ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガ対策として緑茶はどれだけ効果があるのか

ワキガ対策として緑茶はどれだけ効果がある?

緑茶にはカテキン等の殺菌成分、抗酸化成分がが含まれていますので、ワキガに有効だと言えます。

しかし、どれほど有効かというと、それほど有効だとは言えません。専門家が推奨するのは、

 

  • レモンタオルマッサージ
  • リンゴ酢

 

ですから、わざわざ緑茶を選ぶ必要はないでしょう。

先生

緑茶のデメリットは利尿作用とカフェインくらいで、基本的にとても体にいいよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

緑茶の殺菌成分

 

緑茶にはカテキン等の殺菌成分が含まれています。これを利用してワキガの治療をするというのは考え方としては間違っていません。『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

渋み成分のカテキンが認知症の抑制などに有用

 

緑茶にはさまざまな栄養成分が含まれますが、渋み成分のカテキンと甘味成分のテアニンが有名です。カテキンには強い抗酸化力が認められているほか、認知症、糖尿病、肥満の予防など、さまざまな健康効果を破棄するといわれています。

 

カテキンには、

 

  • 抗菌作用
  • 抗酸化作用

 

が期待できるので、これをワキに塗ってワキで細菌が繁殖するのを抑制すると、多少効果を得ることができるでしょう。実際、水で濡れたタオル等で拭くだけでも効果があると言われているわけですから、それを緑茶に変えれば更にそれよりも抗菌効果を得ることができ、ニオイの抑制に繋がります。やり方は下記に書いたレモンマッサージ等と同じで、

 

 

  • STEP.1
    タオルに緑茶を絞って汁を含ませる
     あるいは出がらしをガーゼに含ませる。
  • STEP.2
    そのタオルで皮膚をマッサージする(あるいはあてる)
     カテキンの抗菌作用、抗酸化作用が直接、皮脂腺に作用して体臭を防ぐ。

 

ということになるでしょう。これもレモンタオルマッサージ同様、『ワキガに有効』かどうかはさておき、体臭には有効だと言えます。ただし専門家は『ワキガに有効なのはリンゴ』だと言っていますから、わざわざそうじゃない緑茶を選ぶ必要もないでしょう。ただ、もしそこにリンゴがなく、緑茶しかない場合であれば、一時しのぎの代用としては役立ちます。

 

先生

緑茶タオルマッサージならレモンタオルマッサージの方がいいというね!でもレモンのニオイが嫌いな人ならそれでもいいかもしれない!濡れタオルでも効果があるから!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 緑茶に含まれるカテキンには殺菌成分がある。
  • 緑茶タオルマッサージで、カテキンの抗菌作用、抗酸化作用が直接、皮脂腺に作用して体臭を防ぐ。
  • 医師が推奨するのはレモンタオルマッサージであり、リンゴ。

臨時の対策としては効果的

ただ、ワキガ体質の人が下記のようなデオドラント剤のふき取りシート一つ持っていないという状況もなかなかありませんからね。それでも、それがなくなって緑茶しかないというときは、一時しのぎになりますね。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

やはりワキガ体質の人が使うべきなのは、しっかりとその悩みに特化して作られた商品です。ちなみに各デオドラント剤の違いをまとめるとこうなりますね。

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

ですから、もしワキガ臭を抑えるためにはスプレーやパウダータイプではなく、

 

  • ロールオン
  • スティック
  • クリーム

 

を使うといいでしょう。つまり、

 

  • 緑茶<スプレータイプ<ロールオンタイプ

 

ですね。

 

 

 

またあるいは、

 

  • 緑茶タオル<レモンタオルマッサージ<すりリンゴ湿布

 

ということになります。緑茶にもそれ以外の食物にもたくさん抗菌作用、抗酸化作用があるものがありますが、専門家が推奨しているのは『リンゴ』です。どうせなら有効だと言われているリンゴを使って対策をする方がいいですね。リンゴには、

 

  • 抗酸化作用
  • アポタンパクを減らす効果

 

があります。ただの抗酸化作用ではなくアポタンパクというワキガの原因物質を減らす効果があります。ですから、『ワキにあてるものでワキガに有効なのはリンゴ』ということになるのです。

 

 

先生

例えばお出かけして喉が痛かったとき、お茶でうがいをすると殺菌効果を期待できるから、そんな感じの臨時的な対応として覚えておきたいね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 臨時の対策としては効果的。
  • ワキガ臭を抑えるためにはスプレーやパウダータイプではなく、ロールオン、スティック、クリームを使うといい。
  • 緑茶<スプレータイプ<ロールオンタイプ。
  • 緑茶タオル<レモンタオルマッサージ<すりリンゴ湿布。

