ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガ臭がするワキにクレンジング剤を使うのは効果がある?

ワキガ臭がするワキにクレンジング剤を使うのは効果がある?

ワキガにクレンジング剤が有効だと主張する専門家はいません。

先生

クレンジングをする意味を考えると、たしかにワキガに効果がありそうだけどね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

クレンジング剤はワキにやってもいい?

ワキガ臭がするワキにクレンジング剤を使い、清潔にするという考え方があります。たしかにクレンジングはメイクを落とすために強い洗浄力を持っているので、それでワキを洗ったら結構効きそうな気がしますね。

 

 

しかし、クレンジング剤というのは肌に負担をかけるものです。もし使うなら、刺激の弱いものにする必要があります。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

クレンジングは界面活性剤で油性の汚れを落とす

 

そもそもクレンジングは、ファンデーションなどのメイクアップ料を落とすためにするものです。メイクアップ料は油性で、水は洗顔料だけではすっきり落ちないため、油分を『乳化』して落としやすくする必要があります。この乳化を助けるのがクレンジング量に含まれている『界面活性剤』です。

 

界面活性剤は少なからず肌に刺激を与えます。できればメイクをせず、クレンジングもしないことが肌にとってはいいのですが、そうもいかないでしょう。

 

つまり、界面活性剤はなるべく肌に使用するべきではない物質なんですね。どうしても油性の汚れを取りたいときに、やむを得ず使う洗浄剤なのです。

 

先生

肌や頭皮にあまり無理な刺激を与えてしまうとよくないね!肌荒れの原因になったり、異常なことになるよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 界面活性剤はなるべく肌に使用するべきではない物質。

毛穴は自浄作用を持っていない

例えばシャンプーにもこの界面活性剤が含まれていますが、

 

 

その記事にも書いた、『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (ノンフィクション単行本)』にはこうあります。

リンスやトリートメントにも当然、界面活性剤や防腐剤をはじめさまざまな化学物質が含まれています。たいていの人がシャンプーは熱心にすすいでも、リンスやトリートメントはさっとすすいで終わりにしているので、シャンプー以上に弊害があります。

そもそも毛穴を有する皮膚は汗や皮脂などを体外へ出す『排泄器官』です。からだの中のものを外へ出すために存在する穴であり、外から何かを入れるためのものではありません。何かを受け入れるようにはでいていませんから、口や胃のように自浄作用をそなえていないわけです。

 

有害毒素を体内に入れ、集積される量が排泄機能を上回ると、頭皮下に蓄積されていきます。この蓄積された不純物は、毛母細胞にとっては完全な毒素であり、髪の成長を阻害するばかりか、深刻な脱毛症をも発症させてしまうことになるのです。したがって、リンス、コンディショナー、トリートメントをするのは良いのですが、するならしっかりとそれをすすぎ落とすことを徹底しなければなりません。

 

  • STEP.1
    排泄機能を超える有害物質を摂取
     
  • STEP.2
    頭皮下に蓄積
     
  • STEP.3
    毛母細胞が弱る
     
  • STEP.4
    脱毛する可能性あり
     

 

これで界面活性剤が有害であるということがわかりましたね。また下記の記事に書いたように、

 

 

その本にはこうもあります。

シャンプーが恋しいなら、『純せっけん+クエン酸』

 

水洗髪に切り替えたばかりの頃は、まだシャンプーを使いたくなる日もあるでしょう。そのようなときにはできれば、シャンプーではなく、純せっけんの使用をおすすめします。シャンプーなどの合成洗剤が科学的に合成された界面活性剤なのに対して、純せっけんはオリーブ油やヤシ油、パーム油などの植物性の油や、牛脂などの動物の脂をベースに苛性ソーダなどを加えることで、界面活性作用を持たせたものです。自然界にある原料からつくられている点が、合成洗剤のシャンプーとは決定的に異なります。

 

