ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

豆乳でワキガを改善できる?塗っても飲んでも効果はあるが…

豆乳でワキガを改善できる?

豆乳は、

 

  • 豆乳ローションとして肌に塗る
  • 豆乳として飲む

 

という2つの方法で使用することになり、そのどちらも結果的にワキガ臭を抑える結果へと導く可能性があります。

先生

豆乳って成分調整してあるやつでも飲めないっていう人はいるよね!結構クセが強いよ!でも体にはいいんだ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

豆乳でアポクリン汗腺の数を減らせるということではない

 

ワキガ体質に『豆乳』が意外と効果的であるという事実があります。この豆乳ですが、

 

  • 豆乳ローションとして肌に塗る
  • 豆乳として飲む

 

という2つの方法で使用することになり、そのどちらも結果的にワキガ臭を抑える結果へと導く可能性があります。もちろん確実ではありませんし、即効性、効果等々は、その人の体質によっても異なる前提があります。ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

このようにして、ワキガ臭の根幹にあるのは『アポクリン汗腺』ですから、この数が人より多いワキガ体質の人は、豆乳を飲んだり塗ったりしたところで、アポクリン汗腺の数を減らせるということではないので、注意が必要です。

 

アポクリン汗腺は手術で切除できます。手術痕が残りますが、ワキガの根本治療はこれしかありません。それ以外の方法は、あくまでも『手術だけはしたくない』というこだわりを持っている人や、『手術ができない』条件を持っている人が見るべき対策となります。

 

 

 

先生

アポクリン汗腺の数を減らせないならワキガを完治させることはできないね!それをまず頭に入れよう!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 豆乳でアポクリン汗腺の数を減らせるということではない。

豆乳ローションのメリット

『手作り豆乳ローション ムダ毛が消え、美白、美肌に!』には豆乳ローションの8大効果として、次の8つを挙げています。

 

  1. ムダ毛が細く、薄くなる
  2. ムダ毛が抜けやすくなる
  3. ムダ毛が生えなくなる
  4. 美白効果がある
  5. 肌がうるおう
  6. ニキビやテカりを改
  7. バストアップが期待できる
  8. ワキガを改善

 

『ワキガを改善』というキーワードがありましたね。他の詳細が気になる方は本を読んでもらうとして、その詳細を見てみましょう。

ワキガを改善

 

(省略)ワキガは、ワキの下のアポクリン腺という汗腺から出る汗に、雑菌がついて繁殖することによって生じます。ところが、アポクリン腺は毛穴に通じているので、豆乳ローションを塗れば、サポニンとアルコールの清浄効果で毛穴や皮膚の汚れが除去され、雑菌の繁殖を抑えることができるのです。

 

この豆乳ローションに含まれる、

 

  • サポニン
  • アルコール

 

の2つの成分が、ワキガ臭に有効であるというんですね。この2つの成分に関しては、下記の記事に書きました。

 

 

デオドラント剤はアルコールが使用されているものがありますが、アルコールを使用して体の殺菌をしても問題はないということがわかります。また、なぜ赤飯がワキガに効くと言われているかというと、赤飯に含まれる『小豆』に、『大豆サポニン』という抗酸化物質が含まれているからです。

 

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

サポニン類

強い抗酸化作用が持ち味

 

サポニン類のなかで最もとりやすいのが大豆サポニンでしょう。大豆サポニンは強い抗酸化作用をもち、脂質の酸化を防いで代謝を促進します。血中のコレステロール値や中性脂肪値を下げるので、動脈硬化や脂質性異常、高血圧などの予防に有効です。また、肝機能障害の改善にもすぐれた効果を発揮します。

 

この大豆サポニンの成分でワキガと関係するのは、

 

  • 強い抗酸化作用がある
  • 中性脂肪値を下げる

 

という部分です。この効果を狙って、赤飯をワキの下にはさみ、あるいは食べ、ワキガを抑制するということなんですね。しかし、実際には赤飯をワキの下にはさんだ実験をしても効果が見られない、という動画を、その記事に載せました。

