ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガに薬用・殺菌成分の入った石鹸は有効なのか

ワキガに薬用・殺菌成分の入った石鹸は有効?

有効です。

しかし、あまり殺菌効果の強いものを使ったり、ゴシゴシ皮膚を洗うと、善玉常在菌まで殺してしまったり、皮脂を過剰分泌させたりして皮膚の状態を悪化させ、何らかの異常を起こす可能性もあります。

先生

ワキガ臭の原因の一つは細菌だからね!殺菌効果のあるものは効果があるよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

薬用せっけんや殺菌せっけんは効果がある

 

ワキガに対して薬用せっけんや、殺菌せっけんは効果があるでしょうか。

 

  • 答えは、Yesです。

 

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

このようにして、ワキガの原因には細菌が大きく関係しています。したがって、この細菌を殺菌することができれば、ニオイを軽減することに繋がるわけですね。『におわない人の習慣』にはこうあります。

『ふつうのセッケン』と『殺菌セッケン』、何がちがう?

 

(省略)セッケン単体に除菌能力があるのに、わざわざ殺菌成分を追加する理由って何なんでしょう。(中略)簡単に言うと、セッケンより速くやっつけます』

 

えっ、速さが違うわけですか。

 

『殺菌剤は、菌をすばやく死滅させるわけです。また、皮膚の表面に残り、持続性もあります。そこが殺菌剤の入っていない通常のセッケンとの大きな違いですね』

 

実は、普通のセッケンであっても十分殺菌効果があります。しかし、殺菌剤が含まれているセッケンであれば、

 

  • 通常のセッケンよりもすばやく菌を死滅させることができる
  • 通常のセッケンよりも殺菌効果の持続性が高い

 

という効果を得ることができるということなのです。また、下記の記事に書いたように、

 

 

もしプールや銭湯に行くことが多い人は想像してみてほしいのですが、一度でもそこでワキガ臭を感じたこと、あるいはワキガがうつったという事実を受けたことはあるでしょうか。私はよくお風呂に行きますが、一度たりともそこでそうした事実を目の当たりにしたことはありません。

 

 

つまり、どんなにワキガ臭が強い人でも、お風呂に入り水で洗い流せば、一時的には必ずニオイはクリーンな状態に戻ります。ワキガ臭というのは、ただ人よりも多いアポクリン汗腺から、アポクリン汗が出て、それが皮脂や細菌らと混ざって出る悪臭です。

 

したがって、それらの汗や細菌を洗い落とせばニオイは落ちるんですね。つまり、シャワーやお風呂に入ればすぐにニオイは落ちます。ですからそういった公共の場でニオイを感じたり、ニオイがうつったりすることはあり得ないんですね。

 

 

ということは、

 

  • 水(お湯)
  • 普通のセッケン
  • 殺菌(薬用)セッケン
  • ボディシャンプー

 

のどのケースにおいても、結局『ワキガ臭の原因である汗や細菌』は洗い落とせることになるので、そのどれにおいても『ワキガに効果がある』と言えるわけですね。

 

先生

水、石鹸、殺菌せっけん。そのどれでも結局はワキガの原因を洗い落とせるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • セッケン単体に除菌能力がある。
  • 『殺菌セッケン』はふつうのセッケンより速く殺菌する。
  • 『ワキガ臭の原因である汗や細菌』は洗い落とせる。

最もワキガ臭に効く洗体方法とは

その中で、優先順位をつけるとなればこうなります。

 

  1. 殺菌(薬用)セッケン
  2. 普通のセッケン
  3. 水(お湯)
  4. ボディシャンプー(市販)

 

それは先ほど貼った『ワキガとお風呂』についてお記事を見ればわかるのですが、シャンプーやボディシャンプーには『界面活性剤』という非常に強い洗浄剤が含まれている場合が多く、その洗浄剤が皮膚に壊滅的なダメージを与えます。したがって、まずボディシャンプーというものは一番最後に考えたい選択肢となります。特に市販で売っているような、1,000円以下のタイプのものですね。

 

  • 大量生産しなければならない
  • 長期間保存する必要がある
  • 安価で製造する必要がある

 

