ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

半身浴はワキガ対策として効果がある?汗腺トレーニングで『良い汗』をかこう

半身浴はワキガ対策として効果がある?

汗腺トレーニングとしての半身浴を行えば、ワキガ対策に効果があると言えます。

先生

半身浴にもやり方があるからね!温度を間違えるとダメだったりするから、詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

汗腺トレーニングをしよう

 

下記の記事に、汗腺トレーニングになる入浴方法について載せました。汗腺トレーニングとは、普段『悪い汗』をかく習慣がついている人の汗を、『良い汗』に変えるためのトレーニングです。

 

 

『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

不安や緊張などによる『精神性発汗』も、突発的かつ大量にかくため、ミネラル分の再吸収が追い付かず、悪い汗となります。

 

また、よい汗は蒸発しやすく、また少量の塩分を含んでいるので皮膚表面を酸性に保ち、皮膚常在菌の繁殖を抑えてくれます。したがって、よい汗をかいている分には、体はそれほど臭くなりません。

 

しかし、悪い汗はべたべたして蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるため、皮膚表面をアルカリ性にしてしまいます。アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のにおいが強くなってしまうのです。

 

つまり、

 

  • 運動不足によってかく汗
  • 不安や緊張などによる『精神性発汗』
  • エアコン依存した環境にいる人がかく汗

 

は、本来の働きを忘れた汗腺に老廃物や角質が溜まり、汗をかいたときにこれらの不純物も一緒に排出してしまいますので、『悪い汗』となります。そうした悪い汗はアルカリ性であり、アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のにおいが強くなってしまうのです。

 

 

  • 良い汗=酸性
  • 悪い汗=アルカリ性

 

ですね。ですから記事では、このようにして悪いアルカリ性の汗をかく原因となる『運動不足』は、なるべく生活の中から排除する必要があり、『適度な運動』を生活習慣にすることが大事だとまとめてあります。

 

先生

『過度』じゃなくて『適度な運動』だよ!やりすぎたら今度は乳酸が溜まったりして、また問題が起きるんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 汗には良い汗と悪い汗がある。
  • 悪い汗はアルカリ性であり、アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のにおいが強くなってしまう。
  • 適度な運動によって良い汗をかくことができる。

入浴で汗腺トレーニングをする方法

しかし、運動やサウナを継続的に行うことは難しいとして、本の著者は『入浴で汗腺トレーニングをする方法』を教えてくれているわけですね。その手順は以下の通りです。

 

  • STEP.1
    高温で手足浴(43~44℃)
     まず湯船の3分の1か、4分の1の集めのお湯で、ひざ下とひじ下を15分つける。
  • STEP.2
    微温で半身浴・全身浴(36℃程度)
     ぬるま湯で15分(お酢を入れると効果的)
  • STEP.3
    風呂上がりに
     お風呂上りは、自然に汗が蒸発するのを待ち、衣服を着ない。扇風機やエアコンで強制的に冷やさない。くつろぎながらショウガドリンクなどで水分補給をすると、更に汗腺機能がアップする。

 

この入浴法によって汗腺を鍛え、『良い汗』をかく習慣をつければ、ニオイの原因である『悪い汗』をかかないようになります。

 

 

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

つまり、各汗の役割としては、

 

  • アポクリン汗=他の物質と混ざったりして、ニオイの原因となる
  • エクリン汗=すぐに蒸発する特性があり、その時にニオイを拡散させる

 

ということになり、ただニオイを拡散させるだけのエクリン汗とは違い、アポクリン汗は他の物質と混ざったり分解されるとニオイの原因となります。

 

先生

この汗腺トレーニングは本当に効くからね!唇の乾燥も治るし、ニキビも徐々に治っていくよ!新陳代謝がよくなるからね!ターンオーバーを助けるんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『入浴で汗腺トレーニングをする方法』を確認する。

悪い汗ってどんな汗?

では、

 

  • 悪い汗=アポクリン汗
  • 良い汗=エクリン汗

 

ということになるでしょうか。いや、実は、アポクリン汗は分泌されたときは無臭なのです。それが、毛穴や皮膚の表面にある細菌によってこれらの成分が分解されると、ワキガ臭の原因となるのです。つまり、

 

  • アポクリン汗=無罪
  • エクリン汗=無罪

 

であり、有罪なのは、『細菌』ということになります。また、皮脂腺からの皮脂は汗ではありませんがここに付け加える要素としてふさわしいので、

 

  • アポクリン汗=無罪
  • エクリン汗=無罪
  • 皮脂=無罪
  • 細菌=有罪

 

ですね。皮脂について、『ワキ汗ワキ臭30分解消法』にはこうあります。

皮脂腺

 

アポクリン汗腺と同様、毛穴に開口して脂肪分を分泌する器官です。ここから分泌された脂肪はエクリン汗と混ざり合い、皮膚表面に薄い膜を作り、肌を保護する役割を持っています。

 

皮脂の分泌量が多すぎると、肌がべたつきオイリー肌となりニキビの原因になり、少なすぎると乾燥肌になるなど、女性のトラブルの多くが、この皮脂腺に深く関係しています。

 

