ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガに先天性と後天性はある?それぞれの原因と対策は?

ワキガに先天性と後天性はある?

ワキガには先天性しかありません。アポクリン腺の数は生まれつき決まっているからです。

先生

ワキガはアポクリン汗腺の数で決まるから、逆に生きていてその数が途中で減るということもないんだね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

両親がワキガ体質なら高い確率で『先天性のワキガ体質』となる

 

下記の記事に書いたように、

 

 

ワキガ体質は顕性遺伝(優性遺伝)だからして、

 

  • 片方の親がワキガ=50%
  • 両方の親がワキガ=80%

 

というかなり高い確率で受け継がれてしまうものです。したがって、両親がワキガ体質であれば、かなり高い確率で『先天性のワキガ体質』ということになります。これは、アポクリン腺の数が影響しています。ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

わきにあるアポクリン腺が多いとワキガ臭を発しやすくなるのですが、黒人のわきの下にはこのアポクリン腺がとても多く、アジア人にはとても少ない傾向があります。人種別ワキガ体質の割合を見てみましょう。

 

人種別ワキガ体質の割合

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:10~15%
  • 韓国、朝鮮人:5%

 

黒人は全員がワキガ体質ですね。これは体内にある汗腺(アポクリン腺、エクリン腺)の比率が関係していて、黒人はアポクリン腺が生まれつき多いという事実が存在しているからなのです。

 

 

ですから、両親ともにアポクリン腺が多い黒人の子供は、その体質をそのまま受け継ぎます。80%の確率でワキガ体質を受け継ぐのですが、それは日本人で考えたケースであり、例えば、受け継ぐDNAや体質はそれ以外にもあるわけです。ですから、その『そのほかの受け継ぐもの』がここに影響してくるので、黒人の子供はほぼ全員がワキガ体質になるということですね。

 

まあそもそも、彼らはその体臭を『ワキガ体質』だと解釈していません。何しろ周りが全員同じようなニオイをしているものですから、まるで『自分の家のニオイは感じない』のと同じように、それが当たり前になっていて、むしろアジア人のニオイが異質に感じることでしょう。

 

『ワキガ』と同じような言葉で揶揄する表現があるに違いありません。我々がそうするように、人間はみんな考えることは同じなのです。であるからして、ワキガ体質というのは基本的に先天性であります。

 

先生

黒人のニオイは独特だね!日本人は大体があまり得意じゃないと思うけど、それは黒人からしても同じことだからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 両親がワキガ体質なら高い確率で『先天性のワキガ体質』となる。
  • 黒人はアポクリン腺が生まれつき多い。

『後天性のワキガ』はある?

では、『後天性のワキガ』というのはあるのでしょうか。それがあり得るなら、『人間は成熟するにつれ、アポクリン腺が増える可能性がある』という事実が存在することになります。そうなると、その答えは『No』となります。

 

 

下記の動画は、あらゆる体臭について知り尽くす五味常明先生の出している公式動画です。

 

ワキガを完全に治す方法を教えてください(体臭多汗Q&A 3)


 

動画では、

 

アポクリン腺は手術をすれば、完全に、100%取れる。ただ、アポクリン腺には根っこがあり、それを残すので再発する可能性がある。だから、根こそぎ完全にとれば、ワキガ臭は完全に、永久的に取れる。ついでに多汗症も治る。

 

と説明しています。『根こそぎ完全にとれば、ワキガ臭は完全に、永久的に取れる。ついでに多汗症も治る。』と説明していて、『アポクリン腺はいつかまた増える可能性があるので、それまでの一時的な措置である。つまり半永久的である』とは言っていません。

 

つまり、アポクリン腺というものは、一度『根っこごと』切除してしまえば、もう二度と増えることはないのです。ついでに言うと、わきの下にそれがなくても、生活に何の支障もないのです。

 

 

『多汗症も治る』ということは、エクリン腺の方も切除できることを意味していますが、それを切除しても問題はないのです。更には皮脂腺も同様です。『ニオイをかげば病気がわかる』にはこうあります。

ところで、美容整形外科で行われているワキガ治療手術は、アポクリン腺を一つひとつレーザーで焼き切るという方法をとっています。こうして人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もないようです。