 

ですから、豆乳ローションにサポニンとアルコールが含まれていると言っても、それでワキガ臭をバッチリと抑えられるということまでは期待しない方がいいでしょう。あくまでもこの豆乳ローションの主目的は『ムダ毛の処理』ですから、ある種『副作用』的に期待できる『ワキガ臭の抑制』は、ある程度の効果だと考えるのが妥当です。

 

ただ、この時点では赤飯と比べて『アルコール』が加わっているので、赤飯よりは効果があると考えられます。また、この豆乳ローションには実はもう一つ成分が含まれていて、それを考えると、なかなかワキガ臭にも効果があると言えます。

 

先生

赤飯や豆乳ローションでワキガが治るなら、デオドラント剤は成り立たないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 豆乳ローションのメリットを確認する。
  • ただ、ワキガ臭をバッチリと抑えられるということまでは期待しない方がいい。

豆乳ローションの作り方

では、豆乳ローションの作り方を見てみましょう。

 

材料

  • 無調整豆乳(大豆固形成分が8%以上のもの)500ml
  • レモン中2個(絞った果汁が70~100ml必要)
  • 消毒用アルコール(消毒用エタノール)60ml(大匙4)

 

道具

  • レモン絞り器(あると便利)
  • 計量カップ、軽量スプーン
  • 小鍋
  • お玉じゃくし
  • ざる(目が細かいもの)
  • ボウル
  • キッチンペーパー
  • タオル(目が細かい清潔なもの)

 

作り方

0.準備

ボウルの上にザルを載せ、ザルの中にタオルを敷き、キッチンペーパーを2枚重ねてのせる。

 

1.レモンを絞る

レモンをよく洗って半分に切り、あればレモン絞り器で果汁を絞る。(※レモンの皮にはソラレンというシミの原因となる物質が含まれているので、絞る時にティッシュで皮を包んで絞ると安心)

 

 

2.豆乳を温めて、レモン果汁を入れる

小鍋に豆乳500mlを入れて弱火にかけ、お玉じゃくしでかき混ぜながら温める。投入が60℃くらいになったらレモン果汁を加える。(※温度が上がりすぎて、豆乳の表面に膜(湯葉)ができないように)

 

3.消毒用アルコールを入れる

レモン果汁を入れたらゆっくりとかき混ぜ、豆乳が固まり始めたら火からおろす。消毒用アルコール60mlを加えて、更に混ぜる。消毒用アルコールは引火しやすいので、必ず火からおろして混ぜる。(※豆乳と水が分離するほどになったら固まりすぎ)

 

4.こして、絞れば出来上がり

準備したボウルのキッチンペーパーの上から3を流し入れ、しばらくおく。手でもてるぐらいに覚めたら、タオルごと取ってしっかり絞る。ボトルに移し、余熱がとれたらすぐに使える。

 

 

これが豆乳ローションの作り方です。この中に、『レモン汁』というのが出てきましたよね。本にはありませんが、実はこのレモン汁に含まれる『クエン酸』がワキガ臭に有効なのです。

 

クエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。また、クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消できるのです。従って、下記の記事に書いたような『汗腺トレーニング』においても、お風呂の中に酢を入れたり、水分補給としてクエン酸を飲むことが推奨されています。

 

 

ということで、この豆乳ローションは、

 

  • サポニン
  • アルコール
  • クエン酸

 

という3つの成分によって、ワキガ臭に有効であると言うことができます。

 

先生

なかなか考えられているよね!成分としては優秀だと言えるだろうね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 豆乳ローションにはサポニンとアルコールとクエン酸が含まれていて、ワキガ対策として使える。

『豆乳を飲む』のは?

