ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキから玉ねぎ臭がするワキガってある?原因と対策とは

ワキから玉ねぎ臭がするワキガってある?

あります。

『玉ねぎのニオイ』は、『玉ねぎ等のネギ類を食べる人に多いワキガ臭』だと言えます。

先生

ネギのニオイと玉ねぎにニオイと両方悩みがあるんだけど、玉ねぎならワキガの種類として挙げられているよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

玉ねぎのニオイの正体

 

下記の記事に、様々なニオイについて書きましたが、『玉ねぎのニオイ』はワキガと関係があるでしょうか。

 

 

それらの記事にも書きましたが、それぞれのニオイを見てみましょう。

 

各汗腺類から出るニオイ

皮脂 無臭だが、長く皮膚上にとどまると脂肪分が酸化し、それが肌表面の微生物に分解され、脂臭いニオイになる。
アポクリン汗 無臭だが、毛穴や皮膚の表面にある細菌によってこれらの成分が分解されると、ワキガ臭を放つ。
エクリン汗 無臭だが、雑菌と混じると、生乾きの洗濯物のようなかび臭い(納豆臭い)ニオイになる。

 

これは各汗腺類から出るニオイです。今のところ、『玉ねぎのニオイ』というものはありませんね。また、様々な病気がニオイの原因となることがあるのです。『ニオイをかげば病気がわかる』には『病気のニオイ』として、以下のような表をまとめています。

 

病気のニオイ

糖尿病 甘いニオイ
黄熱病 血なまぐさいニオイ
壊血病 生ごみのニオイ
腸チフス 焼きたてのパンのニオイ
ジフテリア ひどく甘ったるいニオイ
ペスト リンゴの腐ったニオイ
コレラ 腐敗性バクテリアのニオイ
はしか 生臭い鳥の羽のニオイ
痛風 古いビールのニオイ
胃腸病 卵の腐ったニオイ
腎炎 アンモニアのニオイ
フェニールケトン尿症 かび臭い
メープルシロップ尿症 メープルシロップの甘いニオイ
イソ吉草酸血症 チーズのニオイ
メチオニン代謝不能 ゆでたキャベツのニオイ
魚臭症候群 魚臭いニオイ
自律神経失調症 炊き立てのご飯のニオイ
統合失調症 トランス-3-メチル-2-ヘキセン酸の刺激臭
緊張型分裂症 枯れた草のニオイ
消化器系の障害 すっぱいニオイ
肺機能の障害 肉の腐ったニオイ、むかむかするニオイ
心肺機能の障害 焦げ臭いニオイ
肝機能の障害 ネズミ臭
腎機能の障害 おしっこのニオイ
加齢臭 脂臭いニオイ

 

ないですね。『玉ねぎのニオイ』というものは存在しません。では次に各ワキガ臭の特徴を見てみましょう。

 

各ワキガ臭の特徴

酸っぱいニオイ ワキガの代表的なニオイ。女性より男性に多い。
削りカスのニオイ 最も多いニオイで、軽度なワキガに多い。金属的なニオイ。
プラスチックのニオイ このニオイと同じだと感じる人がいるということ。
玉ねぎのニオイ 玉ねぎ等のネギ類を食べる人に多い。
チーズのニオイ すそワキガの人に多い。
香辛料のニオイ カレー等の料理を食べる人に多い。クミンのニオイに近い。
惣菜のニオイ 肉類や脂っぽい物を食べる人に多い。

 

ありました。『玉ねぎのニオイ』は、『玉ねぎ等のネギ類を食べる人に多いワキガ臭』ということですね。ただこれに関しては、下記に書いた『ネギのニオイ』と同じことが言えますから、後はその記事を見て詳細を確認してください。

 

 

先生

ただ、ワキガじゃなくても玉ねぎを食べすぎている場合は玉ねぎ臭がするときがあるよ!何事も過剰摂取は問題が起きるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『玉ねぎのニオイ』は、『玉ねぎ等のネギ類を食べる人に多いワキガ臭』。

玉ねぎの絶大な恩恵その1『デトックス(解毒)効果』

『玉ねぎ等のネギ類を食べる人に多いワキガ臭』なので、

 

じゃあ玉ねぎを食べないようにしよう

 

と思うかもしれませんが、記事に書いたように玉ねぎの恩恵はとてつもなく大きなものです。WOMAN Online『“解毒野菜”14種の選び方と食べ方』に『「解毒力」では堂々の第1位』と書かれているように、解毒を促すケルセチンの含有量が野菜の中で断トツなのです。

参考 “解毒野菜”14種の選び方と食べ方WOMAN Online

 

