ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

処方される育毛剤や市販の治療薬を比較!増毛に適しているのはどっち?

薄毛の治療薬って、市販のものと処方されるものと、どっちがいいの?

市販のものは、値段も含めて気軽に始められますが、高い効果は得られません。処方されるものは、値段も含めて本腰を入れる必要がありますが、市販よりは高い効果を得られます。

先生

まあ、どんなジャンルで考えてもそうだけど、結局は自分でカスタマイズして、市販の薬であれこれとやるよりも、プロに任せた方が早いっていうことになるよね!市販とクリニックの薬事情について、詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

育毛剤を使って脱毛防止をする

薄毛が気になってきたら、増毛の手段を考えなければなりませんが、一口に増毛と言ってもいろいろな手段があり、効果も費用も異なりますので、どの方法を選んだら良いのか迷ってしまうという人は多いものです。その中でも、塗るタイプの育毛剤を使うという選択をする人はかなりの割合になります。

 

というのも、育毛剤はドラッグストアやインターネットの通販などでも気軽に購入できますし、自宅で自分でできるというメリットがあるからです。薄毛が気になるものの、植毛をしたりわざわざサロンに行って増毛をしたりするのは面倒だったり、なんとなく気が引けるという人は、育毛剤を使うのが便利だと感じることでしょう。

 

 

実際に市販されている育毛剤には、たくさんの有効成分が含まれていて、科学的にも発毛、もしくは脱毛防止効果が実証されているものもあります。特に、ドラッグストアで販売されているものでも、薬剤師のコンサルタントがないと購入できないタイプの商品は、効果が高く医師による処方箋がないと手に入れられない育毛薬と同じ成分が含まれているケースが多く見られます。

 

そのため、気軽に始められる方法としては、コストパフォーマンスも良く、薄毛対策の入り口としてはとても優れていると言えるでしょう。

 

市販されている育毛剤

気軽度 値段 効果 副作用
高い 安い 低~中 少ない

 

先生

植毛や専門クリニックでの治療・施術は手間がかかるからね!その点、市販されている育毛剤で自分でケアをすることは、コスパもいいし、大げさな成分も入っていないから副作用も少ないし、気軽でいいね!もちろん効果はその分落ちるけど!
自分でやるメリットは気軽さっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 市販の育毛剤は、気軽に始められる方法としては、コストパフォーマンスも良く、薄毛対策の入り口としてはとても優れている。

しっかりとした効果があり安全性の高い製品を選ぶ必要がある

市販されている育毛剤のほとんどは、何らかの脱毛防止効果があると考えられているものですが、中にはそれほど効果が高くないものや、科学的には実証されていない成分をメインとしているものもあります。パッケージの良さや宣伝内容に踊らされて購入するのではなく、科学的に納得できる効果を持っているものを選ぶようにしましょう。

 

 

また、中には増毛の効果を期待できるものの、安全性に疑問がつくものや、使い方を誤ると副作用を起こす可能性のあるものもあります。特に、頭皮に刺激を与えて血流を促すというタイプの育毛剤の場合は、使用方法をしっかりと見て使わないと、頭皮に炎症を与えてしまい、逆に脱毛を促進してしまう危険性もあります。

 

薄毛を何とか解消したいと、育毛剤を適量より多く使ってしまう人も中にいますが、適量を守らないとかえって髪の毛と頭皮にダメージを与える可能性もありますので、十分な注意が必要と言えるでしょう。

 

先生

たしかにメリットに『副作用が少ない』というものが挙げられるけど、それは、『用法容量を守って使用した場合』だからね!過度にやりすぎたり、あるいは頭皮の状態が悪いのに使用したり、なんてことがあったら単なる毒になるよ!そういう判断が出来ることが条件だね!
ふむ!

ハニワくん

また、人によっては育毛剤に含まれている成分がアレルギー反応を引き起こすこともあります。思わぬ症状を招いてしまうリスクがありますので、使い始めは特に使用感や肌の状態などに気を配るようにしましょう。

 

さらに、効果の高い成分を含んでいる商品は、ドラッグストア販売であっても薬剤師の相談なしには買えないものもあります。人によっては高血圧や循環機能障害などの副作用をもたらす危険性があるため、こうした措置が取られているのです。それで、効果の高さを期待するのは良いことですが、心臓病や高血圧の持病があることなどを隠して購入して使用することは避けましょう。

 

 

時にはインターネットのオークションなどで、薬剤師の相談なしに購入するケースも見られますが、万が一のことを考えて薬剤師への相談なしに購入するのはやめておいた方が良いでしょう。

 

また、使用して何らかの異常が頭皮や体の状態に現れるようなら、すぐに使用を中止して病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。こうした判断が遅くなると、いろいろな身体的なトラブルを引き起こすことにもなりかねませんので、早めに行動することが肝心です。

 

先生

上の表に、効果が『低~中』って書いたけど、それは逆を言えば、副作用が少ない、安全なものを使っているということの裏返しでもあるんだ!知識のない人が使っても問題ないように、控えめにしてあるんだよ!だから、効果が高いものを狙うと、その分副作用を警戒する必要があるんだ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 市販されている育毛剤のほ中にはそれほど効果が高くないものや、科学的には実証されていない成分をメインとしているものもある。
  • また、中には増毛の効果を期待できるものの、安全性に疑問がつくものや、使い方を誤ると副作用を起こす可能性のあるものもある。
  • 特に、頭皮に刺激を与えて血流を促すというタイプの育毛剤の場合は、逆に脱毛を促進してしまう危険性もある。
  • また、人によっては育毛剤に含まれている成分がアレルギー反応を引き起こすこともある。
  • 効果の高い成分を含んでいる商品は、高血圧や循環機能障害などの副作用をもたらす危険性があるため、薬剤師の相談なしには買えないものもある。
  • 使用して何らかの異常が頭皮や体の状態に現れるようなら、すぐに使用を中止して病院に行って医師の診察を受ける。

