ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

日本人にワキガはどれくらいいる?人種別で考えるワキガ体質の比率

日本人にワキガはどれくらいいる?

10~15%です。

黒人の全員、白人のほとんどがワキガ体質なのに対し、アジア人は1割程度がワキガ体質だと言われています。

先生

日本人はワキガの割合が少ないんだ!食生活なんかも影響しているんだよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

人種別ワキガ体質の割合

下記の記事で、ワキガの男女別年齢別比率についてまとめていますが、今回は更にテーマを絞って人種別で考えていきます。

 

 

まあ、各記事でも書いていることなのですが、人種別ワキガ体質の割合は以下のようになります。

 

人種別ワキガ体質の割合

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:10~15%
  • 韓国、朝鮮人:5%

 

黒人の全員、白人のほとんどがワキガ体質であり、アジア人は1割程度がワキガ体質だということですね。したがって、『ニオイの常識』は各国ごとに違うということがわかります。

 

 

先生

10人に1人がワキガっていうことだね!ただ、学校でクラスに1人はワキガがいるっていうことだけど、そうでもなかったよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • アジア人は1割程度がワキガ体質。
  • 『ニオイの常識』は各国ごとに違う。

日本人のワキガの割合

また、この日本で考えた場合は、

 

  • 6:4で女性が多い
  • すそワキガは9:1で女性が多い

 

ということで、女性の方がややワキガが多い傾向にあるデータがありますが、それはあくまでも『クリニックに来院する男女比』だったりするので、女性の方が男性よりも清潔好きという事実が影響している場合を考えると、この旨ではありません。例えば下記の動画では、こう説明しています。

 

制汗剤の正しい使い方 梅田/エイジングケア専門シンザキエステ


 

男性の方がニオイがきつくて、と言ったりしますが、人体の構造的には男性も女性も全く同じ。

 

ですからそう考えると、『クリニックでワキガ治療をするのは女性がやや多いが、実際のワキガ比率は男女同じである可能性が高い』と言えそうですね。ただ、すそワキガの方は女性の方が圧倒的に多いわけですから、ここではワキガも女性の方が少し多いという仮定をしましょう。そうした場合、日本人のワキガ体質を推定で計算するとこうなります。

 

 

1億2千万人の日本人のうち、このくらいの人々がワキガ体質であると推測できますね。

 

しかし、欧米人と比較すると圧倒的に少ない割合ですね。一体なぜこのような差がついてしまっているのでしょうか。『体臭・多汗の正しい治し方』にはこうあります。

日本人の10人に1人はワキガ体質

 

(省略)最も大きな要因は、食生活の在り方にあるようです。肉類などの高カロリー、高脂肪食は、野菜や穀物食に比べ、皮脂腺やアポクリン腺を刺激し、その活動を活発にさせるといわれています。肉食を中心とする欧米人のアポクリン腺は、日本人などより活発に働いていて、より多くの腺組織が残存したものと思われます。

 

一方、野菜や魚などの淡泊な食事をしている日本人や中国人は、逆に退化傾向が強く、体臭の少ない民族になったといえます。

 

 

先生

アジア人と欧米人では食べてきた食事が違うから、内臓から細胞から体質まで、様々な部分に差異があるんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 人体の構造的には男性も女性も全く同じ。
  • 野菜や魚などの淡泊な食事をしている日本人や中国人は、体臭の少ない民族。

贅沢な食事がワキガを悪化させた?

また、下記の記事にも書きましたが、

 

 

『ワキガ・多汗症治療の最前線』にはこうあります。

ワキガの人の先祖は食生活に恵まれていた?

 

(省略)つまり、高カロリー食をとっていると、アポクリン汗腺や皮脂腺が肥大し、発達する傾向があります。高カロリー食によって皮脂腺が肥大すると、脂質の代謝排出を皮脂腺だけでは処理できず、その分泌をアポクリン汗腺が助けるようになり、アポクリン汗腺も発達すると考えられています。

 

つまり、各国に植えついていた食生活の考え方が、それぞれの体臭に大きな影響を与えているということになります。

 

  • STEP.1
    高カロリー食をする
     
  • STEP.2
    アポクリン汗腺や皮脂腺が肥大する
     
  • STEP.3
    脂質の代謝が皮脂腺だけで処理できずアポクリン汗腺も発達する
     
  • STEP.4
    皮脂腺・アポクリン汗腺の両方が肥大してワキガの原因が増える
     

 

そう考えると、『ワキガの人の先祖は食生活に恵まれていた?』という投げかけは、短絡的に『高カロリー食=贅沢な食事』という前提があるからこそのものですが、実際にはそのような欧米食というものは、そう贅沢なものではないという事実が浮き彫りになります。

 

 

例えば下記の記事でもまとめたように、

 

 

悪玉菌は、

 

  • お酒の飲みすぎ
  • 肉食
  • ストレス

 

によって増えてしまうのです。そしてその肉食・高カロリー食というのは、

 

  • 悪玉菌を増やす
  • 動物が生前溜めていた老廃物を摂取し老化を促進する
  • アポクリン汗腺や皮脂腺が肥大する

 

という様々な理由で、人間にとっての『ストレス』となり、ひいてはアポクリン汗腺等の肥大につながり、ワキガ臭や体臭を悪化させる原因となる可能性が高いんですね。

 

