薄毛

増毛中に床屋や美容院でメンズのカットやパーマを頼めるか?

 

質問

植毛なんかの増毛中って、床屋や美容院でメンズのカットやパーマを頼めるの?

 

答え

植毛がもし人工毛であれば、熱を使ったパーマを使うことはできません。また、カットもハサミが欠ける等の理由で、断られることがあります。地毛を移植した場合なら可能な場合があります。専門店に行けば、カットの問題はクリアできます。

 

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

植毛を使って増毛している最中も、自分の髪の毛の方は伸びて来るからね!だけど、カットしたりパーマをあてたりってなると、ちょっと事情が複雑なんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

増毛の方法によっては普通の床屋や美容室が利用できないこともある

増毛の方法にはいろいろなものがありますので、その方法によっては髪が伸びてきた、ヘアスタイルを変えたい、軽くセットをしたいと思っても、一般の床屋や美容室を利用できないこともあります。

 

というのも、植毛方法の中には本人の地毛ではなく、特殊なナイロン素材などの人工毛を使うケースが多くあるからです。髪の毛を扱うプロであっても、あくまで自然な地毛のセットをするというだけで、特性の異なる人工毛を扱うことはできないと考える人は多いものです。

 

薄毛

 

また、床屋や美容室で使うハサミは人間の髪の毛を切る専用のもので、他の素材を切るということは考えられていませんし、多くの美容師や理容師は、髪の毛以外のものはたとえ質の高い人工毛であっても切りたくないと考えています。そのため、人工毛を植毛したヘアスタイルは断られてしまうことがあるのです。

 

増毛方法として多く見られるのが、地毛の根元に人工毛を結びつける方法や、全体的にネット状のベースを編み込み、そこに人工毛を植えていくという方法です。こうした方法についての知識や扱った経験がないと、普通にカットしている最中に結び目やベースを切ってしまい、増毛効果を台無しにしてしまうこともあります。

 

そのため、植毛した人のカットやセットの経験がない人に担当してもらうのはリスクが伴いますので、できるだけ一般の床屋や美容室ではなく、専門のところに頼むのが無難と言えるでしょう。

 

ニワトリ

普通の床屋や美容院では、人工毛をカットしてくれるところはあまりないかもしれないね!人工毛は通常、プラスチックが原料だったりするから、それでハサミが欠けてしまったら、仕事に支障が出るからね!

ぴよぴよ(たしかに)!

 

その点、大手の増毛を行う会社では、定期的なメンテナンスとともに、メンズのヘアカットやセットを行っているところがあります。こうした専門のプロであれば、増毛箇所を適切に扱うことができますし、デリケートな部分を丁寧に扱う訓練を受けています。

 

なにより、植毛を行う担当者とのコミュニケーションをダイレクトに取れますので、それぞれの状況に合わせて適したケアをすることができるのがメリットです。

 

薄毛

 

専門のケアをしてくれるといっても、料金が数千円に設定されていることがほとんどで、一般の床屋や美容室とさほど変わらない金額でお願いできるのが魅力となっています。

 

ニワトリ

そう考えると、植毛をした髪型のカット専門店なんかに行けば、気兼ねなくカットしてもらえるし、別に料金も一般のところと変わらない。更には、クリニックと提携しているところが多いから、何かと便利なんだ!もし頼りたくなったらいつでも頼れるしね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

 

 

この章のまとめ
  • 床屋や美容室で使うハサミは人間の髪の毛を切る専用のもので、他の素材を切るということは考えられていない。
  • 一般の床屋や美容室ではなく、専門のところに頼むのが無難。
  • 増毛を行う会社では、定期的なメンテナンスとともに、メンズのヘアカットやセットを行っているところがある。
  • 専門のケアをしてくれるといっても、料金が数千円に設定されていることがほとんど。

 

 