皮脂は、多すぎても少なすぎてもトラブルの原因となります。しかし、ある程度の皮脂は肌の保護のために欠かせないため、皮脂自体も『無罪』という扱いです。厳密に言えば、『過剰な皮脂』は有罪ですが、そうなると、

 

  • 過剰なアポクリン汗=有罪
  • 過剰なエクリン汗=有罪
  • 過剰な皮脂=有罪
  • 過剰な細菌=有罪

 

になりますからね。全て『過剰』であることは有罪であり、何らかのトラブルの原因です。細菌だって、人の身体には常在菌が常に存在していますから、細菌を体内から抹殺することはできませんし、してはいけません。ですが、『過剰な細菌』となると、

 

  • 虫歯
  • 口臭
  • ワキガ
  • 体臭
  • 便秘

 

等の様々なトラブルを引き起こす原因となります。また、上の3つの腺類も、すべて過剰に出てしまうような状況があるならば、それはワキガ臭を人一倍発しやすい体質と言えます。したがって、ワキガ手術によってそのすべてを切除することが推奨されています。

 

 

 

さて、とにかくこれで、

 

  • 悪い汗=アポクリン汗
  • 良い汗=エクリン汗

 

ではなく、ただ単に、

 

  • 良い汗=酸性
  • 悪い汗=アルカリ性

 

であるということがわかりました。つまり、『酸性の汗をかきたい』んですね。アルカリ性の汗は細菌が繁殖しやすいからです。そういう悪い汗をかくとニオイの原因となるわけですね。

 

その酸性の良い汗をかくためのトレーニングとして、上に挙げたような汗腺トレーニングが有効なわけです。運動やサウナでもいいですし、入浴によってもそれが可能になります。

 

先生

良い汗=酸性。だから酸性の良い汗をかくことが大事なんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 悪い汗=アルカリ性。アルカリ性の汗は細菌が繁殖しやすいから。

サウナのような高い効果を得られる

私もやりましたが、どちらかというと最初の『高温で手足浴(43~44℃)』の段階だけが一番大変で、かつ効果を実感しますね。最初の5分はなにもありませんが、5分を過ぎると顔から汗がどっと吹き出し、滝のように流れてきます。これが結構快感ですね。

 

私は45℃くらいの少し熱めにしているのでこの時間が結構長く感じるのですが、音楽をかけたり、もし防水のテレビやポータブルDVD等がある人は、あっという間に時間が過ぎることを実感できるでしょう。

 

 

スマホやタブレットでも全然いけます。このような防水カバーをつければお風呂で使っても全く問題ありません。

 

 

今回のテーマでもある2の『微温で半身浴・全身浴(36℃程度)』ですが、これは1の段階を終わった後なので、あっという間に時間が過ぎることを実感できます。リラックスしながらぬるいお湯に浸かって、気持ちよく時を過ごせるでしょう。

 

つまりやっていることは、『サウナ→水風呂』のパターンの『ゆるやかバージョン』ですね。サウナほど熱くはないし、水風呂ほど冷たくはないけど、十分に効果を得ることができます。下記の動画は、医師が半身浴について語っている公式動画です。

 

半身浴の正しい方法・温度・入浴時間


 

動画では、

 

  • 38~40℃くらいにする
  • 上半身を濡らさないようにする
  • タオルなどを肩にかけて防寒する
  • 足し湯をして温度調節をする
  • 風呂ふたを使って首だけ外に出す
  • 薬を服用直後は控える
  • 食後・飲酒後も控える
  • 体調不良時は控える

 

というポイントを挙げています。この最後の3つに関しては汗腺トレーニングでも当てはまりますが、後の項目に関しては、汗腺トレーニングではそう必要性はないかもしれません。なにしろ、1の段階でかなり体が熱くなっていて、防寒どころか、むしろ水風呂に入りたいくらい熱くなっていますからね。

 

ただもちろん、季節や地域、体質によって異なりますので、『上半身を冷やさないポイント』は押さえておいた方がいいでしょう。ちなみに『風呂ふた』というのはこういうやつですね。

 

 

『風呂ふた』があれば沸いたお風呂を保温できるわけですが、その保温性を利用して、自分の身体も温めるということです。これなら、ある種のサウナ効果もあって、『半身浴+ミニサウナ』状態ができるので、発汗効果も高いと言えるでしょう。また、更にその半身浴の効果を高めるキーワードとして、

 

  • リンゴ酢
  • 黒酢
  • クエン酸
  • 漢方茶風呂
  • 笹風呂
  • マコモ風呂
  • 酵素風呂

 

といったものがあります。下記の記事を見てその詳細をご確認ください。

 

 

ちなみに、発汗効果を高めようとして下記の動画のような真似をすると危険ですので、くれぐれもお風呂に『スピリタス』や『ハブ酒』などを入れないようにしましょう。

 

【絶対やっちゃダメ!】30分で1kg痩せる超危険なダイエットやってみた。


 

先生

この入浴法は眼精疲労にも効くよ!一日中パソコンやゲーム画面を見ている人がそれを実感しているからね!間違いないね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 半身浴のコツを確認する。