ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

『若返りのドリンク』ゴボウ茶がワキガにも効くって本当?

『若返りのドリンク』ゴボウ茶がワキガにも効くって本当?

ゴボウ茶に含まれる水溶性食物繊維『イヌリン』にはデトックス(解毒)効果がありますから、それがワキガに有効だと考えられます。

しかし、ゴボウ茶ではなくゴボウそのものを食べれば、不溶性食物繊維の『リグニン』もとれますから、あまりゴボウ茶だけに過度な期待はできません。

先生

ワキガに効くっていうわけではないね!健康に効くから、ワキガにも効くっていうくらいのレベルかな!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

『ゴボウ茶』の効用とは

 

南雲吉則というドクターが紹介したことで有名になった、『若返りのドリンク』である『ゴボウ茶』ですが、これがワキガにも有効だということなので調べてみました。まずは下記の動画をご覧ください。その先生のお話ですね。ただ、これが公式動画なのかどうかわからないので、いつまであるかはわかりません。

 

ゴボウ茶を飲むと20歳若返る! Dr.ナグモの奇跡の若返り術


 

ここで主に言われていることは、ゴボウ茶に含まれる、

 

  • サポニン(抗酸化物質)
  • イヌリン(水溶性食物繊維)

 

という物質が、人を若返らせるということです。そっちがメインですね。たしかに抗酸化物質を摂れば人は若返ります。老化を防ぐ、という意味で若返ることができるんですね。また、水溶性食物繊維を摂れば、便秘等も改善して肌荒れ等も治ります。余分な水分を利尿作用によって出してくれれば、むくみ等も改善します。

 

若返り、デトックス(解毒)という意味で、このゴボウ茶はとても優秀だと言っていいでしょう。そもそも、ゴボウ自体が体にいいですからね。食物繊維の代名詞のようなものです。

 

『色の野菜の栄養事典』にはこうあります。

ゴボウの栄養効果といえば、食物繊維が特徴的です。野菜に含まれる食物繊維は、その多くが水に溶けない不溶性に偏っていますが、ゴボウの場合は不溶性(リグニン)と水溶性(イヌリン)の食物繊維をともに多く含んでいる点に大きな特徴があります。

 

つまりゴボウには、

 

  • リグニン(不溶性食物繊維)
  • イヌリン(水溶性食物繊維)

 

の両方の食物繊維が入っていて、デトックス(解毒)を考える際には最高の食材なんですね。念のため、その両方の食物繊維の特徴を『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』で調べてまとめてみましょう。

 

不溶性食物繊維
  • 大腸で水分を吸収して便のかさを増やす
  • 便が早く排出されるため、大腸が有害物質にさらされる時間が短くなり、ガン化へのリスクが軽減される
  • 便の量が増えることによって、発がん物質の濃度が薄まる
  • 積極的に有害物質を吸着して排泄する作用がある
  • 腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす
  • 噛み応えがあるから噛む刺激によって脳が刺激され、脳細胞が活性化する
  • 肥満や虫歯予防にも効果的
水溶性食物繊維
  • 胆汁酸を吸着して排出し、コレステロールの低減に役立つ
  • 動脈硬化、脂肪肝、脳梗塞、心筋梗塞などを予防する
  • ナトリウムを排泄し、高血圧の予防にも役立つ
  • 血糖値の急激な上昇を抑え、糖尿病を予防する

 

これが各食物繊維の特徴です。どちらもデトックス(解毒)としての大きな効果を期待できます。不溶性食物繊維の方がイメージする食物繊維に近いでしょうね。便のかさを増して便通を良くします。しかし、胆汁酸を吸着して排出し、コレステロールの低減に役立つ水溶性食物繊維のデトックス効果も大きなものです。

 

どちらかというと水溶性食物繊維は、『生活習慣病』にとても有効だと言えますね。挙がっている病気のほとんどが生活習慣病と言われているものです。しかし、生活習慣病は『生活習慣』というぐらいですから、日々の習慣が間違っている人は簡単に罹患してしまう病気ですからね。ゴボウの摂取によってそれを同時に治癒できるとなると、心強いと言えるでしょう。つまり、ゴボウ茶だけでなくゴボウそのものでも、デトックスという意味で十分ワキガ臭の対策になります。