  • STEP.1
    肉を食べる
     
  • STEP.2
    動物が生前溜めていた老廃物を摂取する
     
  • STEP.3
    老化が促進される
     動物性たんぱく質につき腸内に悪玉菌が増える。

 

 

先生

満足はしていいけど、『贅沢』はしてはいけない。これが人間の受ける分だね!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 肉食は体臭を悪化させるための行動といって過言ではない。

シンバイオティクスとは

下記の記事で、『シンバイオティクス』について書きましたが、

 

 

まとめるとこうなります。

 

腸内で有益に働く微生物

プロバイオティクス 腸に有益な働きをする細菌。またはこれを含む食品のこと。
プレバイオティクス プロバイオティクスの働きを助ける物質。または、これを含む食品のこと。
シンバイオティクス プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に含んだもの。または、それぞれを同時に摂取すること

 

簡潔にすると『シンバイオティクスを意識した食事を摂ろう』ということですね。それを意識すれば腸内環境の最適化が狙えます。

 

 

例えば、

 

  • 玄米+納豆
  • クラノーラ+ヨーグルト
  • 玄米+野菜ときのこたっぷりのみそ汁

 

などはシンバイオティクスのいい例ですね。

 

 

これは肉食のそれと違って、悪玉菌を増やすどころか、むしろその真逆の効果を期待できます。善玉菌を優勢にし、腸内フローラの環境を改善するのです。それによって善玉菌が優勢になれば、悪玉菌が原因での体臭を抑制することに繋がります。

 

先生

肉食よりもシンバイオティクスだね!和食は自然にシンバイオティクスができてる場合が多いんだ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • シンバイオティクスを意識した食事で腸内フローラの環境を改善すれば、悪玉菌が原因での体臭を抑制することができる。

肉食→魚食→大豆食

単純に考えると、『肉食→魚食→大豆食』ですね。たんぱく源を『大豆』に変えればいいのです。そうすることにより、

 

  • アポクリン汗腺の発達の抑止
  • 皮脂腺の発達の抑止
  • 腸内悪玉菌の増加の抑止
  • 刺激臭物質発生の抑止
  • 抗酸化作用の摂取

 

という効果を得ることが出来るわけです。

 

 

  • シンバイオティクスを意識した食事にする
  • 『肉食→魚食→大豆』にする

 

これによって得られる恩恵はもちろん体臭だけではありません。

 

  • 便秘
  • 肥満
  • 肌荒れ
  • イライラ
  • 肩こり
  • むくみ
  • 頭痛
  • 冷え(血行悪化)

 

といった諸症状の予防や改善はもちろん、

 

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 動脈硬化

 

等の生活習慣病を含めたあらゆる病気の予防と改善に繋がるのです。だとしたら、本当に『贅沢な食事』とは、肉食や高カロリー食ではありませんよね。

 

先生

ただ、肉食をするメリットを訴える人もいるんだけどね!だけどそれはそれで殺生の推奨でもある。
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 肉食→魚食→大豆食。

健康の知識がない人が作り上げた一時的なドーピング

日本食というのは世界から見て『長寿の秘訣』とされ、注目を浴びています。そしてアメリカでは、肥満や糖尿病および虫歯患者を減らす目的で『ソーダ税』とも言われる課税対象が作られ、実際にその影響で炭酸飲料の消費が4割も削減されています。

 

 

高カロリーな欧米食とは、『戦争に勝った民族だけが食べることができる勝者の贅沢なごちそう』ではなく、『健康の知識がない人が作り上げた一時的なドーピング』に等しいのです。

 

戦争じゃなくてもどんな勝負でも、勝ったらお祭り騒ぎで、健康栄養関係なく、お酒をそこら中にぶちまけてどんちゃん騒ぎしますよね。結果的にソーダ税なる規制によって高カロリー食を敵視するようなことをするということは、この100年で作り上げられた『欧米食』なるものは、『しばらく続いたお祭り食』なのかもしれません。

 

ただ、高カロリー食や肉食は、ある状況によっては正当化されます。例えば、ロシアではマヨネーズを大量に使うのが常識です。ウォッカもよく飲みますね。それには、気候が大きく影響しています。寒いんですね。だから脂肪が必要なのです。

 

冬山で遭難したとき、サラダ油を飲むと甘くて美味しく感じると言いますが、人は状況によって、大量のカロリーや脂を摂らないと健康を維持できないことがあります。ですから、寒い地域で暮らす人にとってここで考えた『欧米食』は、正当化されることになるでしょう。

 

また、イヌイットの人たちは肉しか食べません。それにも関わらず、健康なのです。詳細は下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください

 

 

とにかく、ワキガ体質には食生活が大きく影響してるようですね。すでにワキガ体質である日本人で、それを何とかしたいと思っている場合は、『欧米食』をやめ、シンバイオティクスを意識した食事にし、たんぱく源を『肉食→魚食→大豆』にすると効果があるでしょう。

 

先生

ただ、ことワキガや体臭のことで言えばやっぱり肉食はNGだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 高カロリーな欧米食とは、『戦争に勝った民族だけが食べることができる勝者の贅沢なごちそう』ではなく、『健康の知識がない人が作り上げた一時的なドーピング』に等しい。
  • 『欧米食』が正当化される場面はある。