ここでは違う文献からその解毒力のすごさを紹介しましょう。『毒出し美白ダイエット―美肌・ダイエット・健康回復・便秘解消』にはこうあります。

はさんで排出

 

玉ねぎや長ネギ、にんにくやにらに含まれている硫化アリルやセチンは体内の毒素そのものを直接はさみこんで無毒化し、体外に排出してくれます。

 

そしてそうした成分が多いのは次のような食品として紹介しています。

 

  • 玉ねぎ
  • らっきょう
  • にら
  • ねぎ
  • パクチー

 

これらの食品はこと『デトックス(解毒)』ということでいえばかなり強力な力を持っているので、実は積極的に食べていきたいんですね。下記の記事に書いたように、人間はデトックス(解毒)をすることがとても大切です。

 

 

からだにたまる3大毒素は、

 

  • 有害ミネラル(カドミウム、ヒ素、鉛、スズ等)
  • 活性酸素
  • 有害化学物質(ダイオキシン、環境ホルモン、PCB等)

 

ですが、このどれもが体にたまってしまうと、

 

  • むくみ
  • 肌荒れ
  • しみ
  • くすみ
  • 酵素の働きを阻害する

 

等の問題が起き、体を不健康状態に陥れます。それに加えて、そうした有害物質をため込んでおくと、

 

  • インドール
  • スカトール
  • アンモニア

 

等のニオイ物質も溜まりますから、それが体臭の原因となります。それは先ほどの『毒出し美白ダイエット―美肌・ダイエット・健康回復・便秘解消』に記載されていることですが、違う文献である『からだのニオイは食事で消す —体臭は内臓からの注意信号』にもこうあります。

発酵食品やタマネギなど、オリゴ糖を含む食品が善玉菌をふやす

 

(省略)腸内の環境が悪玉菌優勢になると、腸内でたんぱく質や脂肪を腐敗させて、硫化水素やアンモニア、メタンガス、インドール、スカトールなど、さまざまな毒素や有害物質、大量の活性酸素を発生させるのです。悪玉菌が発生させた毒素の一部は腸に吸収されて体の細胞に運ばれ、体臭の原因をつくります。

 

全く同じことが書いてありますね。有害物質を体内にため込んでいると腸内フローラの状態も悪くなり、悪玉菌優勢になりますから、それが原因で体臭を作り出すのです。

 

腸内フローラって?


 

先生

有害物質を直接はさんで排出するのがケルセチンで、その含有量がダントツに多いのが玉ねぎなんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 玉ねぎのデトックス効果はとても高い。
  • 有害物質を体内にため込んでいると腸内フローラの状態も悪くなり、悪玉菌優勢になり、体臭の原因となる。

玉ねぎの絶大な恩恵その2『腸内フローラの最適化』

従って求められるのは、

 

  • デトックス(解毒)
  • 善玉菌の強化

 

ということになるわけです。本にはこうあります。

善玉菌をふやすためには、発酵食品が効果的です。発酵食品というのは、一度微生物によって分解過程を経て熟成されているので、食べ物の分子量が小さくなり、善玉菌の食べ物として効果的なのです。

 

(中略)腸内のビフィズス菌を増やすためにはその栄養素となるオリゴ糖をとるのがいいとされています。オリゴ糖を多く含むためものには、玉ねぎ、大豆、ダイコン、ごぼう、アスパラガスなどが知られています。(中略)オリゴ糖は一日に5~10gくらいとるのがよいといわれ、玉ねぎだと第1個分に相当します。

 

腸内フローラ(環境)を善玉菌優勢にするためには、ビフィズス菌が必要です。そのビフィズス菌のエサとなるのがオリゴ糖ですから、オリゴ糖を多く含む『玉ねぎ』を食べることは、この腸内フローラの最適化で考えても、とても有意義なのです。

 

  • STEP.1
    食事や生活から知らぬ間に有害物質を摂取
     
  • STEP.2
    解毒しないとそのうち人間の身体に様々な問題を引き起こす
     ニキビ、脱毛、便秘、悪玉菌優勢、体臭等。
  • STEP.3
    有害物質をデトックス(解毒)する
     あるいは善玉菌を強化する食事を摂る。
  • STEP.4
    体から有害物質が消え、正常の状態になる
     腸内フローラが善玉菌優勢になり、様々な問題を解決する。

 

つまりビフィズス菌の働きというものは、

 

  • 1.身体を病原菌の感染から守る
  • 2.乳酸や酢酸などの有機酸をつくって便秘を防ぐ
  • 3.下痢を予防したり改善する
  • 4.腸内の腐敗を防ぎ、腸内環境を整えて体臭の発生を防ぐ
  • 5.有害物質や発がん性物質を分解する
  • 6.免疫機能を強化し、身体の抵抗力を高める