等の理由が相まって、この手の商品の成分は、人間の心身にとっていい影響を与えるとは言えません。『品質にこだわったボディシャンプー』であればいいのですが、そうでない場合は『人間優先』ではなく、『企業の都合優先』となっている事実を直視するべきですね。

 

 

また、その記事にも書いた、『発毛・育毛の新常識―これだけ知っていればハゲになりません!』にはこうあります。

殺菌シャンプーは自殺行為と同じ

 

私たちの身体は、常在菌に護られているのである。計り知れない生命の神秘現象といえる。これらの常在菌は、非常に生命力が強く、普通の入浴や海水浴など、温冷水にさらされたぐらいでは死滅しない。しかし、殺菌効果のあるシャンプー剤を使い続けると、私たちの身体を護っている生命力の強い常在菌も、打撃を受けて徐々に働きを弱めてゆき、中には死滅してしまう菌もある。殺菌効果は、悪玉のばい菌だけでなく、善玉の常在菌にも影響を及ぼしてしまうのである。

 

こうして考えると、殺菌効果のあるせっけんを使うことは、頭皮や皮膚に強いダメージを与える界面活性剤同様、皮膚にダメージを与える可能性があることが推測できます。

 

  • STEP.1
    過剰に洗髪・洗体・洗顔する
     
  • STEP.2
    皮膚にある善玉の常在菌も殺す
      あるいは皮脂が過剰に洗い落とされる。
  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
     細菌が分解する脂肪酸が増加する。
  • STEP.4
    薄毛になる
     臭いの原因となる。

 

しかし、『におわない人の習慣』にはこうあります。

皮膚表面につねにいる『常在菌』は、死滅してもすぐに繁殖します。毛穴の中から出てくるというイメージですね。完全に菌の数をゼロにしても、15分ほどでまた皮膚表面には菌が現れるんです。

 

ですから、皮膚にいる善玉常在菌が死滅してしまうことを懸念する必要は、実のところあまりないんです。ただ、頭皮の場合は皮脂腺が大きくなるというデメリットがあり、抜け毛の原因となることは確かですね。

 

 

先生

善玉常在菌は身体にとっていい働きをしてくれるからね!それ自体が復活すると言っても他にもデメリットがあるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 殺菌力の強い洗浄剤は善玉常在菌も殺してしまう。
  • 常在菌自体は15分ほどでまた皮膚表面には菌が現れる。
  • ただ、皮脂の過剰分泌等のデメリットがある。

皮脂と常在菌の扱い方

また、常在菌はそれでいいのですが、『皮脂』の問題もあります。先ほどの記事にも書きましたし、上の流れを見てもわかるのですが、皮脂を過剰に取ると、過剰に分泌されるという人間の防御反応があります。

 

あれっ、保護膜である皮脂が大量になくなったぞ!これはまずい!

 

として、体が本能的に皮脂を大量に出して、体を保護しようとするんですね。この皮脂が、ニオイと抜け毛の原因となるわけなのです。ですから、優先順位はあのようになります。殺菌成分があるもので細菌を死滅させてもいいのです。その効果というのは、

 

  • 通常のセッケンよりもすばやく菌を死滅させることができる
  • 通常のセッケンよりも殺菌効果の持続性が高い

 

ということだけですから、普通のセッケンを使ってもどのみち菌を死滅させることになります。また、殺菌効果の持続性が高いことを考えたら、普通のセッケンよりは殺菌セッケンを使った方がいいということになります。

 

 

次に普通のセッケンですね。言ったように普通のセッケンを使ってもどのみち菌を死滅させることになります。ですから、これはこれで十分なのです。私などは普通のセッケンを使っています。

 

次に水(お湯)ですね。これもお話しした通り、実際にはこれで十分汗と細菌が流れ落ちます。これらに細菌を死滅させる効果はなくても、洗い流せれば十分ですし、死滅させても15分経てば生き返るという事実を考えても、実際のところは細菌を死滅させることには、そこまでこだわる必要はないのです。

 

先生

実際にはどちらでもいいだろうね!専門家の意見を見てみても、二つの差にそこまで大きな差はないということがわかるよ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 殺菌効果の持続性が高いことを考えたら、普通のセッケンよりは殺菌セッケンを使った方がいい。

