ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

納豆臭いワキガってある?体臭の原因と対策

納豆臭いワキガってある?

ワキから納豆のようなニオイがする場合は、ワキガではなく、エクリン汗が雑菌と混ざるからだと考えられます。

また、イソ吉草酸(きっそうさん)という物質にも注目です。

先生

でも、ニオイの種類って色々あって、人それぞれの嗅覚も違うからね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ワキから納豆のようなニオイがする?

 

ワキから納豆のようなニオイがする場合は、ワキガと推定していいでしょうか。まず、病気からくる様々なニオイを見てみましょう。

 

 

上記の記事にも書きましたが、様々な病気がニオイの原因となることがあるのです。『ニオイをかげば病気がわかる』には『病気のニオイ』として、以下のような表をまとめています。

 

病気のニオイ

糖尿病 甘いニオイ
黄熱病 血なまぐさいニオイ
壊血病 生ごみのニオイ
腸チフス 焼きたてのパンのニオイ
ジフテリア ひどく甘ったるいニオイ
ペスト リンゴの腐ったニオイ
コレラ 腐敗性バクテリアのニオイ
はしか 生臭い鳥の羽のニオイ
痛風 古いビールのニオイ
胃腸病 卵の腐ったニオイ
腎炎 アンモニアのニオイ
フェニールケトン尿症 かび臭い
メープルシロップ尿症 メープルシロップの甘いニオイ
イソ吉草酸血症 チーズのニオイ
メチオニン代謝不能 ゆでたキャベツのニオイ
魚臭症候群 魚臭いニオイ
自律神経失調症 炊き立てのご飯のニオイ
統合失調症 トランス-3-メチル-2-ヘキセン酸の刺激臭
緊張型分裂症 枯れた草のニオイ
消化器系の障害 すっぱいニオイ
肺機能の障害 肉の腐ったニオイ、むかむかするニオイ
心肺機能の障害 焦げ臭いニオイ
肝機能の障害 ネズミ臭
腎機能の障害 おしっこのニオイ
加齢臭 脂臭いニオイ

 

ここには、『納豆のニオイ』というものはありません。したがってそのようなニオイは、何らかの病気ではなく、違う要因が関係していると考えられます。この本では様々なニオイの原因についてかなり詳しく書いていますから、体にある汗腺類から出るニオイもこうまとめることができます。

 

先生

ワキガの種類にも、病気のニオイの種類の中にも、納豆のニオイというものはないんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『納豆のニオイ』がするワキガはない。

皮脂腺からでる皮脂は加齢臭とワキガの原因

まず皮脂腺からでる皮脂について、こうあります。

その一方で、皮脂が長く皮膚上にとどまると、脂肪分が酸化し、それが肌表面の微生物に分解され、ニオイのもとになります。その代表が第2章で説明した加齢臭です。

 

それが以下の部分です。

加齢臭の正体とは

 

(省略)加齢臭の正体は『ノネナール』という酸化した皮脂に含まれる化学物質のニオイです。よく男性整髪料の『ポマード』のニオイに喩えられるものですが、ポマード自体は、いい香りがするものです。しかし、これを頭につけたまま長時間洗髪しないでおくと、独特の脂っぽい青臭いニオイに変化します。

 

つまり、皮脂腺から出る皮脂は、微生物に分解され、加齢臭の原因となり、また、アポクリン汗と交じり合うとワキガ臭を発生させます。

 

先生

加齢臭のニオイともまた違うしね!納豆のニオイがするわけじゃない!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 皮脂腺からでる皮脂は加齢臭とワキガの原因となる。

アポクリン汗の役割

続いてアポクリン汗ですが、これについては、各専門書を見ても、

 

  • 皮膚上の微生物に分解されると強いニオイを発する
  • かつてフェロモンとしての役割があった

 

というようなことは書いてあっても、そのニオイがどのようなものであるかについての詳細は書いていません。例えば、『体臭・多汗の正しい治し方』にはこうあります。

アポクリン汗の役目は何か?

 

(省略)このように、進化前の人間のアポクリン腺は、異性を惹きつけるフェロモンのような役割をしていたのです。

 

とあり、それがどのようなニオイかについての詳細はありません。しかし、よくよく調べてみると、アポクリン汗は実は『無臭』だということがわかります。アポクリン汗は、

 

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖類
  • 鉄分
  • 尿素
  • アンモニア
  • 蛍光物質
  • 色素

 

などを多量に含んでいて、分泌されたときは無臭ですが、毛穴や皮膚の表面にある細菌によってこれらの成分が分解されると、ワキガ臭の原因となります。エクリン汗は、

 

  • 水分(99%)
  • 塩分(1%)

 

で、もっと無臭です。

 

 

