ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

レモンがワキガ対策になる?体臭に有効なレモンタオルマッサージとは

レモンがワキガ対策になる?

酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。

また、クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消できるのです。従って、レモン汁を含ませたタオルで皮膚をマッサージすることで、体臭や加齢臭の抑制を狙うことができます。ただ、ワキガに有効かどうかというと、あまり強くは推奨されません。

先生

レモンタオルマッサージで身体に直接塗布するわけだね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

お酢にもレモンにもクエン酸が含まれる

 

下記の記事に書いたように、『お風呂に酢を入れる』入浴法は、専門家から推奨されているワキガ、体臭対策です。

 

 

酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。また、クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消できるのです。

 

また、酢には発汗を促す作用があるので、汗腺から成分が吸収されて血行がよくなり、汗腺機能の回復を助けてくれるんですね。血液の循環が悪かったり、栄養のバランスが崩れたりすると、体内に疲労物質の乳酸が増えますから、

 

  • お風呂に入り血行を良くする
  • 酢の力を利用してアンモニアと乳酸の生成を抑える

 

ことが有効となるのです。これは丸々、『レモン』で考えたときにも同じことが言えます。『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

レモン

 

クエン酸とビタミンCが豊富で、疲労回復や美肌効果が

 

  • ビタミンCが美肌や風邪予防に。
  • クエン酸やリモネンには、リフレッシュ効果と疲労回復効果があります。
  • エリオシトリンというポリフェノールに、抗酸化作用があります。

 

レモンのあのすっぱさのもとはクエン酸ですが、お酢風呂の目的はクエン酸ですから、お酢の代わりにレモンを入れても問題ないということがわかりますね。

 

先生

医師が推奨するのはレモンタオルマッサージ、お酢風呂だね!それぞれの使い道をチェックしよう!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • お酢にもレモンにもクエン酸が含まれる。
  • クエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぐ。
  • クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消できる。

値段を比較

ただ、値段がちょっと違うかもしれません。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

上記の商品をAmazonで購入する場合、Amazonプライム等の会員料金かどうかも関係してきますが、以下のようになります。

 

各商品の料金

レモン汁(450ml) 約450円
お酢(900ml) 約200円

 

単純に900mlで統一して考えた場合、レモン汁は900円ですからね。お酢の4倍以上の値段です。また、専門家はレモン汁ではなく『お酢風呂』を推奨していますから、そういった面で考えても、クエン酸目的でお風呂に入れるのは、レモンよりもお酢の方がいいかもしれませんね。

 

 

先生

値段もそうだけど、専門家がお酢を推奨しているからね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • レモン汁はお酢の4倍以上の値段のため、クエン酸目的でお風呂に入れるのは、レモンよりもお酢の方がいい。

ワキにあてるのは効果がある?

また、確かにポリフェノールであるエリオシトリンの抗酸化作用は期待できますが、それをワキに当てて細菌からの酸化を抑制するというのは、あまり効果がないと言います。それは下記の記事に書いたように、『赤飯をワキにあてる』のと同じ考え方ですね。

 

 

赤飯に含まれる小豆の『大豆サポニン』の抗酸化作用でワキに繁殖する細菌の酸化を防ぎ、ニオイを抑制するということですね。ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

この『脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ』という部分は、厳密に言うと『細菌に酸化・分解され』ですから、この酸化を抑えたいんですね。大豆サポニンの抗酸化作用を使って、これをワキに当てれば細菌の酸化を抑えられ、ニオイ対策になるということなんですが、実際に多くの人が実験してみた結果、ほぼ効果は認められませんでした。

 

同じ考え方で、『レモンをワキにあてる』という方法も推奨されていません。ワキにあてることが専門家から推奨されているのは『すりおろしたリンゴ』です。それについては以下の記事に詳細を書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

リンゴの繊維には、体内にあるアポタンパクという物質の生成を抑える効果があり、これを抑制するとワキガ臭の抑制につながるという研究結果が出ているんですね。こうしたことを考えると、ただ『抗酸化物質をワキにあてる』というだけでは効果がなく、『それ以上の何か』がなければワキにあてる行動はあまり意味がないことがわかります。

 

 

リンゴにもアントシアニンやポリフェノールといった抗酸化物質は含まれていますからね。しかし、専門家は別にその抗酸化物質がワキの細菌に影響するとは明言していません。

 

先生

専門家の意見を考えると、お茶やレモンなど、効果がありそうなものの中で、やっぱり『リンゴ酢』になるわけだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキにあてることが専門家から推奨されているのは『すりおろしたリンゴ』。

『加齢臭』にはレモンタオルマッサージ

 