 

といった効果を期待できるので、その餌となるオリゴ糖を多く含む玉ねぎの摂取は、あまり控えたくないんですね。

 

先生

玉ねぎは玉ねぎ臭の原因となるとともに、悪臭を抑えるための働きも持っているから、ジレンマがあるね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • オリゴ糖を多く含む『玉ねぎ』を食べることは、腸内フローラの最適化で考えても、とても有意義。

玉ねぎの絶大な恩恵その3『ニオイの相殺』

更に、下記の記事に書いたように、『ニオイの相殺』ということで考えてもそうです。

 

 

先ほどの本にはこうもあります。

玉ねぎ、にんにく、にらなど、ニオイはニオイで制す

 

(省略)たとえば、ゆで卵はイオウのようなニオイを発しますが、このニオイのもとはアンモニアです。イオウ成分が原料になってアンモニアが腸内で合成されるため、卵を食べすぎるとおならや体臭がきつくなります。

 

それを抑えるためには、硫化アリルというイオウ成分を含んだ野菜を用いるのです。硫化アリルは、玉ねぎやにんにくの独特の刺激臭や辛み、あるいは切るときに涙がでてくる原因となっている成分です。にらや長ネギ、しょうがにも含まれています。

 

 

つまりこういうことですね。

 

  • STEP.1
    卵食品を食べる
     
  • STEP.2
    イオウ成分が原料になってアンモニアが腸内で合成され、体臭の原因となる
     
  • STEP.3
    硫化アリルというイオウ成分を含んだ野菜を食べる
     玉ねぎ、にら、長ネギ、しょうが等。
  • STEP.4
    腸内の腐敗菌の繁殖を抑え、血液もサラサラにする
     体臭も抑える。

 

このように、ニオイをニオイで相殺することがある、という事実があるんですね。ですからこうして考えると、

 

  • ニラ玉
  • オムレツ=玉ねぎ
  • 焼き鳥=ねぎま
  • 豚肉=生姜焼き
  • 牛肉=にんにくのたれ
  • すき焼き=春菊
  • 茶碗蒸し=ぎんなん
  • 刺身=紫蘇
  • とんかつ御膳=キャベツの千切り

 

といった食事の付け合わせを見てみると、全て考え抜かれてそれが合わせてあることがわかります。脂の側には食物繊維が入った野菜が付け合わせてあったり、腸内環境を悪くする動物性の食事の側には、腸内腐敗を予防し、血液をサラサラにする食材が付け合わせてあったり、生ものの側には殺菌効果の強い食材が付け合わせてあったりするんですね。

 

ちなみに、いくらキャベツの千切りがとんかつの脂を出してくれるといっても、下記のような例は食べすぎです。特殊な例ですね。

 

【大食い】とんかつ&エビフライ&ご飯6合で [とんかつマウンテン!] 4.2kg 6167kcal【木下ゆうか】


 

ですからこのタマネギも、基本的には『とても体にいい』ので、どれくらい抑えるかということは、自分のニオイとよく相談してからにするといいでしょう。

 

先生

ジレンマを考えると困っちゃうけど、過剰摂取を控えればいいと思うよ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • アンモニアのニオイは玉ねぎの硫化アリルで相殺できる。

汗腺トレーニングとは

また、下記の記事に書いたように、『汗腺トレーニング』をするとある程度ニオイが取れることがあります。

 

 

この『汗腺トレーニング』は見くびらない方がいいですね。私も最初完全に見くびっていましたが、正直、もうお風呂ではなく、この汗腺トレーニングを兼ねた入浴を一生やった方がいいというくらい、効果を実感しました。

 

 

ベトベトして、ニオイがあるような『悪い汗』をかきづらくなることはもちろん、新陳代謝がものすごく上がり、体中が痒くなります。それは、吹き出物ができるとかそういうネガティブなことではありません。新陳代謝が良くなりすぎて、体の『アカ』が取れるんですね。

 

まるで日焼けした後の皮膚がはがれ落ちていくように剥がれるので、それで痒みを覚えるのです。しかし、それはただ新陳代謝が良くなっているだけですので、むしろ体にいいのです。

 

代謝がよくなれば当然『悪いもの』は外に出ていきますし、皮膚のターンオーバーを早めるということで、ニキビや肌荒れにも効果的です。これは絶対にやった方がいいですね。メリットしかありませんので。

 

先生

過剰摂取をやめて、『汗腺トレーニング』をする。これだけでずいぶんこの問題は緩和できるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『汗腺トレーニング』で玉ねぎ臭を抑制する。