ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガの原因ともなるベタベタした汗の原因は?改善方法を解説!

ベタベタした汗の正体は?

汗腺の機能が鈍って、ミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に体外に排出される『悪い汗』です。

べたべたしていて蒸発しにくく、体温調節がうまく働かないので、不快指数が高くなります。このような汗の場合、ミネラル分を含んでいるため、皮膚表面をアルカリ性にしてしまいます。アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のにおいが強くなってしまいます。

先生

汗には良い汗と悪い汗があるよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

汗には良い汗と悪い汗がある

 

汗には種類があって、

 

  • 良い汗
  • 悪い汗

 

の2つがあります。以下の記事にも書きましたが、

 

 

『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

よい汗はサラサラしていてすぐに乾く

 

(省略)体温が上昇すると、血液からミネラル分と水分が汗腺に摂りこまれます。ただし、このとき、体にとって必要なミネラル分は血液に再吸収され、水分とわずかな塩分だけが汗として皮膚面に排出されるのです。これが本来の汗であり、『よい汗』と言えます。

 

(省略)ところが、汗腺の機能が鈍って、ミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に体外に排出される汗は、べたべたしていて蒸発しにくく、体温調節機能がうまく働きません。現代人がかく汗のほとんどは、この『悪い汗』と言えます。肉中心の食生活や生活環境・人間関係におけるストレスの他、運動不足に加えて汗をかく習慣がないことが悪い汗をかく大きな原因です。

 

良い汗というのは、体にとっても必要なミネラル分が血液に再吸収され、水分とわずかな塩分だけが汗として皮膚表面に出るものです。

 

悪い汗というのは、汗腺の機能が鈍って、ミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に体外に排出される、べたべたしていて蒸発しにくい汗ですね。べたついて気持ちが悪いし、体温調節機能がうまく働きませんので、不快指数が高くなる汗です。

 

更に本にはこうあります。

不安や緊張などによる『精神性発汗』も、突発的かつ大量にかくため、ミネラル分の再吸収が追い付かず、悪い汗となります。

 

また、よい汗は蒸発しやすく、また少量の塩分を含んでいるので皮膚表面を酸性に保ち、皮膚常在菌の繁殖を抑えてくれます。したがって、よい汗をかいている分には、体はそれほど臭くなりません。

 

しかし、悪い汗はべたべたして蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるため、皮膚表面をアルカリ性にしてしまいます。アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のにおいが強くなってしまうのです。

 

先生

悪い汗はとにかく、アルカリ性であって、細菌の繁殖を助けやすいわけだね!酸性の良い汗をかきたいわけだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 汗には良い汗と悪い汗がある。

酸性とアルカリ性

良い汗は『酸性』であり、皮膚常在菌の繁殖抑えます。しかし悪い汗は『アルカリ性』であり、皮膚常在菌が好んで繁殖しやすい状況を作ってしまいます。

 

 

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

ワキガ臭に関わる汗腺類は、

 

  • アポクリン腺
  • エクリン腺
  • 皮脂腺

 

の3つがあります。そのうち汗が出る汗腺は、最初の2つです。アポクリン汗は、

 

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖類
  • 鉄分
  • 尿素
  • アンモニア
  • 蛍光物質
  • 色素

 

などを多量に含んでいて、分泌されたときは無臭ですが、毛穴や皮膚の表面にある細菌によってこれらの成分が分解されると、ワキガ臭の原因となります。エクリン汗は、

 

  • 水分(99%)
  • 塩分(1%)

 

で、もっと無臭です。こうして考えると、『ほとんどが水分で、わずかに塩分がある』という『良い汗』は、この『エクリン汗』というのがわかりますね。

 

 

では、『悪い汗』は『アポクリン汗』なのでしょうか。いや、『分泌されたときは無臭で』ということですから、アポクリン汗が必ずしも悪い汗ということではありません。アポクリン汗腺は、

 

  • わきの下
  • 外陰部
  • 乳首の回り
  • おへその回り
  • 耳の中
  • 肛門のまわり

 

に存在していて、それ以外の部分にはありません。しかし、べたついている悪い汗は、これらの部位以外にも発生します。例えば私も最近、胸のあたりや、背中のあたり、あるいは腕のあたりからべたついた汗が出て気持ちが悪かった経験をしました。しかしそこにはアポクリン腺はないので、『悪い汗=アポクリン汗』ということではないのです。

 

本にはこうもあります。

エクリン腺とアポクリン腺以外にもうひとつ、全身の皮膚に分泌している腺組織があります。それは、皮膚を柔らかく湿潤に保つ働きをしている皮脂腺です。汗は出ませんが、ここから分泌物の油脂成分が出ると、エクリン汗もアポクリン汗もニオイが非常に強くなります。

 

