ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガのせいで電車やエレベーターに乗るのが怖いと思っているのは○○だけ

ワキガのせいで電車やエレベーターに乗るのが怖いんだけど、どうしたらいい?

ワキガのせいで電車やエレベーターに乗るのが怖いと思っているのはアジア人だけかもしれません。欧米ではほとんどの人がワキガ体質だからです。

この問題を解決するためには、

 

  • 日本人の『反ワキガ』の価値観を変える
  • 『親ワキガ』の国へ移住する
  • 自分のワキガ体質を手術で根本治療する
  • 密室に入らない
  • 密室前だけは特に入念にケアをする
  • メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

 

といったいずれかの選択肢を選ぶ必要があります。

先生

日本は体臭に敏感な国だからね!体臭がしない人が周りに大勢いるから、それ以外のニオイが『異臭』なんだ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

『反ワキガ』か『親ワキガ』か

ワキガ体質の人で電車やエレベーターが怖いと思っているのは、アジア人だけでしょう。それは単純な理由です。ワキガ体質の絶対数が少ないからです。人種別ワキガ体質の割合を見てみましょう。

 

人種別ワキガ体質の割合

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:10~15%
  • 韓国、朝鮮人:5%

 

このようにして、ここ日本ではワキガ体質の人が1割ほどしかいませんし、ワキガ臭は『悪臭』だと解釈されていて、拒絶反応を示されるからです。

 

 

例えば、『日本人が嫌いだ』と言っている国に入ったとき、入国したときからどんな時でも人目が気になることでしょう。それは、

 

きっとこの国の人たちは皆日本人が嫌いなんだ…

 

という思い込みがあるからであり、事実としても、そういう事実があるからですね。逆に言うと、『日本人が好きだ』と言っている国に入ったときはそういうことはありません。このように、その国が『反日』なのか『親日』なのかというだけで、ずいぶん心の持ちようが違ってくることになります。

 

 

同じ考え方で、その国が『反ワキガ』か『親ワキガ』かということがここに影響しています。 黒人の100%、白人の80%がワキガ体質という中では、そのような人々らが大勢暮らす国は間違いなく『親ワキガ』でしょう。しかし、『ほのかな香り』を好む日本人が多いこの国では、『反ワキガ』の価値観を持った人が大勢いるのが現実です。

 

この『反ワキガ』の国で生活していれば、正直どこにいたって人の顔色が気になります。電車やエレベーター等の密室では更にそうなりますね。また、ワキガだけじゃなく、口臭や加齢臭、おならのニオイだって気になるでしょう。

 

こんな密室でおならをしたらまずい…

 

と誰しもが思います。こと体臭ということで言えば、そのようにして人目が気になってしまうと更に交感神経が優位になります。例えば下記の記事に書いた『あがり症の種類』を考えたとき、

 

 

 

ここにある『視線恐怖』や『発汗恐怖』等に近い状態になるわけですが、そうなると心臓の鼓動が早くなり、息苦しくなったり、汗を大量にかいたり、ソワソワしたりしてしまいます。

 

先生

『親ワキガ』の国であれば、密室で体臭が気になるということも激減するね!そのニオイが普通だから!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガ体質の人で電車やエレベーターが怖いと思っているのは、アジア人だけ。
  • 『反ワキガ』か『親ワキガ』かが影響している。

人に配慮できる心は正しい

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

ワキガ臭というのは、まず『アポクリン汗』という汗が出ることが最初の前提であり、『エクリン汗』という汗をかいてもそのニオイや体臭が外に拡散されます。したがって、どのみち汗をかいてしまうとわき毛等をつたってニオイが外に拡散されてしまいますので、なるべく避けたいわけです。

 

しかも、それが密室ということになると余計にそのニオイはそこにいる人たちの鼻の奥によく入ってしまいますから、それがまた気になってしまって、悪循環になるのです。

 

ただ、私はそういう密室でそうして人のことを配慮できる人の方が素晴らしいと思いますけどね。逆にそういう場で、無神経にゲップやおならをしたり、大きなあくびをしたりして独り言を言ったりするような人の方が嫌いです。

 

 

ですからまずは、そうして人の気持ちに配慮できる心は正しいんだ、ということを理解しましょう。それはとても素晴らしいことです。

 

先生

対人恐怖症は日本人独特の精神病っていうけど、日本人には世界に誇れる民族意識っていうものがあるからね!強奪をしないのが当たり前!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 人の気持ちに配慮できる心は正しい。

密室でワキガ臭を気にしなくなるためには

さて、この問題を解決するためには、

 

