ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキ汗テープはワキガ対策になる?どれくらい効果があるか人気youtuberが検証!

ワキ汗テープはワキガ対策になる?

ワキ汗テープを使うなら、汗ワキパットを使った方がいいかもしれません。

先生

実際に消費者の立場で使用している動画があるから、それが一番わかりやすいよね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

テーピングをワキに使うのは推奨されない

ワキガ対策として、テープを使う方法があります。

 

  • テーピング
  • ワキ汗テープ

 

の2つのテープですね。テーピングに関しては、下記のようなテープを使ってワキに貼り、汗を止める方法です。

 

 

しかし正直に言ってこの方法はお勧めできません。確かにテーピング用のテープは、スポーツをしても剥がれにくくなっているため、汗に強く、汗を吸収してくれます。しかし、元々汗の対策用、あるいはワキガ対策用グッズとして出ている商品ではないので、ワキガ臭を取る効果はありません。

 

 

また、テーピングをすることでやはり窮屈さが出てしまいますし、蒸れもあります。また、ワキ汗パット等のアイテムと比べて目立ちやすいので、洋服選びも厳選されるでしょう。したがって、テーピング用のテープを使ってワキ汗を防ぎ、ワキガ臭を抑制する方法は、あまり推奨できませんね。

 

その他にも例えば、オロナインや赤飯を使ったワキガ対策がありますが、どれもワキガ対策として適切ではありません。全て今回のテーピングのように、部分的に見ると『汗対策によさそう』という事実があるだけで、だからといってそれが適切な対策とはならないということですね。

 

 

先生

ワキガに特化した商品かそうじゃないかっていうところが大きなポイントだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • テーピング用のテープはワキガ臭を取る効果はない。

ワキ汗テープを使うならワキ汗パットを使った方が効果を得られる

また、もう一つの方法は『ワキ汗テープ』です。それは例えば、下記のような商品を使って汗を止めるという方法ですね。

 

 

『汗ワキパット』と同じ考え方ですね。

 

 

youtuberの関根りささんがこの商品をレビューしてくれています。

 

[検証] 脇汗ダメ絶対。〜夏でもグレー着たいんですけど〜


 

この2つの商品の場合、

 

  • 布タイプ
  • クリアタイプ

 

があるのですが、布タイプの方が吸水性が高いということです。クリアタイプの方は目立たないというメリットがありますが、見た目重視のため、機能性は落ちるということですね。

 

そして動画を見ればわかるように、結局汗をかいてもこの2つの商品ではほとんど汗を吸収しませんでした。もし布タイプを2つばかり貼れば、汗を止める範囲が広くなるので若干効果がありそうだと言いますが、それであれば汗脇パッドを使った方が高い吸水性を求めることができますね。

 

 

これも先ほどのテーピングと同じで、『ワキガ対策グッズ』ではありません。どちらかというと、この手のタイプの中でもかなり下の方のアイテムです。下と言うのはこういうことですね。

 

  1. ワキガ臭をバッチリ止めてくれる
  2. ワキガ臭にもある程度効果がある
  3. 汗をバッチリ止めてくれる
  4. 汗の抑制にもある程度効果がある

 

従って、ワキガでもない、多汗症でもない、ただ多少汗をかくことがあるくらいの、スポーツもしないような、デスクワーク等が多い人に適している商品だということです。

 

先生

ワキ汗テープのメリットは透明タイプがあるっていうことだろうね!目立たないっていう!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキ汗テープを使うならワキ汗パットを使った方が効果を得られる。
  • ワキ汗テープはワキガでもない、多汗症でもない、ただ多少汗をかくことがあるくらいの、スポーツもしないような、デスクワーク等が多い人に適している。

デオドラント剤にも効果に差がある

例えばそのワキ汗パットの記事にも買いましたが、『デオドラント剤』と言っても、その中でそのレベルに差があります。

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

ロールオンタイプ等はワキガ臭にも効果がありますが、スプレータイプはワキの汗を抑える程度のアイテムです。従って、このワキ汗テープもこのあたりのレベルと同じだと考えた方がいいですね。またデメリットとして、

 

  • 黒ずんでしまう
  • 皮膚も一緒に剥がしてしまう
  • 糊が洋服について使えなくなる

 

等のレビューも上がっています。まあこのあたりが多少大げさなレビューだとしても、事実として効果が低いので、とにかくワキガ対策としては効果がないかもしれません。

 

 

先生

ワキ汗テープがワキ汗パットほど知名度がないのは、それだけの効果しか得られないていうことでもあるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキ汗テープにはデメリットの声もいくつかある。

使える場面は存在する

ただもちろん、状況によっては使えるアイテムだと言えます。ワキ汗パットを普段使っていて、どうしてもそれが必要な場合で、ノースリーブなどでそれを使えない場合に、このアイテムを代用し、一時しのぎをするということには使えそうです。

 

 

そもそも、ワキ汗パットはノースリーブなどでは使えませんからね。家で一人でいるときなどでもそうですが、楽な格好をしているときにわざわざワキ汗パットを使うとごわつくということで、もっとカジュアルなワキ汗テープを使ってのんびり過ごす、という考え方であれば使えるかもしれません。

 

私は男で鍛えているので、タンクトップはファッション的に着づらいですし、ノースリーブのような洋服になっても筋肉の密着率が高いので、このようなアイテムを使うくらいならインナーをコロコロ変えます。

 

 

あるいは、それほど汗が出るなら季節は夏に近いので、裸になってバスタオルを羽織り、ワキにはさみます。すると汗をかくたびにタオルが吸ってくれますし、肩にかけると案外保温性があるので風邪もひきません。

 

ワキ汗テープはワキガ対策にはなりませんが、『何らかの状況の一時しのぎ』としては役立つでしょう。

 

先生

使える場面が存在すればそれだけで商品価値はあると言えるんじゃないかな!いろいろと使いこなせばいいんだからね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキ汗テープが使える場面は存在する。