シャンプーするくらいなら、『水洗い』、あるいは『純せっけん+クエン酸』にした方がいい。そういう意見もあるくらいですからね。多くの人は、クレンジング料を、

 

  • 価格
  • 手軽さ
  • 洗浄力

 

といった面を見て選びがちですが、そこだけに注目してしまい、間違った洗浄をしてしまうと、逆に頭皮や肌の状況が悪くなり、違ったトラブルを引き起こす原因となるので注意が必要です。

 

先生

例えば一日に何度も髪を洗ったりね!『洗浄すればいい』ということではないんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 間違った洗浄をしてしまうと、逆に頭皮や肌の状況が悪くなり、違ったトラブルを引き起こす原因となる。

界面活性剤が多いクレンジング料は危険

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』では、クレンジング料の以下の種類において、下に行くほど界面活性剤が多く洗浄力も強く、肌への刺激も強いと説明しています。

 

  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ
  • 乳化ジェルタイプ
  • 透明ジェルタイプ
  • リキッドタイプ
  • オイルタイプ
  • 拭き取りタイプ

 

ですから、総合的にはクレンジング料というのは『クリームタイプ』を使用したほうがいいということなんですね。

 

 

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

たしかに、このクレンジング料の洗浄力は、皮脂の汚れや細菌などに対して有効かもしれませんが、洗浄力が強すぎて、皮脂を過剰に洗い落としてしまい、それが原因で逆に皮脂の過剰分泌を促してしまう可能性があります。

 

  • STEP.1
    過剰に洗髪・洗体・洗顔する
  • STEP.2
    皮膚にある善玉の常在菌も殺す

    あるいは皮脂が過剰に洗い落とされる。

  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
    細菌が分解する脂肪酸が増加する。
  • STEP.4
    薄毛になる
    臭いの原因となる。

 

ですから、もしどうしてもワキにクレンジング料を使いたいなら、

 

  • 肌への刺激が弱いクリームタイプを使う
  • 使用した後は必ず保湿をする
  • 丁寧に洗浄する
  • 週に一度程度にする

 

というポイントを押さえるようにしましょう。

 

先生

週に一度程度しかできないなら、毎日のように汗をかくことになる夏場なんか、あんまり意味がないよね!クレンジングでアポクリン腺を消せるわけじゃないし!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 界面活性剤が多いクレンジング料は危険。
  • クレンジング料というのは『クリームタイプ』を使用したほうがいい。

ワキの保湿をする

この保湿ですが、下記の記事に書いたように、そもそもワキの保湿というものは重要です。

 

 

もしある程度の年齢を過ぎてお風呂上りに乳液をつけて保湿しなければ、その代わりに皮脂が分泌され、それが体臭の原因となります。クレンジングで皮脂を洗い落としすぎると、皮脂が過剰分泌されることは説明しましたが、それによって、

 

  • 乾燥
  • フケ

 

等の問題が生じ、それが皮脂の過剰分泌や細菌のエサとなったりして、体臭の原因となりますので、保湿をすることを忘れないようにしましょう。また、丁寧に洗浄することについてですが、例えば、下記の動画を見てください。

 

クレンジングの使用方法


 

ものすごく丁寧にクレンジングを行っていますよね。クレンジングをするときに肌をこする刺激も、肌を傷める原因になるので、もしこれをアカスリなどでゴシゴシとやってしまえば、もう大変ですね。また、下記の記事にも書きましたが、種類別デオドラント剤の概要を見てみましょう。

 

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

デオドラント剤の中でも、クリームタイプがワキガ臭に有効なんですね。もちろんこれは中身が全然違うものですが、総合的に見てクリームタイプは肌に良いし、効き目があるという印象がありますね。

 

 

先生

クリームタイプが肌にいいっていうのはたまたまなんだけど!とにかくワキのクレンジングをすすめる専門家はいないよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキのクレンジングをすすめる専門家はいない。