  • 日本人の『反ワキガ』の価値観を変える
  • 『親ワキガ』の国へ移住する
  • 自分のワキガ体質を手術で根本治療する
  • 密室に入らない
  • 密室前だけは特に入念にケアをする
  • メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

 

といったいずれかの選択肢を選ぶ必要があります。

 

日本人の『反ワキガ』の価値観を変える

これには長い時間がかかります。日本人のワキガ体質を増やし、全世界の人がワキガになれば問題は解決するのですが、長い時間をかけてもこの割合はほぼ変わっていませんからね。

 

確かに下記の記事に書いたように、日本人の食の欧米化というものはここ50年で急激に進んでいて、それが肥満やアトピー等の様々な問題を引き起こす原因となっています。

 

 

『からだのニオイは食事で消す 体臭は内臓からの注意信号』にはこうあります。

食の欧米化が体臭をふやした!

 

かつて、日本人の食生活は菜食が基本だったので、肉はほとんど食べていませんでした。仏教の影響が強かった日本では、おおむね肉食禁止の戒律が守られてきたからです。

 

明治時代になって、西洋の肉食文化が入ってきました。それでも、戦前まではこうかな肉類は庶民の手には入りづらく、一部の人たちだけのごちそうでした。けれど、戦後アメリカの影響で食事が欧米化するとともに、動物性の食べ物や油脂の採取量が大幅に増えたのです。

 

ニオイもそうです。したがって、このまま日本人が動物性の食べ物ばかり食べるようになれば、日本人の体質は変わっていき、いつか日本人の多くがワキガ体質になる日がくるかもしれません。

 

 

しかし、これはとにかく自分たちが生きている間には実現不可能ですからね。しかも、この考え方は不純です。よく、

 

あいつさえ落ちれば、自分が惨めにならないで済むのに…

 

という方向で人の不幸を願い、あるいは陥れ、自分の優越感を満たしたり、慰める人がいます。しかし、こういう考え方は当然不順であり、人としての器は小さく、人道に外れています。個人的に言えば、ワキガ臭がする人よりも、人道に外れてでも自分のエゴを満たそうとする人の方がよっぽど『醜い』ように見えますね。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

人間に求められているのは『生きながらえる』ことではなく、『命を使い切る』ことなのです。それを理解している人とそうでない人の人生の価値の差は雲泥です。

 

『親ワキガ』の国へ移住する

これは、難易度が高い人とそうでない人がいるでしょう。もし元々そのような国に引っ越したり、移住する予定がある人や、興味がある人等にはうってつけの話です。また、その国の人と恋に落ち、結婚して移住するようなケースに該当する人等がいる場合は、ちょうどいい話でしょう。

 

 

しかし、海外に移住することは、『普通』は少し壁を感じるものです。そのように考える人にとっては、この話は先ほどの話同様、難易度が高い話となります。

 

ただ、『普通』というなら、自分はこの日本で1割しかいないワキガ体質に生まれたわけで、体質的には『普通じゃない』わけです。そう考えると、あまり『普通』にこだわって人生を棒にふるわないようにしたいですね。

 

アインシュタインは言いました。

 

自分のワキガ体質を手術で根本治療する

実際のところ、

 

  • 30万円程度のお金
  • 多少の手術痕が残る覚悟

 

があれば、手術をしてアポクリン汗腺等を切除してしまうのが手っ取り早いですね。これによって医師は、『ワキガは完全に、永久的に解決する』と豪語しています。下記の記事を見てその詳細を確認してください。有名な専門家が出している動画も載せています。

 

 

『ニオイをかげば病気がわかる』にはこうあります。

ところで、美容整形外科で行われているワキガ治療手術は、アポクリン腺を一つひとつレーザーで焼き切るという方法をとっています。こうして人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もないようです。

 

この方は、ワキガ手術をする医師ではなく、東京教育大学大学院を修了した理学博士です。嗅覚研究の第一人者として第一線で活躍するニオイのプロですから、『大人のワキガ手術』に関しては、やはり成功率は高いようですね。子供の手術に関しては、下記の記事をご覧ください。

 

 

 

密室に入らない

なるべく密室に入らないようにすることも選択肢の一つです。例えば我々は、

 

  • 危ないから夜の歌舞伎町(盛り場)には行かない
  • 危険だから冬の雪山の登山は控える
  • クマ(蜂、蛇)が出て危険だからこれ以上進まない
  • 今シリアは危険な状態のため、渡航は止めてください。

 

といった警告を常日頃から見ています。

 

 