間違った洗体を行うとニオイの原因となる

ただし、優先順位はそうですが、もし『洗体方法』を間違えてしまえば、元も子もありません。それが先ほどの記事に書いた内容に繋がってきます。

 

皮脂はゴシゴシ洗いすぎてはいけません。洗体は、軽く包み込むようにやるのがコツです。『におわない人の習慣』にはこうあります。

オトコも使いたい『泡立てグッズ』

 

よかれと思ってやっていた皮脂の徹底除去はダメ、ということはわかりました。では、どうすればいいのでしょうか。(中略)『皮脂はゴシゴシとりすぎてはダメです。石鹸の泡をしっかりと立てて、その泡で脂を包み込むようにしてください。細かい泡をまずはしっかりと立てて、それを皮膚につけたら、手を使って、その泡を動かすように洗います。

 

ここまでの話を見てわかったように、洗体の優先順位をつけるとこうなります。

 

  1. 石鹸を使ってやさしく体を洗う
  2. 石鹸を使ってアカスリでゴシゴシ洗う
  3. ボディシャンプーを使ってやさしく体を洗う
  4. ボディシャンプーを使ってアカスリでゴシゴシ洗う
  5. 間違った殺菌アイテムを使ってやさしく体を洗う
  6. 間違った殺菌アイテムを使ってアカスリでゴシゴシ洗う

 

後の方になればなるほど皮膚にダメージを与え、ニオイの原因となることはもうわかりましたね。そこで、この著者がお勧めしているのがこのような方法です。

 

石鹸を泡立てネットで泡立てて、皮脂を手で丁寧に洗い落とす

 

というものです。洗顔でも泡立てることは常識ですが、その方がよく汚れが落ちます。それでいて、手を使って丁寧に洗うので皮膚へのダメージはなく、皮膚を過剰に取ることもないので過剰分泌にも繋がらないのです。

 

泡立てネットを使った正しい泡の作り方


 

 

先ほどの本では、

 

  • 普通のセッケン
  • 殺菌セッケン

 

だけじゃなく、

 

  • 安いセッケン
  • 高価なセッケン

 

の違いも説明していますが、実のところ、セッケンとしての機能には全く差はないということです。あるのは、

 

  • 泡の立ち方
  • 香り

 

等の、機能とは違う側面。しかし、この泡立てネットを使えばその差もほとんどなくなるので、実際には『通常の安い石鹸を泡立てネットで泡立てて、皮脂を手で丁寧に洗い落とす』だけで、十分体臭の対策をすることができるんですね。

 

 

先生

皮脂が過剰分泌されると、その皮脂をエサにして細菌が増殖するからね!ニオイの原因にもなるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 間違った洗体を行うとニオイの原因となる。

石鹸にはたくさん種類がある

下記は高価なセッケンとして紹介されている『アロマティックソープ柿渋』のリキッドソープ版です。石鹸はAmazonでは売っていないようですね。

 

  • 石鹸:650円
  • ソープ:825円

 

アロマティックソープ柿渋

 

下記は安いセッケンとして紹介されている『柿渋ファミリー石鹸』です。

 

  • 2個:380円

 

ですね。

 

柿渋ファミリー石鹸

 

また本には様々な石鹸が紹介されていて、バランスよく洗い上がる感覚が人気の、

 

『泥炭石』

 

この石鹸の売上を瞬間的に10倍以上上回った、

 

ニキビ用石鹸『薬用石鹸ForBack』

 

いちご鼻専用の石鹸、『ドットウォッシー 洗顔石けん』

 

おしり洗い専用の『恋するおしり ヒップケアソープ』

 

二の腕のザラザラを重曹で洗う『ニの腕を洗う重曹石鹸』

 

がちがち硬い足の角質をケアし、黒ずみ汚れと臭いをとる『フルーツで洗う足の石鹸』

 

男性用の頭皮洗い用石鹸『ハリヘア 固形シャンプー』

 

等の商品も、合わせてチェックしてみましょう。色々な石鹸がありますが、薬用せっけんや、殺菌せっけんを使って丁寧に体を洗えば、より高い消臭効果を得ることができると言えるでしょうね。

 

先生

後は自分の体質に合う、合わないがあるから、それを探すのがいいだろうね!いろいろ試すといいよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 石鹸にはたくさん種類がある。