ちなみに洋服に出来る黄色い汗ジミは、これらアポクリン汗の成分である、

 

  • 鉄分
  • 色素
  • 蛍光物質

 

などが原因であると考えられます。つまり、多汗によってびしょ濡れになっても、それらのシミが出来ないのであれば、そこにワキガはない、と考えることが出来るのです。しかし、洋服の色が変わってしまうほど色が染みつくようであれば、それだけアポクリン汗の成分が濃いということになります。しかし、アポクリン汗自体は無臭なのです。

 

先生

アポクリン汗は、ワキガの原因物質であるけど、これ自体は無臭なんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • アポクリン汗自体は無臭。

エクリン汗の役割

では、エクリン汗はどうでしょうか。『ニオイをかげば病気がわかる』にはこうあります。

エクリン腺の汗が雑菌と混じって生じるニオイには、運動後のTシャツのニオイや、生乾きの洗濯物のようなかび臭いニオイ、また靴下の蒸れたニオイもあります。この汗腺から出る汗そのものにはニオイはありませんが、発汗しにくい人の汗は、その分、ドロドロしていて皮膚にとどまりやすく、汗っかきの人よりもニオイの原因になりやすいのです。夏場よりも、汗をかきづらい冬場のほうが足が臭くなるのもこの理由からです。

 

『生乾きの洗濯物のようなかび臭いニオイ』と出てきましたね。これはまさに、『納豆のようなニオイ』と見て間違いありません。私もよく洗濯物が生乾きのとき、干したはずの洗濯物から納豆のようなニオイがして、うんざりしていたものです。

 

 

しかしこう考えると、

 

  • 皮脂
  • アポクリン汗
  • エクリン汗

 

これら自体には最初、ニオイがないということがわかります。全て、雑菌が混ざったり、細菌が分解したりしてニオイを発生させるんですね。では、それぞれの内容をまとめてみましょう。

 

各汗腺類から出るニオイ

皮脂 無臭だが、長く皮膚上にとどまると脂肪分が酸化し、それが肌表面の微生物に分解され、脂臭いニオイになる。
アポクリン汗 無臭だが、毛穴や皮膚の表面にある細菌によってこれらの成分が分解されると、ワキガ臭を放つ。
エクリン汗 無臭だが、雑菌と混じると、生乾きの洗濯物のようなかび臭い(納豆臭い)ニオイになる。

 

これで原因がわかりました。ワキから納豆のようなニオイがする場合は、ワキガではなく、エクリン汗が雑菌と混ざったことが原因だったんですね。

 

先生

納豆のニオイの原因がわかったね!アポクリン汗でもないし、加齢臭でもないから、これはワキガとは関係ないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • エクリン腺はアポクリン汗よりも無臭。
  • しかし、エクリン汗が雑菌と混じって生じるニオイには、生乾きの洗濯物のようなかび臭いニオイがある。

イソ吉草酸(きっそうさん)に注目

ただもう一つ見落としてはならないのは、先ほど挙げた病気の中で、『イソ吉草酸(きっそうさん)血症』というものがありました。少し難しい話なので分からない人は何となくで構いませんが、一度目を通してみましょう。

 

難病情報センター『イソ吉草酸血症(指定難病247)』にはこうあります。

イソ吉草酸は有機酸の一種で、酢酸(お酢)もその仲間です。酢酸は体のエネルギー源などになる有益な有機酸ですが、イソ吉草酸はエネルギー産生をじゃまする有害な有機酸です。通常、イソ吉草酸(厳密には体の中では“イソバレリル・コエンザイムA”として存在します)は酵素の働きによってすぐに有益な有機酸に変えられて(代謝されて)いきますが、イソ吉草酸血症の患者さんでは、この酵素の働きが生まれつき不充分であり、イソ吉草酸が体に蓄積して代謝機能不全による症状が惹起される遺伝病です。

 

この酵素の変調は遺伝子の変化(変異)に起因しますが、その遺伝子変異は、全く症状が出ないような軽微なものから、生まれた直後(新生児期)から重篤な障害を引き起こすものまで、様々です。日本では“新生児マススクリーニング”で早期発見することになっています。

参考 イソ吉草酸血症(指定難病247)難病情報センター

 

体内の必要な酵素が、生まれつき足りない人がイソ吉草酸という有機酸をエネルギーに換えることができず、代謝機能不全にさせてしまう病気です。実は、このイソ吉草酸というのは『納豆のニオイ』がするのです。先ほどの表には、『チーズ』と書いてありますが、更に言うと、『チーズや納豆のニオイ』がするんですね。ちなみに納豆には本当にイソ吉草酸が含まれています。

 

 

つまり、体から納豆のようなニオイがするということは、もしかしたら『イソ吉草酸血症』である可能性も否定できません。

 

