪の毛のボリュームアップができることや、手法によっては気軽にできるなどのメリットがありますが、問題点も同時にありますので、それを理解しておく必要があるでしょう。

 

 

まず、どの植毛方法であっても、永久的に髪の毛を維持できるわけではないということです。地毛に人工毛を結ぶ方法では、人工毛そのものの寿命は長いものの、人工毛を結んでいる地毛が脱毛してしまうと、当然一緒に落ちてしまいます。

 

また、地毛の成長に従って人工毛の結び目が移動してしまうため、定期的な手入れなしでは脱落してしまう可能性が高くなることもあります。結び目が上に行くと、それだけくしや指に当たりやすくなりますので、何らかの拍子に抜け落ちてしまうことになります。

 

また、地毛を頭皮に植え込む方法であっても、脱毛は当然生じます。普通の髪の毛のように成長しますが、数か月から一年程度で抜けてしまうことがほとんどです。その後、毛根細胞がしっかりと生きていて再び新しい髪の毛が生えるようであれば問題ありませんが、たいがいは移植した髪の毛が落ちるとそのままになってしまいます。

 

さらに、どうしても地毛のようには頭皮に固定されませんので、ちょっとした原因で脱毛する可能性があります。そのため、脱毛を促すような生活習慣は避けるようにしましょう。お酒の飲み過ぎや喫煙、ストレスなどは移植した髪の毛にとても良くないので、できるだけ長く植毛した部分を維持したいのであれば、生活習慣を改善することが欠かせません。

 

 

先生

植毛にはもちろんメリットもあるけど、感覚的には『カツラ』と一緒だから、そういう『異物の着脱やメンテナンスの手間』がかかると考えた方が早いね!また、通常時よりもまして、食事やストレスなど、生活習慣の最適化が求められることになるよ!
でも、それは良い機会だからプラスに捉えたいっすね!

ハニワくん

 

そして、手術などによって植毛をした場合は、手入れをしっかりとしないと頭皮にトラブルを引き起こすことがあります。炎症が生じやすくなったり、部分的に脱毛が起きてしまったりすることもあります。強い刺激があるとこうした事態が起こりえますので、日常生活の中で頭皮を大事にケアするという習慣を付けるようにしましょう。

 

特に外に出ることが多い人は、紫外線に長い時間当たっているとどうしても頭皮の環境が悪くなり、炎症や脱毛が生じやすくなってしまいます。また、ヘルメットや帽子を普段着けることが多い人は、できるだけヘルメットなどを脱ぐ時間を増やすなどして、蒸れや擦れを少なくするようにしましょう。

 

頭皮のことをしっかりと気遣うことによって、長く植毛した髪の毛を保つことができるようになります。逆に、手入れをしっかりとしないと、せっかく手術してもすぐにその増毛効果が薄れてしまうことになります。

 

 

このように、どのような方法をとるにせよ、植毛による増毛をするのであれば、生じえる問題点をあらかじめ考えて、そのリスクを減らすことがとても重要です。また、手入れをしっかりとすることによって、増毛効果を長続きさせることができます。クリニックやサロンでメンテナンスの仕方をしっかりと聞いて、日常生活の中できちんと当てはめるようにしましょう。

 

先生

植毛をするときは、これらのメリットやデメリット、注意点なんかにちゃんと目を通して、扱い方、あるべき生活習慣を具体的に想像して、それを覚悟したうえで臨むといいね!それができれば全く問題なく、植毛を楽しめるんじゃないかな!
なるへそ!

ハニワくん

 

この章のまとめ
  • どの植毛方法であっても、永久的に髪の毛を維持できるわけではない。
  • 地毛を頭皮に植え込む方法であっても、脱毛は生じる。普通の髪の毛のように成長するが、数か月から一年程度で抜けてしまうことがほとんど。
  • できるだけ長く植毛した部分を維持したいのであれば、生活習慣を改善することが欠かせない。