メンズのパーマは増毛中にはできないことがほとんど

薄毛が解消してきて髪の毛が増えてくると、いろいろなヘアスタイルを試してみたいと思うようになるものです。そのヘアスタイルの一つにパーマをかけるというものがあります。軽いウェーブをかけたり天然パーマを直すためのストレートパーマをかけたりする人もいます。しかし、増毛中はできるだけパーマは避けた方が良いでしょう。

 

薄毛

 

というのも、パーマをかける際に使う溶液は頭皮に刺激となることが多いので、増毛効果をストップしてしまう可能性があります。また、髪の毛にダメージを与えることもありますので、増毛した髪の毛が毛根にしっかりと根付かなくなってしまい、せっかく増毛したとしてもすぐに抜けてしまうことにもなりかねません。新生毛が生えづらくなったり、すぐに刺激で抜けてしまったりすることもありますので、なかなか増毛効果が出なくなることもあります。

 

このように、増毛中のパーマはせっかくの努力を無駄にしてしまうというリスクを抱えることもありますので、できるだけ避けるようにしましょう。完全に増毛施術が終了して、髪の毛の状態が安定してから、担当者や美容師に相談しながら行っても大丈夫かどうかを確認するのがベストです。

 

髪の毛が増えたからすぐにしたかった髪型に変えたいと、強いパーマをかけたくなる気持ちが起こるかもしれませんが、再び脱毛が進行するというリスクも考えながら、慎重に検討するようにしましょう。

 

増毛中はあくまで髪の毛を増やすことに注意を集中するようにして、髪を傷める可能性があるものを我慢することも重要です。こうした努力をすることによって、しっかりと増毛を成功させることができて、その後に望みのヘアスタイルを十分に楽しめるようになるのです。

 

ニワトリ

パーマは諦めた方がいいね!どういう理由でパーマをあてたいのかはわからないけど、せめて増毛中は、髪の毛に良いことのみを集中して行うことが大事だよ!生活習慣の乱れがあるなら、それを改善することも極めて重要だね!

ぴよぴよ(今は頑張る時期っす)!

 

 

この章のまとめ
  • 増毛中はできるだけパーマは避けた方が良い。
  • 増毛中はあくまで髪の毛を増やすことに注意を集中する。

 

 

基本的に人工毛による増毛はパーマができない

また、地毛ではなく人工毛を使った植毛を行う場合には、パーマは基本的にできないということを覚えておきましょう。会社によって多少の違いはありますが、人工毛は特殊なナイロン素材やポリエチレン素材が使われることが多い傾向になります。技術がかなり進歩して、軽いもののしっかりとコシがあり、髪型を決めやすいものとなっています。

 

また、人工毛に細かいカットを入れることによって、微妙なウェーブ感を出すこともできるなど、地毛にかなり近い状態になっています。しかし、パーマをする際には、強い溶液を使いますので、人工毛が化学反応を起こして縮れてしまったり、下手すると溶けてしまったりすることもあります。

 

また、熱を加えるとやはり変形してしまう危険性もあります。人工毛が使い物にならないまで劣化してしまうことになりますので、再び人工毛を植毛するしか対処法がなくなってしまうことになります。

 

薄毛

 

このように、一部の特殊な人工毛を除いて、ほとんどの人工毛はパーマをかけるのには向いていませんので、もし増毛をしてパーマをかけたいと思っているのであれば、地毛を植毛するなどの方法を選ぶようにしましょう。そうでないと、人工毛が抜けてしまうのを待って、再び違った手法で増毛をやり直すことになってしまいます。

 

せっかく植毛のために、時間と手間、費用をかけたのに、すべてが無駄になってしまうことになります。増毛方法を検討する際には、溶液や加熱を必要とするセットやパーマをしたいと思っているのかどうかを考慮するようにしましょう。それによって、地毛を使った施術なのか人工毛を植え込む方法にするのかが変わってくることになります。

 

ニワトリ

つまり、地毛を使った植毛をする場合は、パーマをあてられる可能性もあるってことだね!人工毛の場合は、原料がほぼプラスチックだったりするから、熱を使うパーマとはちょっと相性が悪いからね!ナイロンもポリエチレンも、プラスチックの一種だよ!

