ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガに殺菌効果のあるオロナインは有効なの?

ワキガに殺菌効果のあるオロナインは有効なの?

オロナインはワキガに特化した商品ではありません。

基本的にそのような商品から高い効果を得ることはできません。

先生

オロナイン軟膏を塗ってもワキガには有効じゃないよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ワキガに特化した商品かどうか

 

ワキガにオロナインを塗ってもあまり効果はありません。たしかに殺菌効果があり、擦り傷などに効果があるとされているオロナイン軟膏ですが、ワキガ対策のアイテムではないので、そのようなものを無理に代用することはしないほうが得策です。

 

 

商品説明にはこうあります。

  • 効能・効果

 

にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

 

  • 成分・分量

 

本剤は殺菌作用を有するクロルヘキシジングルコン酸塩を配合した親水性軟膏です。1g中にクロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)を10mg含有します。

 

なお、添加物としてラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水を含有します。

 

殺菌作用を有するクロルヘキシジングルコン酸塩が含まれていますから、これによってワキの下の細菌を殺菌すると効果があると考えた人が、『ワキガにオロナインを塗る』という発想を思いついたのかもしれません。しかしそれは、『赤飯』と同じ考え方ですね。

 

 

この記事に書いたように、赤飯に含まれる小豆には、『大豆サポニン』が含まれていて、これに抗酸化作用と中性脂肪を抑える効果があり、そのおかげで細菌が酸化させ、あるいは皮脂が分泌されることを抑えることで、ワキガが治療できる、と考えた人が、赤飯をワキに当てる、という発想をしたのですが、記事にあるように、これでワキガが解消されるということはありません。

 

 

また、『ベビーパウダー』もそうですね。

 

 

同じように『効きそう』という発想で浮上している考え方ですが、どれもこれもが『ワキガ専用のグッズ』ではないので、ワキガに有効とは言えません。なんなら下記のようなスプレータイプのデオドラント剤であっても同じことです。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

ワキガに有効なのは、

 

  • ロールオンタイプ
  • スティックタイプ
  • クリームタイプ

 

であり、スプレータイプやパウダータイプはワキガ臭には有効とは言えません。

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

ワキ汗、体臭対策として出ているこのようなデオドラント剤の中にも、ワキガに有効ではないものもあるんですね。ですから、ワキガ対策としてオロナイン軟膏を塗るのはやめた方がいいでしょう。

 

料金についても、オロナイン軟膏と先ほどのエージーデオなどのデオドラント剤は700円しない程度でほぼ同じですから、わざわざ効果のないオロナイン軟膏を買って塗るより、ロールオンタイプのデオドラント剤を使った方がはるかに効果があると言っていいでしょう。

 

 

先生

オロナインはワキガには有効じゃないよ!まずはそれを頭に入れよう!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
この章のまとめ

  • オロナインはワキガに特化した商品ではなくワキガに有効ではない。

多少の殺菌効果を得る代わりに

また、オロナイン軟膏を塗って『鼻の毛穴を綺麗にする』という噂があるのですが、例えばそれを実証している人の動画があります。

 

オロナインパックで角栓を殲滅してみた


 

これについて、専門医がこういう動画を出して、苦言を呈しています。

 

話題!オロナイン軟膏で毛穴が簡単に綺麗になる!?医師の見解【Dr.Ben*】


 

先ほど載せた『オロナイン軟膏H』という『H』は、ヘキシジン(クロルヘキシジングルコン酸塩)のことで、殺菌効果があるもの。『たしかにそれを塗れば多少の殺菌効果を得られるかもしれないけど、毛穴に物が詰まっているというのに、そこにさらに物を塗ってどうするんだ』と医師は説明しています。

 

 

この考え方で言うと今回のワキガでも、『たしかにそれを塗れば多少の殺菌効果を得られるかもしれないけど、ベタつくし、ワキガ成分の黄ばみと混じってより衣服につきやすくなるし、そもそもワキガ専用グッズじゃないからワキガの原因物質を全て取り除けるわけではない』ということになります。

 

先生

このようなテーマはうわさ話が根源なわけだけど、全く根拠がないっていうことだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • とにかくオロナインはワキガに有効ではない。

まだ『汗ワキパット』の方がいい

それであれば、まだ『汗ワキパット』の方がいいですね。あるいは『インナー』です。このあたりを何度も取り換えて、常に清潔にする方がはるかに効果があると言えます。

 

 

これは便に例えた場合、大便のニオイを抑えたいからといって、便をした後、お尻をふかずにその上にオロナイン軟膏を塗るようなものです。たしかに下記の記事に書いたように、

 

 

『体臭・口臭・便臭 ニオイ対策介護テクニック』にはこうあります。

ニオイを感じるメカニズム

 

ニオイ物質が鼻に入ってから、どのように『ニオイ』と判断されるのだろうか。鼻腔の上面には切手くらいの広さの鼻粘膜があり、そこに、ニオイの受容器である嗅細胞が約500万個も並んでいる。嗅細胞の先端にある嗅線毛にニオイ物質が付着すると、電気信号が出され、嗅神経を通じて大脳の嗅覚野に達し、ニオイとして識別される。

 

『ニオイ物質が鼻の奥に届かなければ臭わない』わけですから、ニオイの上にカバーをすることでニオイに『蓋』をすることが出来るという理論はうなづけます。

 

 

しかし、オロナインに多少殺菌効果があり、あるいは軟膏がある種の蓋代わりになって便のニオイを抑えることができたとしても、それは一時的であり、効果もほとんどないと言えますよね。

 

普通に生活をしていたらすぐにオロナイン軟膏の効き目に限界がきて、ニオイを発生させてしまいます。それどころか、かぶれたり、細菌が逆に繁殖したりして、余計な手間が増えるだけですね。

 

ワキガ臭を根幹から経つためには手術しかありません。手術については下記の記事にたっぷりとその詳細を書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

またどうしてもそれが嫌な場合でも、下記の記事を見て、ワキガ臭を悪化させないような正しい対策を取れば、大分ニオイは軽減されるでしょう。

 

 

先生

デオドラント剤の存在もあるしね!わざわざオロナインを使ってワキガ対策をする意味はないと言えるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
この章のまとめ

  • オロナインを使用するなら『汗ワキパット』を使用した方がいい。