 

この方は、東京教育大学大学院を修了した理学博士です。嗅覚研究の第一人者として第一線で活躍するニオイのプロですから、『大人のワキガ手術』に関しては、成功率は高いようですね。

 

 

ですから、『後天性のワキガ』というのは、『アポクリン腺が増えることはない』という事実が存在するからして、あり得ないということになります。

 

先生

アポクリン汗腺は途中で増えないし、取り除けばもう二度と増えないんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 人間は成熟するにつれ、アポクリン腺が増える可能性はない。
  • アポクリン腺というものは、一度『根っこごと』切除してしまえば、もう二度と増えることはない。
  • 人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もない。

『ワキガ体質予備軍』とは

ただ、別の角度から考えてみましょう。例えば、下記の記事に書いた、

 

 

大人のアポクリン腺よりも子供のアポクリン腺は小さいため、アポクリン汗腺を完全に取り切れず、再発する可能性がある。

 

ということに注目です。また、下記の動画は、

 

ワキガ手術は何歳から受けることができますか?(体臭多汗Q&A 19)


 

高校生以下の子供が手術をしても、再発する可能性がある。

 

と言っています。ここから見えてくるのは、

 

現在ワキガ臭が発生するほど、アポクリン腺は大きく、多くないが、潜在的には存在していて、それが成長するにつれ、あるいは何らかの影響によって肥大化し、将来的にワキガ臭を発する可能性がある人がいる

 

という事実です。例えばこの未成年の人たちを『ワキガ体質予備軍』と考えることはでき、それを『後天性のワキガ』と無理矢理分類することはできます。ただ、後天性というのを辞書で引いてみると、

 

後天性
生まれた時は通常ではあったものの、人間生活を送っている途中に事故や環境など様々な事柄を原因として持つこととなってしまった病気や障害の性質。

 

という意味ですから、厳密には違うんですけどね。

 

また、その『エセ後天性ワキガ』ですが、それであれば、食生活や生活習慣等の乱れによっても引き起こされる可能性があります。それについては下記の記事に詳細を書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

先生

子供は途中でアポクリン汗腺が『成長する』可能性はあるけど、それは『数が増える』ということではないからね!元々あったものだから!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 現在ワキガ臭が発生するほど、アポクリン腺は大きく、多くないが、潜在的には存在していて、それが成長するにつれ、あるいは何らかの影響によって肥大化し、将来的にワキガ臭を発する可能性がある人がいる。

ワキガを悪化させないために

要点は、

 

  • ストレス
  • 食事

 

ですね。更に細分化すると、

 

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • 入浴
  • ストレス

 

このあたりの要素を確実に最適化しないと、ワキガ臭が悪化する可能性があります。例えば食事であれば、

 

  • STEP.1
    高カロリー食をする
     
  • STEP.2
    アポクリン汗腺や皮脂腺が肥大する
     
  • STEP.3
    脂質の代謝が皮脂腺だけで処理できずアポクリン汗腺も発達する
     
  • STEP.4
    皮脂腺・アポクリン汗腺の両方が肥大してワキガの原因が増える
     

 

という図式があります。つまり肉食・高カロリー食というのは、

 

  • 悪玉菌を増やす
  • 動物が生前溜めていた老廃物を摂取し老化を促進する
  • アポクリン汗腺や皮脂腺が肥大する

 

という様々な理由で、人間にとっての『ストレス』となり、ひいてはアポクリン汗腺等の肥大につながり、ワキガ臭や体臭を悪化させる原因となる可能性が高いんですね。したがって、これらの要素を最適化しないで乱したままでいると、『エセ後天性ワキガ』が発生しうる可能性が高くなります。

 

 

 

それは厳密には『後天性のワキガ』ではないものの、『最初はワキガではなかったはずだが、いつの間にかワキガ臭を放つようになった』という事実を考えたときに、同じような現象であることがわかりますね。どのように最適化すればいいかということは、各記事に細かく書きましたので、併せてご確認ください。

 

先生

食事、運動、入浴、睡眠、ストレス。そして排泄(デトックス)なんかを入れれば、6大要素!これを最適化することはとても大きいことだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 6大要素を最適化し、ワキガを悪化させないことに尽力する。