 

先生

たしかにゴボウ茶にはサポニンっていう抗酸化物質が含まれているけど、それだけでずばぬけてワキガ対策になるわけじゃないからね!
赤飯と同じっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ゴボウ茶のサポニンとイヌリンは抗酸化、デトックス(解毒)という意味でワキガ対策になると言えばなる。
  • だが、ゴボウそのものにあるリグニンとイヌリンの効果を考えると、ゴボウ茶だけが優れているわけではない。

水溶性食物繊維『イヌリン』のデトックス(解毒)効果

下記の記事にも書いたように、

 

 

からだにたまる3大毒素は、

 

  • 有害ミネラル(カドミウム、ヒ素、鉛、スズ等)
  • 活性酸素
  • 有害化学物質(ダイオキシン、環境ホルモン、PCB等)

 

ですが、このどれもが体にたまってしまうと、

 

  • むくみ
  • 肌荒れ
  • しみ
  • くすみ
  • 酵素の働きを阻害する

 

等の問題が起き、体を不健康状態に陥れます。それに加えて、そうした有害物質をため込んでおくと、

 

  • インドール
  • スカトール
  • アンモニア

 

等のニオイ物質も溜まりますから、それが体臭の原因となります。また、体内毒素は、

 

  • 便=75%
  • 尿=20%
  • 汗=3%
  • 爪=1%
  • 髪=1%

 

の割合で体外に排出されるので、ほとんどが大便と小便から出るんですね。ゴボウの食物繊維はその『大便』を促します。これはかなり高いデトックス効果を得られると言っていいでしょう。例えば、ホットヨガや岩盤浴をもし『発汗でデトックス』が目的として行う場合に比べて、圧倒的なデトックス効果を得られますね。

 

 

 

先ほど『イヌリンは不要な水分を利尿作用によって外に出し、むくみ等の改善に役立つ』と言いましたが、尿からの解毒作用も期待できるわけですからね。

 

このうち、もし『ゴボウ茶』ということになると、不溶性食物繊維ではなく、水溶性食物繊維だけの効果を期待することになります。確かに、イヌリンにはコレステロールを下げる効果がありますから、ワキガ臭が発生する原因を考えたときに、それに役立つということは言えます。ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

この『脂肪分やたんぱく質等が』の部分にはコレステロールも含まれますから、これが抑えられればニオイの原因も抑えることができます。しかし、ことデトックスということで言うなら、どうせなら水溶性、不溶性の両方の食物繊維を摂りたいですね。

 

この『ゴボウ茶』というのは、あくまでも『ワキガを治すレシピ』ではありませんから、その点に注意する必要があります。あくまでも副作用的に、ワキガにも有効だということなのです。

 

先生

『ワキガを治すレシピ』、『ワキガに特化した商品』かどうかが大きなポイントだからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ことデトックスということで言うなら、どうせなら水溶性、不溶性の両方の食物繊維を摂りたい。
  • 『ゴボウ茶』というのは『ワキガを治すレシピ』ではない。

サポニンの抗酸化作用

それであれば、ワキガに特化して考えた場合、やはり両方の食物繊維を摂った方がいいということになります。しかし、ゴボウ茶のもう一つの利点である『サポニン』というポリフェノール(抗酸化物質)は、特に皮の付近に含まれていますから、ゴボウ茶の利点はそのサポニンをたっぷり摂れるということでしょうね。確かに、下記の赤飯の記事にも書いたように、

 

 

例えば赤飯の場合は小豆に『大豆サポニン』が含まれています。この大豆サポニンの成分でワキガと関係するのは、

 

  • 強い抗酸化作用がある
  • 中性脂肪値を下げる

 

という部分です。大豆サポニンの強い抗酸化作用によって、酸化作用が抑えられれば、細菌の分解と酸化を防ぐことを期待できます。また、『中性脂肪値を下げる』のも、『皮脂腺からの皮脂』というニオイの原因を考えたときに、ワキガ臭に有効だと考えることができます。