ただし、『加齢臭』にはレモンが有効だといいます。『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

加齢臭には抗酸化食品を

 

加齢臭を予防するには、元になる活性酸素を抑制することが大切です。活性酸素を退治する働きを『抗酸化作用』といいますが、ビタミンCやE、カロチンなどには、強い抗酸化作用があります。

 

(省略)食べ物からとるだけではなく、外からの刺激も加齢臭を防ぐのに役立ちます。たとえば、レモンタオルマッサージ。これは、レモン汁を含ませたタオルで皮膚をマッサージすることで、ビタミンCの抗酸化作用が直接、皮脂腺に作用して、加齢臭を防ぐというものです。レモンの酸には殺菌効果もありますし、さわやかな使用感も期待できるでしょう。

 

すりリンゴ湿布の作り方は、

 

  • STEP.1
    リンゴ1個分をすりおろす
     
  • STEP.2
    ガーゼで絞り、絞ったカスを布に包む
     
  • STEP.3
    その布をワキにあてる
     リンゴは痛みやすいので、鮮度に注意する。

 

といったものですが、このレモンタオルマッサージの作り方と方法は以下の通りです。

 

  • STEP.1
    タオルにレモンを絞って汁を含ませる
     
  • STEP.2
    そのタオルで皮膚をマッサージする
     ビタミンCの抗酸化作用が直接、皮脂腺に作用して、加齢臭を防ぐ。

 

つまり、『レモンをワキにあてる』方法は『ワキガ対策にはならない』のですが、『レモンタオルマッサージ』であれば、『加齢臭対策になる』わけですね。ただし、やはりワキガの人がこれを実践しても、すぐにワキガ臭が臭ってきたというレビューがありましたので、ワキガには有効だとは言えないかもしれません。

 

先生

ワキガではなく加齢臭くらいなら、レモンタオルマッサージで効くわけだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『加齢臭』にはレモンタオルマッサージが有効。

レモン等の柑橘類の皮には高いDNA修復能力がある

ただ、このレモンを口から摂取する分には、メリットしかありませんからね。

 

  • クエン酸とリモネンのリフレッシュ効果と疲労回復効果
  • ビタミンCとエリオシトリンの抗酸化作用

 

これだけを考えても、結果的にそれが体臭やワキガ臭の対策になることは間違いありません。疲れやストレスは自律神経を乱して発汗しやすくなりますし、抗酸化作用によって活性酸素からの攻撃を防御できれば、ありとあらゆる体のトラブルを予防・改善することができます。

 

 

『食事のせいで、死なないために[食材別編]―スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養学』にはこうあります。

柑橘類の皮を削って、あるいはすりおろして料理に加えれば、さわやかな色や香り、風味を楽しめるおしゃれな一品に仕上がるだけでなく、栄養分も増す。料理のアクセントとして役立つだけでなく、DNA修復能力を向上させる作用があるのだ。

 

人のDNAは平均で1時間当たり800回もの損傷を受けている。これが修復されないと、変異を起こしてがんを発症する。(中略)そして、食事因子のうちDNA修復効果がもっとも高いのは、柑橘類の皮であることがわかった。

 

(中略)だが、柑橘類の有効成分の多くは、皮の部分に含まれている。レモンやオレンジなどの柑橘類の皮を食べる人たちのほうが、食べない人たちよりも、皮膚がんのリスクが低いという研究結果も出ている。

 

レモン等の柑橘類の皮には、高いDNA修復能力があります。このDNAレベルの事実を意識して生きている人はほとんどいないと思いますが、目には見えなくてもしっかり存在していて、それが『がん』等の重病に繋がっているのです。

 

 

ワキガも大事ですが、がんの予防はもっと大事ですね。私の父も肝臓がんで死にました。そういったことを考えると、レモンがワキガにとても有効ではないとは言え、実際には『皮ごと』食べたいわけですね。下記にレモンの皮を食べる前提で紹介している動画をいくつか載せておきます。

 

レモンの洗い方 皮の下処理 How to wash lemons


 

レモンピール・レモンはちみつ漬け レシピ Lemon Peel Recipe【パンダワンタン】


 

めっちゃ流行ってる塩レモンの作り方! Salt LEMON


 

甘うまっ!はちみつレモンの作り方 | Honey Lemon


 

先生

基本的に野菜と果物を直接食べることは、とてもメリットが大きいね!サプリメントで摂るよりも良質な栄養が摂れるしね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • レモン等の柑橘類の皮には高いDNA修復能力がある。
  • クエン酸とリモネンのリフレッシュ効果と疲労回復効果で自律神経の乱れによる発汗を抑えることができる。
  • ビタミンCとエリオシトリンの抗酸化作用でワキの下の酸化を抑えることができる。