Wikipedia『イソ吉草酸血症』にはこうあります。

汗をかいた足の裏のような独特の尿臭が特徴である。この臭いはイソ吉草酸の蓄積によって引き起こされる。

参考 イソ吉草酸血症Wikipedia

 

イソ吉草酸をうまく代謝できず、体内に蓄積し、尿が足の裏のようなニオイがするとあります。先ほどエクリン汗の説明でも、『靴下の蒸れたニオイ』と出てきましたが、足の裏のあの匂いも、このイソ吉草酸の(納豆のような)ニオイがするんですね。

 

先生

納豆にはイソ吉草酸が実際に含まれているんだ!納豆とイソ吉草酸は深い関係があるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • イソ吉草酸というのは『納豆のニオイ』がする。
  • 体から納豆のようなニオイがする場合は『イソ吉草酸血症』である可能性もある。

『途中でイソ吉草酸血症を患った』ということはほぼあり得ない

ただ、この病気は、

 

  • 米国では250,000人に1人の頻度で見られる
  • 先天性の病気である

 

といった理由から、『途中でイソ吉草酸血症を患った』ということはほぼあり得ないと言っていいでしょう。生まれつきそういう体質であれば、もっと早くからそれを把握しているはずですからね。

 

ただし、イソ吉草酸血症の人でなくてもイソ吉草酸と無縁ではありません。実は、繁殖した雑菌は汗や皮脂、角質、爪垢などをエサにしてさらに増え、代わりにこのイソ吉草酸を老廃物として出します。

 

先生

『途中でイソ吉草酸血症を患った』可能性はとても低いから、もし最初からそうだったら今さらこのことについて調べる人はいないだろうね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『途中でイソ吉草酸血症を患った』ということはほぼあり得ない。

イソ吉草酸と『納豆のようなニオイ』

では一度、納豆のようなニオイが出るまでの流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    エクリン腺が出る
     
  • STEP.2
    蒸れた環境等で雑菌等を繁殖させる
     
  • STEP.3
    繁殖した雑菌は汗や皮脂、角質、爪垢などをエサにしてさらに増え、代わりにイソ吉草酸を老廃物として出す
     
  • STEP.4
    このこのイソ吉草酸が『納豆のようなニオイ』の原因となる
     

 

ということなんですね。このニオイを出さないためには、

 

  • まめに拭き取ったり洗い流す
  • 多汗症の対策をする
  • エクリン汗を切除する

 

等の対策が必要となります。また、下記の記事には手術の外用や、精神面を安定させ、発汗を抑制するいくつかの選択肢についてまとめていますので、そちらも併せてご確認ください。

 

 

また、イソ吉草酸は洗っても落ちにくいという特徴をもっています。私も、納豆臭くなったタオルを何度洗ってもニオイを落とせなかった経験を持っていますからよくわかります。ハイターのようなもので何度洗ってもニオイは取れませんでしたね。結局タオルを買い替えることになりました。ワキガによって服が黄ばんだ場合の対策は下記の記事に書きましたが、

 

 

例えば衣服にそのような納豆臭いニオイがついた場合は、クリーニングに出してみるか、それでもだめなら諦めて捨てるしかないかもしれません。今では部屋干し用の、生乾き対策の洗剤もいくつか出ていますから、それらを使って普段からの対策をすることも大事ですね。

 

 

後、もしタオルの場合であれば、乾きづらいバスタオルをあまり濡らさないことを心がけるといいかもしれません。私も入浴後は必ずバスタオルで身体を拭くのが習慣だったのですが、このニオイの問題にぶつかってから、フェイスタオルを使って体の水分をとり、その後でバスタオルを羽織る形を取るようになりました。

 

すると、やはりバスタオルから納豆のようなニオイがすることは激減し、フェイスタオルからもなぜかそこまでニオイを感じないのです。もしかしたらフェイスタオルは、サイズが小さくて乾きやすいので、雑菌が繁殖する暇がないのかもしれません。また、私が使っているのはテストとして下記のようなお徳用のもので、値段も安いのですが、

 

 

もしこのタオルにニオイがついても、値段が安いので捨てるのに躊躇がありません。そういうメリットもあり、『どうせニオイがつくならフェイスタオルに』ということでそうしてみたのですが、この対策をしてから2年以上経ちますが、全くタオルからニオイがすることはありませんね。

 

ですから、ニオイがつく前、つまり細菌が繁殖する前に乾かしきって、細菌を寄せ付けないようにすることが、体だけではなく衣服やタオル類であっても同じだということですね。

 

先生

ただ、ニオイへの嗅覚って人によって違うから、人によっては納豆臭いワキガ臭っていう解釈をする人もいるだろうね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • イソ吉草酸は洗っても落ちにくい。