緑茶が効果的なのは『口臭』

この緑茶は、『口臭』には有効です。『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

いやな口臭には緑茶と梅干しが一番

 

お茶には、緑茶、紅茶、ウーロン茶などいろいろあります。しかし原料は全て同じで、加工法が違うだけです。じつは、口臭予防効果にも、それぞれのお茶で違いがあります。これら三種のお茶には、カテキン、カフェイン、各種アミノ酸が共通してる組まれています。口臭・体臭を防ぐ効果があるのはカテキンやフラボノイドです。

 

カテキンには、体内でニオイ物質が作られる過程でストップをかける働きがある上、消臭効果があるので、食後に飲む一杯のお茶は、天然の口臭予防薬でもあります。

 

このように、緑茶は『口臭の予防対策』として紹介されています。しかし、『ワキガ対策』としては紹介されていないので、確かに効果はあると言えばありますが、それほどワキガに有効であるとは言えないわけですね。

 

 

しかし私も緑茶を飲む際は、下記の『カテキン2倍』のタイプの濃いお茶を飲むことにしています。口臭を予防してくれるだけでなく、抗菌作用と抗酸化作用があるので、体にいいことは間違いありませんからね。

 

 

ヘルシア緑茶などは更にカテキンが豊富です。

 

 

ただ、だからといって毎日の水分補給をお茶から行うのはどうでしょうか。下記の記事に書いたように、人間はデトックス(解毒)をすることがとても大切です。

 

 

その中で『水』というのはこのデトックスを考える際において、最重要な物質となります。からだにたまる3大毒素は、

 

  • 有害ミネラル(カドミウム、ヒ素、鉛、スズ等)
  • 活性酸素
  • 有害化学物質(ダイオキシン、環境ホルモン、PCB等)

 

ですが、このどれもが体にたまってしまうと、

 

  • むくみ
  • 肌荒れ
  • しみ
  • くすみ
  • 酵素の働きを阻害する

 

等の問題が起き、体を不健康状態に陥れます。それに加えて、そうした有害物質をため込んでおくと、

 

  • インドール
  • スカトール
  • アンモニア

 

等のニオイ物質も溜まりますから、それが体臭の原因となります。各専門誌を呼んでも、『デトックスをするなら水を飲む』ということが記載されています。

 

 

上記の記事にも書いたように、『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

  • 朝食は抜く(水は午前中に500mlは飲む)

 

どうしても食べたい場合はバナナ、ゆで卵。

 

  • 昼食、夕食時にはたんぱく質を多くとる(糖質はご飯からの摂取で十分)
  • 一日をとおして水は最低1.5~2リットル飲む(浄化のため)

 

※水以外では体の浄化ができません。

※水以外の清涼飲料水は飲まない(お茶、砂糖なしコーヒー、紅茶はOK。ただし水の代わりとしてはカウントしません)

 

自分の身体から有害物質をデトックスする際、飲むべきなのは水です。お茶等を飲んでもいいのですが、水の代わりにはなりません。

 

デトックスの為に必要な飲み物
  • 白湯
  • ミネラルウォーター
デトックスに効果がないもの
  • お茶
  • 紅茶
  • コーヒー
  • 清涼飲料水
  • etc

 

先生

お茶は常として飲む水分としては、あまり推奨されないんだ!やっぱり水にかなうものはないね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 緑茶が効果的なのは『口臭』。
  • 自分の身体から有害物質をデトックスする際、飲むべきなのは水。

利尿作用はストレスとなる

更に、お茶には利尿作用があります。それはストレスですし、あるいはそれによって体内の水分がなくなります。ちなみに、麦茶であればカフェインがないので利尿作用はありません。ですから、熱中症対策などで水分補給をする際は、ウーロン茶や緑茶ではなく、麦茶か水を飲むのがいいとされています。

 

 

ですから、いくら緑茶に抗菌作用等が含まれているといっても、常に緑茶ばかり飲んでいると、カフェインの覚醒作用や利尿作用によって、

 

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 脱水症状

 

等の問題を起こし、自律神経を乱して発汗しやすい体質となり、逆にワキガ臭を発しやすくなる、ということもありえますので過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

 

先生

ウーロン茶も緑茶もコーヒーも、カフェインが入っているから覚醒作用と利尿作用があって、それらは行き過ぎるとストレスだからね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 緑茶には利尿作用がある。
  • 利尿作用はストレスとなり、それで自律神経が乱れれば発汗からのワキガ臭の悪化も考えられる。