ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガのニオイを消したいならやっぱり制汗剤?デオドラント商品の効果とは

ワキガのニオイを消したいならやっぱり制汗剤?

たしかに制汗剤は効果があります。

あると言えばあるし、ないと言えばないという考え方です。ワキガのニオイを本当に消すなら、手術しかないからです。

先生

制汗剤やデオドラント剤の中には効くものと効かないものがあるからね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

どのデオドラント製品がいい?

 

下記の記事に制汗剤について書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

各記事にも書いたように、

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

ですから、もしワキガ臭を抑えるためにはスプレーやパウダータイプではなく、

 

  • ロールオン
  • スティック
  • クリーム

 

のタイプを選ぶといいでしょう。デオドラント剤にも色々ありますが、加齢臭や体臭対策として人気があるのは以下の商品です。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

これが上から、

 

  • パウダースプレー
  • ふき取りシート
  • ロールオン
  • スティック

 

ですね。ワキガの度合いによって使い分けることが推奨されます。軽度なワキガであれば、ロールオンを塗った後にパウダースプレーをし、汗をかいたらふき取りシートで拭く、というケアによってだいぶニオイは抑えられるでしょう。料金も全て1,000円以下なので、そう高くはありません。

 

 

エージーデオの料金

スプレー 約800円
シート 約550円
ロールオン 約600円
スティック 約800円

 

先生

スプレータイプは比較的軽度な制汗剤で、万人向けだね!ワキガに特化しているわけじゃないよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガ臭を抑えるためにはスプレーやパウダータイプではなく、ロールオン、スティック、クリームタイプがいい。

汗ワキパットはオムツと一緒

また、汗ワキパットなんかも使える場面はあるでしょう。夏でもYシャツなんかを着なければならない人は便利かもしれません。何度も取り換える必要がありますが、洋服に黄色いシミがつくのを防ぐ効果もありますから、ワキガ体質の人には欠かせないアイテムとなるでしょう。

 

汗ワキパットは、ある種の『オムツ』です。オムツは、どうしても垂れ流しになってしまう汚物を包み込み、簡単に捨てて取り換えられるのが特徴ですが、女性が生理用品をどうしても必要とすることがあるように、これに対しても同じ考え方を持てば精神的に負担が軽くなりますね。

 

 

また、最もニオイを軽減し、清潔でいるためには、下記の記事にも書いたように、

 

 

  • ワキ汗パット
  • ふき取りシート(ウェットティッシュ)
  • 通気性のいいインナー

 

等を安く手に入れて、それを頻繁に使って取り換えることが、『常に清潔にする』ために最も効果的で、費用対効果も高いと考えます。それがめんどくさければ、少し値の張る品質のいいクリームを使ったり、

 

 

ワキガ手術をしてしまった方がいいですね。

 

 

実際にはそれで根本解決となります。

 

 

先生

長期的に見て、費用をトータルで考えたとき、手術をしてしまった方が早いかもしれないね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 汗ワキパットはオムツと一緒。
  • ワキガ対策グッズは安く手に入れて、それを頻繁に使って取り換えることが、『常に清潔にする』ために最も効果的で、費用対効果も高い。

手術以外の治療法とは

また、治療には実際に手術以外の方法もありますので、その選択肢についても併せて検討してみましょう。

 

各治療法の概要

局所的薬物療法 あくまでも効果は一時的で、その時間は短い。
ボトックス注射 効果は3~6か月程度で、ワキガレベルの低い人に推奨。
電気凝固法 効果は一時的で、手術をしたくないワキガレベルの低い人に推奨。
非直視下手術法 手術痕を残さずできる施術があるが、効果は直視下手術法以下。
直視下手術法 最も効果が高いが、手術痕が残るデメリットがある。

 

最後の2つが手術ですが、上の3つは違います。ワキガレベルは当然人によって違いますから、各治療法の概要を見て、自分がどれに適しているかを考えてみましょう。もちろん、直接医者に相談すればより専門的で特化した意見を聞けます。

 

 

先生

ボトックス注射や電気凝固法なんかは比較的軽度なワキガの人に向いてるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガレベルによってワキガの治療法は変わる。

結局お金はいくらかかる?