塗るタイプの処方薬を病院で求めるという方法

塗るタイプの育毛剤は、ネット通販やドラッグストアなどで気軽に手に入れることができますが、やはり市販製品ということで効果が限定的であるというデメリットがあります。

 

したがって、本格的に脱毛防止、増毛をしたいのであれば、専門のクリニックに行って診察をしてもらうのがベストでしょう。この方法だと、人によって異なる脱毛の原因をしっかりと突き止めることができて、適切な治療方法を見出すことができます。また、医師の観察と指導の下で治療ができますので、短期間でしっかりと増毛効果を期待できるというメリットもあります。

 

 

各地にAGA専門外来や薄毛治療外来などがありますので、自分の家の近くにないか探してみると良いでしょう。ほとんどのクリニックで予約制となっていますので、無駄な待ち時間を費やすことなく診察をしてもらえますし、いろいろな人に会わなくて済みますので、プライバシーを守ることもできます。

 

何より、専門クリニックでの治療は脱毛防止、増毛の効果が高いので、安心して効果を待つことができるというメリットがあります。

 

基本的な治療方法としては、処方薬による薬物治療がメインとなります。薬物治療においては主に二種類の治療薬が使用されます。このうちの一つは、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制する薬です。男性ホルモンの一種である物質が脱門信号を発して、それが毛根にたどり着くと毛が抜け落ちてしまいますが、このタイプの薬はその酵素の働きを抑えますので、脱毛そのものをストップするのに役立ちます。

 

 

しかし、この治療薬は飲み薬で、男性ホルモンの働きに関係するため、性欲減退などの副作用がでる可能性があるという面もあります。

 

クリニックの処方薬による薬物治療

気軽度 値段 効果 副作用
低い 高い 高い 少~中

 

先生

クリニックによる専門治療の場合は、気軽さはなく、値段もトータルで見ると高いけど、効果が高いから、本気で治そうとする人はやっぱり専門家に診てもらうのがいいよね!副作用が多少あるのは、それだけ効果が強いものを使う証拠であり、医師の助言があるから安心できるはずだよ!
餅は餅屋っすね!

ハニワくん

一方で、塗るタイプの治療薬が処方されることもあります。これは、薬を頭皮にすることによって、頭皮の血管を拡張して血流を促すという作用をもたらします。脱毛は頭皮にある血管の働きが落ちてしまって、血液が十分に流れないことによって起こることが多くなっています。毛根に血液が十分に流れないと、栄養分や酸素が供給されませんので、毛根細胞が栄養不足の状態に陥ってしまって、抜け落ちやすくなってしまうのです。

 

そのため、頭皮が固くなって血管が狭まっている状態を改善しないと、いつまで経っても増毛を期待することはできません。そこで、血管を広げる働きのある薬を頭皮に塗ることで、血流を改善して毛根に十分な栄養を与えるのが効果的なのです。

 

 

臨床試験によって脱毛防止効果、発毛効果が実証されていますし、日本の学会によっても推奨されている治療薬が用いられますので、効果を期待することができるでしょう。

 

しかし、こうした治療薬には副作用も起こりえますので、十分な注意をしながら使用するようにしましょう。塗るタイプの治療薬の副作用としては、頭皮に炎症をもたらしたり、ヒリヒリ感を与えたりすることが挙げられています。

 

また、このタイプの薬はもともと血圧障害のある患者に使用されていたものですので、時に循環器に異常をもたらしたり、血圧が不安定になるという副作用を生じることがあります。そのため、こうした薬は個人の判断で使用量を増やしたり、使用を再開、ストップしたりすることがないようにしましょう。

 

薬物治療における種類別の副作用について

飲み薬 性欲減退
塗り薬 頭皮の炎症、循環器異常、血圧の不安定

 

 

常に医師の観察と指導の下で安全に服用するようにしましょう。薄毛を解消するのはとても大事なことですが、無理な方法で治療薬を使って体調を壊してしまっては元も子もありません。また、間違った使い方によって頭皮にトラブルを引き起こして、逆に脱毛を進行させてしまうという可能性もあります。

 

焦って利用するのではなく、効果を信じて、正しい使い方で効果が出るまで我慢して使い続けるようにしましょう。そうすることで、治療薬の効果を最大限引き出すことができますし、安全に増毛をしていくことができます。

 

市販されている育毛剤

気軽度 値段 効果 副作用
高い 安い 低~中 少ない

 

クリニックの処方薬による薬物治療

気軽度 値段 効果 副作用
低い 高い 高い 少~中

 

先生

市販の薬と、医師の処方による治療薬について、勉強できたね!どちらも特徴的だけど、やっぱり本格的に治療するのであれば、プロに任せた方がいいよね!あと、解決するべきなのはお金の問題くらいかな?
先生、世の中、金なんすよ、金!

ハニワくん

先生

…。

 

この章のまとめ
  • 塗るタイプの育毛剤は、市販製品であれば効果が限定的。
  • 本格的に脱毛防止、増毛をしたいのであれば、専門のクリニックに行って診察をしてもらうのがベスト。
  • ほとんどのクリニックで予約制となっていて、プライバシーを守ることもできる。
  • 副作用が多少あるのは、それだけ効果が強いものを使う証拠であり、医師の助言があるから安心できる。