では今度は、『豆乳を飲む』という方向で考えてみましょう。『手作り豆乳ローション ムダ毛が消え、美白、美肌に!』にはその13大効果として、以下の13個を挙げています。

 

  1. ダイエットをスムーズにする
  2. 便秘を予防改善する
  3. 血液がサラサラになる
  4. 肌を美しくする
  5. シミを予防する
  6. イライラを解消する
  7. 疲労の回復を促す
  8. 貧血を予防する
  9. 月経前緊張症(PMS)を改善する
  10. 更年期障害を予防・改善する
  11. 老化を遅らせる
  12. 骨粗鬆症を予防する
  13. 乳がんや前立腺がんを予防する

 

このうちのどれがワキガ臭と関係しているかというと、女性であれば正直、全てだと言えます。一見関係のなさそうな、

 

  • PMS
  • 更年期
  • 老化
  • 骨粗鬆症
  • 乳がん

 

等の問題も、全て結局は『ストレス』に関係しています。こうした状況を受け、何も感じない女性はほとんどいませんからね。ほぼ全員の女性が、それを受けてストレスを缶います。もちろん、男性であっても同じことです。

 

 

ストレスを感じないのは、『健康的な日常生活』を送っているときだけ。このような『不健康で異常な状態』を受ければ、誰もがそこに『負荷』を感じます。例えば、手にささくれがあってズキズキしていたり、小指をぶつけて痛みがあったりするだけで、そこに『負荷』を感じますよね。そこには当然ストレスがあります。

 

ストレスというのは、ワキガ臭と関係があります。下記の記事に、ストレスや自律神経について書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

そこにも書いたように、緊張するとワキ汗をかくことがあります。これは、自律神経のうち『交感神経』が優位になっている証拠です。

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですから、緊張した場面や、不安に感じるときなどに人は交感神経が優位になり、発汗等の様々な現象をもたらすのです。

 

記事を見てもわかるように、交感神経が優位になるとろくなことはありませんね。例えば、消化器活動が下がったり、免疫機能が低下したりするだけで踏んだり蹴ったりですよね。『発汗』も、やはり交感神経が優位になると起こる現象だということがわかります。

 

つまり、『ストレスをためるとワキガになる』わけではありませんが、ワキガ体質の人がストレスを溜めると、交感神経が優位になってワキ汗をかき、ワキガ臭を発しやすくなるということです。

 

  • STEP.1
    骨粗鬆症等の『異常状態』を受ける
     
  • STEP.2
    ストレスを感じる
     
  • STEP.3
    交感神経が優位になり、発汗しやすくなる
     あるいは良質な睡眠がとれず、交感神経が優位になりがちになる。
  • STEP.4
    ワキ汗をかきやすくなり、ワキガ臭を発しやすくなる
     

 

ということですね。従って、豆乳でこれらの症状を抑えることが出来たら、結果的にワキガ臭を抑えられることになる、と言っても過言ではないのです。また豆乳には、

 

  • 大豆サポニン
  • 大豆オリゴ糖
  • 大豆イソフラボン
  • レシチン
  • トリプトファン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンE
  • カリウム
  • マグネシウム

 

といった栄養素が含まれていますが、この大豆の底知れぬ実力については、下記の記事にまとめましたので、併せてご確認ください。

 

 

正直、このすべての栄養素が『結果的にワキガ臭を抑える』と言っていいでしょう。トリプトファン、レシチン、鉄等で精神安定をし、自律神経を整えることのメリットはすでにお話ししましたが、便秘や血行不良、あるいは、ビタミンB1、B2、カリウム、マグネシウムによって疲労回復し、『乳酸』をため込まないことの大切さについても下記の記事に書きましたし、

 

 

サポニンやビタミンE等に含まれる抗酸化作用については、赤飯の記事に書きました。その赤飯も結局は『小豆』の効能ですからね。やはり、豆類というものは人間の身体にとてもいい影響を与えると言っていいでしょう。

 

  • 肉→魚→大豆』と覚えておくといいですね。

 

 

 

先生

ワキガが完治するわけじゃないけど、肉食をやめて大豆製品を摂るようにすれば、かなり健康的な体質になると言っていいだろうね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 豆乳等の大豆食品を食べるメリットは大きい。