つまり、もう一つの腺組織である『皮脂腺』からの分泌物が、この両方の汗腺に影響を与えると、その汗はニオイが強くなり、べたついてしまうんですね。ですから、確かにアポクリン汗自体もべたついてしまうし、

 

  • 鉄分
  • 色素
  • 蛍光物質

 

によって黄色い汗ジミがついてしまう性質を持っています。しかし、べたついてしまう悪い汗というのは、皮脂腺からの分泌物によってはエクリン汗もそうなってしまうので、一概にアポクリン汗だけが悪い汗だとは言いきれないんですね。例えば、人種別ワキガ体質の割合を見てみましょう

 

人種別ワキガ体質の割合

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:10~15%
  • 韓国、朝鮮人:5%

 

もし『悪い汗=アポクリン汗』だったのであれば、アポクリン腺が多い黒人や白人の汗は、もれなくほとんどが『悪い汗ばかりかいている』ということになります。それはある種の人種差別ですよね。従って、そういうことはないということです。

 

 

それではそれぞれの汗の特徴をまとめてみましょう。

 

良い汗
  • 酸性。
  • 皮膚常在菌の繁殖抑える。
  • ほとんどが水分で、わずかに塩分がある。
  • エクリン汗は良い汗だが、皮脂腺の分泌物と混ざって悪い汗になるときもある。
悪い汗
  • アルカリ性。
  • 皮膚常在菌が繁殖しやすい。
  • 蒸発しにくくべたべたする。
  • アポクリン汗は基本的にべたつく成分が入っているが、発生直後は無臭であり、必ずしも悪い汗とは限らない。

 

このようなイメージになります。ですから、この『ベタベタした悪い汗』をかかないようにするためには、その原因を断ち切っていくことが必要になります。

 

先生

これでエクリン汗もアポクリン汗も、どちらも悪い汗になる可能性を持っているということがわかるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『悪い汗=アポクリン汗』ではない。
  • 皮脂腺からの分泌物によってはエクリン汗もニオイが出て、べたついてしまう。

ベタベタした悪い汗の原因を断ち切ろう

例えば先ほどの本では『動物性脂肪をたくさん摂取すると、皮脂腺が活発になり、分泌物も増える』とありますから、下記の記事を見て食事の最適化をすることが大切です。

 

 

 

肉食→魚食→大豆食』にすることのメリットはとても大きいと言えます。たんぱく源を『大豆』に変えることにより、

 

  • アポクリン汗腺の発達の抑止
  • 皮脂腺の発達の抑止
  • 腸内悪玉菌の増加の抑止
  • 刺激臭物質発生の抑止
  • 抗酸化作用の摂取

 

という効果を得ることが出来るわけです。また、

 

  • 適度な運動
  • ホットヨガ
  • 岩盤浴
  • サウナ
  • 入浴

 

によって、汗腺トレーニングをすることができます。常に汗をかく習慣があれば、『良い汗』が出るようになります。汗腺機能が鈍って『悪い汗』が出てしまうわけですから、積極的に汗をかきにいくことは、効果的なんですね。詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

 

 

また、不安や緊張などによる『精神性発汗』も、突発的かつ大量にかくため、ミネラル分の再吸収が追い付かず、悪い汗となります。それに関しては心の問題ですね。

 

  • 考え方の最適化
  • 良質な睡眠
  • 心身のリフレッシュ
  • 内省
  • アロマテラピー

 

等の方法や最適化によって、自律神経を乱しにくいタフな精神力を持つような方向に傾けることができます。これに関しては、先ほどのホットヨガや岩盤浴や入浴なんかでも効果が得られますね。運動においても、過度な運動ではなく、適度な運動であればそのこうかを得られます。

 

 

簡単に言うと、

 

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動
  • 排泄(デトックス、解毒)
  • ストレス

 

といった5大要素を最適化することが推奨されるわけですね。この5大要素を最適化することの恩恵はとてつもなく大きく、目に見えないだけで計り知れない大きなメリットがあります。

 

  • ニキビ
  • 口臭
  • 薄毛
  • 鬱病
  • ED
  • 便秘
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 高血圧

 

枚挙に暇がありません。ワキガ臭や悪い汗対策をしながら、ありとあらゆる心身の問題を最適化するのですから、積極的に最適化していきましょう。下記に関連リンクを貼りますが、多すぎて一部しか貼ることができません。

 

 

先生

とにかく5大要素だね!この最適化をすることで、良い汗をかく習慣が身につくようになるよ!
それ以外の恩恵もすごいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 動物性脂肪をたくさん摂取すると、皮脂腺が活発になり、分泌物も増える。
  • 『肉食→魚食→大豆食』にすることのメリットはとても大きい。
  • 汗腺トレーニングで良い汗をかくことができる。
  • 5大要素を最適化することのメリットはとても大きい。