例えば外務省の海外安全ホームページでは、渡航する国の安全情報を常に教えてくれていますね。

 

参考 海外安全ホームページ外務省 海外安全ホームページ

 

北朝鮮やアフガニスタンに安易な気持ちで入国する人はいません。同じように、『なるべく密室に入らない』ようにすることは、対策としてとても賢明であり、リスクヘッジになります。

 

密室前だけは特に入念にケアをする

密室なんて一瞬です。エレベーターなんて特にそうですが、電車も長くて2時間でしょう。だとしたら、その前に下記のようなデオドラント剤を使ってケアしておけば、それだけでかなりのニオイを抑制することができます。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

ちなみに種類別デオドラント剤の概要は以下のようになります。

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

ワキガ体質の人に有効なのは

 

  • ロールオンタイプ
  • スティックタイプ
  • クリームタイプ

 

の3種類ですね。ただ、ふき取りシートで拭き取ったりして、商品を使いこなすことによって更に効果は引き上げることができます。それに加え、

 

  • ワキ汗パット
  • インナー

 

の用意をしておけば更に安心です。

 

 

メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

メンタルを鍛えれば、平常心を保てます。武田信玄の側近、快川和尚は、織田信長に城を焼かれる刹那、

 

と言ったと言いますが、これは大げさな話ではありません。例えば、椅子にロープで人を縛りつけ、いざ、拷問を始める、という精神的な状況を完全に作り上げ、当人に、熱で熱した極めて高温の拷問道具を見せつけます。

 

 

その後、当人に目隠しをし、全く熱していない冷えた鉄の道具を、さも先ほどの拷問道具かのように大声を出して演出し、当人の肌にそれを押し付けます。すると、当人のその押し付けられた肌は火傷し、まるで本当に熱した拷問道具を押し付けられたような傷跡が残る。こういう実験結果があるのです。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

人間が頭で思ったことは、その人間の人生に大きな影響を与えます。私もかつて、メンタルが弱い人間の一人でした。まあ、当たり前と言えば当たり前です。誰だって昔は子供ですからね。その子供時代にブッダ(釈迦)のような達観した人格を得ることはできません。

 

 

ですが、成長するにつれ、学習していき、言葉を選ぶようになり、思慮深くなります。言葉だけではなく行動にも責任を強く感じるようになり、慎重さが身につきます。人生の優先順位や、真の友人が何かということを理解し、人間関係も人へのふるまいも、厳選されていて、配慮あるものになります。

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

です。つまり、交感神経が優位になりがちな人は、往々にして『経験不足』だとも言えます。数々の場数を踏み、恥をたくさんかき、学習するのです。最初から自転車に乗れる人はおらず、初めは補助輪を付け、何度も転んで、ようやく乗れるようになります。

 

人生も同じです。何度も恥をかいていいのです。そういう失敗経験を積み重ねることによって人の心は成長するのです。これは、下記の記事に書いたような『成功体験を積み重ねる』こととは、真逆の考え方です。

 

 

つまり『成功体験を積み重ねる』ということで言えば、こういうことです。

 

  • STEP.1
    失敗体験をしてしまった
     強烈な印象として心に残る。
  • STEP.2
    深い心の傷を負う
     
  • STEP.3
    自分を否定する気持ちが強くなる
     
  • STEP.4
    しかし、『人前で声が震えなかった』等の成功体験を積み重ねる
     
  • STEP.5
    それによって自信を取り戻すことになる
     

 

ということになります。しかし、実は成功体験ではなく、失敗体験をすることでも人は強くなれるのです。これはSADの説明ですが、心の動きは対人恐怖症と同じです。つまりこれを自己臭症で考えた場合、

 

  • STEP.1
    人から『臭い』と言われた
     強烈な印象として心に残る。
  • STEP.2
    深い心の傷を負う
     
  • STEP.3
    自分を否定する気持ちが強くなる
     
  • STEP.4
    しかし、『臭い』と言われなかった等の成功体験を積み重ねる
     
  • STEP.5
    それによって自信を取り戻すことになる
     

 

ということですね。つまるところ、人というものは結局考え方です。失敗しようが、成功しようが、転落する人は転落するし、そこから這い上がる人は這いあがります。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

このようにして考え方を最適化し、メンタルを強くすればもう密室も怖くなくなっているでしょう。

 

先生

自分のワキガレベルによってもまた最善の解決策は変わってくるね!重度の場合であれば、手術をしてしまった方が早いかもしれないね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 密室でワキガ臭を気にしなくなるためのポイントを確認する。