ぴよ(ふむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 地毛ではなく人工毛を使った植毛を行う場合には、パーマは基本的にできない
  • 増毛をしてパーマをかけたいと思っているのであれば、地毛を植毛するなどの方法を選ぶ。

 

 

増毛しているのであれば、セットやパーマ前に必ず床屋や美容室に伝える

増毛をしているのであれば、カットやセット、パーマをかけるにあたって、必ず床屋や美容室の担当者に伝えるようにしましょう。もし人工毛を使った植毛であれば、それを理由にカットなどができないということにもなりますし、増毛している部分をデリケートに扱ってもらう必要が生じるからです。

 

もちろん、たくさんの人の髪の毛を触ってきたプロですから、髪を見ればすぐに分かりますが、こちらから伝えることでより配慮を示してくれるようになります。

 

薄毛

 

また、地毛を使った植毛や処方された育毛薬を使っている場合でも、できるだけ頭皮と髪の毛を丁寧に扱ってもらえるように伝えると良いでしょう。増毛している時は頭皮がデリケートな状態になっていることもありますので、刺激がかかりやすいカットやセットなどをする際には、しっかりと注意深く扱ってもらう必要があります。

 

増毛していることを他の人に言うのは恥ずかしかったり気を遣ったりすることもあるかもしれませんが、床屋や美容室に勤めるプロはそのようなことにも慣れていますし、顧客のプライバシーを他の人に明らかにするようなことはしません。また、行きつけの信頼できるところを作ることによって、増毛をするとしても気兼ねなく話すことができます。

 

 

 

薄毛

 

髪の毛のプロですから、ヘアスタイルについてだけでなく、頭皮と髪の毛に優しいケアの仕方などを教えてくれることもありますので、頼れる味方とすることができるでしょう。また、増毛について知ってもらうことで、髪のボリュームの変化に合ったヘアスタイルを提案してくれることもあります。

 

ニワトリ

最低でも植毛なんかで増毛をしている最中は、やっぱり専門の店に行ってカットしてもらう方がいいね!だけど、床屋さんらに知り合いがいて仲がいいなら、そこでやってもらうっていう手もあるね!どちらにせよ意思の疎通を大事にしたいね!

ぴよぴよ(以心伝心っすね)!

?…う、うん…

 

 

この章のまとめ
  • 増毛をしているのであれば、カットやセット、パーマをかけるにあたって、必ず床屋や美容室の担当者に伝えるようにする。

 

 

関連記事

  1. 毎日抜け毛があるのは自然なこと!年代別に見る平均抜け毛数をチェック!

  2. タバコやお酒は薄毛の原因?飲酒と喫煙が脱毛症の元になる理由

  3. 秋と冬にも抜け毛が増える?季節でハゲる理由とその対策

  4. 若ハゲの原因は男性ホルモン?テストステロンが薄毛を加速させるの?

  5. 育毛剤サプリ「ダブルインパクト」の効能とは?どういう特徴があるの?どう…

  6. 薄毛の原因と効果的な対策!頭皮の衛生面や食事と睡眠を最適化しよう!




アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛

  2. 薄毛

  3. 薄毛

最新記事

PAGE TOP

薄毛

薄毛を隠す不自然な髪型と自然な髪型は?薄毛対策は費用面を忘れずに!

薄毛

増毛前後の写真を撮れ!格好いいヘアスタイルの画像や写真を見て薄毛対策!

薄毛

薄毛対策のおすすめ坊主スタイルとは!?バリカンなら何ミリがいい?

薄毛

抜け毛が目立つときの髪型は?目立たない長さはどのくらい?どんな増毛法がある?

薄毛

脱毛が気になる女性のショートヘアのアレンジ方法と増毛のコツ