しかし、制汗剤だけで何とかしたいという人は大勢いますね。それに、まだ未成年の人となると、手術もなかなか難しいと判断されますし、お金の問題もあります。

 

 

その場合はやはり、先ほどの『ループケア』を怠らないことですね。それで大幅にニオイを抑えることができるでしょう。

 

  • STEP.1
    ロールオン、スティックタイプを塗る
     
  • STEP.2
    その上に更にパウダースプレータイプを使う
     
  • STEP.3
    汗をかいてきたらふき取りシートで汗を拭く
     
  • STEP.4
    ロールオン、スティックタイプを塗る
     繰り返し。

 

このループケアを怠らなければ、軽度なワキガの人であれば、下手したら普通の体臭の人よりも体臭を抑えられるかもしれません。

 

  • フレッシュサボン
  • ベビーパウダー

 

といったわずかに香りを楽しめるものもありますからね。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

これでニオイも演出できるというわけです。ただ、これらの商品はボディクリームのニオイの邪魔にはなりませんが、香水のニオイを楽しみたいと思った場合は、やはり無香料タイプがお勧めのようですね。

 

後はお金の問題ですね。汗ワキパットもそうですが、極端な話、これらのアイテムが100個ずつあれば、当面の間ニオイを気にする必要はないと考えられます。しかしそうするとおよそ『50万円』かかりますからね。ワキガ手術が両わきで『35万円程度』ですから、それよりも高くつきます。

 

 

大体この手のケアは一日に3~4回は必要とするので、ふき取りシートが大体30~40枚入りですから、人によっては10日で使い切ります。そうすると、ふき取りシートが100個あっても、早い人なら1,000日、つまり3年も経たないうちに使ってしまうことになります。

 

他の商品の消費もそれに伴って多くなりますから、持ったとしても5年ほどでしょう。ということは、50万円で5年分という計算になります。更に、アポタンパクの生成を抑えるために使う『リンゴ酢』

 

 

悪い汗をかかないように訓練する『汗腺トレーニング』で使う、『酢』『竹酢液、木酢液』

 

 

インナー等を入れたら、

 

 

更にお金が高くなります。そうなると、いくら未成年だからお金がない、と言っても、実際にはトータルで計算するとこっちの方が料金が高くつきますね。だとしたら、手術をしてしまった方が安上がりで済み、かつ、100%永久にワキガに悩むことはないという保証まで手に入れられます。

 

各ワキガ対策の費用

デオドラント剤 約50万円(約5年保証)
手術以外の治療 ボトックス注射で約8万円(治る場合は一生解決)
手術 両わきで約35万円(一生解決)

 

先生

ただ手術は手術痕が残るからね!そのあたりをどう折り合いをつけるかだね!いずれ手術痕が残らないようになればいいんだけど!
いずれできそうっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 手術をしてしまった方が安上がりになる可能性もある。

手術痕が残るが手術が根本解決の唯一の手段

このデオドラント剤での対策は、先ほどの表にあった『局所的薬物療法』ということになるのですが、

 

  • 局所的薬物療法
  • ボトックス注射
  • 電気凝固法

 

等の手術以外の対策をすると、結果的に一生の単位で見ると、ワキガにかける費用が高くつく場合があります。ですから、もしデオドラント剤だけでケアをしようという人は、それらの対策は、

 

  • 軽度なワキガである
  • 夏季だけに集中ケアをすればいい
  • わき毛やエクリン腺が少ない

 

等の条件が揃っている人に適しているということを覚えておいた方がいいですね。ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

つまり、アポクリン腺が人よりもあって確かにワキガ体質なのですが、エクリン腺とわき毛が人よりも少ないので、ケアにそう手間がかからないという場合は、デオドラント剤だけで対策をすれば、手術費用もかからず、手術痕も残さず、全体的な費用も抑えられるかもしれません。また、下記の記事に書いたように、youtuberへきトラハウスのへきほーさんがこのような動画を出しています。

 

 

Amazonでワキガの治療薬10種類買ってみた


 

結果をまとめると、それぞれの効果はこうなります。

 

Amazonで買えるワキガ対策グッズのへきほーさん評価

dot ×
柿渋デオドラントクリーム ×
デリシャスボディ ローズレメディ ○(1割残る)
クリアネオ ×
Rexona レクソナ ○(ガチでお勧め)
Secret ×(30秒だけ効いた)
ディグリー(Degree) メンズ ×
ダヴ(Dove) 固形デオドラント
ラビリン ○(白くなるが効果が強い。スーツの下ならかなりお勧め)

 

へきほーさんのワキガには、

 

  • ラビリン
  • Rexona
  • ダヴ(Dove) 固形デオドラント
  • デリシャスボディ ローズレメディ

 

のアイテムがとても有効だったということですね。ワキガにはたくさん種類がありますから、どれが必ず効くということはありません。しかし大きな参考にはなるでしょう。

 

先生

こうしてワキガの人がアイテムをレビューしてくれるのは本当に助かるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 手術痕が残るが手術が根本解決の唯一の手段。
  • へきほーさん調べをチェックする。