 

ゴボウを調理する場合、往々にして皮をはぎ取るのが普通です。例えば下記の動画のように、『ゴボウのささがき』の調理法を見ても、『皮をはぎ取りすぎないように注意』とは言っても、皮をはいでしまうのが普通です。

 

今さら聞けない?ゴボウのささがきのの基本|How to cut burdock レシピ recipe


 

ただ、下記の動画を見てわかるように、ゴボウ茶となると、皮をそのまま残し、水洗いさえしません。それによって栄養素が取れてしまうので、それを阻止するためなんですね。

 

しんぞう!流ごぼう茶の作り方 1


 

基本的に、下記の記事に書いたように、野菜や果物は皮ごと食べることが推奨されています。

 

 

先生

ただこの皮の部分を意識して食べたところで、すぐに、劇的に効果を期待できるわけじゃないからね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『サポニン』を摂るなら皮の部分を意識してとる。

ゴボウ茶の利点は『皮の栄養素ををふんだんに摂れる』こと

また下記の記事に書いたように、

 

 

例えば、以下の動画を見てみましょう。

 

丸ごと玉ねぎスープ


 

丸ごと玉ねぎスープという題名のレシピで、動画としてもとても見やすくて、おしゃれであり、美味しそうです。しかし、実際にはこのスープに『玉ねぎの皮』は使われていません。見るべきなのは以下の動画です。

 

【健康茶】電子レンジで簡単にたまねぎ茶を作る方法


 

正直、見た目は先ほどの動画の方がいいですね。しかし、ケルセチンのことを考えるならこのような調理法が推奨されます。玉ねぎの皮と、白い本体の部分では、ケルセチンの含有量は約30倍も違いますからね。とてつもない差ですね。このケルセチンは、今回の『デトックス(解毒)』ということで考えると、とてつもない力を持っている物質です。それを30倍も多く摂れるのですから、玉ねぎは皮ごと食べたいわけです。

 

 

しかし、皮なんてなかなか食べられませんよね。あの茶色い薄いやつのことですからね。しかし動画を見ればわかるように、ゆでてスープにして、それを飲めばそれでいいのです。私などはカレーに入れていますが、コクが出て最高に美味しいですね。美味いし体にいいし、『最強解毒カレー』ですよね。

 

ですから、このゴボウ茶の利点は『皮の栄養素を(サポニン)をふんだんに摂れる』ということですね。玉ねぎの皮スープなんかと同じ考え方なのです。また、天日干しして乾燥させれば、食感は『ゴボウチップス』みたいな感じになりますから、お茶として飲んだ後、そのゴボウを食べれば結局は不溶性食物繊維も摂れますしね。

 

また、ゴボウにはクロロゲン酸も含まれています。クロロゲン酸は、

 

  • 脂肪燃焼効果があり、がん、肥満、脂肪肝を改善する
  • 腸でのコレステロール吸収も妨げて胆石を抑制する
  • 抗酸化物質であり、がんなどの生活習慣病の予防に有効

 

という特徴を持った物質です。下記の記事にも書いたように、コーヒー等に多く含まれる物質です。

 

 

このクロロゲン酸だけを考えても、コレステロールを下げるし、抗酸化物質だし、脂肪燃焼効果があるしで、どれもワキガ臭を抑えるにはうってつけですね。やはり野菜や果物というものは、人間の心身を整えるためのメンテナンスフードです。積極的に摂っていきたいですね。肉やスイーツなんかの糖分と脂質の塊は、無意識にでも食べてしまいますからね。意識としては、常に野菜や果物を食べていきたいところです。

 

特にワキガ臭を悪化させたくないという人は人一倍意識ましょう。

 

 

先生

皮の栄養素がふんだんに摂れるのはたしかに有難いね!そのほかのメリットを考えても、飲まないよりは飲んだ方が健康にはるかにいいだろうね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ゴボウ茶の利点は『皮の栄養素ををふんだんに摂れる』こと。
  • ワキガを治したいなら、肉食を同時にやめることも求められる。