ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキ汗を拭くのはワキガ対策になる?効果はどれくらいある?

ワキ汗を拭くのはワキガ対策になる?効果はどれくらいある?

ワキ汗を拭くのはワキガ臭や体臭を防ぐために欠かせないことです。

極端に言えば、常にワキがシャワー等の水にさらされていれば、汗が流され、細菌によって酸化・分解されて腐敗臭を出すことがなく、ニオイは出ないと言えます。

先生

ワキ汗を拭くことはニオイを防ぐためには欠かせないことだよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

濡れたタオルで拭き取ることがポイント

 

ワキガ対策としてワキ汗を拭くことは効果があります。下記の記事に書いた様々な対策の一つですね。

 

 

そこにも書きましたが、汗をかいたらとにかくよく汗を拭き取ったり、こまめに洗うことが大切です。その場合、乾いたタオルではなく、濡れたタオルで拭き取ることがポイントです。『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

夏の汗対策でニオイトラブル解消

 

(省略)乾いたタオルは、汗の成分のうち、水分だけを吸収して、その他の成分を皮膚に残すことが多く、それが雑菌の繁殖を招き、ニオイの原因になってしまいます。また、濡れたタオルのほうが、肌のベタつきがとれ、さっぱりします。

 

つまりまとめるとこうです。

 

タオルの使い方

乾いたタオル 汗の水分だけを取る。
濡れたタオル 汗の水分や雑菌も取れるし、べたつきもとれる。

 

汗を拭く際は、濡れたタオルで行うのがいいでしょう。ただ、理想の順番としては、

 

  • シャワーを浴びる
  • デオドラントボディシートで拭く
  • 濡れタオルで拭く

 

ということになります。デオドラントボディシートには消臭・殺菌成分も含まれていますから、持続性もありますし、効果も高いと言えます。ただし、シャワーを浴びる際の注意点がありますので、下記の記事を見て詳細をご確認ください。

 

 

 

また、

 

汗ワキパットを使えば、汗を拭く必要がないんじゃないか

 

と思うかもしれませんが、たしかにそれで汗がすべて吸収されるならいいのですが、それは人によって違いますからね。パットでは収まり切れない場合、効果は見込めません。また、イオン抗菌によってニオイを多少抑えることはできても、それは主目的ではないので、気休め程度になるでしょう。それも、体臭のレベル次第となりますね。

 

 

先生

濡れたタオルで拭くだけでだいぶワキの下の環境は安定するわけだね!だからおしぼりとかで身体を拭く人がいるけど、理論上はあれで清潔になるんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 乾いたタオルではなく、濡れたタオルで拭き取ることがポイント。
  • 汗ワキパットは体臭のレベル次第で使える。

様々なデオドラント商品の概要

また、その記事にも書いた、『種類別デオドラント剤の概要』はこうなります。

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

今回のテーマであれば、『ふきとりシートタイプ』がピックアップできますね。以下のようなタイプです。

 

 

こういった商品は、急な発汗を抑えたい場合にとても役立ちます。これであれば、成分が染み込んでいて濡れていますから、先ほど考えた問題もクリアすることにますし、濡れタオルよりも消臭・殺菌効果を見込めます。もちろん、種類はたくさんありますので、男性も女性も、好きなタイプを選ぶことができます。

 

 

その際、アルコールを含んだものを使用する場合は注意点がありますので、下記の記事をご覧ください。

 

 

先生

アルコールは洗浄、殺菌にとても強い効果をもたらすけど、案外使用を控えるよう推奨する専門家が多いんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『ふきとりシートタイプ』は急な発汗を抑えたい場合にとても役立つ。

ニオイを感じる仕組みとは

また、下記の記事にも書きましたが、

 

 

『体臭・口臭・便臭 ニオイ対策介護テクニック』にはこうあります。

ニオイを感じるメカニズム

 

ニオイ物質が鼻に入ってから、どのように『ニオイ』と判断されるのだろうか。鼻腔の上面には切手くらいの広さの鼻粘膜があり、そこに、ニオイの受容器である嗅細胞が約500万個も並んでいる。嗅細胞の先端にある嗅線毛にニオイ物質が付着すると、電気信号が出され、嗅神経を通じて大脳の嗅覚野に達し、ニオイとして識別される。

 

専門的に考えるとこうなりますね。簡単に言うと、とにかく『ニオイ物質が鼻の奥に届かなければ臭わない』ということになります。そのために、ニオイの上にカバーをすることでニオイに『蓋』をすることが出来るということですね。ニオイを誤魔化すためには、

 

  • ニオイに蓋をする
  • 違うニオイをぶつける
  • 消臭成分をぶつける

 

ことが必要になるということです。ですから『トイレの芳香剤』や『部屋の芳香剤』などが存在しているわけですね。

 

 

また、下記の記事にも書きましたが、

 

 

本来、染み付いた部屋のニオイを綺麗にしても、その匂いの原因が残ったままだったら綺麗にする意味がありません。トイレが大便臭いと思ったので、『大便を流さずに、それ以外の部分をきれいに掃除する』ようなもので、いくら除菌効果の高い洗浄剤でトイレや床を洗浄し、消臭効果の高い消臭剤をトイレに置いても、肝心のニオイの原因である大便が流れていなければ、そこからニオイは取れません。

 

ですから、ワキ汗を頻繁に拭いたところで、それは『一時的な措置』でしかありませんので、ワキガの完全治療とはなりませんので、お間違えの無いようにしてください。ワキガの根本解決は手術しかありません。下記の記事を見て、理解を深めてください。

 

 

ただ、便をしたとき、お尻を単なるトイレットペーパーで拭くだけで、お尻から悪臭を発することはなくなります。そのまま拭かずに放っておくと臭いますが、拭けばかなりの割合でニオイを消せるんですね。

 

そう考えると、やはりニオイのする部分を定期的に清潔にすれば、ニオイは常に『一時的に』消滅することになるので、それを一生続けていけば、ワキガ臭対策にはなると言えるでしょう。どちらにせよ、食事も睡眠も排泄も、一生ものですからね。だとしたら、そこは悲観的に考えないで、

 

どうせ全部が一生ものだ

 

と考え、前向きに捉えるようにすればいいだけのことですからね。ちなみに、ミョウバンを使ってワキ汗を抑える方法、香水を使ってワキ汗を誤魔化す方法については、下記の記事をご覧ください。

 

 

先生

『一時的な措置』でいったら、全てが大体そうだからね!お腹だってちょっとしたらすぐに空くしね!一生食べ続けることを強いられるって考えもあるし!
ディオゲネスっすね!

ハニワくん

参考 ディオゲネスの逸話Wikipedia
この章のまとめ
  • ワキ汗を頻繁に拭いたところで、それは『一時的な措置』でしかない。
  • ただ、一時的な措置を食事や睡眠のように『一生』続けていけばいいだけだとも考えられる。